見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
プロフェッショナル仕事の流儀

バレーボール全日本女子監督・中田久美!プロフェッショナル 仕事の流儀の再放送・見どころは?

DDA57C07-E92F-44CB-8C31-9A8C63F4451B

プロフェッショナル仕事の流儀

プロフェッショナル仕事の流儀」は、さまざまな分野の第一線で活躍中の一流のプロの「仕事」を徹底的に掘り下げるドキュメンタリー番組です。登場する人たちは、誰もが認めるその道のプロ。斬新な試みに挑戦し、新しい時代を切り開こうと格闘中の挑戦者であり、いくつもの修羅場をくぐり、自分の仕事と生き方に確固とした「流儀」を持っている人たちばかりです。

時代の最前線にいる彼らはどのように発想し、斬新な仕事を切り開いているのか?これまでどんな試行錯誤を経て、成功をつかんだのか?そして、混とんとした今の時代をどのように見つめ、次に進んでいこうとしているのか?普段はカメラの入れない仕事の現場に密着し、現在進行形で時代と格闘しているプロの「仕事」に迫る番組です。

2006年1月より放送がはじまり、すでに340回以上も放送されている長寿番組でもあるんです。NHK総合テレビ毎週月曜日午後10時25分から11時10分に放送されています。

image

「プロフェッショナル」は、今と未来を描くドキュメンタリーです。現在進行形だからこそ、現場発の「仕事に役立つ情報」と、視聴者の皆さんが「自分も頑張ろう」と思えるような「明日への希望と元気」を持たせてくれる番組です。熾烈な競争や成果主義、ニートの急増など、日本人の仕事をめぐる状況が大きく変わりつつある今だからこそ、プロフェッショナルな人々の姿を通して、仕事の奥深さ、働くことの醍醐味を伝えてくれる価値のある番組です。

Sponsored Links

「プロフェッショナル仕事の流儀」の再放送は?

「プロフェッショナル仕事の流儀」の再放送は、毎週日曜日午後1時05分から1時50分に放送されます。もちろん、スポーツイベントや選挙、その他重大事件の報道などで変更されることもありますので、同番組ホームページでご確認ください。

でも、もっと古い番組をみたい、いくつもの放送分をまとめてイッキ見したい、放送時間に関係なく見たい時に見たい・・・なんていう場合には、動画配信サービスがオススメです。通常、動画配信サービスは、毎月の定額料金で配信されている番組が見放題になるというものです。

NHK番組なら「NHKオンデマンド」という動画配信サービスがあります。NHK番組の全てではありませんが、ドラマからドキュメンタリー番組までかなり広く番組を配信してくれています。もちろん、「プロフェッショナル仕事の流儀」も配信されています。

もう一つの方法は、U-NEXT(ユーネクスト)という動画配信サービスです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXtポイント1,200円(初回のみ600円)を使ってNHKオンデマンドの「見放題パック」を購入することができるんです。

見逃したNHK番組を見る方法

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

↓↓↓↓↓

U-NEXT

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2018年10月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

プロフェッショナル仕事の流儀「バレーボール全日本女子監督・中田久美

放送 2018年10月15日(月)午後10時25分~

DDA57C07-E92F-44CB-8C31-9A8C63F4451B

放送前の予告

「2020年、伝説に残るチームを作り上げたい」。

2016年10月の監督就任会見。中田久美は、高らかに宣言しました。しかし、世界の強豪国には190センチ台の大型スパイカーがズラリと揃うなか、日本代表にはゼロ。ロンドン五輪銅メダルの立役者・木村沙織は引退し、その代わりとなる選手も見当たりません。4年後の東京五輪で“伝説”を作ることがいかに困難か、誰の目にも明らかでした。それでも代表監督に立候補した中田の“強さの源泉”を探るべく、密着取材は始まりました。

2018年4月の代表合宿。まだ薄暗い体育館に中田は毎朝一番にやってきました。「誰がどの順番で体育館に入ってくるか、全部見たくて」。天才セッターとしての中田を支えた“観察眼”は健在です。選手がやってくると一挙手一投足をつぶさに観察し、些細な変化を読み取るのです。そして、選手に「なんで?」と問いかけます。やらされた練習をしている限り、成長はたかが知れていると考えるからです。「答えを人に求めるんじゃなくて、自分で答えを探してもらいたい。指示を待ってる選手はケンカできないです」。

