見逃したテレビを見る方法
プロフェッショナル仕事の流儀

NHK プロフェッショナル仕事の流儀「ふたりのキネマ 山田洋次と吉永小百合」の再放送・見逃し配信は?

「プロフェッショナル仕事の流儀」の見逃し動画は、U-NEXTで配信中です!

「プロフェッショナル仕事の流儀」を見逃した方には、動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をおすすめします。新規の登録から31日間は無料体験できるうえに、新規登録時にもらえるU-NEXTポイントを使って「まるごと見放題パック」に入れば、実質的に無料でNHKの人気番組が見放題となります。また、NHK番組以外にもドラマやアニメ、映画、バラエティー、ドキュメンタリー番組、音楽ライブ、スポーツ(SPOTV NOWで配信されるコンテンツ等)がたっぷり楽しめます。U-NEXTはスマホ・タブレット・パソコン等のデバイスで楽しめます!

U-NEXTの31日間無料トライアルで「まるごと見放題パック」に入れば、
NHKオンデマンド作品が全て見放題の無料体験ができます!

詳しくはコチラ

一流のプロの「仕事」を徹底的に掘り下げるドキュメンタリー番組
「プロフェッショナル仕事の流儀」はU-NEXTで配信中です!

↓ ↓ ↓

.

また、U-NEXTの31日間無料トライアルでは、270,000本以上の
見放題作品を全て無料で視聴できます!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

U-NEXTの新規登録はコチラからどうぞ!

↓ ↓ ↓

.

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

「プロフェッショナル仕事の流儀」ってどんな番組?

プロフェッショナル仕事の流儀」は、さまざまな分野の第一線で活躍中の一流のプロの「仕事」を徹底的に掘り下げるドキュメンタリー番組です。登場する人たちは、誰もが認めるその道のプロ。斬新な試みに挑戦し、新しい時代を切り開こうと格闘中の挑戦者であり、いくつもの修羅場をくぐり、自分の仕事と生き方に確固とした「流儀」を持っている人たちばかりです。

時代の最前線にいる彼らはどのように発想し、斬新な仕事を切り開いているのか?これまでどんな試行錯誤を経て、成功をつかんだのか?そして、混とんとした今の時代をどのように見つめ、次に進んでいこうとしているのか?普段はカメラの入れない仕事の現場に密着し、現在進行形で時代と格闘しているプロの「仕事」に迫る番組です。

2006年1月より放送がはじまり、すでに340回以上も放送されている長寿番組でもあるんです。放送時間は、2019年4月よりNHK総合テレビ毎週火曜日午後10時30分から11時20分に放送されていましたが、現在は概ね月1回随時放送されています。

「プロフェッショナル」は、今と未来を描くドキュメンタリーです。現在進行形だからこそ、現場発の「仕事に役立つ情報」と、視聴者の皆さんが「自分も頑張ろう」と思えるような「明日への希望と元気」を持たせてくれる番組です。熾烈な競争や成果主義、ニートの急増など、日本人の仕事をめぐる状況が大きく変わりつつある今だからこそ、プロフェッショナルな人々の姿を通して、仕事の奥深さ、働くことの醍醐味を伝えてくれる価値のある番組です。

テーマ曲「Progress」スガシカオ

song by kokua   作詞・作曲:スガ シカオ   編曲:武部聡志・小倉博和

※Amazonより

Progress/kokua

ヴォーカルがスガシカオ、キーボード&プロデュースに武部聡志、ギターが小倉博和、ベースが根岸孝旨、ドラムが屋敷豪太という凄腕の面々が集まった。

「プロフェッショナル仕事の流儀」の公式サイト

Sponsored Links

「プロフェッショナル仕事の流儀」の再放送・見逃し配信は?

「プロフェッショナル仕事の流儀」の再放送は、随時放送されています。念のため同番組ホームページでご確認ください。

でも、もっと古い番組をみたい、いくつもの放送分をまとめてイッキ見したい、放送時間に関係なく好きな時に見たい・・・なんていう場合には、動画配信サービスがオススメです。

1.放送から1週間以内なら「NHKプラス」で視聴!

NHKプラス」は、NHKの地上波放送の番組をインターネットで視聴できる無料の動画配信サービスです。放送中の番組を視聴できる「常時同時配信」と、放送後の番組を視聴できる「見逃し番組配信」があります。ただし、見逃し番組配信は放送日から1週間となります。

2.放送日の翌日から「NHKオンデマンド」や「U-NEXT」でも視聴できます!

見逃した「プロフェッショナル仕事の流儀」は、NHKオンデマンドユーネクストで見逃し配信されています。過去放送分200本以上がご覧になれます。ただし、何らかの事情で配信されない放送回もありますのでご留意ください。

一流のプロの「仕事」を徹底的に掘り下げるドキュメンタリー番組
「プロフェッショナル仕事の流儀」はU-NEXTで配信中です!

↓ ↓ ↓

.

>> プロフェッショナル仕事の流儀の再放送・見逃した動画を見る方法はコチラ!

