見逃したテレビを見る方法
事件の涙

葬式ごっこ35年目の告白!事件の涙「私は同級生を死なせた」の再放送・動画配信は?

「事件の涙」の動画は、ユーネクストで配信予定!

「事件の涙」を見逃した方には、動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をおすすめします。初回登録時にもらえるU-NEXTポイントを使って「まるごと見放題パック」に入れば、NHKの人気番組が見放題となります。新規の登録から31日間は無料体験できますので、まずはお試しください。もちろん、NHK番組以外のドラマやアニメ、映画、バラエティー番組などもたっぷり楽しめます。U-NEXTはスマホ・タブレット・パソコン等のデバイスで楽しめます!

U-NEXTの31日間無料トライアルで「まるごと見放題パック」に入れば、
NHKオンデマンド作品が全て見放題の無料体験ができます!

詳しくはコチラ

「事件の涙」は放送日の翌日からU-NEXTで配信予定です!

また、U-NEXTでは31日間無料トライアルで210,000本以上の
見放題作品が全て無料で視聴できます!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

.

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

「事件の涙」ってどんな番組?

事件の涙」は、被害者・加害者、そして捜査陣などの「人間」にこだわって事件に潜む知られざる「物語」を徹底的に描き出していく新感覚のヒューマン・ドキュメンタリー番組です。NHKの持つ全国各地の取材ネットワーク網を駆使し、人々の記憶の残る事件や事故の当事者、その家族・恋人・親友など極めて近い人に改めて光をあて、怒り、悲しみ、思いもかけぬ温かさに触れて流した涙など、さまざまな涙に迫ります。

新番組「ストーリーズ」としてスタート!

月曜よる10時50分〜放送、これまで「ノーナレ」「事件の涙」「のぞき見ドキュメント100カメ」等さまざまなドキュメンタリーを紹介してきたこの時間が、新番組「ストーリーズ」として生まれ変わって、2019年9月30日よりスタートしました。映像と音声の力で、ドキュメンタリーの新たな可能性を切り開きます。

Sponsored Links

事件の涙の再放送は?

NHKドキュメンタリー「事件の涙」は、再放送されるのでしょうか?同番組のサイト内には、再放送に関する情報が掲載されていますが、不定期に放送されているようです。決まった再放送枠はないようですね。気になる方は、同番組ホームページでご確認下さい。

どうしても、見逃した「事件の涙」の放送回を見たい!という方には、動画配信サービスをおすすめします。

見逃した番組「事件の涙」を視聴する方法は?

1.放送から1週間以内なら「NHKプラス」で視聴!

NHKプラス」は、NHKの地上波放送の番組をインターネットで視聴できる無料の動画配信サービスです。放送中の番組を視聴できる「常時同時配信」と、放送後の番組を視聴できる「見逃し番組配信」があります。ただし、見逃し番組配信は放送日から1週間となります。

2.放送日の翌日から「NHKオンデマンド」や「U-NEXT」でも視聴できます!

見逃した「事件の涙」の動画は、NHKオンデマンドユーネクストで配信されています。これなら、いつでも見たい時に見ることができます。ただし、全ての放送回が配信されるわけではありませんのでご留意ください。

2021年5月29日に放送された事件の涙「私は同級生を死なせた〜“葬式ごっこ”35年目の告白〜」の動画は現在、ユーネクストで配信中です。

>> NHK「事件の涙」の再放送は?見逃した動画を見る方法!

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXTポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円。ただし、このページのリンクから登録すれば1,000円)を使ってNHKオンデマンドの「まるごと見放題パック」を購入することができるんです。

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

「まるごと見放題パック」ならNHKの人気番組が見放題!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

↓↓↓↓↓

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

なお、NHKの見逃した番組を見る方法は、コチラの記事をご参照ください。

NHKの見逃し番組を見る方法

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2021年5月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

事件の涙「私は同級生を死なせた〜“葬式ごっこ”35年目の告白〜」

放送 2021年5月29日(土)午後10時40分〜[NHK総合]

放送前の予告

陰湿ないじめ事件から35年 かつての同級生の衝撃の告白とは!?

