見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
月曜から夜ふかし

【月曜から夜ふかし】広島県の紙飛行機を飛ばすためだけの施設「とよまつ紙ヒコーキ・タワー」とは?

image

日本テレビ「月曜から夜ふかし」

月曜から夜ふかし」は、マツコ・デラックス関ジャニ∞村上信五が、日本全国の気になることを深堀りしていく番組です。毎週月曜日23:59~放送しています。

この番組にはちょっとした名物おじさんがいるんです。株主優待の名人として何度も番組に登場している桐谷さんです。自転車で暴走したり、家がゴミ屋敷だったり、その一風変わった生活ぶりが人気を集めているんです。67歳の現在まで結婚経験がなかったそうで、つい最近のスペシャル番組では、ついに結婚相談所を訪れたたそうです。

そんな感じで、ちょっとくだらないけど興味をそそる話題が満載の番組なんです。また、マツコと村上の掛け合いも面白いんです!まだ、ご覧になられたことがない方は、是非、一度試してみてください。ついつい、夜更かししたくなりますよ!

ところで、この「月曜から夜ふかし」を見逃した!という方には、Huluをオススメします。いわゆる、最近流行の動画配信サービスです。

Huluとは?

運営会社 HJホールディングス合同会社
登録ユーザー数 130万人、作品数 3万本超、月額 933円(税別)
世界で1,000万人近いユーザーを抱えるSVOD(定額制動画配信)の代表的サービスです。日本上陸も非常に早く、2011年からコツコツとユーザーを集め続けています。2014年に日テレに買収され100%子会社になってからは、同局のドラマやバラエティも増え「Hulu限定でロングバージョンが見られる」など番組内での誘導も盛んに行われるようになっています。なお、フジテレビ・オン・デマンドとの相互配信も行っています。米ケーブルテレビ大手のHBOと契約し、「セックス・アンド・ザ・シティ」や「ゲーム・オブ・スローンズ」といった人気ドラマを独占配信することにも成功しています。

まずは、「2週間の無料お試し」の体験をオススメします!

↓↓↓

Sponsored Links

「広島県の紙飛行機を飛ばすためだけの施設」とは?

2017年12月25日(月)放送の「月曜から夜ふかし」では、「広島県の紙飛行機を飛ばすためだけの施設」が紹介されました。
その施設とは、広島県の東部、神石高原にある「とよまつ紙ヒコーキ・タワー」です。広島県福山市から車で1時間程度の場所にあります。

標高663m、豊松の米見山(よなみやま)山頂公園の中央にそびえ立つ高さ26mのタワーで、2003年に建てられた紙ヒコーキを飛ばすためにつくられた世界でも珍しい施設です。このタワーの15m位置には360度を見渡せる展望台があり、遠くに大山や道後山、比婆山連邦なども望めます。この展望台から紙飛行機を飛ばすことができます。年に数回行われる飛行時間記録会のイベントでは、何と21分もの飛行時間を記録した人もいるそうです。こうした日常ではなかなか体験できない経験ができるので、マニアはもちろん、一般の親子連れも多いそうです。

image

ちなみに、タワーがある広島県神石高原町は、2013年4月に「恋人の聖地」に選定されているので、デートで訪れるのもおすすめです。同じく高原町の観光名所として知られる「幸運仏堂」とコラボして作られた紙ヒコーキ「ラブコプター」を2人で飛ばせば、永遠の愛を手に入れることができるかも!?シンボル施設のとよまつ紙ヒコーキ・タワーから、恋愛成就・良縁成就の願いを込めて、「ラブコプター」を飛ばしてみませんか!?敷地より外へ出れば願いが叶うかも!敷地内に落ちても「願いの木」に結べば厄除けになりますよ。

この「とよまつ紙ヒコーキ・タワー」の建設を実現させたのは「折り紙ヒコーキ協会」会長の戸田拓夫さんです。戸田さんは、「我々は紙ヒコーキを真面目に競技として行っている団体ですが、町中では『ゴミになる』などと嫌われているので、自由に飛ばせる場所を探しました」とおっしゃっています。競技にはいくつかルールがあります。例えば、紙ヒコーキを作る紙のサイズは、距離競技の場合はA4、滞空時間競技の場合はA5が原則。また、紙を切ったりオモリを入れたり、やすりをかけることは禁止。のりづけも禁止されているんです。競技は数カ月置きに開催されているので、参加希望の人はwebサイトで最新情報を入手してくださいね。

Sponsored Links

とよまつ紙ヒコーキ・タワーの基本情報

image

【住 所】 神石高原町下豊松381
【電 話】 0847-84-2000 ※閉鎖時 084-961-0669
【駐車場】 普通車;約30台(無料) 中型観光バスは可能
※山道のため大型車は通行が難しいです。
【アクセス】自動車
福山東ICから車にて距離:約45km 所要時間:約65分
東城ICから車にて距離: 約35km 所要時間:約40分
【アクセス】バス
福山駅北口よりバス「東回り東城線」乗車
バス停「油木停留所」下車しタクシー乗車約20分
【営業時間】(4月~9月)10:00~18:00
※10・11・3月は閉館時間が17:00までとなります。
【定休日】 月・水・金曜 12月~2月は閉鎖
※GW、夏休み期間(7月下旬~8月末)は無休です。
【入館料金】※エコ用紙は別途購入必要 100円(5枚)
小学生未満;無料※ 小学生以上;300円(エコ用紙5枚付)
【紙ヒコーキ教室】年3回開催。その他要望により実施。

Sponsored Links