見逃したテレビを見る方法
名作

名作「刑事コロンボ」ベスト20は?作品一覧と各話あらすじ!

D2E1674A-07E0-466D-BAA1-DC54DA4B66E8

海外ドラマ「刑事コロンボ」とは

D2E1674A-07E0-466D-BAA1-DC54DA4B66E8

1968年にアメリカで放送されるや話題となり、日本でも大ヒットしたドラマ『刑事コロンボ』。よれよれのコートに葉巻、そして「うちのカミさんがね」というおなじみの名セリフ。ミステリーファンならずとも、これだけで誰もがコロンボを思い浮かべるのではないだろうか。今も刑事ドラマの名作として、洋の東西を問わず世界中で愛されている傑作シリーズ。

その魅力とは・・・

犯人が冒頭からわかる!ミステリードラマの金字塔

事件が発生し、最後に刑事が犯人を突き止めるという流れのミステリードラマが多い中、『刑事コロンボ』では冒頭で犯人が明かされるという、当時としては斬新な手法で描かれている。犯人の動機とは何か?その背景とは?そして、どのようなトリックが使われたのか?コロンボの鋭い観察と粘り強い捜査によって、犯人と繰り広げられる心理的な駆け引きが、このドラマの見どころの一つ。

野暮ったい見た目とは裏腹の、スゴ腕刑事

華麗なアクションをこなすわけでもなく、一見すると冴えない”おじさん”刑事のコロンボ。しかし、その風貌とは裏腹に、鋭い観察眼の持ち主で、鮮やかに犯人を追い詰める姿が、新しい刑事像として視聴者の心をわしづかみに。コロンボを演じたピーター・フォークは、この作品でエミー賞主演男優賞を4回受賞している。

豪華なゲスト・スターに注目

主人公コロンボの他に、このドラマで欠かせないのは、毎回犯人役として出演していた豪華なゲスト・スター。レナード・ニモイ(『スター・トレック』)、ロバート・ボーン(『0011ナポレオン・ソロ』)、フェイ・ダナウェイ(『俺たちに明日はない』)、マーティン・シーン(『地獄の黙示録』)など往年のスターたちのほかにも、カントリー歌手のジョニー・キャッシュがゲスト出演している。

実はこんな大物監督も『刑事コロンボ』から育っていった

1960~70年代は、映画とテレビとの間で様々な才能が行き来し、スティーブン・スピルバーグ(『E.T.』、『ジュラシック・パーク』)やジョナサン・デミ(『羊たちの沈黙』、『フィラデルフィア』)など名監督たちが『刑事コロンボ』から育っていった。当時24歳のスピルバーグが手掛けたシリーズ第3作「構想の死角」は、オープニングシーンをワンカットで映し出すなど、大胆な演出で話題になった。

あなたが選ぶ「刑事コロンボ」ベスト20

1位 別れのワイン
2位 二枚のドガの絵
3位 忘れられたスター
4位 溶ける糸
5位 パイルD-3の壁
6位 祝砲の挽(ばん)歌
7位 ロンドンの傘
8位 構想の死角
9位 歌声の消えた海
10位 逆転の構図
11位 殺しの序曲
12位 殺人処方箋
13位 秒読みの殺人
14位 権力の墓穴
15位 策謀の結末
16位 死者のメッセージ
17位 意識の下の映像
18位 魔術師の幻想
19位 美食の報酬
20位 死の方程式

Sponsored Links

「刑事コロンボ」作品一覧と各話のあらすじ

旧シリーズ45作品は、現在、BSプレミアムで毎週水曜日午後9時〜放送されています。また、以下に挙げている全69作品は、現在、U-NEXTにて配信中です。

第1話 殺人処方箋

精神分析医のレイ・フレミングは、患者の若い女優と愛人関係にあった。彼は妻のキャロルから、離婚してこのスキャンダルを公表すると言われ、愛人と共謀して妻の殺害計画を実行する。自宅で強盗に襲われ殺されたように工作し、その後、キャロルに変装した愛人と共に、大芝居を打って完璧なアリバイを作った。

第2話 死者の身代金

弁護士レスリー・ウィリアムズは、夫を射殺後、30万ドルの身代金を要求する脅迫状を自分宛てに郵送し、誘拐事件をでっちあげる。生前の夫の通話を録音したテープとタイマー装置を利用して、夫から自宅に電話がかかってきたように細工したのだった。だが、市警本部とFBIとの連絡係として現場に居合わせたコロンボは、彼女の電話の受け答えに違和感を覚える。

第3話 構想の死角

人気の推理作家コンビ、ジムとケン。だが、実際に執筆していたのはジムで、ケンは名ばかりの作家だった。もっとシリアスな作品を書きたいというジムはコンビ解消を宣言する。すると金に困っていたケンは生命保険金目当てにジム殺害を決意。自らが考えたトリックで計画を実行する。

