見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
プロフェッショナル仕事の流儀

プロボクサー・山中慎介!プロフェッショナル仕事の流儀の再放送・見どころは?

image

プロフェッショナル仕事の流儀

プロフェッショナル仕事の流儀」は、さまざまな分野の第一線で活躍中の一流のプロの「仕事」を徹底的に掘り下げるドキュメンタリー番組です。登場する人たちは、誰もが認めるその道のプロ。斬新な試みに挑戦し、新しい時代を切り開こうと格闘中の挑戦者であり、いくつもの修羅場をくぐり、自分の仕事と生き方に確固とした「流儀」を持っている人たちばかりです。

時代の最前線にいる彼らはどのように発想し、斬新な仕事を切り開いているのか?これまでどんな試行錯誤を経て、成功をつかんだのか?そして、混とんとした今の時代をどのように見つめ、次に進んでいこうとしているのか?普段はカメラの入れない仕事の現場に密着し、現在進行形で時代と格闘しているプロの「仕事」に迫る番組です。

2006年1月より放送がはじまり、すでに340回以上も放送されている長寿番組でもあるんです。
NHK総合テレビ毎週月曜日午後10時25分から11時14分に放送されています。

image

「プロフェッショナル」は、今と未来を描くドキュメンタリーです。現在進行形だからこそ、現場発の「仕事に役立つ情報」と、視聴者の皆さんが「自分も頑張ろう」と思えるような「明日への希望と元気」を持たせてくれる番組です。熾烈な競争や成果主義、ニートの急増など、日本人の仕事をめぐる状況が大きく変わりつつある今だからこそ、プロフェッショナルな人々の姿を通して、仕事の奥深さ、働くことの醍醐味を伝えてくれる価値のある番組です。

Sponsored Links

「プロフェッショナル仕事の流儀」の再放送は?

「プロフェッショナル仕事の流儀」の再放送は、毎週金曜日午前1時25分から2時14分[木曜日の深夜]に放送されます。もちろん、スポーツイベントや選挙、その他重大事件の報道などで変更されることもありますので、同番組ホームページでご確認ください。
でも、もっと古い番組をみたい、いくつもの放送分をまとめてイッキ見したい・・・なんていう場合には、動画配信サービスがオススメです。通常、動画配信サービスは、毎月の定額料金で配信されている番組が見放題になるというものです。

NHK番組なら「NHKオンデマンド」という動画配信サービスがあります。NHK番組の全てではありませんが、ドラマからドキュメンタリー番組までかなり広く番組を配信してくれています。

もう一つの方法は、U-NEXT(ユーネクスト)という動画配信サービスです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXtポイント1,200円(初回のみ600円)を使ってNHKオンデマンドと契約することができるんです。

見逃したNHK番組を見る方法

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

↓↓↓↓↓

U-NEXT

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2018年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

プロフェッショナル仕事の流儀 「再戦へ秘めた決意 プロボクサー・山中慎介」

放送 2018年3月5日(月)午後10時25分~

image

放送前の予告

昨年8月、日本歴代最強とも呼ばれたボクサー山中慎介が、WBC世界バンタム級王者の座から陥落しました。同級1位ルイス・ネリ(メキシコ)の猛打の前に、プロ初となる衝撃のTKO負け。しかし、あれから半年、カメラは山中の再起への戦いをひそかに追いかけてきました。3月1日、再びあのネリに挑む山中。そのリベンジマッチへの道のりに密着しました。

「神の左」を武器にこれまで戦慄のKO劇を量産、世界的にも高い評価を受けてきた山中。前回の敗戦後は、引退かとの憶測も飛びました。過去のデータをひもとけば、現王者VS元王者の対戦は現王者が有利になると言われているからです。それでも、山中は最強の敵への再戦を志願しました。「俺は本当に強いのか?」その答えを見極めるために・・・。

ハイリスクを承知で上がる覚悟のリングには、一体なにが待ち受けているのか?35歳、絶対王者と言われた男の挑戦に、再び密着しました!

