見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
事件の涙

事件の涙「仙台・母子心中事件」の再放送・見どころは?

381A9E31-11F1-4779-BD32-263ECDD4401C

「事件の涙」ってどんな番組?

事件の涙」は、被害者・加害者、そして捜査陣などの「人間」にこだわって事件に潜む知られざる「物語」を徹底的に描き出していく新感覚のヒューマン・ドキュメンタリー番組です。NHKの持つ全国各地の取材ネットワーク網を駆使し、人々の記憶の残る事件や事故の当事者、その家族・恋人・親友など極めて近い人に改めて光をあて、怒り、悲しみ、思いもかけぬ温かさに触れて流した涙など、さまざまな涙に迫ります。

新番組「ストーリーズ」としてスタート!

月曜よる10時50分〜放送、これまで「ノーナレ」「事件の涙」「のぞき見ドキュメント100カメ」等さまざまなドキュメンタリーを紹介してきたこの時間が、新番組「ストーリーズ」として生まれ変わって、2019年9月30日よりスタートしました。映像と音声の力で、ドキュメンタリーの新たな可能性を切り開きます。

事件の涙の再放送は?

NHKドキュメンタリー「事件の涙」は、再放送されるのでしょうか?同番組のサイト内には、再放送に関する情報が掲載されていますが、不定期に放送されているようです。決まった再放送枠はないようですね。気になる方は、同番組ホームページでご確認下さい。

どうしても、見逃した「事件の涙」の放送回を見たい!という方には、動画配信サービスをおすすめします。

見逃した番組「事件の涙」を視聴する方法は?

見逃した「事件の涙」の放送回は、NHK番組専用の動画配信サービス「NHKオンデマンド」や「ユーネクスト」でご覧になれます。ただし、全ての放送回が配信されるわけではありません。また、配信された場合にも配信期間は約2週間となりますのでご留意ください。

2019年10月21日に放送された事件の涙「“170枚の日々”をたどる~仙台・母子心中事件」の動画は現在、ユーネクストで配信中です。(ただし、配信は約2週間です。)

>> NHK「事件の涙」の再放送は?見逃した動画を見る方法!

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

もう一つの方法は、U-NEXT(ユーネクスト)という動画配信サービスです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXtポイント1,200円(初回のみ600円)を使ってNHKオンデマンドの「見放題パック」あるいは一作品を単品で購入することができるんです。

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

ユーネクストなら東証一部上場企業が提供するサービスだから安心です!

↓↓↓↓↓

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

なお、NHKの見逃した番組を見る方法は、コチラの記事をご参照ください。

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2019年10月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

事件の涙「“170枚の日々”をたどる~仙台・母子心中事件」

放送 2019年10月21日(月)午後10時50分〜[NHK総合]

381A9E31-11F1-4779-BD32-263ECDD4401C

放送前の予告

妻は子どもに手をかけ、その後、自ら命を断ちました。今年1月、仙台市で記者会見を行ったのは、去年11月に起きた「仙台母子心中事件」の遺族となった男性です。その内容は社会に大きな衝撃を与えました。いじめが原因で自殺をしたいと話していた娘。妻が残した170枚の手記には学校への相談を繰り返し、あきらめた経緯が綴(つづ)られていました。「2人で悩んで勝手に死んだでは終われない」。残された男性が、妻と娘の苦悩に向き合う日々を見つめます。

5FED161D-30E1-4E36-8E1D-3354B11921C9

この番組を視聴して・・・ひと言

番組内では、亡くなった娘やその母親と学校との間の「すれ違い」という表現で、以下の点を挙げています。

  • 無理やり仲直りの握手をされたことに、わだかまりが残っていた。
  • いじめについていくら訴えても、真実が明らかにならなかった。
  • 母親が何度相談しても学校側は先延ばしにしてきた。
  • 娘の「しにたい」という手記は、夏休みの宿題が原因だと校長先生が受け止めていた。

