見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
プロフェッショナル仕事の流儀

左官・久住有生!プロフェッショナル 仕事の流儀「“わからない”が、たのしい」の再放送・見どころは?

5102BEF8-B503-463D-A014-1240551A3AD1

プロフェッショナル仕事の流儀

プロフェッショナル仕事の流儀」は、さまざまな分野の第一線で活躍中の一流のプロの「仕事」を徹底的に掘り下げるドキュメンタリー番組です。登場する人たちは、誰もが認めるその道のプロ。斬新な試みに挑戦し、新しい時代を切り開こうと格闘中の挑戦者であり、いくつもの修羅場をくぐり、自分の仕事と生き方に確固とした「流儀」を持っている人たちばかりです。

時代の最前線にいる彼らはどのように発想し、斬新な仕事を切り開いているのか?これまでどんな試行錯誤を経て、成功をつかんだのか?そして、混とんとした今の時代をどのように見つめ、次に進んでいこうとしているのか?普段はカメラの入れない仕事の現場に密着し、現在進行形で時代と格闘しているプロの「仕事」に迫る番組です。

2006年1月より放送がはじまり、すでに340回以上も放送されている長寿番組でもあるんです。
NHK総合テレビ毎週月曜日午後10時25分から11時10分に放送されています。

image

「プロフェッショナル」は、今と未来を描くドキュメンタリーです。現在進行形だからこそ、現場発の「仕事に役立つ情報」と、視聴者の皆さんが「自分も頑張ろう」と思えるような「明日への希望と元気」を持たせてくれる番組です。熾烈な競争や成果主義、ニートの急増など、日本人の仕事をめぐる状況が大きく変わりつつある今だからこそ、プロフェッショナルな人々の姿を通して、仕事の奥深さ、働くことの醍醐味を伝えてくれる価値のある番組です。

Sponsored Links

「プロフェッショナル仕事の流儀」の再放送は?

「プロフェッショナル仕事の流儀」の再放送は、毎週日曜日午後1時05分から1時50分に放送されます。もちろん、スポーツイベントや選挙、その他重大事件の報道などで変更されることもありますので、同番組ホームページでご確認ください。
でも、もっと古い番組をみたい、いくつもの放送分をまとめてイッキ見したい・・・なんていう場合には、動画配信サービスがオススメです。通常、動画配信サービスは、毎月の定額料金で配信されている番組が見放題になるというものです。

NHK番組なら「NHKオンデマンド」という動画配信サービスがあります。NHK番組の全てではありませんが、ドラマからドキュメンタリー番組までかなり広く番組を配信してくれています。

もう一つの方法は、U-NEXT(ユーネクスト)という動画配信サービスです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXtポイント1,200円(初回のみ600円)を使ってNHKオンデマンドと契約することができるんです。

見逃したNHK番組を見る方法

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

↓↓↓↓↓

U-NEXT

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2018年7月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

プロフェッショナル仕事の流儀「“わからない”が、たのしい 左官 久住有生

放送 2018年7月9日(月)午後10時25分~

5102BEF8-B503-463D-A014-1240551A3AD1

放送前の予告

天才左官と謳(うた)われた父に3歳から技を仕込まれ、最難関とされる京都御所の外壁修復に20歳にして携わり、今や世界中で壁を塗る屈指の左官職人となった久住有生(くすみなおき)・46歳に密着しました。

カメラが捉えたのは、現場でギリギリまで迷い続ける姿。僅かでも気に入らなければ何度でも壁を剥がし、やり直します。都会のど真ん中に山寺を作るという壮大なプロジェクトでも土壇場で迷い、重大な決断を下すことに・・・。久住有生の「優柔不断」を良しとする流儀に迫ります。

久住有生さんのプロフィール

[出所]久住有生の公式サイト「左官株式会社 左官職人:久住久住有生」より

1972年、兵庫県淡路島生まれ。祖父の代から続く左官の家に生まれ、3歳で初めて鏝(こて)を握る。高校3年生の夏に、「世界を観てこい」という父の勧めで渡欧したスペインにて、アントニ・ガウディの建築を目の当たりにし、その存在感に圧倒され開眼、左官職人を目指す。日本に戻り、左官技術を学ぶべく18歳からさまざまな親方の許で、本格的な修行を始める。

