見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
プロフェッショナル仕事の流儀

辞書編纂者・飯間浩明!プロフェッショナル 仕事の流儀「言葉の海で、心を編む」の再放送・見どころは?

900DA992-F9DB-42C1-B550-51A0FF6ED570

プロフェッショナル仕事の流儀

プロフェッショナル仕事の流儀」は、さまざまな分野の第一線で活躍中の一流のプロの「仕事」を徹底的に掘り下げるドキュメンタリー番組です。登場する人たちは、誰もが認めるその道のプロ。斬新な試みに挑戦し、新しい時代を切り開こうと格闘中の挑戦者であり、いくつもの修羅場をくぐり、自分の仕事と生き方に確固とした「流儀」を持っている人たちばかりです。

時代の最前線にいる彼らはどのように発想し、斬新な仕事を切り開いているのか?これまでどんな試行錯誤を経て、成功をつかんだのか?そして、混とんとした今の時代をどのように見つめ、次に進んでいこうとしているのか?普段はカメラの入れない仕事の現場に密着し、現在進行形で時代と格闘しているプロの「仕事」に迫る番組です。

2006年1月より放送がはじまり、すでに340回以上も放送されている長寿番組でもあるんです。
NHK総合テレビ毎週月曜日午後10時25分から11時10分に放送されています。

image

「プロフェッショナル」は、今と未来を描くドキュメンタリーです。現在進行形だからこそ、現場発の「仕事に役立つ情報」と、視聴者の皆さんが「自分も頑張ろう」と思えるような「明日への希望と元気」を持たせてくれる番組です。熾烈な競争や成果主義、ニートの急増など、日本人の仕事をめぐる状況が大きく変わりつつある今だからこそ、プロフェッショナルな人々の姿を通して、仕事の奥深さ、働くことの醍醐味を伝えてくれる価値のある番組です。

Sponsored Links

「プロフェッショナル仕事の流儀」の再放送は?

「プロフェッショナル仕事の流儀」の再放送は、毎週日曜日午後1時05分から1時50分に放送されます。もちろん、スポーツイベントや選挙、その他重大事件の報道などで変更されることもありますので、同番組ホームページでご確認ください。
でも、もっと古い番組をみたい、いくつもの放送分をまとめてイッキ見したい・・・なんていう場合には、動画配信サービスがオススメです。通常、動画配信サービスは、毎月の定額料金で配信されている番組が見放題になるというものです。

NHK番組なら「NHKオンデマンド」という動画配信サービスがあります。NHK番組の全てではありませんが、ドラマからドキュメンタリー番組までかなり広く番組を配信してくれています。

もう一つの方法は、U-NEXT(ユーネクスト)という動画配信サービスです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXtポイント1,200円(初回のみ600円)を使ってNHKオンデマンドと契約することができるんです。

見逃したNHK番組を見る方法

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

↓↓↓↓↓

U-NEXT

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2018年6月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

プロフェッショナル仕事の流儀「言葉の海で、心を編む~辞書編さん者・飯間浩明

放送 2018年6月11日(月)午後10時25分~

900DA992-F9DB-42C1-B550-51A0FF6ED570

放送前の予告

ツイッターでも人気の、“言葉のプロ”が登場!日本でも数少ない、辞書作り専門の日本語学者・飯間浩明さんです。ネットやテレビ、新聞雑誌のみならず、街を歩き回り新たな言葉を探す姿は、さながら“言葉ハンター”です。見つけ出す新語は、1年で4000語以上にも及びます。

その飯間さんが、編さん者のひとりとして手がけるのが、現代語に最も強いとされる国語辞典です。およそ6・7年に一度行われる改訂に向け、編集作業が本格的に始まっています。集めた新語を厳選し、さらに「語釈」と言われる言葉の意味をいかに的確かつ端的に書き上げるか。その思いを支えるのは、幼い頃からずっと言葉に悩み続けてきたという過去、そして“辞書の神様”と呼ばれる人物の影響がありました。

出版不況やインターネットの普及で、辞書の存在意義が問われる今、言葉に溢れんばかりの愛を注ぐ、熱き現場に密着しました!