いじめを苦に13歳の少年が自ら命を絶った「葬式ごっこ事件」から35年。沈黙を破り、語り始めた元同級生。なぜいじめは行われたのか?初めて明らかになる衝撃の告白。

同級生を死んだことにして、教室で花や線香を供え行われた「葬式ごっこ」。寄せ書きには教師と同級生の大半が別れの言葉を書き連ねた…。1人の少年を自殺に追い込んだ、陰湿ないじめ事件から35年。かつての同級生が沈黙を破り、真相を語り始めました。少年から「友だちと思われていた」同級生は、なぜ色紙に「いなくなってよかった」と書き込んだのでしょうか?その後35年間、どんな思いで生きてきたのでしょうか?初めて明らかになる衝撃の告白です。

かつての同級生たちの告白

  • 『思い出したくない』
  • 『そっとしておいてほしい』
  • 『幸せな家庭生活を壊すな』
  • 『忘れてた』

多くの人たちが口を閉ざすなか、かつての同級生だった田嶋さんと横山さんが取材に応じた。[以下は、主に田嶋さんのコメントです。]

  • 『だれかがしゃべらないといけない』
  • 『少しでもいじめがなくなれば・・・』
  • 『あの記憶は思い出したくないし』
  • 『シシ(鹿川君)に対してあそこで声をかけたりしていれば、あいつが自殺することはなかったんだろうって、自分を責めているような感じ』
  • 『めちゃめちゃ明るくていいやつ。おしゃべりですね。』
  • 『あまり関わらないほうがいいんじゃないの。次はこっちにまわってくるんじゃないか。標的が変わるのが嫌だった。』
  • 『(いじめが)毎日起きるから、だんだん慣れてきちゃって重く感じない。』
  • 『遊びの中にいじめがかくれているんじゃないかなって思う』
  • 『「お前書いたの、これ?」って。「悪いけど書いた」。あいつに言われたのが「友達だったと思ったのに」。あの言葉だけは忘れられない。』
  • 『いじめに加担したら、必ず自分に跳ね返ってくる。人生びくびくして生きていくしかない。』
  • 『自分が書いた言葉が「いなくなってよかった」って書いたんですけど、自分の中では冗談でも、書いちゃいけない言葉だったって今でも思っています。』

この番組を視聴して感じたこと

「いじめ」はどこにでも起こり得ることで、当事者である子どもたちにとっては当事者意識が低いケースや軽い気持ちでいじめに加担しているケースがあることが改めてわかった。

「いじめ」をゼロにすることは難しいとしても、周囲の大人が早期に気付いて解決しなければならない。それなのに、大人が率先して見て見ぬ振りをしたり口を閉ざしたり、ましてや、いじめに加担して「いじめ問題」と向き合っていないことは、問題解決と逆行していると思う。そのことが、社会の一番根深い問題なのだと思う。

見逃した「事件の涙」はユーネクストで!

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

過去に放送された関連番組

事件の涙「34年ごしの宿題~鹿川裕史くん“葬式ごっこ”事件~」

放送 2020年3月2日(月)午後10時50分〜[NHK総合]

03CBBDD5-B482-4C62-B7F1-173FCDE086E2

34年前、ある男子生徒の机の上に同級生や教師が「さよなら」などと寄せ書きをした色紙を置く「葬式ごっこ」のいじめが起きました。13歳だった男子生徒は、その後も続いたいじめを苦に自殺しました。遺書に残された言葉を背負い、いじめと向き合っていた元新聞記者は、いじめがなくならないことに悲観し一度は取材をやめましたが、当時の担当弁護士が保管していた少年の遺書を目にしたことで、再びいじめと向き合い始めます。

>> 事件の涙「富士見中学 鹿川裕史くん葬式ごっこいじめ自殺事件」の再放送・見どころは?