第4話 指輪の爪あと

探偵社の社長ブリマーは、新聞王のケニカットから妻の浮気調査を依頼され、彼女は潔白だと報告をする。しかし夫人は不貞をはたらいており、うその報告の見返りとして夫人にある要請をする。だが、それを断られたブリマーは彼女を殴りつけ殺害。物取りの犯行に見せかけた上、警察の捜査に協力を申し出る。だがコロンボは遺体のほほにあった傷あとから、犯行の状況に疑問を持つ。

第5話 ホリスター将軍のコレクション

海兵隊の英雄だったホリスターは、退役して建設会社を経営し、元部下のダットン大佐と組んで不正な利益を得ていた。だが特別監査が行われることになり、ダットンが秘密を漏らす危険があると悟ったホリスターは、海辺の自宅で彼を射殺。その場面をボートから目撃したヘレンという女性が警察に通報し、コロンボが捜査を始める。だが、殺人の痕跡はどこにもなかった。

第6話 二枚のドガの絵

美術評論家のデイルは、ある夜、世界屈指の絵画コレクションを所有する叔父を射殺する。遺体に電気毛布をかけ、部屋を荒らし、犯行に使った拳銃と2枚の小さなドガの絵を、共犯で愛人の画学生に渡す。その後デイルは、アリバイ作りのため画廊のパーティーに出席。現場に残った愛人も、ある工作をして裏口から走り去る。コロンボは盗まれた絵から、ある疑いを持つ。

第7話 もう一つの鍵

べスは兄のブライスが社長を務める会社の幹部、ピーターと交際中。だが交際をやめないと彼を解雇すると宣告され、何かにつけて支配的な兄の殺害を決意。ブライスのキーホルダーから家の鍵を抜き取り、ブライスが窓の方にやってきたところを、巧みに誘導し、ブライスを射殺。警察も強盗と間違えて撃ったとみるに違いない。だがその計画にはある誤算があった。

第8話 死の方程式

父が築いた大会社の御曹子であるロジャーは、現社長の叔父に過去の悪事を調べられ、会社を辞めるよう勧告される。その上、叔父は会社を売ろうともくろんでいた。ロジャーは叔父の殺害を決意し、手製の爆弾を愛用の葉巻に仕掛ける。叔父は山荘に向かう車の中で葉巻ケースを開け、車は爆発炎上・・・。その後コロンボは、ロジャーのささいな行動から彼に目をつける。

第9話 パイルD-3の壁

建築家のマーカムは、出資者である実業家ウィリアムソンの妻ジェニファーと共に大規模な都市改造計画を進めていた。これに激怒したウィリアムソンは、援助を打ち切ると宣言。マーカムはウィリアムソンを連れ去り、彼が旅に出たように偽装した。コロンボは建設中のビルの基礎工事に使う柱(パイル)に死体が隠されているのではと推理するが・・・。

第10話 黒のエチュード

一流楽団の理事長の娘を妻に持ち、楽団の指揮者も務めるアレックス・ベネディクトは、愛人のピアニスト、ジェニファーから離婚を迫られていた。離婚すれば今の地位を確実に失うアレックスは、コンサート本番前に楽屋を抜け出し、彼女を殺害。用意しておいた遺書をタイプライターに残して自殺に見せかけた。だが、タキシードの襟につけていた花を現場で落としたことに気づく。

第11話 悪の温室

信託扱いで手を出すことができない父親の遺産を手に入れたいと、甥(おい)のトニーから相談されたジャービス。緊急事態になれば現金を引き出せるため、ジャービスは狂言誘拐を提案。トニーが誘拐されたことにして、彼の妻キャシーに身代金を要求する脅迫状を送りつけた。犯行後、大金を手にして喜ぶトニーを射殺したジャービスは、キャシーの犯行に見せかけるが・・・。

第12話 アリバイのダイヤル

人気フットボールチームのゼネラル・マネージャー、ハンロンは、初代チームオーナーの放とう息子で現オーナーのエリックを殺し、自分がトップに立とうと画策。彼の屋敷へ向かう途中、ラジオの試合中継を流し試合会場にいるふりをしてエリックへ電話。屋敷に着き彼を殺害した。エリックの死は事故と判断されかけたが、コロンボは現場の状況のおかしな点を見抜いていく。

第13話 ロンドンの傘

落ち目の俳優であるニックとリリアン夫妻は、プロデューサーのサー・ロジャーをだまして舞台劇「マクベス」主演の座を手に入れた。それを知ったサー・ロジャーは初日前夜に二人の楽屋で怒りをあらわにする。もみあいの末、彼を殺してしまった二人は、遺体を彼の屋敷へ運び、階段から落ちたように偽装した。地元警察は事故と判断するが、ロンドン警視庁へ視察に訪れていたコロンボは疑問を持つ。