また、いじめ防止対策推進法には、子どもがいじめで30日以上欠席した場合は「重大事態」として調査会を設置することが決められていますが、学校側は重大事態と認定していなかったのです。遺族である父親は、そのことに抗議しようと娘の欠席日数を確認しようとしました。そして、娘の通知票を教育委員会から取り寄せますが、二学期の出席・欠席の日数が何も記載されていません。さらに学校から出席簿を取り寄せますが、意図的に欠席を出席にしている形跡が見られたのです。父親は、妻の手記やメールをさかのぼり照らし合わせていくと欠席日数は30日を超えることが判明し、その証拠書類を仙台市の第三者委員会へ提出しました。

いじめを受けている娘の苦しみを訴える母親の悲痛な叫び、その母親の訴えに耳を塞ぐように事態の改善に全く動こうとしない学校、それどころか娘の欠席日数までごまかして正当化しようとする学校。この対立する構図が浮き彫りになりました。

見逃した「事件の涙」はユーネクストで!

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

Sponsored Links

仙台・いじめ母子心中事件の経緯

仙台市立寺岡小学校に通う女子生徒は、1年生のころから同じ学年の児童2人から「仲間外れにされる」「園芸用の支柱で叩かれる」「召使いのように命令される」などのいじめ行為を受けていました。その女子生徒は、2018年5月頃に家族に話し、母親は数十回も学校へ行って相談したそうです。しかし、学校側は「事実確認するので、もうちょっと待ってください」と言い、具体的な対応は何もなされなかったようです。

担任の先生は、当事者の子どもたちを呼んで無理やり握手で仲直りをさせようとしましたが、事態は改善しませんでした。その後、いじめを受けていた女子生徒は校長室登校を続けていましたが、校長先生がその女子生徒に教室へ行くよう促したことがその女子生徒を精神的に追い詰めたのか、その女子生徒は「死んでしまいたい。生きていていいことがない。」などと口にするようになり、2018年8月には「しにたい」と書いた以下の内容のメモを残していました。

しにたいよ…しにたいよ…
 なにもいいことないよ…
 わるいことしかないよ…
 いじめられてなにもいいことないよ
 しにたいよ しにたいよ しにたいよ しにたいよ。

2018年8月に、学校側・被害者家族・加害者家族の三者面談が行われましたが、事前に学校側が用意していた書類を読みあげただけで終わり、何の進展もありませんでした。いじめを受けていた女子生徒の父親は、市教委や弁護士会など様々な機関に掛け合いますが、解決に協力してくれるところには結局出会えませんでした。また、母親も市教委に相談したり24時間子どもSOSダイヤルに連絡しましたが、具体的な対応はなかったそうです。そして、家族は絶望に追い込まれ、母親と女の子は精神状態がますます悪化していきました。

そして、事件当日の2018年11月29日18時頃、宮城県仙台市泉区の住宅で46歳の母親と8歳の小学2年生の娘が死亡しているのを、仕事から帰宅した父親によって発見されました。現場の状況などから無理心中したとみられています。その後、父親は記者会見を開き、妻と娘の死はいじめが原因であると訴えました。第三者委員会は事実関係を調査していますが、真相の究明には至っていません。

この事件について感じたこと

これまでに報道で多くの「いじめ事件」を耳にする機会がありましたが、これほど悲惨な事件はなかったように思います。世の中から「いじめ自殺」をなくすためには、「いじめ自殺=殺人」という扱いで、警察が介入してでも真相を究明し加害者を起訴して、被害者の無念を晴らして欲しいと切に願います。

「いじめ」の加害者である児童とその両親は、罪の意識はないのでしょうか?自殺するほうが悪いなんていう理屈は全くあてはまりません。「いじめ」という問題をなくすためにも、「いじめ」という罪に対して、他の犯罪と同様にきちんと償う体制を作る必要があると思います。