「目がダメなんだよ!顔が、表情が」
「できないっていうところから始めてるじゃん!」

練習中、中田は幾度となく厳しい言葉を選手に投げかけた。そのたびに体育館が凍り付きます。まさに、“鬼の指揮官”。だが取材を進めると意外な一面が見えてきました。誕生日には監督自らケーキでお祝いするのです。行き詰まっている選手がいれば、何気なく声をかけます。木村沙織の後継者と期待される20歳の黒後愛は、中田を“久美さん”と呼び、こう語りました。「監督っぽくない。選手に寄り添ってくれて一緒に戦ってくれる」と。

中田が率いて以来、日本代表は強豪・ブラジルに勝利するなど一定の成果を挙げてきました。しかし、2018年5月に開幕したネーションズリーグで失速しました。世界のトップ3に割って入るには絶対に勝たなければならなかったオランダにまさかのストレート負けを喫したのです。「2年目のスランプ」と中田は口にしました。いかにチームを立て直し、2020年への道筋を描き直すか。“苦境に立たされたとき、その人の真価が問われる”。そう語っていた指揮官・中田久美の、半年にわたる知られざる戦いを明らかにします。

【出演】バレーボール全日本女子監督…中田久美
【語り】橋本さとし,貫地谷しほり

Sponsored Links

放送後のポイント解説

2020年伝説に残るチームを作るための秘策とは?

中田久美の言動は、サッカーの本田圭佑に通じるものがありカッコいいですね。中田久美にとって、伝説を作る秘策とは「速いバレー」です。低いボールでパスを出すための練習で、4mの高さのヒモを張りました。中田久美は、「バレーボールはリズムの崩し合い」だと言います。そのための究極の速さを追い求めているんです。

「やらされるな!」

支持待ちではいけないということは、ビジネスの現場でよく指摘されることですが、スポーツの世界でも同じなんですね。中田久美は「やらされて勝てるほど世界は甘くない」と言います。中田が選手たちに「なぜ?」と連発するのも、選手たちに自分で考えて行動して欲しいと思う気持からなんです。

中田は、コートの中だけではなく、チームの日常生活においても絆を大切にしているように感じました。そんな日常の中で「気付く」ことができないと、コートの中で「気付く」ことも出来ないと考えているからです。「気付きから、すべてが始まる」

どうして日本代表の監督を引き受けたのか?

中田久美は、どうして低迷する女子バレーボール日本代表の監督を引き受けたのでしょうか?

病床の父が「人生に悔いはない」と言った言葉を聞き、自分も「人生に悔いはない」と言い切れるように生きなきゃ!と思ったのかもしれませんね。それがきっかけで中田久美はバレーボール界に復帰し、コーチや監督として指導者の腕を磨き、手腕を発揮してきました。今、自分が日本のバレーボールのためにできることをする、それがバレーボールへの恩返しだと思ったのかもしれませんね。

心が折れても、なお、日本のバレーボールのために闘い続ける中田久美の原動力は、「日本の女子バレーボールをもう一度世界一にしたい」という強い気持ちなのかもしれません。そんな中田久美にとってのプロフェッショナルとは「ブレないこと」なんだそうです。

Sponsored Links

中田久美さんのプロフィール

40FBEEAA-97C5-449B-A8EE-2E1C0BE30E1F

1965年9月3日生まれ、東京都出身。

 14歳でバレーボールを始め、15歳1カ月の史上最年少で全日本女子代表選出。アタッカーからセッターに転向し、1年目にして日本リーグ史上初の失セット0での全勝優勝に大きく貢献し、天才少女、天才セッターの異名をとった。日本女子バレー史上初めて3度の五輪出場を果たすなど、全日本チームの司令塔として長く活躍。引退後は解説者・スポーツキャスターとしても活動していたが、一念発起し、伊セリエA1部リーグのコーチに就任。日本女子バレー史上初めて、指導者として海外進出を果たした。4年のコーチ経験の後、国内で監督に就任。初年度からタイトルを総なめし、全日本メンバーも多く輩出している。2017年5月から、日本では女性として34年ぶり2人目となる、全日本女子代表監督に就任。

主な経歴

1979年 LAエンジェルス二期生入塾
1980年 全日本代表選出
1981年 日立ベルフィーユ入団
1984年 ロサンゼルスオリンピック出場
1988年 ソウルオリンピック出場
1992年 バルセロナオリンピック出場
1996年 日立ベルフィーユ アシスタントコーチ就任
2005年 全日本バレーボール協会強化委員会(~2006年)
2008年 イタリア・セリエA ヴィチェンツァ アシスタントコーチ就任
2009年 イタリア・セリエA ノヴァラ アシスタントコーチ就任
2011年 全日本女子バレーボールユースチーム コーチ就任
2011年 久光製薬スプリングス コーチ就任
2012年 久光製薬スプリングス 監督就任
2016年 久光製薬スプリングス 総監督就任
2017年 全日本女子バレーボール 監督就任

Sponsored Links