見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
歴史秘話ヒストリア

水野勝成ってどんな人?歴史秘話ヒストリア「戦国ラストサムライ」の再放送・見どころは?

FFD00B68-6E7B-480B-93BD-6489123F5FF5

「歴史秘話ヒストリア」とは?

毎週水曜日、NHK総合テレビで放送されている番組「歴史秘話ヒストリア」は、歴史上の人物や事件などで今まであまり知られていなかった部分にスポットを当てて紹介し、歴史上の人物の心境や決断などが歴史の秘話として詳しく解説される歴史情報番組です。『その時歴史が動いた』の後継番組として、2009年4月よりスタートして今に至っています。進行役がアナウンサー一人というのもこの番組の特徴で、現在の進行役は、井上あさひアナウンサーが務めています。

※2018年4月より、放送時間が水曜日の夜10時25分~に変更いたしました。

image

「歴史秘話ヒストリア」の再放送は?

歴史秘話ヒストリア」の再放送は、基本的には、3日後の土曜日の午前10時05分から放送されていることが多いようです。ただし、イレギュラーな日時があるかもしれませんので、同番組のWebサイトでご確認いただくのが確かだと思います。

※2018年4月より、再放送は毎週土曜 午前10時05分~に変更いたしました。

でも、もっと古い放送番組を見たいとか、それらをまとめて一気見したいなんていう場合には、動画配信サービスがオススメです。

「歴史秘話ヒストリア」の見逃し配信は、NHKオンデマンドで配信されています。

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXtポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円)を使ってNHKオンデマンドの「見放題パック」を購入することができるんです。

Sponsored Links

見逃したNHK番組を見る方法

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

↓↓↓↓↓

U-NEXT

U-NEXTの特徴・サービス内容・メリット

ポイント1 配信作品数が多く、最新作も充実している!
ポイント2 「見放題作品」と「レンタル配信作品」の2種類がある!
ポイント3 U-NEXTポイントを使ってレンタル配信作品をお得に視聴!
ポイント4 さまざまなデバイスに対応!
ポイント5 ファミリーアカウントも含め1契約で4アカウントゲット!
ポイント6 ビデオ見放題サービス会員は70誌以上の雑誌が読み放題!
ポイント7 NHKオンデマンドの見放題パックにU-NEXTポイントが使える!
ポイント8 U-NEXTポイントを使って電子書籍が購入可能!34万冊以上配信中!
ポイント9 U-NEXTアプリで作品のダウンロードも可能!外出先でも視聴可能!
ポイント10 31日間の無料トライアル!
ポイント11 東証一部上場企業が提供するサービスだから安心・安全!

無料トライアル期間中は、見放題作品は31日間無料となります。さらに、600円分のU-NEXTポイントがもらえるので、最新作などの有料コンテンツが600円分無料で視聴できます。(ただし、一部ポイントが使用できない作品があります。)なお、無料トライアル期間中はいつでも解約可能です。つまり、簡単登録!31日間は見放題!31日間中はいつでも簡単解約可!

とにかく、どんなサービスか?使い勝手はどうか?31日間は無料なので一度試してみて下さい!

U-NEXT 無料トライアルの申し込みはコチラからどうぞ! ⇒ U-NEXT

また、他の動画配信サービスとの比較や、サービス内容等の詳しい内容は、コチラをご覧ください。

>> 見逃したテレビドラマを見るならU-NEXT/ユーネクストがオススメ!

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2018年7月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

歴史秘話ヒストリア「戦国ラストサムライ 絶対曲げない水野勝成」

2018年7月18日(水)午後10時25分~

FFD00B68-6E7B-480B-93BD-6489123F5FF5

放送前の予告

徳川家康のいとこにして知られざる戦国武士 水野勝成(みずの・かつなり)。戦場ではいつも「一番やり」の猛将でした。勝成が生きたのは、乱世から太平へ時代が激動しつつあったころです。勝成の人生も、家を追い出されたり、放浪したり、大名になったりとまさに激動。しかし、世のしくみが、価値観が変わろうとも、勝成は決して己を曲げなかったのです。よわい70を過ぎてなお戦場に出た「戦国ラストサムライ」をご紹介します。

天衝 水野勝成伝 [ 大塚卓嗣 ]

番組を視聴して・・・

こんこなに勇敢で一本気で強い武将がいたことにびっくりしました。生まれた時代が違っていたら、もっと活躍できたかもしれないですね。そういう意味では、乱世から太平の世へと変わっていく時代という巡り合わせは、残念な部分ですね。

Sponsored Links

水野勝成とはどういう人物?

水野勝成(みずの かつなり)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将大名。三河刈谷藩主、大和郡山藩主を経て備後福山藩の初代藩主となった人物です。

永禄7年(1564年)に、三河の国・刈谷で水野忠重の長男として生まれました。父・忠重が家康の母・於大の方であったことから、水野勝成は徳川家康のイトコにあたります。

1579年の高天神城攻めで初陣を果たすと、同年の第二次高天神城攻めで16歳ながら首級を挙げて織田信長から感状を与えられ、その後も「天正壬午の乱」や「小牧・長久手の戦い」で活躍します。鬼武蔵として恐れられた森長可を勝成配下の者が討ち取ったり、徳川家内での武勇は井伊直政と並び称されました。

父・忠重の怒りを買って家を飛び出した後は、仙石秀久、豊臣秀吉、佐々成政、立花宗茂、黒田官兵衛、小西行長など名だたる武将のもとで全国を渡り歩き、九州での合戦にも参加しています。

秀吉の死後、家康の口添えによって父と和解すると、関が原の戦いでは、東軍に参戦し、島津義弘による「島津の退き口」を抑えるよう井伊直政や本多忠勝から頼まれるほど信頼されていたと伝えられています。老年になっても意気盛んで、大坂の陣では家康から「先頭に立つな」と命令されながら、いざとなると前へ出て一番槍、後藤又兵衛の部隊を撃破しました。

しかし、単なる乱暴者というわけではなく、福山藩を担ってからは藺草(いぐさ)の栽培や畳の生産、銀札銭札の発行などで同藩の経済基盤を確立するなど、地元では名君として高く評価されていました。1651年88歳でこの世を去りました。

Sponsored Links