見逃したテレビを見る方法
ファミリーヒストリー

NHK ファミリーヒストリー「いとうあさこ」の再放送・見逃し動画配信は?

見逃した「ファミリーヒストリー」の動画は、ユーネクストで視聴できます!

「ファミリーヒストリー」を見逃した方には、動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をおすすめします。初回登録時にもらえるU-NEXTポイントを使って「まるごと見放題パック」に入れば、「ファミリーヒストリー」をはじめNHKの人気番組が見放題となります。新規の登録から31日間は無料体験できますので、まずはお試しください。また、NHK番組以外にもドラマやアニメ、映画、バラエティー、ドキュメンタリー番組などがたっぷり楽しめます。U-NEXTはスマホ・タブレット・パソコン等のデバイスで楽しめます!

U-NEXTの31日間無料トライアルで「まるごと見放題パック」に入れば、
NHKオンデマンド作品が全て見放題の無料体験ができます!

詳しくはコチラ

「ファミリーヒストリー」は放送日の翌日からU-NEXTで配信予定です!
ただし、配信期間は約2週間となります。

↓ ↓ ↓

.

また、U-NEXTの31日間無料トライアルでは、220,000本以上の
見放題作品を全て無料で視聴できます!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

.

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

「ファミリーヒストリー」ってどんな番組?

ファミリーヒストリー」は、NHK総合テレビで2008年から放送されているドキュメンタリー番組です。

各界で活躍する著名人の父母や先祖がいかに生き抜いてきたかという家族の歴史を本人に代わって徹底取材し、「アイデンティティ」や「家族の絆」を見つめる番組です。驚きあり、感動ありのドキュメントです。

2018年4月より月一回の放送になりました。概ね、毎月の最終月曜日に放送されているようです。また、再放送は木曜日午後11時35分〜[木曜深夜]に放送されています。

「ファミリーヒストリー」の見逃し配信を見る方法

1.放送から1週間以内なら「NHKプラス」で視聴!

NHKプラス」は、NHKの地上波放送の番組をインターネットで視聴できる無料の動画配信サービスです。放送中の番組を視聴できる「常時同時配信」と、放送後の番組を視聴できる「見逃し番組配信」があります。ただし、見逃し番組配信は放送日から1週間となります。

2.放送日の翌日から約2週間は「NHKオンデマンド」や「U-NEXT」でも視聴できます!

ファミリーヒストリー」の見逃し動画は、NHKオンデマンドユーネクストで配信される予定です。これなら、いつでも見たい時に見ることができます。ただし、配信期間は放送日の翌日から約2週間となりますのでご留意ください。

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXTポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円。ただし、このページのリンクから登録すれば1,000円)を使ってNHKオンデマンドの「まるごと見放題パック」を購入することができるんです。

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

「まるごと見放題パック」ならNHKの人気番組が見放題!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

↓↓↓↓↓

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

なお、NHKの見逃した番組を見る方法は、コチラの記事をご参照ください。

NHKの見逃し番組を見る方法

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2022年6月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

ファミリーヒストリー
「いとうあさこ
〜個性的な先祖 両親の素顔とは〜」

放送 2022年6月27日(月)午後7時57分~[NHK総合]

放送前の予告

祖父は大手銀行マンと大物実業家!いとうあさこの驚きのルーツとは!?

銀行員の父・新造さんと教育熱心な母・美惠さんのもとに生まれ、私立の名門校で学んだいとうあさこ。そのルーツをたどると、そこには父方と母方の祖父にまつわる知られざる家族の物語があった。

19歳で家出。その後、お笑いの世界で人生を切り開いたあさこ。意志の強さは先祖譲り!?父方祖父は、明治期、東京駅などの煉瓦建築を支えた大人物と出会い、後に養子に。その背中を追って努力し、東大卒業、大手銀行で活躍する。父も大手銀行で取締役を務めた。母方曽祖父は貧乏暮らしの中で発明に没頭。こんにゃくを使って船を造る。祖父はスチール家具の製造販売で、自宅にプールを作るほど大成功。あさこの下積み時代秘話も。