第14話 偶像のレクイエム

往年の名女優ノーラ・チャンドラーは、過去に出演した作品の損失を会社に押し付けていた。その事実を記者のパークスにかぎつけられ、口止め料を要求される。彼を殺そうと決意したノーラはパークス邸のガレージにガソリンをまき、車を爆発炎上させる。しかし乗っていたのはパークスではなく、彼の婚約者でノーラの秘書のジーンだった。

第15話 溶ける糸

メイフィールドは、緊急入院した世界有数の心臓外科医ハイデマン博士の主治医となり、手術の準備を看護師のシャロンに命じる。博士を慕うシャロンは、メイフィールドが博士との共同研究で名をあげようと野心に燃えていたことを知っており、彼が博士を殺害するのではないかと、手術中も監視していた。だが手術は無事終了。しかし彼女はある事実に気がつき、メイフィールドに詰め寄る。

第16話 断たれた音

チェスの世界でチャンピオンとして名をはせるクレイトンは、かつてのチャンピオン、デューデックとの世紀の対決を控えていた。試合前夜、二人だけで行った勝負の結果は、クレイトンの惨敗。追い詰められたクレイトンは、デューデックを地下のゴミ粉砕機に突き落とし、彼が試合におじけづいて逃げたように工作する。しかしデューデックは一命を取り留め入院。クレイトンは彼の息の根を止めるため、再度犯行に及んだ。

第17話 二つの顔

孫のように若いリサとの結婚式を控えた富豪パリスの遺体が発見された。入浴中、電源を入れたままのミキサーを放り込まれ感電死したのだ。彼の死は心臓麻痺によるものと判断されかけるが、コロンボは殺人とみて、遺産相続人である双子の甥(おい)に目をつける。仲が悪く、お互いに罪をなすりつけあう双子兄弟のうち、どちらが真犯人なのか!?

第18話 毒のある花

化粧品会社の美しき女社長ビベカは、社運をかけた奇跡のシワ取りクリームの開発に成功。ところが、開発スタッフのカールがライバル会社にクリームのサンプルを持ち込んでいたと知り、彼の家を訪れる。かつては恋人でもあったカールに侮辱され、カッとなったビベカは彼を顕微鏡で撲殺してしまう。一方、捜査を進めるコロンボは謎の手のかぶれに悩まされていた。

第19話 別れのワイン

異母弟リックが所有するワイナリーの経営をまかされ、ワイン作りにすべてを捧げるエイドリアン。しかしてっとり早く金が欲しいリックは、大手の酒造会社にワイナリーを売ると宣言。口論となり激高したエイドリアンは、リックを激しく殴打。気を失った彼をワインセラーに運び、空調を切って置き去りにしたままニューヨークへと旅立った。数日後、帰宅したエイドリアンは遺体を海へと投げ落とし、ダイビング中の事故に偽装する。

第20話 野望の果て

投票日を間近に控えた上院議員候補ヘイワードは、脅迫状を受け取ったとマスコミに発表する。実は選挙参謀のストーンが考えた票稼ぎのためのやらせだったが、ヘイワードはこれを利用して何かと邪魔になってきたストーンの殺害を決行する。彼はヘイワードの上着を着ていたため、ヘイワードと間違えられて殺されたかのように見えたが、コロンボは数々の矛盾点を見逃さなかった。

第21話 意識の下の映像

自らが主宰する研究所で、意識調査の研究を行っているケプル博士。野心家の彼は研究所拡大のため、クライアントのノリスをキャンペーンガールに誘惑させ、その現場をとった写真をネタにゆすっていた。だが、地方検事局に真実を調べさせるというノリスを恐れたケプルは、人間の潜在意識に訴えかけるサブリミナル効果を利用してノリスを殺害。凶器として使用した銃にも一工夫こらし、鑑識の目をくぐり抜ける。

第22話 第三の終章

出版社社長のグリーンリーフは、人気作家マロリーが大手出版社との契約をすすめていることを知る。彼の新作の出版権を他社に渡したくないグリーンリーフは、爆弾マニアのエディにマロリーを殺させ、100万ドルの保険金も手にする計画を決行。エディに殺害方法を綿密に指示し、自分には完全なアリバイを作った。その後、エディの口封じにも成功するが、そこには思わぬ誤算があった。

第23話 愛情の計算

人工頭脳学調査研究所の所長ケーヒルは、最愛の息子ニールが今年最高の科学者として表彰される前日、息子の論文が盗作だと知らされる。その秘密を握る同研究所のニコルソンは、受賞を辞退しなければ真実を暴露するという。息子を守るため、ケーヒルはニコルソンを殺害し、超高性能ロボットを使用して鉄壁のアリバイを準備する。