Sponsored Links

飯間浩明(いいまひろあき)さんのプロフィール

国語辞典編纂者。1967(昭和42)年、香川県生れ。早稲田大学第一文学部卒。同大学院博士課程単位取得。『三省堂国語辞典』編集委員。新聞・雑誌・書籍・インターネット・街の中など、あらゆる所から現代語の用例を採集する日々を送る。著書に『辞書を編む』『辞書に載る言葉はどこから探してくるのか? ワードハンティングの現場から』『不採用語辞典』『辞書編纂者の、日本語を使いこなす技術』など。

[出展]新潮社ホームページより

ちなみに、日本テレビ「世界一受けたい授業」にも出演され、『日本最大のアーカイブ!無料で使える国立国会図書館の活用法』『辞書に載った言葉消えた言葉 2015新年度版!!』と言ったテーマで講師を務めておられます。

飯間浩明さんは子供の頃から国語が好きで、大学に入ってからは「万葉集」や「源氏物語」などの古典文学の研究に没頭していたそうです。ところが、ある本との出会いで現代語に興味を持ち始めるようになりました。故・見坊豪紀(けんぼうひでとし)さんのの著書『ことばのくずかご』です。

82615FD5-A9AF-4E9C-9130-E0B0351D8464

【中古】 ことばのくずかご / 見坊豪紀 / 筑摩書房 [単行本]【ネコポス発送】

その本は、辞書には載らない笑える言葉、考えさせられる言葉などをまとめた本でした。そして、その著者・見坊豪紀さんこそ、今、飯間浩明さんが歩んでいる辞書編纂界のカリスマ的存在の人物だったのです。

Sponsored Links

放送後のポイント解説

辞書は時代を映す鏡であれ!

「言葉は生きている」「言葉は成長している」と飯間浩明さんは言います。例えば、「鉄板」という言葉は、もともとは「鉄の板」という意味でしたが、最近では「失敗するおそれがない様子。最強。」という意味で若者たちの間で使われるようになりました。

ネットや街中で新しい言葉がどんどん生まれていますが、同じ言葉でも意味合いや使われたかも時代とともに変化しているんです。

すべての言葉に価値がある

飯間浩明さんは電車の窓から見えた「整正美化」という言葉が気になり、電車を降りてその言葉が書かれている現場まで足を運びました。工場の外壁に書かれた文字でした。飯間浩明さんは、その工場の関係者にその言葉が生まれた経緯を聞いてきました。「整理整頓して施設内を美しく、作業も美しく!」という意味が込められているんだそうです。

飯間浩明さんは、用例採集の場では「すべての言葉に価値がある」という信念をもって、どんな言葉にも愛情を注いでいます。「どの言葉も理由があって生まれてきたはずなので、大事にしてあげたい。その言葉の中には、その言葉を作り出した人の思いがあるのだから・・・」と言います。

辞書を編む=心を編む

飯間浩明さんは、どうすれば使う人の心に寄り添った辞書が作れるのか?を常に考えているのだと言います。

「的を射る」と「的を得る」という二つの言葉について、飯間浩明さんはこだわりました。「的を得る」という使い方は誤用だという考え方が主流の中で、飯間さんは、戦後に「的を得る」という言葉も使われているという歴史的根拠を見つけました。

誤用だと切り捨てることは簡単ですが、この世に生まれてきた言葉を大事にしていることは、こんなことからもひしひしと伝わってきます。

飯間浩明さんにとって、プロフェッショナルとは「たくさんの人を良かったと思わせる人」だそうです。

Sponsored Links

飯間浩明さんのおすすめ著書

辞書を編む (光文社新書) [ 飯間浩明 ]


辞書を編む (光文社新書) [ 飯間浩明 ]

「右」「愛」「萌え」「キャバクラ」…。あなたなら、これらのことばをどう定義するだろうか。国語辞典を引くと、語釈の特徴が辞書によってそれぞれ違う。われらが『三省堂国語辞典(サンコク)』は、他の辞書とは違った視点で集めたことばに、誰にもまねのできない語釈をつけたい。でも、どうやって?-『サンコク』の改訂作業に追われる辞書編纂者が、辞書作りの実際を惜しみなく公開、「感動する辞書を作りたい」という情熱を語る。街なかでの用例採集、語釈をめぐる他辞書との競争など、知られざるエピソードを通じて、国語辞典がいかに魅力に満ちた書物であるかを伝える。