父のルーツ

父方の祖父・伊藤啓介さんは、埼玉県・寄居町の出身。地元の名医だった親戚のもとで育ち、その後、日本のレンガ建築を支えた人物と出会い、18歳で養子に。東京大学から大手銀行へ進み、エリート経済人の道を歩みました。

母のルーツ

一方、母方の祖父は田嶋 恩(めぐみ)さん。その父・勝次郎さんは、さまざまなアイデア商品を発明するも事業はことごとく失敗。家族は苦労の連続でしたが、恩さんは関東大震災をきっかけにスチール家具の製造を始め、大成功を収めました。

それぞれ異なる人生を歩んだ2人の祖父。その歴史には共通してある偉人も関係していたのだとか。驚きの家族の歴史を見つめた、いとうさんの思いとは?

いとうあさこさんのファミリーヒストリー

父方・伊藤家のヒストリー

曽祖父・正治 − 祖父・啓介 − 父・新造

  • 祖父・吉田啓介は、18歳で伊藤家の養子に入った。
  • もともと武家だった吉田家では、医者になったものが師の姓を継いで幾瀬家を名乗ったという。
  • 曽祖父・正治が亡くなったあと、一家は幾瀬量を頼る。幾瀬量は医師で困っている地域の人たちを支えたことから、今も銅像が建てられている。
  • 祖父・啓介は、そんな医師・幾瀬量に憧れていた。啓介は、姉を通じて伊藤新作と出会う。伊藤新作は、渋沢栄一に見込まれて日本煉瓦製造株式会社に招かれた。しかし、新作は脳溢血で急死、啓介は伊藤家の養子となる。東大卒業後、三井銀行に入行。その後、結核にかかる。息子・新造も父と同じ銀行員の道を歩む。

母方・田嶋家のヒストリー

曽祖父・勝次郎 − 祖父・恩 −  母・美恵

  • 田嶋家は、江戸時代中期より浅草の東本願寺に仕えた寺侍だった。
  • 曽祖父・勝次郎は時計修理で家計をつなぐ。その後、発明を志すが成果は出なかった。
  • 勝次郎の長男・壹号も父に負けず発明魂が強く、スチールサッシを開発する。
  • 恩はスチール製家具を製造するが全く売れなかった。しかし、木目調にすることで売れ始める。国産スチール家具第一号で、恩は莫大な財産を手に入れる。

両親の結婚後のヒストリー

  • 新造と美恵は結婚、長男、長女・麻子、次女が誕生する。セレブな幼少期をすごす。
  • 将来の進路で両親と姉妹はすれ違い始め、姉妹はセレブな生活を捨てて家出する。
  • 家出から2年後、両親と娘たちはようやく互いの気持ちをわかり合えるようになった。
  • 麻子はお笑い芸人の道を歩み始める。自分の力で歩きだした麻子を両親は暖かく見守り応援していた。

この番組を視聴して・・・

幼少期から裕福な家庭で育てられた麻子さん。でも、思春期になると親が決めた進路を歩むだけの人生に反抗し、自力でやりたい事に挑戦する人生を歩み始めました。何不自由なく暮らせる人生より、苦労しても自由に生きる人生を選んだ麻子さんの気持ちがわかるような気がします。

いとうあさこさんのインタビュー・コメント

ご自身のファミリーヒストリーをご覧になっていかがでしたか?

どちらの祖父母もあまりにも身近な存在で、正直なところ、どんな人生を歩んできたのか一度も考えたことがなかったんですよね。番組を通して自分の家族の歴史を知る機会をいただけたのは、不思議でもあり、どこか必然だったような気もしていて、VTRを見るのを楽しみにしていました。家族もこの番組をよく見ているので「いつか出ないかな」と言っていたんですよ。出演が決まったと報告したときの伊藤家の狂喜乱舞は忘れられません。「知りたい! 知りたい!」ってもう大興奮(笑)。しかも、母以外の家族がテレビ出演したことがなかったので、父や妹、兄も出てきてびっくり。おじやおば、いとこたちもみんなで出てくれてうれしかったですね。