Sponsored Links

過去の関連番組

クローズアップ現代+「“いじめ自殺”遠い真相解明 ~検証 第三者委員会~」
2018年7月30日放送

“いじめ”を受けた子どもの自殺が相次ぐ中、その背景や真相を究明する調査が様々な壁にぶつかっている。先月、神戸市で、いじめに関わる一次資料を市の教育委員会担当者が隠蔽していたことが発覚。一方、調査を担当する全国の「第三者委員会」では、遺族との信頼関係を築けず報告書の完成に至らないなど、調査が長引く事態が各地で起きていることも分かってきた。当事者の生の声を取材し、どうすれば、いじめの真相を明らかにし、再発防止につなげられるのか考える。

クローズアップ現代+「なぜ続く“いじめ自殺” ~子どもの命を救うために~」
2017年7月18日放送

茨城県取手市で女子中学生が自殺した問題。市の教育委員会は、5月、「いじめ」はなかったという判断を一転、遺族に謝罪した。“いじめ自殺”の調査をめぐる「初動の誤り」は全国で起きていて、いじめはなかったとする学校側の判断が覆されている。4年前施行された法律では、遺族に寄り添い、徹底して調査を行うことを求めているが、教育現場に浸透していない実態が浮き彫りとなっている。取手市の事例から、いじめを巡る教育現場の課題に迫る。

クローズアップ現代+「なぜ真実が分からない~大津・生徒自殺 問われる調査~」
平成2012年7月24日放送

警察が学校と教育委員会を捜査する異例の展開となった大津市の中学2年生自殺問題。学校の調査は原因究明に生かされていないとして、厳しい批判が起きている。実は自殺問題が各地で起きるたび、それぞれの学校は、事実関係を明らかにするよう求める遺族から、消極的だと批判されてきた。しかし、文部科学省が去年6月、自殺が起きた場合には、学校が速やかな対応を取り、場合によっては第三者委員会を設置して原因を明らかにするよう通知を出していた。その直後に起きた、いじめとの関係が疑われる自殺。なぜ学校は子どもが自殺しても原因を明らかにすることができないのか。自殺調査のあり方を考える。

Sponsored Links

平成20年以降に起きた主な「いじめ自殺事件」

主な「いじめ自殺事件」とその概要をまとめてみました。ただし、全ての事件を網羅しているわけではありません。また、マスコミが大きく取り上げていないものや、「いじめ」と認定されないまま有耶無耶になっているものなどもあるかもしれません。

平成22年(2010年) 桐生市小学生いじめ自殺事件

群馬県桐生市の小学6年生の女子が、同級生たちからの一年以上にもわたる執拗ないじめを苦にして自殺した事件。女児は、母親へのプレゼントにするはずだった手編みのマフラーをカーテンレールにかけ首をつった状態で発見された。2014年、前橋地方裁判所は学校側が適切な指導をしなかったため絶望的な状況に追い込まれたと指摘。「自殺の原因は校長と担任教諭にある」と認定し、市と県に450万円の支払いを命じた。母親がフィリピン人であることから始まったこのいじめによる事件は海外にも報道され、日本の社会に潜む深刻な人種差別の実例として東南アジア諸国でも関心を呼んだ。

平成23年(2011年) 大津市中2男子いじめ自殺事件

滋賀県大津市内の市立中学校の当時2年生の男子生徒が、いじめを苦に自宅マンションから飛び降り自殺した事件。事件前後の学校と教育委員会の隠蔽体質が発覚、問題視され、大きく報道された。2012年12月に滋賀県警は加害者3人のうち2人を書類送検した。残る1人は当時は刑事罰の対象とならない13歳だったことから暴行などの非行事実で児童相談所に送致された。

平成25年(2013年) 奈良県橿原市中1女子自殺事件

奈良県橿原市で当時中学1年の女子生徒が自殺。学校は、自殺から2カ月たって、ようやく生徒を対象にアンケートを実施し、いじめがあったことが判明した。

平成27年(2015年) 岩手県中2男子自殺事件

岩手県矢巾町のJR矢幅駅で中学2年の男子生徒が列車にはねられ死亡した事件。学校は男子生徒の死後、生徒や教職員を対象にアンケートや聞き取りによる実態調査を行い、いじめが発覚した。