第24話 白鳥の歌

人気カントリー歌手トミー・ブラウンは、収益のすべてを信仰団体に寄付してしまう妻エドナを憎んでいた。彼女は、トミーがかつて未成年だったコーラスガールを暴行した弱みを握っているのだ。トミーは公演に向かう自家用飛行機の墜落事故をよそおい、エドナとコーラスガールを殺害。一人パラシュートで脱出した彼を、エドナの弟が告発したことからコロンボが捜査に乗り出す。

第25話 権力の墓穴

コロンボの上司でもある警察幹部ヘルプリンは、友人のヒューが妻を殺害した際の偽装工作に協力。事件を、常習の宝石泥棒の仕業という線で捜査を指揮する。その後、妻のばく大な資産目当てに自らも妻を殺害、ヘリコプターで自宅上空を夜間警備中、何者かに妻を殺害された悲劇の夫を演じる。ヒューも巻き込んだこの計画は見事成功したかに思えたが、コロンボは2つの殺人事件のわずかな矛盾点を見逃さなかった。

第26話 自縛の紐

健康クラブを経営するマイロ・ジャナスは、不正な経営で私腹を肥やしていることを加盟店のオーナーであるスタッフォードに見抜かれ、彼を殺害。トレーニング中の事故に見えるよう工作し、その後、自宅でのパーティーに何食わぬ顔で参加。スタッフォードからの電話の声を録音したテープを使って、あたかも彼と電話で話したように装った。これでアリバイは完璧だと思われたのだが・・・。

第27話 逆転の構図

口やかましい妻との生活に心底嫌気が差した写真家のガレスコは、妻を殺害した後、誘拐事件として偽装。その手口とは、以前から手なずけていた元囚人の男を廃車置き場に呼び出し、いすに縛り付けた妻を写した写真と脅迫状に指紋をつけさせた後、男を射殺。自らの足も撃ち抜き、身代金の受け渡しの際に犯人に撃たれたように装うというものだった。それは疑う余地なしの事件に見えたが、コロンボは逆転の発想で真犯人を見極め、見事なトリックであぶり出す。

第28話 祝砲の挽歌

陸軍幼年学校の開校記念祝典で大砲が暴発し、理事長のヘインズが爆死した。経営難に陥った学校を男女共学の短大にするというヘインズと対立していた校長のラムフォード大佐が、伝統ある学校を守ろうと大砲に細工したのだ。コロンボは、祝砲を撃つはずだったラムフォードを狙った犯行と推理。だが、現場に残されたある物から真実を見抜き、生徒たちの協力を得て意外な作戦を展開、ラムフォードを袋小路に追い詰める。

第29話 歌声の消えた海

ロサンゼルスからメキシコへ向かう豪華客船の旅に出かけたコロンボ夫妻。楽しむ間もなく専属バンドの女性歌手射殺事件が起き、コロンボは一人で捜査を開始。現場の鏡に口紅で書かれていた「L」の文字から、被害者にしつこく言い寄っていたロイドに疑いがかかるが、それは被害者の愛人ダンジガーによる工作だった。コロンボは鑑識も何もない中、ダンジガーの巧妙な作戦を見抜いていく。

第30話 ビデオテープの証言

ミダス電子工業の社長、ハロルド・バン・ウィックとその家族が住む邸宅は、彼が趣味で開発したハイテク機器でいっぱいだった。ハロルドは、会長でもある義理の母から、業績悪化の責任をとって社長を辞任するよう宣告され、さらには女性関係まで調べられてしまう。ついに腹をたてたハロルドは、ご自慢のハイテク・ビデオ機器を使って義母殺害計画を企てる。

第31話 5時30分の目撃者

催眠療法を研究する精神科医のマーク・コリアーは、患者のナディアと愛人関係にあった。ナディアの別荘で彼女の夫と鉢合わせしたコリアーは、殴りかかってきた夫を暖炉の火かき棒で撲殺。その後、警察に矛盾だらけの証言をするナディアが邪魔になり、彼女を催眠療法で操ってベランダから飛び降りるように仕向ける。

第32話 忘れられたスター

過去の名作ミュージカルの名場面を集めた映画が公開され、再び脚光を浴びた往年の名女優グレース・ウィラー。女優としてカムバックするために必要な資金の援助を夫に断られると、眠っている夫の手に拳銃を握らせ、自殺に見せかけて殺害した。完全犯罪を実行したかのように思えるグレースをコロンボは逮捕できるのか!?

第33話 ハッサン・サラーの反逆

ロサンゼルスにある中近東スワリ国総領事館の総領事代理ハッサン・サラーは、職員のハビブと共謀して警備隊長を殺害。アリバイ作りのため、スワリ国王の警備に関する会議に出席したサラーは、会議中に警備隊長のフリをしたハビブからの電話を受ける。だがその会議にはコロンボも出席していた。サラーは外交官特権を持ち、治外法権下にあるため警察は逮捕できない。そこでコロンボが取った秘策とは?