【目次】
第1章 「編集方針」/第2章 「用例採集」/第3章 「取捨選択」/第4章 「語釈」/第5章 「手入れ」/第6章 「これからの国語辞典」

辞書に載る言葉はどこから探してくるのか? (ディスカヴァー携書) [ 飯間 浩明 ]


辞書に載る言葉はどこから探してくるのか? (ディスカヴァー携書) [ 飯間 浩明 ]

「ワードハンティング」とは、獲物をねらうハンターのように、「まだ辞書に載っていないことばはないか」「意味が変わってきたことばはないか」と、ことばを探すこと。著者は、本や新聞・雑誌、テレビやインターネットから新しいことばや用例を探すのに飽き足りず、「街の中のことば」を調べようと、デジタルカメラを持ってワードハンティングに出かけた。それぞれ特徴ある24の街で、看板やポスター、値札などから生きたことばを採集、撮った写真は3000枚超に。本書ではそれらの中から選りすぐりのことばを紹介。常に変化していく日本語の最先端の様子を生き生きと伝える。

【目次】
1 流行を発信する街/2 ふだん着の商店街/3 昔の面影を残す街/4 混沌と熱気の街/5 高層ビルのある商業地区/6 都心を離れた街

三省堂国語辞典のひみつ [ 飯間浩明 ]


三省堂国語辞典のひみつ [ 飯間浩明 ]

新語に強く、「要するにそれは何か」が分かるー胸にすとんと落ちる語釈に定評のある国語辞典『三国(サンコク)』。その魅力とおもしろさを編集委員が語る。“的を得る”は間違っていないなど、新しい日本語情報も満載!

【目次】
第1章 『三省堂国語辞典』はこんな辞書(要するに何か、が分かる/シンプルな似顔絵 ほか)/第2章 誤りと決めつけてはいけない(「的を得る」は「うまく捉える」/「汚名挽回」は「取り戻す」のではない ほか)/第3章 新しいことば・古いことば(「ナウい」はなぜ載っているのか/インターネットで笑うとき ほか)/第4章 気がつきにくいことばと意味(大型辞典にもない「赤白帽」/「昼放課」でも帰ってはいけない ほか)/第5章 語釈を書くのはむずかしい(大根にもいろいろあるけれど/「ライター」を分解する理由 ほか)/第6章 『三国』の使い方の極意(本当にないかどうか探してみよう/「しいくわあさあ」はやめました ほか)

伝わる文章の書き方教室 書き換えトレーニング10講 (ちくまプリマー新書) [ 飯間浩明 ]


伝わる文章の書き方教室 書き換えトレーニング10講 (ちくまプリマー新書) [ 飯間浩明 ]

ことばの選び方や表現方法、論理構成をちょっと工夫するだけで、文章はぐっとよくなる。ゲーム感覚の書き換えトレーニングを通じて、相手に「伝わる」文章のコツを伝授する。

【目次】
第1章 語彙力をつけるレッスン(適切なことばを選ぼうー特定の音を使わずに書き換える/語感を意識しようー和語と漢語とを互いに書き換える/むだのないことばを選ぼうー決まった字数で書き換える)/第2章 表現力をつけるレッスン(誰の行為かをうまく表そうー主語を使わずに書き換える/独り合点を避けようー必要十分な内容に書き換える/描写力をつけようー視覚情報を文章に置き換える)/第3章 論理力をつけるレッスン(前後の論理関係を考えようー一続きの文に書き換える/客観的に書こうー感想を含まない文に書き換える/論理の型を知ろうー「だから型」を「なぜなら型」に書き換える)/まとめ 難解な文章を「伝わる」ように書き換える

Sponsored Links

伝わるシンプル文章術 [ 飯間 浩明 ]


伝わるシンプル文章術 [ 飯間 浩明 ]

伝えたい事を文章にするのはとってもカンタン! 「文章の書き方」を解説した本は山ほどありますが、どれも細部にわたり盛りだくさんの内容なので、結局実践的ではありません。文章はあれこれ考えれば考えるほど、うまく書けなくなるものです。本書では問題→結論→理由という「クイズ文」形式にすると、とても分かりやすい文章になるという手法を紹介します。

