見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
プロフェッショナル仕事の流儀

高級クラブママ・白坂亜紀が登場!プロフェッショナル仕事の流儀「銀座、夜の女たちスペシャル」の再放送・見どころは?

image

プロフェッショナル仕事の流儀

プロフェッショナル仕事の流儀」は、さまざまな分野の第一線で活躍中の一流のプロの「仕事」を徹底的に掘り下げるドキュメンタリー番組です。登場する人たちは、誰もが認めるその道のプロ。斬新な試みに挑戦し、新しい時代を切り開こうと格闘中の挑戦者であり、いくつもの修羅場をくぐり、自分の仕事と生き方に確固とした「流儀」を持っている人たちばかりです。

時代の最前線にいる彼らはどのように発想し、斬新な仕事を切り開いているのか?これまでどんな試行錯誤を経て、成功をつかんだのか?そして、混とんとした今の時代をどのように見つめ、次に進んでいこうとしているのか?普段はカメラの入れない仕事の現場に密着し、現在進行形で時代と格闘しているプロの「仕事」に迫る番組です。

2006年1月より放送がはじまり、すでに340回以上も放送されている長寿番組でもあるんです。
NHK総合テレビ毎週月曜日午後10時25分から11時10分に放送されています。

image

「プロフェッショナル」は、今と未来を描くドキュメンタリーです。現在進行形だからこそ、現場発の「仕事に役立つ情報」と、視聴者の皆さんが「自分も頑張ろう」と思えるような「明日への希望と元気」を持たせてくれる番組です。熾烈な競争や成果主義、ニートの急増など、日本人の仕事をめぐる状況が大きく変わりつつある今だからこそ、プロフェッショナルな人々の姿を通して、仕事の奥深さ、働くことの醍醐味を伝えてくれる価値のある番組です。

Sponsored Links

「プロフェッショナル仕事の流儀」の再放送は?

「プロフェッショナル仕事の流儀」の再放送は、毎週日曜日午後1時05分から1時50分に放送されます。もちろん、スポーツイベントや選挙、その他重大事件の報道などで変更されることもありますので、同番組ホームページでご確認ください。
でも、もっと古い番組をみたい、いくつもの放送分をまとめてイッキ見したい・・・なんていう場合には、動画配信サービスがオススメです。通常、動画配信サービスは、毎月の定額料金で配信されている番組が見放題になるというものです。

NHK番組なら「NHKオンデマンド」という動画配信サービスがあります。NHK番組の全てではありませんが、ドラマからドキュメンタリー番組までかなり広く番組を配信してくれています。

もう一つの方法は、U-NEXT(ユーネクスト)という動画配信サービスです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXtポイント1,200円(初回のみ600円)を使ってNHKオンデマンドと契約することができるんです。

見逃したNHK番組を見る方法

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

↓↓↓↓↓

U-NEXT

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2018年4月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

プロフェッショナル仕事の流儀「銀座、夜の女たちスペシャル」

放送 2018年4月16日(月)午後10時25分~

image

放送前の予告

銀座で高級クラブを営むママ・白坂亜紀さん・51歳に密着!普段は見られない、秘密の世界にカメラが潜入しました。男たちを魅了する女の「艶」はもちろん、客の心をつかんで離さぬプロのもてなしの「技」はビジネスマンも必見です。

さらに「銀座の生きる伝説」といわれる文壇バーのママ・園田静香も登場します!名だたる作家や漫画家たちを虜(とりこ)にしてきたその魅力を、常連客の北方謙三、大沢在昌が語り尽くします!

【出演】クラブ経営者 白坂亜紀、クラブ経営者 園田静香
【語り】橋本さとし、貫地谷しほり

白坂亜紀のプロフィール

image

クラブ稲葉オーナー。1966年大分県生まれ。早稲田大学在学中にクラブに勤務、現在は銀座でクラブ「稲葉」、音楽ラウンジ「稲葉」、和食「穂の花」、Bar「66」の4店舗を経営。GSK(銀座社交料飲協会)理事として銀座緑化やミツバチプロジェクトなどに携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

Sponsored Links

放送後のポイント解説

クラブ経営者・白坂亜紀の仕事ぶり

銀座にお店を出してもその多くは数カ月で潰れていくと言われていますが、白坂亜紀のお店は20年以上続いています。銀座は、世界中から一流が集まる街であり、女性にとっては何度でも挑戦できる街だそうです。

白坂亜紀は、夜6時になると美容室へ行き、その後、一人でワインバーに寄ってから出勤します。ウォーミングアップのワイン4杯を飲んでスイッチを入れるのです。夜8時にお店が回転すると、あっという間に席が埋まってしまいます。お店の料金は、席料が一人25,000円です。さらに、シャンパン等を開けると数万円はかかります。それでも、一流のビジネスマンたちは「艶」を求めてやってくるのです。ホステスたちは、さりげないボディタッチや巧みな話術で男心をくすぐるのです。

この仕事は、「相手を思いやる、それをいかに極めるか!」だと言います。そして、相手に喜んでいただくことを自分の喜びと出来るかどうかなんです。白坂亜紀は、積極的にお客さん同士を紹介して橋渡しをします。銀座という街は、ビジネスマンの社交の場でもあるんです。「この女がいないと、自分の接待は成り立たない!」というぐらい、お客さんのお役に立つことに心を使っているのです。お客さんが帰る時は、一人一人、背中が見えなくなるまで見送ります。

