見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
ファミリーヒストリー

ファミリーヒストリー「堺正章」の再放送は?父は伝説の喜劇役者だった!

37586C09-2411-4000-966E-63F5CBD298DC

ファミリーヒストリー

ファミリーヒストリー」は、NHK総合テレビで2008年から放送されているドキュメンタリー番組です。

各界で活躍する著名人の父母や先祖がいかに生き抜いてきたかという家族の歴史を本人に代わって徹底取材し、「アイデンティティ」や「家族の絆」を見つめる番組です。驚きあり、感動ありのドキュメントです。

2018年4月より月一回の放送になりました。概ね、最終の月曜日に放送されているようです。また、再放送は金曜日に放送されています。

「ファミリーヒストリー」の見逃し配信を見る方法

ファミリーヒストリー」の見逃し動画は、NHKオンデマンドユーネクストなどの大手動画配信サービスで配信されています。ただし、配信期間は約2週間となりますのでご留意ください。

2019年1月14日に放送された「堺正章~父は伝説の喜劇役者 引き継がれる覚悟~」の動画は現在、ユーネクストで配信中です。(配信は約2週間です。)

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

もう一つの方法は、U-NEXT(ユーネクスト)という動画配信サービスです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXtポイント1,200円(初回のみ600円)を使ってNHKオンデマンドの「見放題パック」あるいは一作品を単品で購入することができるんです。

Sponsored Links

見逃したNHK番組を見る方法

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

ユーネクストなら東証一部上場企業が提供するサービスだから安心です!

私も、見逃したNHK番組はユーネクストで視聴しています!

↓↓↓↓↓

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

U-NEXTの特徴・サービス内容・メリット

ポイント1 配信作品数が多く、最新作も充実している!
ポイント2 「見放題作品」と「レンタル配信作品」の2種類がある!
ポイント3 U-NEXTポイントを使ってレンタル配信作品をお得に視聴!
ポイント4 さまざまなデバイスに対応!
ポイント5 ファミリーアカウントも含め1契約で4アカウントゲット!
ポイント6 ビデオ見放題サービス会員は70誌以上の雑誌が読み放題!
ポイント7 NHKオンデマンドの見放題パックにU-NEXTポイントが使える!
ポイント8 U-NEXTポイントを使って電子書籍が購入可能!34万冊以上配信中!
ポイント9 U-NEXTアプリで作品のダウンロードも可能!外出先でも視聴可能!
ポイント10 31日間の無料トライアル!
ポイント11 東証一部上場企業が提供するサービスだから安心・安全!

無料トライアル期間中は、見放題作品は31日間無料となります。さらに、600円分のU-NEXTポイントがもらえるので、最新作などの有料コンテンツが600円分無料で視聴できます。(ただし、一部ポイントが使用できない作品があります。)なお、無料トライアル期間中はいつでも解約可能です。つまり、簡単登録!31日間は見放題!31日間中はいつでも簡単解約可!

とにかく、どんなサービスか?使い勝手はどうか?31日間は無料なので一度試してみて下さい!

U-NEXT 無料トライアルの申し込みはコチラからどうぞ!

31日間無料体験の申し込み

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2019年1月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

ファミリーヒストリー「堺正章~父は伝説の喜劇役者 引き継がれる覚悟~」

放送 2019年1月14日(月)午後7:30~[NHK総合]

37586C09-2411-4000-966E-63F5CBD298DC

放送前の予告

父は喜劇役者・堺駿二。250本の映画に出演した名脇役でした。正章さんが22歳の時に亡くなり、ルーツや父の人生について聞くことができませんでした。それが今回、新たな事実が浮かび上がりました。旅回りをしていた子役の頃や師匠・早川雪舟との出会いなど、苦労を乗り越え、役者として成長していく姿がそこにありました。さらに終戦後、父が唯一、主演した作品が72年ぶりによみがえりました。映し出された父の姿に正章さんは驚きを隠せませんでした。

堺正章のプロフィール

歌手・男優・コメディアン・司会者。1946年8月6日生まれ、東京都出身。A型。グループサウンズの代表的な存在である、ザ・スパイダーズのメインボーカルとしてデビュー。解散後は歌手としてソロ活動する傍ら、コメディアン、司会者として多くの番組に出演。俳優としても活躍する、日本を代表するマルチタレントです。

父・堺駿二のプロフィール

50C0398A-0B19-4CCB-9FA2-B4D586B8C8E5

大正2年12月10日生まれ。堺正章の父。大正12年初舞台。早川雪洲に弟子入りし、のち新生喜劇座を結成。戦後松竹大船にはいり、昭和21年「破られた手風琴」で主演。27年フリーとなり映画やテレビに出演、コメディアンとして活躍。昭和43年8月10日東京新宿のコマ劇場の舞台で急死。54歳。東京出身。

放送後のポイント解説

堺正章さんの祖父・栗原重吉は明治時代に東京都墨田区に住み、桶屋を営んでいました。しかし、正章さんの父・正至が9歳の時に亡くなりました。

正至は11才で芸能の道に入りました。全国をドサ廻りしている劇団・伊村義雄一座に入り、たいそう苦労したようです。正至は18才のとき、早川雪洲の舞台を見て感銘を受け、伊村義雄一座を抜け出して雪洲の一座に入ります。そして、芸名「堺駿二」を授かります。しかし、雪洲がパリへ渡ると、清水金一とコンビを組み喜劇役者の道を歩み始めます。しかし、その清水金一もまた映画の世界へ踏み出し、正至は一時期、役者の仕事から離れるのです。しかし、役者以外で上手く行くわけがなく、再度、役者の世界に戻り、劇団「たんぽぽ」に入団します。終戦後は映画の世界にも足を踏み入れ、名脇役として売れっ子の俳優になっていきます。そして、昭和43年に54才の若さでこの世を去りました。堺駿二は、多くの人から愛された伝説の喜劇役者だったんだそうです。

見逃した方は、ユーネクストの31日間無料体験で!

ユーネクストなら東証一部上場企業が提供するサービスだから安心です!

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

Sponsored Links