見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
月曜から夜ふかし

月曜から夜ふかし「メニューが恥ずかしい焼き鳥屋さん」ニュー関とは?Huluで配信中!

image

日本テレビ「月曜から夜ふかし」

月曜から夜ふかし」は、マツコ・デラックス関ジャニ∞村上信五が、日本全国の気になることを深堀りしていく番組です。毎週月曜日23:59~放送しています。

image

この番組にはちょっとした名物おじさんがいるんです。株主優待の名人として何度も番組に登場している桐谷さんです。自転車で暴走したり、家がゴミ屋敷だったり、その一風変わった生活ぶりが人気を集めているんです。67歳の現在まで結婚経験がなかったそうで、つい最近のスペシャル番組では、ついに結婚相談所を訪れたたそうです。

image

そんな感じで、ちょっとくだらないけど興味をそそる話題が満載の番組なんです。また、マツコと村上の掛け合いも面白いんです!まだ、ご覧になられたことがない方は、是非、一度試してみてください。ついつい、夜更かししたくなりますよ!

ところで、この「月曜から夜ふかし」を見逃した!という方には、Huluをオススメします。いわゆる、最近流行の動画配信サービスです。

Sponsored Links

Huluとは?

運営会社 HJホールディングス合同会社
登録ユーザー数 130万人、作品数 3万本超、月額 933円(税別)
世界で1,000万人近いユーザーを抱えるSVOD(定額制動画配信)の代表的サービスです。日本上陸も非常に早く、2011年からコツコツとユーザーを集め続けています。2014年に日テレに買収され100%子会社になってからは、同局のドラマやバラエティも増え「Hulu限定でロングバージョンが見られる」など番組内での誘導も盛んに行われるようになっています。なお、フジテレビ・オン・デマンドとの相互配信も行っています。米ケーブルテレビ大手のHBOと契約し、「セックス・アンド・ザ・シティ」や「ゲーム・オブ・スローンズ」といった人気ドラマを独占配信することにも成功しています。

まずは、「2週間の無料お試し」の体験をオススメします!

↓↓↓

Sponsored Links

「メニューが恥ずかしい焼き鳥屋さん」

2017年9月25日放送の「月曜から夜ふかし」で「メニューが恥ずかしい焼き鳥屋さん」として紹介されたのは、岐阜県関市にある「やきとりニュー関」というお店です。とにかく、メニューのネーミングがユニークなんです。それに輪をかけたように、お店の大将がとってもユニークなんです。

image

壁にかかっているメニューには、「むくむくやき」「美女足」「びんびん焼」「いくいくやき」「ぐりぐり焼」「ぬれまん焼」などなど、ちょっとどころか相当変わった耳慣れないネーミングのメニューが並んでいます。この名前からは、どんな焼き鳥が出てくるのか想像できないですよね!?お客さんたちは、どうやってこのメニューから注文しているんでしょう?そう疑問に思って「口コミ」を見てみたら、どうやらお店の大将にお任せしちゃってるようなんです。

≪店舗情報≫

店  名  やきとり ニュー関
住  所  岐阜県関市緑ケ丘2-5-41
ジャンル  焼肉・ホルモン
カウンター あり
個 室   なし
喫煙席   あり
お店のHP http://j47.jp/newseki/

Sponsored Links

「やきとりニュー関」の口コミをご紹介

「食べログ」に掲載されている3件の口コミをご紹介します。

関市にある”ニュー関”です。
面白いお店があるよ〜との噂に乗っかってみました。
もちろん既知でしたが、メニューがなんともスゴイ・・・
何が何だかわからないので、ご主人にお任せしてみました。
というか任せるしかないね〜
すると
「まずは”びんびん焼き”からね〜」
「こうやって焼いて食べてね〜」と炭へ乗っけても
こんなにありました。
2人前は軽くあります。
私「ところでこのびんびん焼きって何のお肉ですか〜」
ご主人「そりゃ、ヒ・ミ・ツ!」
そして
ご主人の「次はすごいよ〜」で登場したのは、軍鶏
コレとっても好みでした。
歯ごたえがあって旨みもたっぷり。
そしてご主人「お腹いっぱいになった??」
私たち「まだ食べれる〜」と言うと、ぐりぐり焼き の登場
せせりだそうです。
お任せ〜したのでなんですが、3品とも2人前ずつ出てきたので、3品でお腹パンパン
ココに生ビール3杯&ウーロン茶で6000円也〜
ご主人に「美味しいから次は1人前ずついろんなの食べたいな〜」とお願いしたら、
「O.K.!」と快諾!?してくれたけど、覚えていてくれるかな〜
覚えていてくれるまでに行けるのかな〜です。
鮮度良好、ご主人楽しい”ニュー関”また伺いたいと思います。
ご馳走様でした。

