見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
歴史秘話ヒストリア

伝説の棟梁・中井正清!歴史秘話ヒストリア「お城の国ニッポンを作った男」の再放送・見どころは?

40AF11EE-0F7A-49C8-8DAE-D907E5C64486

「歴史秘話ヒストリア」とは?

毎週水曜日、NHK総合テレビで放送されている番組「歴史秘話ヒストリア」は、歴史上の人物や事件などで今まであまり知られていなかった部分にスポットを当てて紹介し、歴史上の人物の心境や決断などが歴史の秘話として詳しく解説される歴史情報番組です。『その時歴史が動いた』の後継番組として、2009年4月よりスタートして今に至っています。進行役がアナウンサー一人というのもこの番組の特徴で、現在の進行役は、井上あさひアナウンサーが務めています。

※2018年4月より、放送時間が水曜日の夜10時25分~に変更いたしました。

image

「歴史秘話ヒストリア」の再放送は?

歴史秘話ヒストリア」の再放送は、基本的には、3日後の土曜日の午前10時05分から放送されていることが多いようです。ただし、イレギュラーな日時があるかもしれませんので、同番組のWebサイトでご確認いただくのが確かだと思います。

※2018年4月より、再放送は毎週土曜 午前10時05分~に変更いたしました。

でも、もっと古い放送番組を見たいとか、それらをまとめて一気見したいなんていう場合には、動画配信サービスがオススメです。私は、動画配信サービス「U-NEXT」を使っています。

Sponsored Links

見逃したNHK番組を見る方法

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

↓↓↓↓↓

U-NEXT

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

U-NEXTの特徴・サービス内容・メリット

ポイント1 配信作品数が多く、最新作も充実している!
ポイント2 「見放題作品」と「レンタル配信作品」の2種類がある!
ポイント3 U-NEXTポイントを使ってお得に視聴!
ポイント4 さまざまなデバイスに対応!
ポイント5 ファミリーアカウントも含め1契約で4アカウントゲット!
ポイント6 ビデオ見放題サービス会員は70誌以上の雑誌が読み放題!
ポイント7 NHKオンデマンドの見放題パックにU-NEXTポイントが使える!
ポイント8 31日間の無料トライアル!

無料トライアル期間中は、見放題作品は31日間無料となります。さらに、600円分のU-NEXTポイントがもらえるので、最新作などの有料コンテンツが600円分無料で視聴できます。(ただし、一部ポイントが使用できない作品があります。)なお、無料トライアル期間中はいつでも解約可能です。つまり、簡単登録!31日間は見放題!31日間中はいつでも簡単解約可!

とにかく、どんなサービスか?使い勝手はどうか?31日間は無料なので一度試してみて下さい!

U-NEXT 無料トライアルの申し込みはコチラからどうぞ! ⇒ U-NEXT

また、他の動画配信サービスとの比較や、サービス内容等の詳しい内容は、コチラをご覧ください。

>> 見逃したテレビドラマを見るならU-NEXT/ユーネクストがオススメ!

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2018年5月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

歴史秘話ヒストリア「お城の国ニッポンを作った男 伝説の棟梁・中井正清」

2018年5月9日(水)午後10時25分~

40AF11EE-0F7A-49C8-8DAE-D907E5C64486

放送前の予告

日本が世界に誇る歴史遺産「お城」。二条城、江戸城、駿府城、名古屋城といった天下の名城を、たった半年あまりの工期で築き上げた伝説の棟梁(とうりょう)が中井正清です。

法隆寺の宮大工だった正清は関ヶ原合戦をきっかけに徳川家康にその才能を見い出され、天下人を城づくりで支える唯一無二の存在となりました。その独創的な建築手法や部下の大工のやる気を引き出す驚きのマネジメント術など、戦国のプロフェッショナルの実像に、当時の史料を元に迫ります。

押さえておきたい豆知識

中井正清とは?

中井正清(なかいまさきよ)は、1565年大和国法隆寺村生まれ、江戸時代初期の大工頭です。父親は、大坂城を設計したと伝えられている中井正吉です。初代の京都大工頭で、関ヶ原の戦いの後、徳川家康に作事方として仕え、二条城建設に活躍しました。家康の命による江戸城、知恩院、駿府城の天守、江戸の町割り、増上寺、名古屋城、二条城、内裏、日光東照宮、久能山東照宮、方広寺など、徳川家関係の重要な建築を担当しました。大坂の陣の直前に、家康の密命により、大坂城の絵図を作成したという逸話も残っているそうです。

日本で世界遺産に登録されている社寺の多くが正清や中井家がかかわっているということからも、江戸時代の偉大な建築家だと言えます。

Sponsored Links

放送後のポイント解説

現代の世に、もし中井正清が生きていたら、きっとNHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」に出演していたに違いありませんよね。ということで、番組内でも同番組風に「戦国プロフェッショナル棟梁の流儀」と題して名古屋城の築城の様子を密着取材!

天守閣は、石垣を組んで土台を積み上げてからでないと柱の位置や天守の大きさ、それに使われる木材の寸法などが決まらなかったのですが、中井正清は天守閣を統一規格とすることによって、木材の準備が併行して行えるようにしたのです。これによって、工期が大幅に短縮されるという画期的な工法を生み出しました。

また、何百人もの大工の能力評価を丁寧に行ったり、適材適所に配置して仕事を任せ、大工たちの底力を引き出しました。さらに、資材の購入は競争入札を行い、予算管理もこなしていたそうですから、スーパーマンのような棟梁だったんですね。

徳川家康は、たった半年で築城を命じますが、中井正清は、決してNOとは言わなかったそうです。そう、中井清正にとって「プロフェッショナルとは、家康の命令に対しては決してNOと言わず、想定以上の内容で全てを実現する」という感じでしょうか。

おそらく、信頼に応えるために人一番努力を惜しまない人、そして、人柄が良く誰からも慕われていたからこそ、多くの大工たちが中井清正を支えて力を発揮したのだと感じました。

Sponsored Links