見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
プロフェッショナル仕事の流儀

ラスト・ミッション本田圭佑のすべて!プロフェッショナル仕事の流儀の再放送・見どころは?

86480661-B6F0-491E-8BB8-887DBDCDDD95

プロフェッショナル仕事の流儀

プロフェッショナル仕事の流儀」は、さまざまな分野の第一線で活躍中の一流のプロの「仕事」を徹底的に掘り下げるドキュメンタリー番組です。登場する人たちは、誰もが認めるその道のプロ。斬新な試みに挑戦し、新しい時代を切り開こうと格闘中の挑戦者であり、いくつもの修羅場をくぐり、自分の仕事と生き方に確固とした「流儀」を持っている人たちばかりです。

時代の最前線にいる彼らはどのように発想し、斬新な仕事を切り開いているのか?これまでどんな試行錯誤を経て、成功をつかんだのか?そして、混とんとした今の時代をどのように見つめ、次に進んでいこうとしているのか?普段はカメラの入れない仕事の現場に密着し、現在進行形で時代と格闘しているプロの「仕事」に迫る番組です。

2006年1月より放送がはじまり、すでに340回以上も放送されている長寿番組でもあるんです。
NHK総合テレビ毎週月曜日午後10時25分から11時10分に放送されています。

image

「プロフェッショナル」は、今と未来を描くドキュメンタリーです。現在進行形だからこそ、現場発の「仕事に役立つ情報」と、視聴者の皆さんが「自分も頑張ろう」と思えるような「明日への希望と元気」を持たせてくれる番組です。熾烈な競争や成果主義、ニートの急増など、日本人の仕事をめぐる状況が大きく変わりつつある今だからこそ、プロフェッショナルな人々の姿を通して、仕事の奥深さ、働くことの醍醐味を伝えてくれる価値のある番組です。

Sponsored Links

「プロフェッショナル仕事の流儀」の再放送は?

「プロフェッショナル仕事の流儀」の再放送は、毎週日曜日午後1時05分から1時50分に放送されます。もちろん、スポーツイベントや選挙、その他重大事件の報道などで変更されることもありますので、同番組ホームページでご確認ください。
でも、もっと古い番組をみたい、いくつもの放送分をまとめてイッキ見したい・・・なんていう場合には、動画配信サービスがオススメです。通常、動画配信サービスは、毎月の定額料金で配信されている番組が見放題になるというものです。

NHK番組なら「NHKオンデマンド」という動画配信サービスがあります。NHK番組の全てではありませんが、ドラマからドキュメンタリー番組までかなり広く番組を配信してくれています。

もう一つの方法は、U-NEXT(ユーネクスト)という動画配信サービスです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXtポイント1,200円(初回のみ600円)を使ってNHKオンデマンドと契約することができるんです。

見逃したNHK番組を見る方法

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

↓↓↓↓↓

U-NEXT

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2018年5月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

プロフェッショナル仕事の流儀「ラスト・ミッション 本田圭佑のすべて」

放送 2018年5月14日(月)午後10時25分~

86480661-B6F0-491E-8BB8-887DBDCDDD95

放送前の予告

W杯開幕まで1か月、「渦中」の本田圭佑が「プロフェッショナル仕事の流儀」に登場します!

エースとして君臨した日本代表からの「落選」。メキシコへの「都落ち」。『本田は終わった』とささやかれるなか、本田はひとり、W杯出場、そして悲願の世界一をあきらめていなかったのです。本田は日本のサッカーファンと約束したことを忘れていなかったからです。

標高2400mで繰り広げられていた「極秘トレーニング」。どん底に落ちた男の孤独な闘いに独占密着。本田圭佑の「すべて」に迫ります。

【出演】プロサッカー選手 本田圭佑
【語り】橋本さとし,貫地谷しほり

Sponsored Links

放送後のポイント解説

本田圭佑のラストミッションとは?

本田圭佑のラストミッションとは、ワールドカップで優勝することだったんですね。2010年に本田が「ワールドカップで優勝する」と言った言葉は、国民との約束として今も本田の心の中で消えていなかったのです。

でも、そのためには日本代表に選ばれる必要がありました。もしかしたら、そのためにメキシコの田舎チーム・バチューカに移籍したのかもしれません。なぜなら、本田は弱点の言われていたスピード力をつけるため、標高2400mという場所で過酷なトレーニングで自分を追い込んでいたからです。心肺能力を高める必要があると考えたのでしょう。

本田圭佑の流儀「敵は自分」

本田圭佑は、「敵は自分」「妥協という敵」だと言います。そして、驚くほど自分を客観的に分析していました。自分は、弱点を克服してここまでやってきたために、誰にも負けないと言えるような長所を作れなかったことを誰よりも自覚していたのです。これからは、自分の長所を見つめ直して磨いていくのだと言います。

失敗は必要な過程

人は、ミランで芳しい成績を残せずにメキシコのパチューカに移籍した本田圭佑のことを「都落ち」と表現しています。本田自身も「成り上がり人生は終わった」と言い切りました。イタリアで挫折しゲームオーバーと言われても、本田は屈していませんでした。

本田は「失敗は必要な過程」だと言います。物事がうまくいかないという状況もポジティブに受け止め、「今、自分は何をすべきか?」を常に考えて行動しているんですね。「追い込まれるほど力を発揮します」と言った本田の生き方がとてもカッコよくみえました。

そして、本田は2018年3月27日に行われたウクライナ代表との親善試合に先発出場したものの、目だった成果を出すことができなかったことに悔いはないと話しています。「下がってボールをもらうのではなく、相手の後ろに走るべき」というハリルホジッチ監督の要求に反し、敢えて中盤まで下がってボールを受けて天界するプレーを行っていました。「ハリルのサッカーに全てを服従して選ばれていく、そのことのほうが僕は恥ずかしいと思っているので。」と語る本田圭佑にプロフェッショナルの神髄を見たような気がしました。

番組恒例の「プロフェッショナルとは?」という問いかけに対しては、「ケイスケ・ホンダです。」と答え、この独特の感性がネット上で波紋を呼んでいるようです。個人的には、「今の自分そのものです。」という意味に解釈しましたが・・・!?

Sponsored Links