焼肉新年会
職場の先輩との新年会で利用しました。
場所は国道に面した角地のテナントが並ぶ一角で、白い建物が目立ちます。
店内はテーブル席とカウンターの小さなお店ですが大将(社長と呼ばれてました。)と女将(専務と呼ばれてました。)の二人で切り盛りしてます。
このお店のウリは色々ありますが、やっぱり社長と専務の人柄でしょうね(^○^)
実に面白い!どんな具合に面白いかは実際店に行って確かめてください。
あと、商品のネーミングが面白い!
「びんびん焼き」とか「むくむく焼き」とか・・・あと他にも色々面白いネーミングがありましたがメニュー表の写メを忘れてしまいました。
今、流行の無煙ロースターでは無く七輪で煙をもくもく立てて焼く男らしいもの。
煙をもくもく立てて、ニンニクとおろし大根をたっぷり乗せたタレに絡ませ(?)食べる熱々の焼肉!たまりませんでした。
この男らしい焼肉店も若い女性には人気らしく暫くして女子会らしく4人で若い女性が来店して来ましたよ!
良い服は着ていくと臭いが付いちゃうからジャージがお奨めです。
で、食べた品名はまず豚の横隔膜の焼肉、むくむく焼きを食べましたが味わい深くて美味しかった~。
次に鶏のとさかを切った「とさか」は一見グロテスクですが癖もなくコリコリして美味しかったです。
豚足は柔らかく、ホルモンはシャキシャキしビールに良く合った。
社長が「今日は心臓が入った」との事で早速一皿頂きました。
心臓独特の癖が全然無く「新鮮だとこんなにちがうのかー」と改めて発見した・・・目から鱗がとれるおもいで感動ものでしたよ。
途中、専務が「ファイアーストッパー持ってきたよ」と氷が入った皿を持ってきた。
「これなに???」と無知な自分は専務に尋ねると「七輪から炎が上がったら一つ網に乗っけて!」との事。
氷で火力調整とは原始的でそれでいて画期的な面白い方式だとまたまた感心した次第でした。
場所も分かり易く店が狭い欠点はあるものの店長の人柄が良く、店はお世辞にも綺麗と言い難い・・・七輪でモクモク焼くから当然ですが・・・トイレはすごく綺麗でまるで「掃きだめに鶴」の諺が思い出されましたよ。
味は良いがお値段は決して安くは無く、それでいて腹一杯食べて飲んでも一般の焼肉店引けをとらない安さだと思います。
また必ず伺いますよー

こちらは比較的交通量の多い関市の大洞という交差点の角に面した屋台風のお店。
ここの前を通るたびに子どもから一度行ってみたいと言われていたので訪問。
一応屋根付きのお店もありそちらで調理や用意をするようだが通されたのは手作り感溢れる外のお席。
雨風対策にビニルシートで覆ってある席はテーブルが4人掛けのテーブルが4つほど。
訪問時はおじさんとお兄さんが仕切っていてメニューに「びんびん焼き」とか下ネタ系の名前が書かれているので躊躇っているとオススメを出しますということで「びんびん焼き」を含むいくつかの焼き物とトマトのサラダ、飲み物を注文。
焼くのは七輪。
運ばれてきたのは豚のイチモツや鶏のトサカ、せせりなど4品ほど。
お酒は合わせて4杯ほど飲み子どももソフトドリンクを注文。
味はというと七輪で焼くのでなんでも美味しく感じるけどトサカはちょっと食べにくかったかな。
大人二人と小学生一人で7000円。
何がどう7000円だったのかはっきりしないけどとにかくおじさんとお兄さんが接待してくれるので追求せず支払いました。

いかがでしたか?今どき、昔ながらの七輪で焼くなんて・・・美味しそうですよね。

気になる方は是非、足を運んでみてはいかがでしょうか。

Sponsored Links