見逃したテレビを見る方法
歴史秘話ヒストリア

伊達邦成(だてくにしげ)とは?歴史秘話ヒストリア「お殿さまの北海道開拓史」の再放送・見どころは?もうひとつの明治維新秘話!

見逃した「歴史秘話ヒストリア」はユーネクストで視聴できます!

「歴史秘話ヒストリア」を見逃した方には、動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をおすすめします。新規の登録から31日間は無料体験できますので、まずはお試しください。また、NHK番組以外にもドラマやアニメ、映画、バラエティー、ドキュメンタリー番組などがたっぷり楽しめます。U-NEXTはスマホ・タブレット・パソコン等のデバイスで楽しめます!

U-NEXTの31日間無料トライアルで「まるごと見放題パック」に入れば、

NHKオンデマンド作品が全て見放題の無料体験ができます!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

「歴史秘話ヒストリア」ってどんな番組?

毎週水曜日、NHK総合テレビで放送されている番組「歴史秘話ヒストリア」は、歴史上の人物や事件などで今まであまり知られていなかった部分にスポットを当てて紹介し、歴史上の人物の心境や決断などが歴史の秘話として詳しく解説される歴史情報番組です。『その時歴史が動いた』の後継番組として、2009年4月よりスタートして今に至っています。進行役がアナウンサー一人というのもこの番組の特徴で、現在の進行役は、井上あさひアナウンサーが務めています。

※2018年4月より、放送時間が水曜日の夜10時25分~に変更いたしました。

image

「歴史秘話ヒストリア」の再放送・見逃し配信は?

歴史秘話ヒストリア」の再放送は、基本的には、火曜日の午後3時08分から放送されます。ただし、イレギュラーな日時があるかもしれませんので、同番組のWebサイトでご確認いただくのが確かだと思います。

でも、もっと古い放送番組を見たいとか、それらをまとめて一気見したい、あるいは放送時間の縛られず好きな時に見たいなんていう場合には、動画配信サービスがオススメです。

見逃した番組「歴史秘話ヒストリア」を視聴する方法

見逃した番組「歴史秘話ヒストリア」は、NHKオンデマンドユーネクストの動画配信サービスで「見逃し番組」として配信されます。これなら、いつでも見たい時に見ることができます。ただし、一部配信されない作品もありますのでご注意ください。

ユーネクストでは、それ以前に放送された「歴史秘話ヒストリア」の50本以上の作品も視聴することができます!

>> 「歴史秘話ヒストリア」再放送・見逃した動画を見る方法は?

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXTポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円。ただし、このページのリンクから登録すれば1,000円)を使ってNHKオンデマンドの「まるごと見放題パック」を購入することができるんです。

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

ユーネクストなら東証一部上場企業が提供するサービスだから安心です!

↓↓↓↓↓

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

なお、NHKの見逃した番組を見る方法は、コチラの記事をご参照ください。

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2017年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

歴史秘話ヒストリア「北の大地に夢をひらけ!お殿さまの北海道開拓史」

2017年12月8日(金)午後8時~

image

放送前の予告

今回の歴史秘話ヒストリアは、今から150年前、農業王国・北海道の礎を築いたお殿さま・伊達邦成(だてくにしげ)を取り上げます。

幕末動乱のなか仙台藩亘理領主で戊辰戦争に敗北し逆賊とされた伊達邦成は領地を没収され、家臣たちとともに再起を北海道の開拓にかけました。きびしい自然や、新政府の政策に何度も苦しめられながら、邦成は伊逹の開拓地を「北海道開拓の見本」と賞されるほど豊かな農地につくりあげたのです。

その成功のカギは「火山」そして「甘~いアンコ」!?
倒幕志士の英雄伝とは異なる知られざる戦いを描く「もうひとつの明治維新」の秘話をお送りします。

見逃した方は、ユーネクストの31日間無料体験で!

ユーネクストなら東証一部上場企業が提供するサービスだから安心です!

31日間無料体験のお申込み

なお、31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

Sponsored Links

放送後のポイント解説

蝦夷にかけた八千人の命

戊辰戦争で敗北した伊達邦成は、2万4千石から58万石へと大幅な減俸となり、8千人の家臣たちを食べさせるには到底困難な状況となりました。かといって武士から農民になると主従関係が切れてしまうことから家臣たちは反対したのです。そして、苦渋の決断が蝦夷地の開拓でした。当時の明治政府はロシアに対する脅威から北方の防衛を強化し、さらに北海道の開拓に力を入れようとしていたからです。

1869年、伊達邦成は家臣たちを引き連れて北海道有珠郡の開拓が認められました。現在の伊達市は北海道でも有数の野菜の産地となっていますが、当時は頻繁に有珠山が噴火し、その火山灰が大地を覆っていたために農業には適さないと言われていたのです。