第34話 仮面の男

表向きは経営コンサルタント、実はCIA情報部員であるネルソン・ブレナーは、かつて二重スパイの内職で荒稼ぎした相棒ヘンダソンから、過去の報酬を支払わなければ内職の件をばらすと脅される。するとブレナーは、ヘンダソンに新しい仕事を持ちかけて彼を「追いはぎ天国」と呼ばれる海岸へおびき寄せ殺害した。やがて捜査の結果、ブレナーにたどりついたコロンボの前に、CIA幹部が立ちはだかる!

第35話 闘牛士の栄光

メキシコの元闘牛士、ルイス・モントーヤの長年の相棒であるエクトールの息子が、牧場で牛に立ち向かい負傷した。モントーヤは、その荒くれ牛を殺そうとエクトールと共に闘牛場に出るが、突然麻酔銃でエクトールの足を撃ち抜いた。そこへ荒くれ牛を放ち、エクトールは牛に襲われ死亡。果たしてモントーヤの犯行動機とは!?休暇でメキシコを訪れていたコロンボは、地元の警部に請われ、事件を解決に導く。

第36話 魔術師の幻想

魔術師サンティーニは、ナチ親衛隊員だった過去を魔術クラブのオーナーに知られ、金を支払わなければ証拠の手紙を移民局に送るとゆすられる。サンティーニは、鍵をかけて水槽の中に沈められた箱から脱出するというマジックの最中に抜け出し、オーナーを殺害。箱が開けられるころステージへ戻り、マジックは見事成功したのだが・・・。

第37話 さらば提督

巨額の財産をもち、「提督」と呼ばれる造船会社オーナー、オーティス・スワンソンは、社長として実権を握る娘ジョアナの夫チャーリーの経営方針が気に入らず、会社を売ろうとしていた。その夜、帰らぬ人となった「提督」を海へと遺棄するチャーリーの姿があった・・・。

第38話 ルーサン警部の犯罪

人気TVドラマ「刑事ルーサン」の主演俳優ウォード・ファウラーは、番組プロデューサーのクレアに過去の秘密を握られ、長年にわたりギャラの半分を取られていた。ウォードは撮影所から小道具の拳銃を盗み、クレアが立ち寄った食品店で強盗の仕業と見せかけて彼女を射殺。犯行前に自宅に付き人を招き、彼を利用してアリバイ工作をする。

第39話 黄金のバックル

美術館の館長を務めるルース・リットンは、理事である弟のエドワードが財政難の美術館を売ろうとしていることを知る。美術館一筋で生きてきた彼女は、借金取りに追われる警備員の男を利用して弟の殺害を決意。多額の保険金がかけられた展示品を盗んでくれれば、その報酬として逃亡の費用と旅券を渡す、と男をそそのかす。その夜、美術館に忍び込んできた男をルースは射殺、さらにそこへ現れたエドワードも、男の銃で撃ち殺した。

第40話 殺しの序曲

世界トップレベルのIQを持つ者だけが入れる国際的なクラブの会合中、メンバーの一人、バーティが2階の図書室で殺害された。一見、物取りの仕業に見えたが、バーティと共に会計事務所を営むオリバーの犯行だった。犯行時、他のメンバーと階下にいたオリバーがどうやって殺害したのか。コロンボは現場に不審な点を見出し、天才による巧妙なトリックを紐解いていく。

第41話 死者のメッセージ

70歳を超えてなお、現役で活躍する人気ミステリー作家、アビゲイル・ミッチェル。ヨットの事故で愛する姪(めい)のフィリスを失った彼女は、それが事故ではなく、フィリスの夫エドモンドによる殺人だと気が付き、復しゅうするチャンスを狙っていた。エドモンドを遺産相続人にしたいと自宅に呼んだアビゲイルは、彼を金庫室に閉じ込めてそのままニューヨークへと旅立った・・・。エドモンドが死の直前に残したメッセージとは?

第42話 美食の報酬

レストランオーナーのビットリオが毒殺された。遺体からはワインに入っていた非常に珍しい毒が検出される。コロンボはビットリオが亡くなる前、一緒に食事の席にいた料理評論家のポールに目をつける。だが、ビットリオはポールが帰った後で、新しいワインの栓を抜いて飲んでいた。犯人は一体どうやって開ける前のワインに毒を入れたのか?

