見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
歴史秘話ヒストリア

歴史秘話ヒストリア「陰陽師・安倍晴明の秘密!」の再放送・見どころは?

image

「歴史秘話ヒストリア」とは?

毎週水曜日、NHK総合テレビで放送されている番組「歴史秘話ヒストリア」は、歴史上の人物や事件などで今まであまり知られていなかった部分にスポットを当てて紹介し、歴史上の人物の心境や決断などが歴史の秘話として詳しく解説される歴史情報番組です。『その時歴史が動いた』の後継番組として、2009年4月よりスタートして今に至っています。進行役がアナウンサー一人というのもこの番組の特徴で、現在の進行役は、井上あさひアナウンサーが務めています。

※2018年4月より、放送時間が水曜日の夜10時25分~に変更いたしました。

image

「歴史秘話ヒストリア」の再放送は?

歴史秘話ヒストリア」の再放送は、基本的には、3日後の土曜日の午前10時05分から放送されていることが多いようです。ただし、イレギュラーな日時があるかもしれませんので、同番組のWebサイトでご確認いただくのが確かだと思います。

※2018年4月より、再放送は毎週土曜 午前10時05分~に変更いたしました。

でも、もっと古い放送番組を見たいとか、それらをまとめて一気見したいなんていう場合には、動画配信サービスがオススメです。私は、動画配信サービス「U-NEXT」を使っています。

Sponsored Links

見逃したNHK番組を見る方法

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

↓↓↓↓↓

U-NEXT

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

U-NEXTの特徴・サービス内容・メリット

ポイント1 配信作品数が多く、最新作も充実している!
ポイント2 「見放題作品」と「レンタル配信作品」の2種類がある!
ポイント3 U-NEXTポイントを使ってお得に視聴!
ポイント4 さまざまなデバイスに対応!
ポイント5 ファミリーアカウントも含め1契約で4アカウントゲット!
ポイント6 ビデオ見放題サービス会員は70誌以上の雑誌が読み放題!
ポイント7 NHKオンデマンドの見放題パックにU-NEXTポイントが使える!
ポイント8 31日間の無料トライアル!

無料トライアル期間中は、見放題作品は31日間無料となります。さらに、600円分のU-NEXTポイントがもらえるので、最新作などの有料コンテンツが600円分無料で視聴できます。(ただし、一部ポイントが使用できない作品があります。)なお、無料トライアル期間中はいつでも解約可能です。つまり、簡単登録!31日間は見放題!31日間中はいつでも簡単解約可!

とにかく、どんなサービスか?使い勝手はどうか?31日間は無料なので一度試してみて下さい!

U-NEXT 無料トライアルの申し込みはコチラからどうぞ! ⇒ U-NEXT

また、他の動画配信サービスとの比較や、サービス内容等の詳しい内容は、コチラをご覧ください。

>> 見逃したテレビドラマを見るならU-NEXT/ユーネクストがオススメ!

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2017年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

歴史秘話ヒストリア「ようこそ!平安京ダークサイド 陰陽師・安倍晴明のヒミツ」

image

平安時代に陰陽師として活躍した安倍晴明は、現代の女性たちに大人気の歴史上人物です。その人気の理由は、やはり安倍晴明が次々に繰り出す不思議な術ですよね。映画でも描かれて大ヒットしたことも記憶に新しいですね。なんと、人間の寿命を伸ばす禁断の秘術まで使ったと言われているんです。

平安時代に、鬼・呪い・怨霊などなど「見えざるもの」の災いから人々を守っていた「陰陽師」たち。その中でも、特に現代でも大人気の安倍晴明とは、歴史的にどんな人物だったのでしょうか?また、どんな偉業を成し遂げた人だったのか?について紹介します。井上あさひアナもいにしえのみやこの“闇”と陰陽師の名残を追って、京の街角へ繰り出します。

Sponsored Links

安倍晴明が行った革新的な術

安倍晴明が日本の歴史上にその名前を現わしたのは、平安時代中期の西暦960年です。陰陽師とは、天文学を学んだ朝廷の役人で占い等を通じて課題を解決していたんです。でも、多くの陰陽師がいるなかで、どうして安倍晴明の名声が高まったのでしょうか?その理由は、安倍晴明が先例を打ち破るような革新的な術を使ったからなんです。

例えば、「禹歩(うふ)」という術があります。天皇が御所に入る時、当時はお米や酒をまいて邪気を払っていたのですが、安倍晴明は禹歩(うふ)という9歩のマジカルステップで邪気を追い払う術を繰り出したそうです。9歩のステップを踏みながら北斗星を含む9つの星座の名前を唱えて邪気を踏み鎮めたんだそうです。

また、989年には一条天皇が思い病にかかり、安倍晴明は地獄の力でこの難を切り抜けたそうです。その時に使った術は、「泰山府君祭(たいざんふくんさい)」です。泰山府君は、地獄に住んでいる神でその神が人間の寿命を決めていると言われていたのです。安倍晴明は、墨と硯を用意して泰山府君に帳簿を書き換えてもらうというのです。この術は、「寿命を延ばす術」として、瞬く間に宮中で話題になったそうです。安倍晴明自身も、85歳まで生きたそうですから、なんだか信憑性のある話ですよね。

さらに、「追儺(ついな)」という術がありました。当時は、あらゆる災いは鬼の仕業だと考えられていたのです。それで、その鬼を追い払う呪文として「鬼やろう」と唱えて鬼を遠くに追い払うんです。当時は、大衆にも広く広まったそうです。

平安時代の三つの闇

平安時代の三つの闇とは、「」「呪い」「怨霊」と言われています。
安倍晴明は、鬼を追い払うために「式神」という鬼を味方につけたと言われています。その式神は、この世とあの世の境目である一条戻橋に住んでいたそうです。「呪い」の跡は、今でも清水寺の自主神社の「のろい杉」に残っているそうです。呪い釘という五寸釘を打ちつけた跡です。また、京都の積善院には、日本最大の怨霊と言われている崇徳院(すとくいん)の怨念を鎮めるために作られた人食い地蔵が今も残っています。

陰陽師は、平安時代の心の闇を追い払ってくれる重要な役目を担っていたんです。

Sponsored Links