平成27年(2015年) 取手市中3女子いじめ自殺事件

茨城県取手市で市立中学3年の女子生徒がいじめを苦にする書き込みを残して自殺した事件。当初は学校側は隠蔽工作を図り市教委の調査も機能せず。2019年にようやく、県設置の調査委員会が、同級生によるいじめと自殺の因果関係を認める報告書を公表した。また、担任教諭は指導を怠り、生徒と一体となって女子生徒を追い詰めたと認定。当初調査に当たった市教委の対応も「違法で、不当極まりない」と指摘した。

平成28年(2016年) 青森県中2女子線路飛び込み自殺事件

青森市立中2の女子生徒が、2学期の始業式翌日にJR奥羽線に飛び込み自殺した事件。この女子生徒は、校内の複数の生徒からいじめを受けていたとの「遺書」がスマホのメモアプリに残していたことが分かった。

平成28年(2016年) 北九州高2女子自殺事件

北九州市の私立高校2年の女子生徒が学校近くのガードレールで首をつって死亡した事件。学校は一部の生徒を対象にしたアンケート結果に基づき緊急保護者会などで「いじめはなかった」との認識を示したが、遺族の要望を受けて6月初旬に全生徒対象のアンケートを改めて実施。女子生徒は自殺前、LINE(ライン)で同じクラスの女子生徒に「私に何かあったらあんたたちのせい」「後悔しても知らん」といったメッセージを送っていた。

平成29年(2017年) 仙台中二男子飛び降り自殺事件

仙台市の中2男子がマンションから飛び降り自殺した事件。男子生徒は前年に行った学校のアンケート調査で「悪口を言われたり、物を投げられたりした」「冷やかしや無視をされた」と回答していたことが判明。さらに、2人の教諭から体罰を受けていたことも判明した。

平成30年(2018年) 埼玉高2ネットいじめで自殺事件

埼玉県立高校2年の女子生徒が自宅で首をつって自殺した事件。県教委の調査審議会は、元交際相手やその妹によるツイッター上の「ネットいじめ」が自殺のきっかけだったとする報告書をまとめ公表した。

平成30年(2018年) 熊本高3女子いじめ自殺事件

熊本県北部の県立高校3年の女子生徒が、いじめを受けたことをうかがわせる遺書を残して自殺した事件。手書きの遺書には、同級生から「よう学校に来られるね」「死ねばいい」などと言われたことや、「誤解なのに」「とても苦しかった」「もう死にたい」といった自身の気持ちが書かれていた。

平成30年(2018年) 新潟高校生SNSいじめ自殺事件

新潟県立高校3年の男子生徒が自殺した事件。その男子生徒は、いじめを受けたという趣旨のメモをスマートフォンに残していた。県教育委員会と同校の校長は、記者会見を開き、生徒がSNS上で中傷されるなどのいじめを受けていたことを明らかにした。

平成30年(2018年) 八王子中2いじめ自殺事件

東京都八王子市で市立中学2年の女子生徒が自殺を図って死亡した事件。学校側は市教育委員会に女子生徒について「部活動でいじめがあった」と報告。女子生徒が残した両親あての遺書には、部活動での「トラブル」という言葉や「まわりが助けてくれなかった」「学校に行きたかった」という趣旨の文章が書かれていたという。

平成31年(2019年) 群馬県立高2女子いじめ自殺事件

群馬県立高校2年の女子生徒が自宅近くの線路で電車にはねられて亡くなった事件。自宅にはいじめ被害に悩んでいたことをうかがわせる数十枚ものメモが残されていた。両親は「学校でいじめに遭っていた」と訴え、学校に真相究明を求めている。

Sponsored Links

RELATED POST