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXTポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円。ただし、このページのリンクから登録すれば1,000円)を使ってNHKオンデマンドの「まるごと見放題パック」を購入することができるんです。

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

「まるごと見放題パック」ならNHKの人気番組が見放題です!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

↓↓↓↓↓

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

なお、NHKの見逃した番組を見る方法は、コチラの記事をご参照ください。

NHKの見逃し番組を見る方法

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2023年9月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

プロフェッショナル仕事の流儀
ふたりのキネマ 〜山田洋次と吉永小百合〜」

放送 2023年9月27日(水)午後7時57分〜[NHK総合]

放送前の予告

山田洋次×吉永小百合 初めて明かされる物語

「男はつらいよ」「幸福の黄色いハンカチ」。日本映画の巨匠、山田洋次。“最後のスター”と呼ばれ、主演のみを受け続ける映画俳優、吉永小百合。92歳と78歳の制作の舞台裏を、カメラは記録してきた。老いと向き合いながらも一切の妥協なく現場に立つ山田。視線の先には吉永。「山田監督の映画だったら、これで辞められる…」。その言葉に秘めた思い。「幸せとは何か」を問い続けてきたふたりの巨星。初めて明かされる物語。

見どころ

撮影現場は、山田監督にとって90本目の映画となる「こんにちは、母さん」。92歳というままならぬ身体を押し運び、1カットを積み重ねていく山田監督の視線の先には、国民的俳優という期待を背負う一方で、大きな葛藤を内に秘めてきた吉永さんの姿があった。

ドキュメンタリーのなかで吉永さんが「山田監督の映画だったら、これで辞められる…」と話すシーンがある。その言葉に秘めた思いが番組では明かされる。

『もう1回』。山田洋次監督の映画作りの現場で、最も多く聞かれた言葉かもしれない。ある時は10テイク近く。老いと闘いながらも一切の妥協をしない山田監督と、それに全力で応えようとする吉永小百合さんが、カメラに収められている。今回、引退も視野に映画に臨んだ吉永さん。山田監督に厳しく求められるなか、撮影終盤には自ら『もう1回』とつぶやき、芝居の練習を繰り返す姿があった。50年の歳月が映す、ふたりの独特の距離感は見逃せません。

番組のなかで山田監督の印象的な言葉があった。「小百合さんの企画だったら、いくつでも持ち出せますよ、いくらでも。だって、小百合さんと仕事をするっていうのは、大きな喜びだからね。あのすてきな人格に触れられるってことですよね。美しいっていうのは顔形だけじゃなくてよ、感受性から思想から生き方 含めてね。吉永小百合っていう人は、そういう位置にいる人じゃないかな」と。「幸せとは何か」を問い続けてきたふたりの巨星がそこにはあった。

「プロフェッショナル仕事の流儀」を見逃した方は、
ユーネクストの31日間無料体験でお楽しみください!

初回登録時にもらえるU-NEXTポイントを使って
「まるごと見放題パック」に入れば、NHKの人気番組が見放題となります。

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

山田洋次さんのプロフィール

東京大学法学部卒。54年、松竹に助監督として入社する。初監督作品は「二階の他人」(61)で、77年の「幸福の黄色いハンカチ」は第1回日本アカデミー賞で最優秀作品賞をはじめ6部門を受賞。69年からは「男はつらいよ」シリーズの監督、88年からは「釣りバカ日誌」シリーズの脚本を手がける。近年は米アカデミー外国語映画賞にノミネートされた「たそがれ清兵衛」(02)をはじめとした、藤沢周平原作の時代劇「隠し剣 鬼の爪」(04)、「武士の一分」(06)や、吉永小百合を主演にむかえた「母べえ」(07)、「おとうと」(10)など多くの作品を世に送り出している。日本を代表する監督の一人。96年に紫綬褒章を受賞、04年に文化功労者に選ばれている。

吉永小百合さんのプロフィール

1957年、小学5年生の時にラジオドラマ「赤胴鈴之助」でデビューし、59年、松竹「朝を呼ぶ口笛」で映画に初出演、60年に高校進学と同時に日活と専属契約を結び、「ガラスの中の少女」(60)で映画初主演、翌61年には16作品に出演した。62年は「キューポラのある街」(62)でブルーリボン主演女優賞を受賞し、歌手デビューも果たす。「青い山脈」(63)、「愛と死をみつめて」「潮騒」(ともに64)など、日活との専属契約が終了する68年までの約9年間で76作品に出演した。その後も、松竹「男はつらいよ」シリーズの「柴又慕情」(72)、「寅次郎恋やつれ」(74)、東宝の「青春の門」(75)などに出演。同世代の男性から圧倒的な人気を誇り、そのファンは“サユリスト”と呼ばれる。近年の出演作に「母べえ」(07)、「おとうと」(10)、「ふしぎな岬の物語」(14)、「母と暮せば」(18)など。「北の零年」(05)、「北のカナリアたち」(12)に続く「北の三部作」の最終章として主演を務めた「北の桜守」(18)で、映画出演は120作目を数えた。その後も、ハリウッド映画をリメイクした「最高の人生の見つけ方」(19)や初の医師役を演じた「いのちの停車場」(21)で主演を務めた。06年に紫綬褒章を受章、10年には文化功労者に選ばれている。

Sponsored Links

RELATED POST