見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
ブラタモリ

ブラタモリ#76「名古屋・熱田」の再放送・見どころは?家康が堀川で城と熱田を繋いだ!

image

「ブラタモリ」の再放送は?

ブラタモリ」を見逃した方へ!
見逃してしまった「ブラタモリ」を見るには、翌週火曜日深夜再放送を見るのが手っ取り早いです。火曜日の深夜と言っても、日付は水曜日に変わっている時刻なので翌朝早起きする方は厳しいかもしれませんね。

でも、もっと以前に放送した番組を視聴したい、過去の番組をまとめてイッキ見したい・・・という方には、動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をオススメします。

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

簡単登録!31日間は見放題!31日間中はいつでも簡単解約可!

↓↓↓↓↓

U-NEXT

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2017年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

ブラタモリ#76「名古屋・熱田」

先週に引き続き、今回の舞台も名古屋です。
今回は、まず、年間670万人が参拝に訪れるるという熱田神宮へタモリさんが向かいました。

image

熱田は東海道の港町だった

江戸時代の東海道は、熱田で行き止まりになっていました。
実は、熱田から桑名は「七里の渡し」という海路だったんです。徳川家康は、将来、戦いがなくなり平和な世の中が来ることを見据えて、この熱田の港を重視して名古屋の繁栄を狙いました。
そう考えると、南北に細長い台地の北の端に名古屋城と城下町を作り、台地の南の端に熱田の港町を作ったことが理解できます。七里の渡しがあった渡し場には、今も櫓が建っています。
また、その渡し場の近くには秋葉神社が点在しています。

名古屋城と熱田を結ぶ堀川

しかし、これまで尾張の地を統治してきた武将は、誰も熱田の地を重要視してきませんでした。
その理由は、中心地から離れていたからです。
実際、名古屋城から熱田までは約7キロの距離がありました。
でも、徳川家康は、その距離を克服するために人工の運河「堀川」を作ったのです。

当時、台地の西側は湿地が広がっていました。
その湿地には、木曾三川(揖斐川・長良川・木曽川)が流れ、しょっちゅう氾濫していたんです。
家康は、台地の下ではなく台地の端の湿地より高い所に堀川を作ったんです。
これにより、名古屋の城や町と熱田を結ぶ安定した水路ができたのです。
この水路は、木曽山地からの木材を運ぶ水路として使われ、名古屋は大いに経済発展を遂げたのです。
ここでも、また家康の先見性の凄さがよくわかりましたね。

Sponsored Links

名古屋へ旅に出よう!

名古屋への旅行には、楽天トラベルでどうぞ!


楽天トラベル

宿泊予約は、じゃらんnetで!


【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

テレビCMでも話題!世界中8000万人が利用するホテル検索サイト「トリバゴ」

国内旅行から海外旅行までホテル探しなら、世界最大のホテル料金比較サイト「トリバゴ」へ。
楽天トラベルや、JTB、るるぶトラベル、エクスペディアなど国内外250社以上の旅行サイトが提供する80万軒以上のホテル宿泊プランを一度に比較、最安値の宿泊プランを検索できます。

Sponsored Links