今回、お父様とお母様、それぞれの家系をさかのぼってみて特に驚いたことを教えてください。

祖父が東京駅のレンガに関わっていたり、母方の祖父の会社のスチール本棚が有名な図書館で使われていたり、実は身近な所に自分の家族の歴史が刻まれていたことを知れたのもうれしかったですね。とても誇らしい気持ちです。そしてなんと、父方も母方も数代前までさかのぼると、あの渋沢栄一さんと縁があったことが分かったんです!これは驚きましたね。改めて大河ドラマを見直したくなりました。もう、勝手に親戚のおじさんくらいの気持ちで見ちゃおうかな(笑)。

ご家族の結びつきを感じたところはありますか?

亡くなった伯母が書いた、母の実家の歴史がまとめられている一冊の本には驚きました。叔母は、書き物をしたり、句を読んだりするのが好きで、探求心の強い人でした。母は5人きょうだいで、昔はしょっちゅう親戚の集まりがあったんです。夏はプールに泳ぎに行ったり、年末は餅をついたり、春休みはヨモギを摘んだり。いとこが12人いて、私と妹がいちばん年少なので、みんな優しくお世話してくれて。父方の祖父母もそうでしたが、私たちをすごくかわいがってくれて、親戚と過ごす時間は大好きでしたね。

最後に、視聴者にメッセージをお願いします!

番組でも紹介されますが、若いころは家族とうまくいかなくて家出した時期もありました。今思えば、なんて稚拙だったんだろうと思いますが、当時の私には距離を置くことしかできなかったんです。でも、あのときの経験があったからこそ、いろいろなものが見えたし、家族の絆がより深くなったのだと思っています。こんな私の歴史を半年もかけて調べていただきました。皆さまにご覧いただければ幸いです。

番組ディレクターの取材秘話

いとうあさこさんのルーツを自分なりに少しリサーチしたところ、興味深い物語がありそうだと直感して出演をお願いしました。最初にあさこさんにお会いしたのは去年11月。戸籍を調べるところから取材が始まりました。母方の田嶋家は親戚同士で頻繁に交流があり、一族の歴史がまとめられた本まであったので比較的スムーズに情報収集できました。一方、父方の伊藤家は、おじいさまが養子だったこともあり、情報を知る方になかなかたどりつけず、かなり難航しました。ただ、ありがたいことにご家族の皆さんが取材に協力的で、ご両親は家のルーツを知りたいと、私たちと一緒に情報を集めてくださりました。

今回の見どころは、まず、父方母方ともに同じ時代に渋沢栄一と関係があったこと。取材を通して偶然分かったのですが、全くの想定外で深い縁を感じました。そして、発明で生活苦から抜け出そうと奮闘していた母方の曽祖父・勝次郎さんのエピソードも印象的でした。発明は失敗に終わったものの、息子たちが勝次郎さんのアイデアからヒントを得て商品を生み出し、ばく大な富を築くという逆転劇が実に痛快! 発想のすばらしさもさることながら、そのチャレンジ精神などもひ孫であるあさこさんの代まで連綿と受け継がれているというところが、まさにファミリーヒストリーだなと。ぜひみなさん楽しみにしていただけたらと思います。

「ファミリーヒストリー」を見逃した方は、
ユーネクストの31日間無料体験で動画をお楽しみください!

初回登録時にもらえるU-NEXTポイントを使って
「まるごと見放題パック」に入れば、NHKの人気番組が見放題となります。

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

いとうあさこさんのプロフィール

お笑いタレント。1970年6月10日生まれ、東京都出身。AB型。1997年にお笑いコンビ・ネギねこ調査隊を結成。2003年に解散し、ピン芸人として活動を始める。

NTV「エンタの神様」ではウクレレを弾きながらの自虐的な漫談。フジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」では、80年代のアイドルの細かすぎて伝わらないモノマネ。フジテレビ『爆笑レッドカーペット』では、南ちゃんのコスプレで自虐ネタを披露。R-1ぐらんぷり2010では、初の決勝進出を果たす。現在も、自虐的なネタで人気を集め、数多くのバラエティ番組で活躍している。

Sponsored Links

RELATED POST