Sponsored Links

中野富士見中学いじめ自殺事件の概要

1986年(昭和61年)に東京都中野区で起きた男子中学生の自殺事件。俗に「葬式ごっこ事件」とも言われ、学級担任がいじめに加担するなど日本で初めていじめ自殺事件として社会的に注目された事件。

1986年(昭和61年)2月1日深夜、東京都中野区立中野富士見中学校2年の男子生徒が、父の故郷である岩手県盛岡市の盛岡駅ビルのショッピングセンター地下の公衆便所で、首吊り自殺を完遂したのを巡回中の警備員に発見された。床には「このままじゃ生きジゴクになっちゃうよ」と記載された遺書が残されていた。

男子生徒は、2年生に進級した後に級友グループから使い走りをやらされるようになり、やがていじめが徐々にエスカレートし、日常的に暴行を受けるまでになった。さらに、そのいじめグループらの主催によって学校でその男子生徒の「葬式ごっこ」が開かれた。その「葬式ごっこ」には担任教師ら4人が加担し、寄せ書きを添えていた。加担の理由として「どっきりだから」といじめていたグループに説明されたから記載したと釈明している。それがきっかけとなり男子生徒は学校を休みがちになり、のちに自殺することになった。

担任教師らは自分の身を守るために、担任を行っていた生徒らに対し自殺した生徒について口止めするように言っていたことも発覚。他にもいじめを知っていながら教育委員会などに対し報告も行わなかったり、自殺後に開かれた聞き取り調査では自殺した生徒に原因があるかのような発言まで行っていた。同年4月、保身に走っていた担任教師に対し、事件後に発覚した学習塾でのアルバイト行為などにより諭旨免職の懲戒処分が下り、校長と4人の教師に対し減給などの懲戒処分が下り、校長と2人の教師が依願退職した。

また、この自殺事件で同校生徒の精神面も不安定となり、授業中に自殺した生徒の名前を挙げながら、同級生と喧嘩をした挙げ句、教室を飛び出し教師ともみ合いになった生徒が、暴行容疑で逮捕される事件も起こった。この際、教師は生徒が教室を飛び出す直前まで、生徒同士の喧嘩を見て見ぬふりをしていた。

この事件は、マスメディアにより大々的に報道され、初めていじめ自殺事件がクローズアップされた事件でもある。報道により学校や教師の自宅、いじめに加担していた生徒の自宅に嫌がらせが発生した。これ以外にも、被害者である生徒の遺族の自宅にまで嫌がらせが発生し、遺族が二次被害を受けることとなった。

同年4月、警視庁はいじめに加担していた16人を傷害および暴行容疑で書類送検。6月、男子生徒の遺族は、遺書で名指しされた生徒2名とその両親ら、および東京都と中野区に対し、東京地方裁判所で損害賠償訴訟を起こした。同年9月、東京地方裁判所は名指しされた生徒2名に保護観察処分を下した。1991年3月27日、東京地方裁判所は「葬式ごっこはいじめと認めないが、自殺直前に行われた暴行が自殺となった」としていじめそのものを否定した。更には遺書に記されていた内容について、遺族と生徒との間に問題があったことを示唆していると述べ、被告らに400万円の賠償命令を下した。いじめを認めなかった判決に納得できない遺族は控訴し、1994年5月20日、東京高等裁判所は「葬式ごっこなど、普通の人なら苦痛に感じるはず。それが止められなかった学校にも責任がある。但し、いじめと自殺との因果は不明である」と述べ、被告らに1,150万円の賠償命令を下した。

参考書籍

「葬式ごっこ」八年後の証言【電子書籍】[ 豊田充 ]


「葬式ごっこ」八年後の証言【電子書籍】[ 豊田充 ]

1986年に東京中野区で起きた「中野富士見中学いじめ自殺事件」は「葬式ごっこ」という呼称と共にいじめの残酷さを物語る例として語り継がれている。著書は、いじめ被害者の手記、遺書などが多く紹介される。いじめの場に居合わせ、いじめに加わった少年少女の体験録は他に例がない。この著書を通していじめを産む教室、学校の素顔を知る事ができる。巻頭「鹿川君の見た風景・死への三十七時間の彷徨」と題した写真家五味彬のフォト・ストリー、巻末に同年3月facebookに投稿した「いじめを追って34年」全文を掲載。

Sponsored Links

RELATED POST