見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
ドキュランドへようこそ

ドキュランドへようこそ「ムーミン新シリーズ制作の舞台裏」の再放送・見どころは?

2897EAA9-39C4-4356-8F91-D548857A44FD

「ドキュランドへようこそ!」ってどんな番組?

放送 毎週金曜日 午後10時~[Eテレ]

週末の夜のひととき、ふと手を休めて“知のアップロード”はいかが?
「ドキュランドへ ようこそ!」は、世界各国で作られた秀作ドキュメンタリーをお届けする番組です。未体験な世界の文化、知られざる歴史や科学・・・あらゆるジャンルの“ちょっとした雑学から最先端“までをご紹介します!

「知的好奇心を刺激されたい」「ちょっとした話題の引き出しを満たしたい」と願う皆さまに届くような、彩り豊かな「本当にあった物語」を届けてくれる番組なので、私も毎週楽しみに観ています。きっと、誰かに話したくなりますよ!

「ドキュランドへ ようこそ!」の再放送は?

この番組の再放送は、番組ホームページにてご確認下さい。毎週、決まった再放送枠はないようです。

でも、ご安心ください。見逃した「ドキュランドへ ようこそ!」は動画配信サービスで視聴することができます。「ドキュランドへ ようこそ!」の見逃し配信は、NHKオンデマンドやユーネクストで配信されています。ただし、全ての放送回が配信されるわけではありません。また、配信期間は約2週間です。

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXtポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円)を使ってNHKオンデマンドの「見逃し見放題パック」あるいは一作品を単品で購入することができるんです。

>> 「ドキュランドへようこそ」の再放送・見逃し動画配信は?

Sponsored Links

見逃したNHK番組を見る方法

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

ユーネクストなら東証一部上場企業が提供するサービスだから安心です!

↓↓↓↓↓

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

U-NEXTの特徴・サービス内容・メリット

ポイント1 配信作品数が多く、最新作も充実している!

ポイント2 「見放題作品」と「レンタル配信作品」の2種類がある!

ポイント3 U-NEXTポイントを使ってレンタル配信作品をお得に視聴!

ポイント4 さまざまなデバイスに対応!

ポイント5 ファミリーアカウントも含め1契約で4アカウントゲット!

ポイント6 ビデオ見放題サービス会員は70誌以上の雑誌が読み放題!

ポイント7 NHKオンデマンドの見放題パックにU-NEXTポイントが使える!

ポイント8 U-NEXTポイントを使って電子書籍が購入可能!34万冊以上配信中!

ポイント9 U-NEXTアプリで作品のダウンロードも可能!外出先でも視聴可能!

ポイント10 31日間の無料トライアル!

ポイント11 東証一部上場企業が提供するサービスだから安心・安全!

無料トライアル期間中は、見放題作品は31日間無料となります。さらに、600円分のU-NEXTポイントがもらえるので、最新作などの有料コンテンツが600円分無料で視聴できます。(ただし、一部ポイントが使用できない作品があります。)なお、無料トライアル期間中はいつでも解約可能です。つまり、簡単登録!31日間は見放題!31日間中はいつでも簡単解約可!

とにかく、どんなサービスか?使い勝手はどうか?31日間は無料なので一度試してみて下さい!

U-NEXT 無料トライアルの申し込みはコチラからどうぞ!

31日間無料体験の申し込み

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2019年8月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

ドキュランドへようこそ「おかえり ムーミン~新シリーズ制作の舞台裏~」

放送 2019年8月23日(金)午後10時~10時50分[Eテレ]

2897EAA9-39C4-4356-8F91-D548857A44FD

放送前の予告

誕生から70年あまり世界中の人々に愛されてきたムーミン。その最新4Kアニメの制作現場に密着。多くのファンをとりこにする独特の世界観はどのように形作られてきたのか!?

