見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
プロフェッショナル仕事の流儀

水族園職員・河原直明!プロフェッショナル仕事の流儀 第348回の再放送・見どころは?

image

プロフェッショナル仕事の流儀

プロフェッショナル仕事の流儀」は、さまざまな分野の第一線で活躍中の一流のプロの「仕事」を徹底的に掘り下げるドキュメンタリー番組です。登場する人たちは、誰もが認めるその道のプロ。斬新な試みに挑戦し、新しい時代を切り開こうと格闘中の挑戦者であり、いくつもの修羅場をくぐり、自分の仕事と生き方に確固とした「流儀」を持っている人たちばかりです。

時代の最前線にいる彼らはどのように発想し、斬新な仕事を切り開いているのか?これまでどんな試行錯誤を経て、成功をつかんだのか?そして、混とんとした今の時代をどのように見つめ、次に進んでいこうとしているのか?普段はカメラの入れない仕事の現場に密着し、現在進行形で時代と格闘しているプロの「仕事」に迫る番組です。

2006年1月より放送がはじまり、すでに340回以上も放送されている長寿番組でもあるんです。
NHK総合テレビ毎週月曜日午後10時25分から11時14分に放送されています。

image

「プロフェッショナル」は、今と未来を描くドキュメンタリーです。現在進行形だからこそ、現場発の「仕事に役立つ情報」と、視聴者の皆さんが「自分も頑張ろう」と思えるような「明日への希望と元気」を持たせてくれる番組です。熾烈な競争や成果主義、ニートの急増など、日本人の仕事をめぐる状況が大きく変わりつつある今だからこそ、プロフェッショナルな人々の姿を通して、仕事の奥深さ、働くことの醍醐味を伝えてくれる価値のある番組です。

Sponsored Links

「プロフェッショナル仕事の流儀」の再放送は?

「プロフェッショナル仕事の流儀」の再放送は、毎週金曜日午前1時25分から2時14分[木曜日の深夜]に放送されます。もちろん、スポーツイベントや選挙、その他重大事件の報道などで変更されることもありますので、同番組ホームページでご確認ください。
でも、もっと古い番組をみたい、いくつもの放送分をまとめてイッキ見したい・・・なんていう場合には、動画配信サービスがオススメです。通常、動画配信サービスは、毎月の定額料金で配信されている番組が見放題になるというものです。

NHK番組なら「NHKオンデマンド」という動画配信サービスがあります。NHK番組の全てではありませんが、ドラマからドキュメンタリー番組までかなり広く番組を配信してくれています。

もう一つの方法は、U-NEXT(ユーネクスト)という動画配信サービスです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXtポイント1,200円(初回のみ600円)を使ってNHKオンデマンドと契約することができるんです。

見逃したNHK番組を見る方法

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

↓↓↓↓↓

U-NEXT

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2018年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

プロフェッショナル仕事の流儀 第348回「未知の海、命と向き合う 水族園職員・河原直明」

放送 2018年1月22日(月)午後10時25分~

image

放送前の予告

未知の魚を求めて世界を駆け回る、「魚採取」のプロがいます。そのプロこそ、44歳の水族園職員、河原直明さんです。
河原の使命は、珍しい魚の展示を通して、自然の豊かさと命の多様性を伝えることです。
多くの水族館が珍しい魚を「買ってくる」のに対して、東京にある葛西臨海水族園には、「自ら採取する」専門の部署・調査係があるのです。そのリーダーを務めているのが河原直明さんです。彼の日常は、北極から近隣の東京湾まで、あらゆる海への出張の連続です。

だが、未知の魚を捕獲し、展示につなげるのは決して簡単なことではありません。「単に追い回すだけでは捕獲は困難」だと河原直明さんは言います。魚の行動を予測し、作戦を立て、万が一にも希少な生物の命を奪わないよう、細心の注意を払わねばならないからです。さらに、捕獲の後には、生きたまま水族館へ運ぶ運搬技術も問われるのです。都民のアミューズメントとして人気を博する水族館。その裏で、命と誠実に向き合うプロの姿を追いました。

番組では、生きたままの捕獲は不可能、と言われるバショウカジキや、小笠原に生息する日本固有種のユウゼンを追う河原直明さんに、半年間密着しました。さらに、南極にほど近く、「謎に包まれた海域」というオーストラリア南部への出張にも同行しました。果たして、見たことのない魚を捕まえることはできるのでしょうか?

Sponsored Links

放送後のポイント解説

魚の気持ちになる

河原直明さんたちは、小笠原・父島の海で日本固有のユウゼンをつがいで採取しました。河原さんは、魚の個性を見抜き、そのクセから逃げ方を予測するのです。採取した魚を輸送するのも大切な仕事です。輸送中は数時間おきに魚の様子をチェックし、水温が2度低下した時にはお湯を入れたペットポトルを水槽に入れて水温を上げました。海に生きる命と向き合い、その命を預かる仕事という意識をちゃんと持っているところはプロとして素晴らしいですね。

image

鹿児島県笠沙町では、定置網にかかったバショウカジキの採取にチャレンジしましたが失敗します。この魚は、世界で最も速い魚と言われており捕獲することが難しいのです。

image

オーストラリア南部の海では、オールドワイフやムーンライターの採取に成功しました。魚を見つけるプロは、魚の気持ちになり、自分が魚だったらどうするか?を考えるのです。

image

命を展示することの意味

河原さんは、水族園の仕事をしながら、命を展示することの意味は何なのか?について考えています。海と人とのつながりの場を作るということは、水族館の使命の一つだと言います。だから、福祉施設などへ魚を連れて出張する移動水族園の仕事も大事な仕事なんだそうです。

河原さんの一番好きな時間は、子供と遊ぶことです。子供と一緒に水族園を訪れている時の河原さんは、とてもいい顔をしていました。

河原さんにとってプロフェッショナルとは、「皆がみんな、それぞれの役割を見つけて、それをやって、結果に結びつける」ということ。

Sponsored Links

葛西臨海水族園に関する参考書籍・DVD等

葛西臨海水族園の世界/全国流通版/趣味[DVD]


葛西臨海水族園の世界/全国流通版/趣味[DVD]【返品種別A】

東京を代表するアクアリウム「葛西臨海水族園」。その魅力がたっぷりつまったDVDが誕生!人気の生き物たちにいつでも会える「映像図鑑」決定版。

びっくり! マグロ大百科 (世の中への扉) [ 葛西臨海水族園 クロマグロ飼育チーム ]


びっくり! マグロ大百科 (世の中への扉) [ 葛西臨海水族園 クロマグロ飼育チーム ]

東京湾に浮かぶように立っている葛西臨海水族園。ここのドーナツ型大水槽では、クロマグロが群れになって泳いでいます。こんな光景が見られるのは、世界でここだけ。そこで同園のクロマグロ飼育チームのメンバーが、「!」と「?」がいっぱいのクロマグロのすべてを、小学生向けの読みものとして描きました。マグロの専門家7人による、世界一おもしろくてためになるマグロ大百科! です。

Sponsored Links