見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
歴史秘話ヒストリア

歴史秘話ヒストリア「神と仏のゴチャマゼ千年 謎解き!ニッポンの信仰心」の再放送は?

EA73395D-5DEC-4B99-BB91-091216771199

「歴史秘話ヒストリア」とは?

毎週水曜日、NHK総合テレビで放送されている番組「歴史秘話ヒストリア」は、歴史上の人物や事件などで今まであまり知られていなかった部分にスポットを当てて紹介し、歴史上の人物の心境や決断などが歴史の秘話として詳しく解説される歴史情報番組です。『その時歴史が動いた』の後継番組として、2009年4月よりスタートして今に至っています。進行役がアナウンサー一人というのもこの番組の特徴で、現在の進行役は、井上あさひアナウンサーが務めています。

※2018年4月より、放送時間が水曜日の夜10時25分~に変更いたしました。

image

「歴史秘話ヒストリア」の再放送は?

歴史秘話ヒストリア」の再放送は、基本的には、3日後の土曜日の午前10時05分から放送されていることが多いようです。ただし、イレギュラーな日時があるかもしれませんので、同番組のWebサイトでご確認いただくのが確かだと思います。

※2018年4月より、再放送は毎週土曜 午前10時05分~に変更いたしました。

でも、もっと古い放送番組を見たいとか、それらをまとめて一気見したいなんていう場合には、動画配信サービスがオススメです。私は、動画配信サービス「U-NEXT」を使っています。

Sponsored Links

見逃したNHK番組を見る方法

歴史秘話ヒストリア」の再放送は、基本的には、3日後の土曜日の午前10時05分から放送されていることが多いようです。ただし、イレギュラーな日時があるかもしれませんので、同番組のWebサイトでご確認いただくのが確かだと思います。

※2018年4月より、再放送は毎週土曜 午前10時05分~に変更いたしました。

でも、もっと古い放送番組を見たいとか、それらをまとめて一気見したいなんていう場合には、動画配信サービスがオススメです。私は、動画配信サービス「U-NEXT」を使っています。

Sponsored Links

見逃したNHK番組を見る方法

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

↓↓↓↓↓

U-NEXT

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

U-NEXTの特徴・サービス内容・メリット

ポイント1 配信作品数が多く、最新作も充実している!
ポイント2 「見放題作品」と「レンタル配信作品」の2種類がある!
ポイント3 U-NEXTポイントを使ってお得に視聴!
ポイント4 さまざまなデバイスに対応!
ポイント5 ファミリーアカウントも含め1契約で4アカウントゲット!
ポイント6 ビデオ見放題サービス会員は70誌以上の雑誌が読み放題!
ポイント7 NHKオンデマンドの見放題パックにU-NEXTポイントが使える!
ポイント8 31日間の無料トライアル!

無料トライアル期間中は、見放題作品は31日間無料となります。さらに、600円分のU-NEXTポイントがもらえるので、最新作などの有料コンテンツが600円分無料で視聴できます。(ただし、一部ポイントが使用できない作品があります。)なお、無料トライアル期間中はいつでも解約可能です。つまり、簡単登録!31日間は見放題!31日間中はいつでも簡単解約可!

とにかく、どんなサービスか?使い勝手はどうか?31日間は無料なので一度試してみて下さい!

U-NEXT 無料トライアルの申し込みはコチラからどうぞ! ⇒ U-NEXT

また、他の動画配信サービスとの比較や、サービス内容等の詳しい内容は、コチラをご覧ください。

>> 見逃したテレビドラマを見るならU-NEXT/ユーネクストがオススメ!

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2018年5月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

歴史秘話ヒストリア「神と仏のゴチャマゼ千年 謎解き!ニッポンの信仰心」

2018年5月30日(水)午後10時25分~

EA73395D-5DEC-4B99-BB91-091216771199

放送前の予告

初詣などで神社や寺に行く人は多いのに「宗教を信仰していない」と答える人が約半数を占めています。そこで今回の「歴史秘話ヒストリア」では、ニッポンの信仰心の謎を千年の時をさかのぼり解き明かします。神社とお寺の違いがよくわからないアナタは必見です!

