見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
マツコの知らない世界

マツコの知らない世界で名建築宿を語る「稲葉なおと」のプロフィールは?

image

「マツコの知らない世界」が面白い!

マツコの知らない世界」は、TBSテレビ毎週火曜日夜8時57分から放送しています。
日常に潜む興味深いマツコ・デラックスも知らない世界を、その道を愛してやまないスペシャリストが紹介する番組なんですが・・・、これが超個性的で超マニアックで・・・めっちゃ面白いんです!それだけじゃなく、今や、この番組がトレンドを発信していると言ってもいいぐらい、世の中への影響力が大きい番組なんです。だから、ここで紹介された商品が、即座に売り切れるなんて事は、普通に起きてしまうぐらいなんです!

image

毎週、紹介される「〇〇の世界」というテーマは、食べ物系のジャンルだけじゃなく、日常に目にするありとあらゆるものが対象となっているんです。そして、そのテーマを極めたスペシャリストというか・・・ある意味、奇人・変人の方がマツコに対してプレゼンテーションを行うんです。そのマツコのリアクションから、視聴者に魅力が伝わるという凄い番組です。

Sponsored Links

「マツコの知らない名建築宿の世界」

放送 2017年12月19日(火)

image

今回の「マツコの知らない世界」は、これまで500軒以上の名建築宿を泊まり歩いた男・稲葉なおとさんが厳選した名建築宿の魅力を語りました。
稲葉なおとさん曰く、名建築宿とは「宿そのものが24時間鑑賞できる観光地」なんです。
1度は泊まりたい極上の宿から超激安宿、絶景温泉まで、建築好きのマツコも驚く名建築宿が続々登場しました!
さらに、名建築宿の楽しみ方にも密着取材しています。

稲葉なおとさんのプロフィール

image

1959年、東京都生まれ。東京工業大学建築学科卒。作家・一級建築士。1995年、「マリオット・インターナショナル・ゴールデンサークル・アワード」受賞。1998年、自らの海外でのホテル宿泊体験をつづった写真付きの短篇旅行記集『まだ見ぬホテルへ』を刊行。この本が紀行作家としてのデビュー作となる。2000年に刊行した、自ら執筆のイラストを添えた長篇旅行記『遠い宮殿—幻のホテルへ』で2001年、JTB紀行文学大賞奨励賞受賞。以後、建築の専門家ならではの視点で選んだ国内外の名建築宿を題材に旅行記と写真を発表し続ける。著書 多数。
稲葉なおと公式サイト|NAOTO INABA OFFICIAL SITE

Sponsored Links

稲葉なおとさんの主な著書

まだ見ぬホテルへ (小学館文庫) [ 稲葉尚登 ]


まだ見ぬホテルへ (小学館文庫) [ 稲葉尚登 ]

建築プロデューサー志望の僕は、「究極の空間」を設計する夢を実現するため、二十代後半から外国の一流建築を見て回る貧乏旅行を敢行した。米国のフェニックスでは、“裏ワザ”でまんまと「宿泊客」になりすまし(「フェニックスの寝床」)、エジプトのアスワンでは、老婦人が紹介してくれる“友人”に期待をふくらませる(「ミミ」)。そして、イタリアのサン・ジミニャーノで会った少年が教えてくれた精霊伝説に、僕は決意を新たにする(「ブラウニーの棲むところ」)…魅惑のホテルを舞台にした31編の旅物語。

ゼロ・マイル [ 稲葉尚登 ]


ゼロ・マイル [ 稲葉尚登 ]

稲葉なおと初の長編小説、音声でしか存在しなかった感涙巨編。
USENの朗読チャンネル放送時、多くのリスナーから書籍化を望まれた話題作。
待望の書籍化!~番組収録中、ナレーターの涙が止まらなかった~

父親とは? 仕事とは? 親子の絆とは?
父子2人きりのドライブが答えを導く
マイルマーカーの標示が“0mile”に近づくように…

男にとってのあるべき父親像、仕事への姿勢などを、フロリダの世界一美しいと言われる道路を走る、父子ふたりきりのドライブ旅行を通して描きます。紀行作家として実績を残す稲葉なおとならではの、フロリダ・サウスビーチやホテルの情景やドライブの描写は、まるで現地の映像が目に浮かんでくるかのようで、この作品のもうひとつの魅力となっています。

かつて名を馳せたフォトグラファー吉川士朗。あることをきっかけに長期の取材旅行を伴うような依頼を避け、生活のためだけの仕事に徹していた。そんな時、旧知の編集者、國崎から海外取材の依頼を受ける。しかも7歳の息子、登士を連れて行けと。「写真家として最後のチャンス」、「父親としても最後で最高のタイミング」だと説得され、士朗は決意する。そうして、フロリダの海岸線を南へと車で向かう、2人きりの取材旅行が始まるのだが…。

モデルルームをじっくり見る人ほど「欠陥マンション」をつかみやすい [ 稲葉尚登 ]


モデルルームをじっくり見る人ほど「欠陥マンション」をつかみやすい [ 稲葉尚登 ]

ドクター・サンタの住宅研究所 [ 稲葉尚登 ]


ドクター・サンタの住宅研究所 [ 稲葉尚登 ]

昨日までなにもなかったはずのところにあらわれた、不思議な建物。そこには、世界中の家の情報をすべて持つという、風変わりな博士が待っていた。博士の手にかかると、住まいになんの関係もないはずの悩みに、意外な解決策がみえてくるー。小学校高学年から。

Sponsored Links