第43話 秒読みの殺人

テレビ局の女性敏腕プロデューサー、ケイ・フリーストンは、支社長のマークと恋人関係にあった。マークは本社への栄転が決まるが、ケイを後任に推す気がなく、二人の関係も終わらせようとしていた。それを知ったケイは、局の重役たちに担当番組を見せている間に、映写室を抜け出してマークを殺害。自らの声で録音した秒数をカウントダウンするテープを利用して完全なアリバイ工作を行った。

第44話 攻撃命令

妻を事故で亡くした心理学者エリック・メイスンは、妻の浮気相手だった助手のチャーリー殺害を企てていた。あるキーワードで人を攻撃するように愛犬を訓練したメイスンは、自宅に招いておいたチャーリーに病院から電話をかけると、彼が犬の前でそのキーワードを口にするよう誘導した。

第45話 策謀の結末

アイルランド出身の詩人であり、IRAメンバーでもあるジョー・デブリンは、平和組織「北アイルランド援護協会」を利用し、集めた金で銃器の大規模な密輸を計画していた。だが銃の仲買人であるポーリーが無理な要求をしてきたため、デブリンは彼を射殺。被害者がデブリンの著書を持っていたことから、コロンボはデブリンに捜査への協力を依頼する。

第46話 汚れた超能力

CIAも注目する超能力者、エリオット・ブレーク。彼の超能力が本物か確かめるため、偽超能力者を暴くことで定評のあるマジシャンのマックスによる大掛かりなテストが行われた。ブレークはテストに見事合格し、その能力が証明される。その後、マックスが自ら所有するマジック道具用の工房で無残な死体となって発見され…。コロンボがCIAもだまされたトリックに挑む!

第47話 狂ったシナリオ

映画監督、アレックス・ブレイディのもとを、旧友のレニーが1本のフィルムを持って訪ねてきた。そこにはブレイディのある秘密が映し出されており、レニーはそれを公表するという。キャリアを守りたいブレイディは、レニーをオープンセットへと連れ出し感電死させ、身元をわからないようにして海岸に遺棄した。しかし、遺体のそばに落ちていた1冊の本から、彼の描いたシナリオは狂い始める。

第48話 幻の娼婦

心理学者ジョーン・アレンビーは、公私共にパートナーであるデービッドと若い秘書との浮気現場を目撃し、彼への復しゅうを決意する。アリバイ工作のため、まずは友人が主催するパーティー会場へ向かい、化粧室に隠しておいた衣装で妖艶な美女に変装し、バーへと移動。デービッドと落ち合い、自分の診療所に誘い込んで射殺した。彼女がわざと残した物証が謎を深め、コロンボを悩ませる。

第49話 迷子の兵隊

国防関連財団の幹部・ブレイリー大佐は財団の金を着服して私腹を肥やしている上に、名誉会長夫人との不倫を楽しんでいた。だが、部下のキーガン曹長からその事実をネタにゆすられ、彼の殺害を企てる。出席していた夕食会をこっそり抜け出し、同時刻に行われていた軍事演習中のキーガンを刺殺。演習中の爆発事故に偽装したのだが、コロンボは大佐のささいな行動から彼を疑い始める。

第50話 殺意のキャンバス

海辺の豪邸で三人の女性に囲まれて暮らす天才画家バーシーニは、となりに住む前妻ルイーズから、心理学者のシドニーと結婚すると告げられる。彼女だけが知るバーシーニの重大な秘密がシドニーにもれることを恐れた彼は、浜辺にいたルイーズを失神させ、溺死に見せかけた。だが遺体のある状況からコロンボはバーシーニに接触する。ルイーズが悩まされていた悪夢の断片に隠されていた天才画家の秘密とは?

第51話 だまされたコロンボ

人気男性誌のオーナーであるダイアンは、恋人で共同経営者でもあるショーンの浮気癖に嫌気がさし、自分の持ち株を売却してショーンとも別れると宣言。ロンドンへと旅立ったまま、行方不明となる。コロンボはショーンがダイアンを殺害し、二人が住む広大な屋敷「シャトー」内に埋めたと推理。マスコミも注目する中で捜索を行うが、そこへなんとダイアン本人が姿を現し・・・。

第52話 完全犯罪の誤算

未来の司法長官と目される弁護士のオスカー・フィンチは、ステイプリンから依頼を受ける。立件されないよう助けてほしいというものだった。それを断ると、過去に多額の礼金と引き換えに事件の証拠隠滅を図った事実をばらすと脅される。栄光の未来がかかったフィンチは、ステイプリンを殺害。証拠をまったく残さず自殺に見せかける。

第53話 かみさんよ安らかに

ドラマの幕開けは、なんとコロンボ夫人の葬儀!列席者の中には、コロンボが捜査中の殺人事件の容疑者、ビビアンがいた。彼女の夫は10年前、顧客の金を使い込んだことがバレてその客を殺害。逮捕後そのまま獄中で病死していた。夫の所業を客に密告した男への復しゅう心をつのらせたビビアンは、男を射殺。そしてビビアンのゆがんだ復しゅう心は、夫を逮捕したコロンボにも向けられ、カミさんまでも・・・!?