古くからの神と、あとから伝来した仏。本来異なる存在をゴチャマゼに信仰する「神仏習合」。それは奈良時代、神の告白「神はつらいよ」から始まった!?しかし、150年前、神仏習合は禁止され、その証しは破壊されました。春日大社など有名社寺の協力で、封印された歴史をついに公開!

視聴前の豆知識

「神仏習合」とは

日本にもともとある神の信仰神道)と仏教信仰1つになった宗教考えを言います。奈良時代は既に始まっていたと言われています。しかし、江戸時代には国学の隆盛とともに仏教的要素を神道から除き、神道の優位を説く思想が盛んとなりました。そして、明治元年 (1868年)年に、神仏判然令 (神仏分離令) が出され、神仏習合は禁止されることになりました。

582D3111-EED1-4340-AF75-1511C62018D2

見逃した方は、ユーネクストの31日間無料体験で!

ユーネクストなら東証一部上場企業が提供するサービスだから安心です!

31日間無料体験のお申込み

なお、31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

Sponsored Links

放送後のポイント解説

神仏習合がどのようにして生まれたか?

世界の歴史の中では新しい宗教が入ってくることによって争いが起きるということはよくあることですが、日本では6世紀に仏教が伝来した時、争いは起きていません。実際には、7世紀後半から仏教が全国に広がったのですが、奈良時代に地方から「神仏習合」が始まったのです。地方では、仏教を広めたい僧と仏教を取り入れたい豪族がいたからです。

仏と神が一体であるという考え方は、「本地垂迹説(ほんちすいじゃくせつ)」と言われ、仏が神に身を変えて現れていると考えられていました。この説により、710年に創建された興福寺と768年に創建された春日大社は一体化していったのです。同様に、比叡山延暦寺と日吉大社(滋賀県)もまた、一体化されていきました。ちなみに、伊勢神宮に祀られている天照大神の御正体は、大日如来なんです。

こうして、日本では神と仏が程よい加減にゴチャマゼの状態で約1000年もの年月をかけて神仏習合の文化が築かれてきたのです。

明治維新により神仏習合が禁止される

しかし、明治維新後、1868年に神仏分離令が出され、神仏習合が禁止されました。全国各地の神社では「廃仏毀釈」と言って仏教色が排除され、仏像・仏画などが焼かれることも多かったそうです。

現在、日本で「宗教を信仰していない人」は49%にものぼり、その一方で、全国信者数は合計すると人口を遙かに超える数字となってしまいます。純粋な単一宗教への信仰への抵抗感があったり、神と仏をゴチャマゼにする感覚は、昔も今もあまり変わっていないのかもしれませんね。

CDE9635A-F143-49E4-8B34-1F434239C7DA

C07F9102-6BD2-451E-919E-6B08EE95ED2C

55B56964-1CAD-49DE-A223-C53960C0364D

見逃した方は、ユーネクストの31日間無料体験で!

ユーネクストなら東証一部上場企業が提供するサービスだから安心です!

31日間無料体験のお申込み

なお、31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

創建1250年記念特別展「国宝 春日大社のすべて」

8D202128-709D-4C1F-9F4B-9D272571ABFE

神護景雲2年(768)に、平城京の東郊、御蓋山(みかさやま)の西麓に位置する現在の場所に建立された春日大社は、本年創建より1250年を迎えます。 
本展覧会では、平城京の鎮護として創建され、藤原氏の氏の社として発展し、朝廷から庶民に至るまで広く信仰を集めた春日大社の歴史をたどり、多くの社宝や関連作品により、その全容を示します。

会期  平成30年4月14日(土)~6月10日(日)

場所  奈良国立博物館 東新館・西新館

休館日 毎週月曜日 ※ただし4月30日(月・振休)は開館

開館時間 午前9時30分~午後5時(金・土曜日は午後7時まで)
     ※入館は閉館の30分前まで 

Sponsored Links

参考書籍のご紹介

神仏参拝の由来と作法がわかる本 (新人物文庫) [ 「歴史読本」編集部 ]


神仏参拝の由来と作法がわかる本 (新人物文庫) [ 「歴史読本」編集部 ]

初詣や日々の参拝の正しい作法、ちゃんと知っていますか?