和で荒地を切り拓け

1870年、伊達邦成は家臣たちを率いて北海道に渡りました。当時は、植物のヨシやササ等で作った開拓小屋で厳しい生活を強いられていたようです。また、農作物の種が届くはずの貨物船が事故で送れて食糧不足になるなど、苦難が続きました。当時、多くの開拓者が北海道の各地へ渡りましたが、開拓が失敗に終わり諦めて戻る人々が多かったそうです。そんな状況の中で、伊達邦成はどうして成功することができたのでしょうか?その理由は、「家族の和」「アイヌとの和」「姫(邦成の義理の母)がつないだ和」という3つの和があったからなのです。

伊達邦成は、北海道へは家臣たちが家族そろって移住することを命じたのです。それによって、単身で行く出稼ぎとは違い、家族の支え合いがあったからです。また、邦成の義母の伊達保子は、自ら北海道へ移住することを志願し、団子をふるまうなど家臣たちの支えになったそうです。

甘いあんこが咲かせた夢

1872年、廃藩置県により士族は平民となり、邦成の家臣たちも平民となってしまいました。しかし、邦成は「この開拓事業を明治日本を支える大事業にしよう」と考え、さまざまな苗を植えてこの地に適した作物を探しました。そして、小豆が適していることを突きとめました。小豆の栽培のため、馬で鍬をひく西洋式機具「プラウ」を使うことで人力の20倍のスピードで農地を開拓し、小豆の栽培を拡大していったのです。また、甜菜の栽培も始めます。甜菜は病気に弱いのですが、火山灰の土壌は排水が良く甜菜の栽培に適していたのです。

こうして、伊達邦成は見事に北海道での開拓事業を成功させ、男爵となったそうです。また、家臣たちも平民から士族に返り咲いたそうです。伊達邦成の決して諦めない不屈の精神が成功のカギだったのでしょう。

見逃した方は、ユーネクストの31日間無料体験で!

ユーネクストなら東証一部上場企業が提供するサービスだから安心です!

31日間無料体験のお申込み

なお、31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

Sponsored Links

伊達邦成に関する参考書籍

「朝敵」たちの幕末維新 義をつらぬいたわが郷土の英雄たち [ 新人物往来社 ]


「朝敵」たちの幕末維新 義をつらぬいたわが郷土の英雄たち [ 新人物往来社 ]

幕末維新史は、勝者である薩長サイドの史観で語られてきた。「朝敵」の汚名を着せられた地域は長らく不遇な立場に置かれ、「官軍」と戦った佐幕派の物語も陽の目を見ることはなかった。本書はそうした佐幕派の生き様を伝えるエピソードを集め、ゆかりの地域ごとに紹介していく。それぞれの郷土の先人たちが、果たして「逆賊」であったのか、それとも義をつらぬいた信念の人だったのか、「敗者」の歴史を掘り起こすことで明らかにしていきたい。

箱館 榎本武揚ー北の大地に佐幕派の最後の砦を築いた男/斗南藩(会津藩) 山川大蔵ー酷寒の地に移住した旧会津藩士の第二の戦い/盛岡藩 楢山佐渡ー秋田に攻め込んだ古武士の戦い/仙台藩 星恂太郎ー神出鬼没の洋式ゲリラ戦法/仙台藩 伊達邦成ー過酷な蝦夷地開拓を成し遂げた「朝敵」藩の意地/米沢藩 雲井龍雄ー『討薩檄』に込められた佐幕派の激憤/庄内藩 酒井玄蕃ー不敗の進撃を続けた北斗七星の大旗/会津藩 松平容保ー成算無き戦いに挑んだ至誠の藩主/会津藩 白虎隊ー若き命を懸けた少年たちの青春/会津藩 山本八重ー得意の鉄砲で篭城戦を闘った女丈夫〔ほか〕

北の墓 上【HOPPAライブラリー】歴史と人物を訪ねて【電子書籍】[ 合田一道 ]


北の墓 上【HOPPAライブラリー】歴史と人物を訪ねて【電子書籍】[ 合田一道 ]

【今日、北海道に生きることの奇跡を思う】黎明期から維新、明治、大正まで、北海道の歴史をささえた100人の墓と彼らの人生、北の大地に刻まれた先人の夢。武田信広、シャクシャイン、高田屋嘉兵衛、間宮林蔵、松前徳広、三上超順、榎本武揚、土方歳三、中島三郎助父子、島義勇、松浦武四郎、伊達邦成、月形潔、井上伝蔵、吉良平治郎、関寛斎ほか。

Sponsored Links

RELATED POST