【目次】
第1章 伝えたい考えは「クイズ文」で書く(言いたいことは伝わっているか/クイズ文とはどういうものか/クイズ文の反対は「日記文」)/第2章 クイズ文の型を理解しよう(クイズ文の四つの型/ディベートはクイズ文を書くのに役立つ/ディベートを疑似体験しよう/ディベートからクイズ文をつくってみる)/第3章 実践!クイズ文を書いてみよう(「問題・結論・理由」を用意する/「問題」の述べ方、ここに注意/「結論」の述べ方、ここに注意/「理由」の述べ方、ここに注意/文章完成に向けてすべきこと)

非論理的な人のための論理的な文章の書き方入門 (ディスカヴァー携書) [ 飯間 浩明 ]


非論理的な人のための論理的な文章の書き方入門 (ディスカヴァー携書) [ 飯間 浩明 ]

細かいことは脇において、ひとまずこの形式に落とし込んでいけば、だれでもすぐに、伝わる文章が書けるようになる。大学で文章の書き方とディベートを教えてきた著者が、実際に学生の文章を目覚ましく上達させた方法を惜しみなく公開。

【目次】
第1章 伝えたい考えは「クイズ文」で書く(言いたいことは伝わっているか/クイズ文とはどういうものか/クイズ文の反対は「日記文」)/第2章 クイズ文の型を理解しよう(クイズ文の四つの型/ディベートはクイズ文を書くのに役立つ/ディベートを疑似体験しよう/ディベートからクイズ文をつくってみる)/第3章 実践!クイズ文を書いてみよう(「問題・結論・理由」を用意する/「問題」の述べ方、ここに注意/「結論」の述べ方、ここに注意/「理由」の述べ方、ここに注意/文章完成に向けてすべきこと)

国語辞典のゆくえ (NHKシリーズ NHKカルチャーラジオ 文学の世界) [ 飯間浩明 ]


国語辞典のゆくえ (NHKシリーズ NHKカルチャーラジオ 文学の世界) [ 飯間浩明 ]

三省堂国語辞典のひみつ 辞書を編む現場から (新潮文庫) [ 飯間 浩明 ]


三省堂国語辞典のひみつ 辞書を編む現場から (新潮文庫) [ 飯間 浩明 ]

書籍雑誌はもちろん看板やメニューにも鵜の目鷹の目。時には対象物を解体したり味わってみたり。辞書編纂ーそれが著者のライフワークだ。日常語から若者語・難解語までを視野に入れ、独自の視点で編まれる『三省堂国語辞典』。その編集委員が舞台裏を案内し、ことばにまつわる様々な説をともに検証してゆく。用例採集の鬼・見坊豪紀の魂を継ぐ研究者による日本語愛あふれる辞典エッセイ。

【目次】
第1章 『三省堂国語辞典』はこんな辞書/第2章 誤りと決めつけてはいけない/第3章 新しいことば・古いことば/第4章 気がつきにくいことばと意味/第5章 語釈を書くのはむずかしい/第6章 『三国』の使い方の極意

小説の言葉尻をとらえてみた [ 飯間浩明 ]


小説の言葉尻をとらえてみた [ 飯間浩明 ]

筋を追っていくだけが小説の楽しみ方ではない。そこで語られた日本語に注目すると、作者が必ずしも意図しない部分で、読者は、ことばの思いがけない面白さに気づくだろう。『三省堂国語辞典』編集委員である著者のガイドによって、物語の世界を旅し、そこに隠れている珍しい日本語、興味深い日本語を「用例採集」してみよう。エンタメ、ホラー、時代物、ライトノベル…。「旅先」となる物語のジャンルはさまざまだ。それらの物語世界に暮らす登場人物や、語り手の何気ない一言を味わいながら、辞書編纂者の目で謎を見出し、解き明かしていく。ことば尻を捉えているようでありながら、次第に読者をことばの魅力の中へと引き込む、異色の小説探検。

【目次】
桐島、部活やめるってよ(朝井リョウ)/風が強く吹いている(三浦しをん)/残穢(小野不由美)/オレたちバブル入行組(池井戸潤)/チッチと子(石田衣良)/桜ほうさら(宮部みゆき)/横道世之介(吉田修一)/猫を抱いて象と泳ぐ(小川洋子)/マチネの終わりに(平野啓一郎)/俺の妹がこんなに可愛いわけがない(伏見つかさ)/八日目の蝉(角田光代)/阪急電車(有川浩)/グラスホッパー(伊坂幸太郎)/ギケイキ 千年の流転(町田康)/チョコレートコスモス(恩田陸)

Sponsored Links