【目次】
序章 神と仏ー神仏習合とは何か(神仏習合の世界/日本人にとっての神と仏)/第1章 正しく神社を参拝するための知識と作法(神社参拝の作法と基礎知識/神社信仰のルーツと由来)/第2章 正しく寺院を参拝するための知識と作法(寺院参拝の作法と基礎知識/如来・菩薩のルーツと由来/仏を護る守護神のルーツと由来)/第3章 意外と知らない神道と仏教のあれこれ(厄年と年齢の謎ーその歴史民俗学的考察/隠された仏に逢うー「秘仏ご開帳」の歴史と現在/自宅に神さまを祀るには/お経の真意ー般若心経・観音経の現代語訳)

神道とは何か 神と仏の日本史 (中公新書) [ 伊藤聡 ]


神道とは何か 神と仏の日本史 (中公新書) [ 伊藤聡 ]

日本“固有”の民族宗教といわれる神道はどのように生まれ、その思想はいかに形成されたのかー。明治維新による神仏分離・廃仏毀釈以前、日本は一〇〇〇年以上にわたる神仏習合の時代だった。両部・伊勢神道を生みだした中世を中心に、古代から近世にいたる神道の形成過程を丹念にたどっていく。近代における再編以前の神をめぐるさまざまな信仰と、仏教などとの交流から浮かび上がる新しい神道の姿。

【目次】
序章 「神道」の近代/第1章 神と仏(日本の神/神と仏との出会い/神仏習合の発生/本地垂迹説の形成)/第2章 中世神道の展開(中世神道説の濫觴/中世神道説の形成と展開/鎌倉仏教と中世神道/神観念の中世的変容)/第3章 新しき神々(人神振興と御霊信仰/人神信仰の展開/渡来神と習合神/女神信仰の展開)/第4章 国土観と神話(国土観の変遷/中世神話と中世日本紀/中世神話の諸相)/第5章 近世神道へ(吉田神道/天道思想とキリスト教/近世神道の諸相/国学への道)/終章 「神道」の成立

日本がもっと好きになる神道と仏教の話 (PHP文庫) [ 竹田恒泰 ]


日本がもっと好きになる神道と仏教の話 (PHP文庫) [ 竹田恒泰 ]

神道と仏教抜きに、日本の伝統精神を語ることはできない。本書はその本質に追るべく、神道に精通した旧皇族と仏教の極意を知る大阿闍梨が、垣根を越えて語らったもの。「戦いによらず統一王権を築いた天皇の独特さ」「日本人の生活のほうが欧米人より宗教的」「日本が幸せになることが、世界の幸せにつながる」など、“光り輝く”61のエピソードで、この国の見方が変わる!

【目次】
1 『古事記』と天皇と大自然の摂理(お坊さんなのに『古事記』を愛読?/古伝承をまとめ直した日本最初の歴史書 ほか)/2 「神仏習合」による心の基軸(日本人の生活のほうが欧米人より宗教的/自然を「神」とするから融通無碍な考えも生まれる ほか)/3 「清く正しい生き方」とは何か(「神のような帝王の姿を見た」/民のための般若心経を写経した後奈良天皇 ほか)/4 日本の伝統精神が甦るとき(維新前夜にいた「美しい日本人」/必要なのは「何かを守るための改革」 ほか)

八幡神と神仏習合 (講談社現代新書) [ 逵日出典 ]


八幡神と神仏習合 (講談社現代新書) [ 逵日出典 ]

八幡の神は新羅の神が日本化して生まれた。「国家の危機」に八幡神が果たした大きな役割を探る。

【目次】
第1章 神奈備信仰(神体山信仰)と仏教の伝来/第2章 神仏習合現象の始まり/第3章 八幡という神の成立/第4章 八幡神の発展と神仏習合/第5章 習合現象の中央進出と八幡大菩薩の顕現/第6章 本地垂迹説の成立/第7章 八幡仏教徒の国東進出/第8章 八幡信仰の全国的広がりと神仏習合

Sponsored Links