見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
ブラタモリ

タモリがNHK放送文化賞を受賞!ブラタモリを見逃したらユーネクストで!

image

タモリがNHK放送文化賞を受賞

タレントのタモリさんが放送事業の発展や放送文化の向上に功績のあった人に贈られる「NHK放送文化賞」を受賞し、2017年3月17日に東京・渋谷のNHKホールで行われた贈呈式に出席しました。タモリさんのほか、東京大名誉教授の阿部勝征さん(故人)、東京工業大理事・副学長の安藤真さん、作曲家の加古隆さん、俳優の三田佳子さん、群馬県立ぐんま昆虫の森名誉園長の矢島稔さんが受賞しています。

image

タモリさんは、今でこそ誰もが知っている有名人ですが、最初にタレントとして起用されたのはNHKの「ドレミファソラシド」という番組で、テレビのお仕事としてはNHKが一番古いお付き合いだそうです。その当時は、『あれは何をするか分からないから、番組に呼ぶな』というぐらい危ないタレントと思われていた中で、NHKはそんなタモリさんをレギュラーに起用したらしく、タモリさんはNHKの「無謀な行為」と自虐的なコメントをしています。

「ブラタモリ」が面白すぎる!

その後は、「笑っていいとも」という長寿番組で誰もが知っているお茶の間タレントとして一世を風靡しましたが、その番組も終了して最近ではNHKの「ブラタモリ」が高い評価を得ているんです。今回の受賞も、このブラタモリの評価が要因となっています。「ブラタモリ」では地理・地学とエンタテイメントを融合した新しい教養番組のスタイルを確立し、また、「ウォッチング」「NHKスペシャル驚異の小宇宙・人体」といった科学分野の番組にも数多く出演していることが評価されたようです。

image

タモリさんは、「ブラタモリ」について、「地学・地質というマイナーな分野と歴史を合わせて街をブラつく。出てくるのは私と、ほとんど誰も知らない新人アナウンサー、テレビにはほとんど出たことがない「土地のオヤジ」。この3人で、しかも土曜の夜7時半からやっているという、またしても無謀な行為」と、これまた自虐的に番組を紹介しながら受賞の挨拶をしていました。

しかし、ブラタモリ・ファンの私としては、こんな面白い番組作りに果敢にチャレンジしているNHKには拍手を贈りたいですね。地質とか地学っていうと科学的ですが、これもある意味「歴史」であり、その地域の歴史を科学的にひも解くツールなんですね。その土地の地形とか自然環境とかが歴史と深くかかわっていて、それがその土地の風土や文化を創り出しているということを、この番組を通して知ることができ、ますます地理・地学・歴史を好きになってしまいました。こんな「ブラタモリ」的な旅行を私もしてみたいものだと、いつも感慨深く観ています。ご覧になられていない方には、是非、観ていただきたい番組です。

Sponsored Links

見逃した「ブラタモリ」の再放送は?

ブラタモリ」を見逃した方へ!
見逃してしまった「ブラタモリ」を見るには、翌週火曜日深夜再放送を見るのが手っ取り早いです。火曜日の深夜と言っても、日付は水曜日に変わっている時刻なので翌朝早起きする方は厳しいかもしれませんね。

でも、もっと以前に放送した番組を視聴したい、過去の番組をまとめてイッキ見したい・・・という方には、動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をオススメします。

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

簡単登録!31日間は見放題!31日間中はいつでも簡単解約可!

↓↓↓↓↓

U-NEXT

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2017年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

ブラタモリが待望の書籍化!

ブラタモリが本になりました。現在は第1~6巻までです。

ブラタモリ 1 長崎 金沢 鎌倉 [ NHK「ブラタモリ」制作班 ]

ブラタモリ 2 富士山 東京駅 真田丸スペシャル(上田・沼田) [ NHK「ブラタモリ」制作班 ]

ブラタモリ 3 函館 川越 奈良 仙台 [ NHK「ブラタモリ」制作班 ]

ブラタモリ 4 松江 出雲 軽井沢 博多・福岡 [ NHK「ブラタモリ」制作班 ]

ブラタモリ 5 札幌 小樽 日光 熱海 小田原 [ NHK「ブラタモリ」制作班 ]

ブラタモリ 6 松山 道後温泉 沖縄 熊本 [ NHK「ブラタモリ」制作班 ]

ブラタモリ セット (1-6巻 最新刊) 全巻セット

Sponsored Links