第54話 華麗なる罠

ギャンブル好きの歯科医師ウェズリーは、多額の借金を義父に肩代わりさせていたが、ついに愛想をつかされ、離婚を言い渡される。そうなれば身の破滅となるウェズリーは、自分の患者で妻の不倫相手でもある有名俳優の歯に毒を詰めて殺害、彼女に容疑がかかるよう偽装する。妻の罪をかばう夫になりきり、義父に恩を売ろうとするウェズリーが企んだ時間差のトリックに、コロンボは四苦八苦!

第55話 マリブビーチ殺人事件

人気作家のテレサが自宅で射殺された。はじめは物取りの犯行と思われたが、コロンボはテレサの恋人で彼女に結婚を迫っていたウェインに目をつける。彼はコロンボの鋭い追及に観念し、犯行を自白。一件落着かと思われたが、検死の結果、ウェインが撃った時、すでにテレサは亡くなっていたと判明する。果たして真犯人は・・・?

第56話 殺人講義

大学で犯罪学のテスト問題を盗んだことを担当教授に知られ、厳しい処分を言い渡されたジャスティンとクーパー。親に知れると勘当されかねない二人は、遠隔操作による教授の殺害を計画。コロンボの特別講義を受けている最中に実行した。駐車場で教授が射殺される瞬間を映した監視カメラの映像には当然、二人の姿はない。その後も彼らはコロンボに協力するフリをして捜査をかく乱、別の人物を容疑者に仕立て上げるが・・・。

第57話 犯罪警報

未解決の事件をドラマ仕立てにして、視聴者から情報を募る人気番組のホスト、ウェイド・アンダース。彼の楽屋をライバルのキャスター、バドが訪れる。ウェイドが過去に出演したポルノ映画をネタに、番組を降りろと脅迫してきたのだ。翌日、ウェイドは、致死量の毒をしみこませたたばこを彼に吸わせ殺害。そして犯行時刻は自分のオフィスにいたかのごとく監視カメラの映像を細工したのだが・・・。

第58話 影なき殺人者

弁護士のクライトンは、内縁の妻の浮気を知って別れようとするが、彼が警官や判事を買収しているといううわさを流すと脅される。元人気ロック歌手だった彼女の影響力を恐れたクライトンは、妻が浮気相手と逢瀬を楽しむビーチハウスで彼女を殺害、男に疑いがかかるよう偽装工作する。コロンボはクライトンが犯人だと見抜くが、彼には犯行時刻に別の場所にいたという決定的証拠があった!

第59話 大当たりの死

離婚手続き中に3千万ドルのくじに当選したフレディ。離婚成立前に当選を申し出れば、妻に半額渡さなければならない。困ったフレディが叔父のレオンに相談、当選したのは叔父ということにして金を受けとることに。だがレオンは株で大損した上、フレディの妻とは愛人関係にあった。二人は共謀してフレディを殺害。入浴中の事故に見せかけるが、フレディは図らずもコロンボを真実へと導くヒントをあちこちに残していた。

第60話 初夜に消えた花嫁

コロンボの甥(おい)で刑事でもあるアンディが人気モデルと結婚。だが式の夜、ホテルの部屋から花嫁が失踪する。部屋にはドレスが残され、麻酔薬のしみこんだ綿が発見された。アンディはすぐにコロンボを呼び、誘拐事件として捜査を開始。犯人はアンディに恨みを持つ人物か、それとも営利目的か?コロンボはパーティーの写真に写っている人をしらみつぶしにあたり始める。

第61話 死者のギャンブル

借金の返済に苦しむハロルドは、フットボールチームのオーナーである叔父を頼るが断られる。愛人関係にあった叔父の妻からも援助を得られず、途方に暮れたハロルドは遺産を狙って叔父殺害を決意。叔父の車に爆弾を仕掛けるが、翌朝、叔父はひき逃げされ死亡する。検証が進む中、爆弾が仕掛けられたままの車が、ひき逃げ事件の捜査に来ていたコロンボの目の前で大爆発!

第62話 恋におちたコロンボ

社交界の花、ローレンの邸宅でパーティーが行われた夜、彼女の恋人ニックは、リサという若い女性に愛をささやいていた。女性をもてあそぶニックの殺害を企てたローレンとリサは、ニックを彼の自宅で射殺。ローレンはパーティーへと戻ったが、再びニックの自宅を訪れ、遺体の第一発見者を装う。この美しき殺人犯にコロンボがメロメロに!?