Sponsored Links

山中慎介のプロフィール

山中慎介選手は、滋賀県湖南市出身。高校時代は南京都高校にてインターハイ2位、国体優勝。大学時代はボクシング部の主将を努め、 卒業後、東京帝拳ジムに所属しプロボクサーへ転向しました。2010年6月20日に行われた試合で、六島ボクシングジムの安田幹男選手に勝利し、プロボクシング日本バンタム級王者に、2011年11月6日に行われた試合で、メキシコのクリスチャン・エスキベル選手に勝利し、WBCバンタム級世界王者になりました。

その後、5年4ヶ月の間、王座を防衛していましたが、昨年8月にネリに4回TKO負けを喫し王座から陥落しました。

山中慎介、雪辱ならず!現役引退表明

image

2018年3月1日に両国国技館で8500人の観衆が見守る中、山中慎介vsルイス・ネリの一戦が行われました。1回に最初のダウンを喫した山中は2回、ネリが繰り出す強打に3度崩れ落ち、レフェリーが試合を止めました。最後は、あっけない幕切れでした。ファンとしても、この敗退の悔しさを増幅させいる原因は、試合の数日前の出来事にありました。あろうことか、ネリは制限体重超過で王座を剥奪されたのです。それでも、山中慎介がバンタム級チャンピオンに返り咲く道はただひとつ、今回のリベンジ戦で勝利することだけでした。

静かに控室に戻った山中は、「試合だけに関していうと、こうしとけばよかったっていう悔いはない。これで最後」と語り、具志堅用高に次ぐ12回連続防衛の大記録を打ち立てた元王者が、リングを下りる決断を下したのです。

山中は、ネリとのリベンジ戦が決まってから、ネリ対策として持ち味のフットワークでの防御だけでなく、ガードを上げて接近戦に耐え抜くスタイルも習得し、ボクシングと常に真摯に向き合い、貪欲に己を磨き続けてきたのです。それだけにネリの愚行は許せないという気持は強いはずです。「神の左」と称される強烈な左ストレートで世界を席巻した35歳・山中慎介は重いメッセージを残しました。「体も軟らかく、いい選手。ルールがあるのでこれからはちゃんとしてほしい。ボクシング界にも厳しく対処してほしい」と。

Sponsored Links

放送後のポイント解説

敗戦から2ヶ月の空白、そして、再戦を決意!

山中の妻のインタビューによると、昨年8月の敗戦の日はひたすら泣いていたそうです。その後、しばらくはジムから距離を置いて家族で旅行に行ったそうです。ボクシングを続けるのか?それとも引退するのか?悩みぬいたことでしょう。そして、山中が出した結論は「戦いたい相手がいる。ただそれだけ。」というものだった。敗戦後にネリのドーピング疑惑が起きましたが、それに関して山中は「相手がドーピングしていたとしても、負けは負け。」とさらりと言いました。山中自身が、敗北を強烈に受け止めていたんだと感じました。

ネリを倒すための特別な練習

昨年の12月半ば、山中は特別な練習を始めていました。山中のボクシングは、基本的に相手と離れた距離で戦うスタイルです。一方、対戦相手のネリは、接近戦での連打が得意な選手です。そこで、接近戦での戦いになることも想定し、至近距離からコンパクトに打つショートパンチの練習をしていたのです。これまでと違うスタイルで戦うため、ステップや体の使い方も一から見直さなくてはいけないわけです。それでも山中は進化に挑んでいました。

「強さ」への憧れ

山中が23歳でプロデビューした時は「強さ」に憧れていました。次は、誰を倒せば自分の強さが証明できるのか・・・という気持ちで戦っていたのです。しかし、チャンピオンになって、自分の顔つきが変わったと言います。チャンピオンになって自分の強さに自信ができたからです。しかし、ネリに敗北し、再度、ネリと戦う山中は「敗北は技術もメンタルも成長させてくれている。負けて得たことの方が多い。」と言います。

長谷川穂積からのメッセージ

山中は、元WBC世界バンタム級チャンピオンの長谷川穂積との親交があります。山中は、長谷川の問いかけに「次で負ければ引退する覚悟がある。」と言い切りました。長谷川は、ネリの動きを研究して動きを再現し、仮想・ネリとして山中の練習に加わりました。ネリだったらどう攻めるか?という思いで長谷川が山中にパンチを出していきます。そのパンチが長谷川からのメッセージでした。

Sponsored Links

試合直前の想定外の出来事

試合前日、ネリは体重オーバーでまさかの王座剥奪となりました。それも一階級以上も違うような水準での体重オーバーは、確信犯かもしれません。前代未聞の出来事です。体重の違いは、スタミナやパンチの重さにも確実に影響が出ます。この試合にかけてきた山中の思いが踏みにじられたのです。

再戦に敗れて・・・

再戦の結果は、2ラウンドTKO負けというものでした。試合の3日後のインタビューで山中はこう語りました。「今はスッキリしている。ネリには負けたけど、自分には勝てたかなと思えた。」

山中は、試合前に「どれだけ納得して終われるか。」と語っていました。そこには、もう一人の自分と戦っている山中選手の姿がありました。その時、私は心の中でつぶやきました。「スッキリして良かったね!納得できて良かったね!自分に勝てて良かったね!」と。

Sponsored Links