1995年、23歳の時に独立し「久住有生左官」を設立。

重要文化財などの歴史的価値の高い建築物の修復ができる左官職人として、国内だけにとどまらず、海外からのオファーも多く、経験を積んできた。伝統建築物の修復・復元作業だけではなく、商業施設や教育関連施設、個人邸の内装や外装を手がけることも多い。

現場では企画段階から参加することが多く、デザイン提案なども積極的に行っており、伝統的な左官技術とオリジナリティ溢れるアイデアが、国内外での大きな評価につながっている。また、どの現場でもその土地の暮らしや自然を意識しながら、土や材料を選び、ときには地元の暮らしの調査をしてから工事に入るなど、それぞれの風土も大切にしている。

通常の仕事の他にも、日本の左官技術を広く伝えるべく、ワークショップや講演会を積極的に国内外で開催している。

Sponsored Links

放送後のポイント解説

なぜ、久住有生に仕事が殺到するのか?

久住有生の仕事は、2年先までいっぱいだそうです。なぜ、それほどまでに久住有生に仕事が集中するのか?そもそも、左官の仕事は古臭くて減少しており、左官職人の数も減る一方なのに・・・。

しかし、久住が手掛ける壁は、人の手ならではの生命力あふれる造形にあるんです。都内にある久住の工房は、まるで実験室そのもの。現場での一発勝負ではなく、施主の意向に合わせて、事前に試行錯誤して試作を作り、場合によってはそれを施主に見てもらって、確認していたんです。施主は、事前に試作を見て触って確認できることに、驚きと喜びを隠せない様子でした。

でも、事前にそこまでやっても、本番では予想外のことが起きるのです。そんな「計算外を楽しむ」というスタイルも、久住流なんですね。「全部コントロールできたら面白くない。読めないから楽しい。」と久住は言います。

久住有生の原点

久住有生のふるさと、淡路島が久住有生の原点です。3歳からコテを握り、左官名人と言われた父に仕込まれてきた様子は、さながら「巨人の星」の星飛雄馬のようだったと言います。学生時代は、甘いものが好きでケーキ屋でアルバイト、将来はパティシエになりたいと父に告げると、父から「世界を観てこい」と言われスペインでサクラダファミリアに圧倒され、強い衝撃を受けて帰ってきました。そんな久住に父はこう言いました。「ケーキは食べてしまえばなくなるが、左官は死んでもつくったものは残る」と。この言葉で、久住有生の進む道が決まったそうです。

18歳から左官の修行を始め、20歳で京都御所の外壁修復に携わった久住有生は、22歳で転機が訪れました。阪神・淡路大震災です。「一日も早く住めるようにして欲しい」という被災者の心に寄り添い、地元の復興の支援に専念し、100軒以上の修復に携わったそうです。

優柔不断であれ!

久住有生には、揺るぎない信念がある。「優柔不断であれ!」というものです。これは、最後まで諦めずに最高の仕事を追い求めるというものであることは、この番組を見ればひしひしと伝わってきます。

六本木にオープンするベーカリーの壁は、古びた風合いを出すために塗り壁に砂利を投げつけるという斬新な工夫をしてみせます。最後の仕上げの段階で、施主から「壁のざらつきを少なくして欲しい」と言われると、急遽、修正にとりかかるのです。使う人に徹頭徹尾寄り添うスタンスは、「愛されてこそ壁は生きる」という強い信念があるからなんです。

また、池袋の都会に建設される大きな寺の壁の工事では、山寺のような湿り気を帯びた質感を表現するために、塗り壁に油を塗りました。しかし、翌日になって気に入らないと全て剥がして、一からやり直すのです。いいものを作るためには、妥協は一切しないという久住の職人魂を見たような気がしました。

そんな久住有生のプロフェッショナルとは、信念を持って最後まで優柔不断に物を作ることだと言います。久住有生が言う「優柔不断」とは、妥協せずに最後まで最高のパフォーマンスを探すための模索だと、私は理解しました。

Sponsored Links