第63話 4時02分の銃声

ラジオ番組の辛口コメンテーター、フィールディング・チェイスは、養女で一人娘のビクトリアを溺愛していた。ビクトリアの友人ジェリーは、彼女を小説家として独り立ちさせようとするが、父親の邪魔が入り・・・。ジェリーに罵られたチェイスは、彼のせいで娘が自立してしまうのではないかと恐れ、ジェリー宅に忍び込み殺害。彼が自宅で電話中に射殺されたという状況を作り上げる。

第64話 死を呼ぶジグソー

下町のアパートで撃ちあいの末に死んだ二人の男。一人はジグソーパズルのように切り取られた写真の一部を握りしめていた。この事件をニュースで知り、警察署を訪れた保険調査員のクラッチによると、それはかつて彼が調査をした銀行強盗事件で奪われた400万ドルのありかを示す写真だという。パズルの謎を解くため、残る写真のピースを持つ人々を追って、コロンボは、さまざまな人物に変装し、潜入捜査を展開する。

第65話 奇妙な助っ人

サラブレッド用の牧場を経営するマクベイは、昔から借金漬けで財産を食いつぶしてばかりの弟テディを殺害する計画を企てる。まずは未使用の銃を購入。テディの借金相手であるロマーノと話をつけるとうそをつき、森の中にテディを連れ出し、その銃で射殺。後日、ロマーノを別の銃で射殺し、テディを撃った銃をロマーノの手に握らせた・・・。

第66話 殺意の斬れ味

夫との婚前契約で、離婚すれば文無しになってしまうキャサリン。粗野な夫に消えて欲しいが、殺せば自分に疑いがかかる。そこで、夫と金銭問題で係争中のハワードを殺し、夫をその犯人に仕立て上げることに。キャサリンは、彼女の愛人で警察科学捜査課に勤務する鑑識員のパトリックとともに計画を実行。捜査は二人の予想通りに進むが・・・。

第67話 復習を抱いて眠れ

ハリウッドで葬儀社を経営するエリック・プリンスは、かつて芸能リポーターのベリティと愛人関係にあった。彼に捨てられたことを恨んでいたベリティは、プリンスが、かつて大女優の遺体からダイヤのネックレスを盗み、売却した金で葬儀場を買い取ったことを暴露するという。プリンスは彼女を殺害、葬儀が行われた老俳優の遺体とすりかえた後、ベリティが誘拐されたかのように偽装する。

第68話 奪われた旋律

サスペンス映画音楽の巨匠として知られるフィンドレー・クロフォード。彼は弟子のガブリエルをゴーストライターとして使っていた。いつまでも自分の名前が表に出ないことを不満に思ったガブリエルから全てを暴露すると脅され、クロフォードは彼の殺害を決意。睡眠薬で眠らせた後、彼がいつも指揮の練習をしていたビルの屋上から転落死したように見せかける。

第69話 虚飾のオープニングナイト

新しいナイトクラブのオープンが間近にせまっているジャスティンに、恋人のヴァネッサから連絡が入る。離婚した夫でジャスティンの友人でもあるトニーを誤って殺したというのだ。トニーからの融資がないとクラブをオープンさせられないジャスティンは、遺体を隠しトニーが生きているように装う。そしてこの犯行を知り脅迫してきたタブロイド誌の記者も自殺に見せかけて殺害し・・・。

「刑事コロンボ」の動画を視聴する方法

海外ドラマ「刑事コロンボ」全69作品はU-NEXTで視聴できます!

動画配信サービス「U-NEXT」は、新規の登録から31日間は無料体験できますので、まずはお試しください。ドラマやアニメ、映画、バラエティー、ドキュメンタリー番組などがたっぷり楽しめます。U-NEXTはスマホ・タブレット・パソコン等のデバイスで楽しめます!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

U-NEXT無料トライアルに申し込む

海外ドラマを観るならU-NEXTで!
最新作から話題作まで豊富なラインナップ!

SUITS シーズン8、ウォーキング・テッド シーズン10、ホームランド ファイナル・シーズン、SUPERNATURAL シーズン14、プリズン・ブレイク シーズン5、リブ・アナザー・デイ、メンタリスト ファイナル・シーズン、リトル・ドラマー・ガール 愛を演じるスパイ、THE GOOD WIFE シーズン7、GRIMM シーズン7、ブレイキング・バッド シーズン7、大草原の小さな家、刑事コロンボ、名探偵ポワロ、ダウントン・アビー など、人気の海外ドラマが視聴できます。他にもアジアドラマも豊富にラインナップ!

また、キム秘書はいったい、なぜ?太陽の末裔サム、マイウェイ〜恋の一発逆転!〜ドクターズ〜恋する気持ち〜力の強い女 ト・ボンスン偉大な誘惑者私の恋したテリウス〜A LOVE MISSION〜君を愛した瞬間〜ワタシとカレの恋愛白書〜トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜麗〜花萌ゆる8人の皇子たち〜あなたが眠っている間に など人気の韓流ドラマも視聴できます。

海外ドラマを観るならU-NEXTで!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

U-NEXT無料トライアルに申し込む

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

Sponsored Links

RELATED POST