白坂亜紀のお店は、約25人のホステスをかかえ、売上ノルマや同伴ノルマを課さないという独自のシステムを作り上げました。ノルマを課すと、ホステス同士が足を引っ張り合うからです。このお店では、チームワークを武器にしているそうです。銀座は男を磨く街であると同時に、女も磨く街です。そして、男も女も磨き合っているから、ホッとできる場でもあるんです。また、銀座では意外に「不倫」はなく、安心して遊べるいい女がいる街なのです。

白坂亜紀は、朝も忙しくしています。約5時間もかけて、前日の来店客すべての方にメールを送るのが日課になっているのです。年末の年賀状は、なんと24,000通も送るんです。

Sponsored Links

信念の女・白坂亜紀

白坂亜紀は、大分県・竹田の出身です。おちこぼれから猛勉強をして早稲田大学に入り、20歳の時に友人の勧めで東京・日本橋でホステスのアルバイトを始めたのがきっかけで、企業のトップと対等に渡り合えるこの仕事に魅力を感じたのです。もともと話下手だった白坂は、1年ほどの間に話術を磨き、No.1ホステスに登りつめました。その後、自ら銀座のお店に飛込み、そこでもNo.1ホステスとなり、ついには29歳の時に銀座でお店を持ちました。結婚して、二人の娘もいるそうです。

2008年のリーマンショックの時は、お客さんが激減し、銀行の貸し剥がしが追い打ちをかけ、厳しい状況に追い込まれました。それでも、お店を応援してくれるお客さんがいて、そんなお客さんが来てくれる場所を守り続けたいという強い信念と熱意で、銀行の支店長を説得してたそうです。

白坂亜紀は、これまでに独立するホステスを11人も輩出してきたそうです。そして、そんな女性たちを応援しているのです。銀座にまたひとつ新たな灯がともることになるからです。自分のお店のお客さんにも声をかけて応援しているのが凄いですね!

白坂亜紀は、出身地である大分・竹田を流れる稲葉川を眺めていると、心が落ち着くのだそうです。銀座のお店の名前も、この川からもらったのです。あれから20年以上経ち、すっかり「銀座の女」となり。自分のもとに帰ってくる人がいる限り、お店の灯は絶やさないと覚悟しているようです。

白坂亜紀にとって「プロフェッショナル」とは、自分の仕事に自信と誇りを持ち、人のためになっているという使命感を持ち続けていける人だと言います。

Sponsored Links

参考書籍のご紹介

銀座の流儀 「クラブ稲葉」ママの心得帖/白坂亜紀


銀座の流儀 「クラブ稲葉」ママの心得帖/白坂亜紀【2500円以上送料無料】

早稲田大学在学中に女子大生ママとなり、銀座に4店舗を経営する著者がビジネスノウハウを初公開!ママとして20年間、多くの人々と出会い、ときには叱られ、ときには励まされ…。著者だからこそ聞きだせたエグゼクティブの流儀とは!?「人の心のつかみ方」「本物のおもてなしとは」「女子力の鍛え方」「粋と野暮」「男の品格」について、豊富なエピソードで語る。

銀座の秘密ーなぜこのクラブのママたちは、超一流であり続けるのか すご腕女性10人の金言 [ 白坂亜紀 ]


銀座の秘密ーなぜこのクラブのママたちは、超一流であり続けるのか すご腕女性10人の金言 [ 白坂亜紀 ]

「銀座のママ本」はさまざまありますが「超一流クラブの10人のママが登場」し「銀座のママがインタビュー」したのは初めて。十人十色の苦境の乗り越え方や成功の極意、著名人たちの華やかな交遊録が詰まっています。

【目次】
魔里ー大久保マリ子さん/クラブ順子ー田村順子さん/Salon de かじー梶茂子さん/倶楽部あし田ー芦田渚さん/クラブエルー岩波恵子さん/東京・銀座クラブザボンー水口素子さん/クラブ由美ー伊藤由美さん/クラブ銀花ー高瀬理子さん/ファーストクラブー佐々木雅子さん/クラブ・グレー山口さゆりさん

銀座の夜の神話たち 1万8250日の物語 [ 園田静香 ]


銀座の夜の神話たち 1万8250日の物語 [ 園田静香 ]

【目次】
第1章 無鉄砲と夢と/第2章 花竜巻に運ばれて/第3章 優しい“夜舞言”/第4章 バブルの様な私の夢は/第5章 試練の時と数寄屋橋の『守護神』/第6章 あけの明星たちへ

文壇バー 君の名は「数寄屋橋」 [ 園田静香 ]


文壇バー 君の名は「数寄屋橋」 [ 園田静香 ]

時代を象徴する文人・画人・写真家たちの心温まるメッセージ。

【目次】
第1章 時の流れ(我が青春の「数寄屋橋」(森村誠一)/博多の美妓変身ー園田静香さんのこと(古川薫) ほか)/第2章 イベントにかかわるエピソード(数寄屋橋のお祭り(志茂田景樹)/原点(勝目梓) ほか)/第3章 思い出の花々(何とも奇妙な三角関係(西村京太郎)/黒岩重吾さんのこと(伊集院静) ほか)/終章 私の宝石(園田静香)(文士劇と銀座のママたちー川口松太郎先生/君の名は数寄屋橋ー菊田一夫先生 ほか)

Sponsored Links