「ムーミン」のテレビアニメが4Kで新しく制作され、注目を集めています。原作者トーベ・ヤンソンが作り出した世界観を大切にするためカーテンの柄にまでこだわる一方、スタッフたちはムーミンのテーマである調和や愛、寛容さといった要素を今の時代にどう反映させるか議論を重ねます。なぜムーミンは世界中の人たちに愛され続けているのか?ファンや制作陣の思いを交えながら、新しいムーミン谷の物語をつむいでいく道のりを追います。

「ドキュランドへようこそ!」を見逃した方は、ユーネクストの31日間無料体験で!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

なお「ドキュランドへようこそ!」の動画配信は放送日から約2週間です。

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

Sponsored Links

著トーベ・ヤンソン「ムーミン」の絵本

ようこそ! ムーミン谷へ [ トーベ・ヤンソン ]


ようこそ! ムーミン谷へ [ トーベ・ヤンソン ]

タンペレ市立美術館発行の本『ようこそ!ムーミン谷へームーミン谷博物館コレクションー』は、読者のみなさんをムーミンたちの魅力的な世界へご案内します。ムーミン谷博物館ミュージアム・エデュケーターであるミルヤ・キヴィ氏の本書は、ムーミンファンひとりひとりに欠かせない必読書です!念願かなって一冊にまとめられた本書には、ムーミン物語やムーミンたちの人生哲学、ムーミン谷の住人と景色、そしてもちろん作者トーベ・ヤンソンの芸術家とムーミンの創造者への道のりについて紹介しています。本書では、ムーミン谷の多彩な人生が、随所にほどこされたイラストとともに咲きほこり、またムーミン谷博物館と博物館コレクションの歴史についても触れています。

ムーミンとほしにねがいをかけよう[ トーベ・ヤンソン ]


ムーミンとほしにねがいをかけよう あなあきしかけえほん [ トーベ・ヤンソン ]

きらきらぼしにねがいをかけよう、ひみつのねがいこころのなかで…ムーミントロールとなかまたちが、空の星にねがいをかけます。すべてのページに登場する、ちびのミイといっしょに、ひとつずつへっていく星のかずをかぞえてみよう。

とおくがみえるね、ムーミントロール [ トーベ・ヤンソン ]


とおくがみえるね、ムーミントロール (ムーミンのおはなしえほん) [ トーベ・ヤンソン ]

はるになりました。ムーミントロールは、なかよしのスナフキンがムーミン谷へかえってくるのをたのしみにしています。ところが、スナフキンはなかなかかえりません。そこで、ともだちのトゥーティッキが、スナフキンがかえってきたらとおくからでもわかるよう、ぼうえんきょうをかしてくれました。さいきんムーミン谷にやってきたトフスランとビフスランはうらやましそうにぼうえんきょうをみています…。変わった話し方をするトフスランとビフスランも登場!たのしいムーミン谷の絵本。

ムーミンのふしぎ (講談社の創作絵本) [ トーベ・ヤンソン ]


ムーミンのふしぎ (講談社の創作絵本) [ トーベ・ヤンソン ]

ムーミンは、ふしぎでたまりません。あおいうみのみずをてで、すくってみても、どうしてそのみずは、あおくないのかな、と。みえるものと、みえないもの。なくなるものと、なくならないもの。森と海と山にかこまれた緑の谷間にムーミンたちはすんでいます。ムーミンのやさしさにつつまれた新作絵本。

ムーミンのともだち (講談社の創作絵本) [ トーベ・ヤンソン ]


ムーミンのともだち (講談社の創作絵本) [ トーベ・ヤンソン ]

ムーミンだにが、ゆきにおおわれる、ふゆ。スナフキンはひとりで、たびにでてしまいます。ともだちがいないと、さびしいね、ムーミン。でも…。

ムーミンのたからもの (講談社の創作絵本) [ トーベ・ヤンソン ]


ムーミンのたからもの (講談社の創作絵本) [ トーベ・ヤンソン ]

ムーミンのやさしさにつつまれた、新作絵本。みんな、もってる。じぶんだけのたからものを。

ムーミン童話集限定スペシャルBOX(全9巻セット) [ トーベ・ヤンソン ]


ムーミン童話集限定スペシャルBOX(全9巻セット) (講談社文庫) [ トーベ・ヤンソン ]

Sponsored Links

RELATED POST