見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
ダーウィンが来た!

ダーウィンが来た!「がんばらないで1億年! 古代魚ガー」の再放送・見どころは?

26928A6F-AFB6-4B21-9B47-F3FEBBBD1A9A

「ダーウィンが来た!」ってどんな番組?

放送 毎週日曜日 午後7時30分~7時58分[NHK総合]

この番組は、世界各地の秘境に暮らす珍獣から、日本の身近な生きものまで、こだわりの迫力映像で描きます。驚きのスゴ技や感動の物語、 かわいい動物の赤ちゃんなどが満載です!

大自然には「伝説」と呼んでいいような驚きの物語がたくさん眠っています。それは未来へと語り継いでいきたいナチュラルヒストリー。 これまで番組では数多くの「伝説」を発掘してきました。例えば・・・

  • 大接近!シーラカンス
  • 幻のアルマジロを探せ!
  • 壮絶1200頭!カバ大集合
  • 目撃!タカ 対 スズメバチ
  • ドキュメント!謎の魚 大乱舞(イレズミフエダイ)
  • 魚を釣る魚 カエルアンコウ

などなど、番組でとりあげるのは、日本国内の身近な自然から、世界各地の未知の自然まで実に様々。テレビ初のスクープ映像もお届けしてきました。

この番組では、常に世界中の生きものたちの最新情報を収集しながら、未知で驚きの新伝説を発掘。ハイスピードカメラや生物の体に装着するカメラなど、最新の特殊機材を積極的に活用し、これまでに誰も見たことのない生きものたちの世界を、徹底的に迫力と美しさにこだわって映像化しています。

また、東京のタヌキやオオタカなど、身近な生きものに秘められた知られざる物語、さらに地球環境の変化や多様な生命の価値をじっくり考える物語などなど、多彩なストーリーラインを用意しています。

Sponsored Links

「ダーウィンが来た!」の再放送・見逃し動画配信は?

ダーウィンが来た!』の再放送は、NHK総合 毎週火曜日午前4時2分から放送されます。もちろん、スポーツイベントや選挙、その他重大事件の報道などで変更されることもありますので、同番組ホームページでご確認ください。

でも、もっと古い番組をみたい、いくつもの放送分をまとめてイッキ見したい、放送時間に制約されずに好きな時に見たい・・・なんていう場合には、動画配信サービスがオススメです。「ダーウィンが来た!」の見逃し動画は、NHKオンデマンドやユーネクストで放送日の翌日から配信されています。ただし、配信期間は約2週間となりますのでご留意ください。

>> 「ダーウィンが来た!」の再放送・見逃し動画配信は?

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXtポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円)を使ってNHKオンデマンドの「見放題パック」を購入することができるんです。

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

ユーネクストなら東証一部上場企業が提供するサービスだから安心です!

↓↓↓↓↓

31日間無料体験の申し込み

なお、NHKの見逃した番組を見る方法は、コチラの記事をご参照ください。

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2019年12月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

ダーウィンが来た!第624回「がんばらないで1億年! 古代魚ガー」

放送 2019年12月8日(日)午後7時30分~[NHK総合]

26928A6F-AFB6-4B21-9B47-F3FEBBBD1A9A

放送前の予告

最近、日本の水辺である巨大魚の目撃が相次いでいます。在来種を食い荒らすガーの仲間です。実は、恐竜時代から1億年以上もほとんど姿を変えずに命をつないできた古代魚。恐竜を絶滅させた巨大いん石の衝突さえ乗り越えてきた驚異的な魚です。取材班は原産国アメリカでガーの生き残りの秘密を徹底取材。すると意外な戦略が見えてきたのです。それは、狩りも恋も「がんばらない」こと!?古代魚の超脱力系サバイバル術を大公開します!

4612317A-2922-429A-88FE-39081B00D1EB

この番組のおさらい

最近、日本の川や池で、奇妙な姿をした巨大魚の目撃が相次いでいる。正体は北米原産のガーの仲間。鋭いキバが並ぶワニのような口と、釘を打ちつけてもビクともしない硬い鱗。日本の在来種を食い荒らし、生態系に悪影響を及ぼす恐れがあるため、特定外来種に指定されている。

日本では厄介者のガーだが、実はとってもスゴイ魚。はるか1億年前、恐竜の生きていた時代からほとんど姿を変えずに生き残ってきた古代魚なのだ。恐竜はおよそ6,600万年前、巨大ないん石が地球に衝突したことで絶滅したが、ガーはその大事件さえ乗り超えて命をつないできた。なぜ、ガーは生き残れたのか?

取材班は、ガーの原産国アメリカで、その生き残り戦略を徹底取材!見えてきた驚きのサバイバル術は、なんと「がんばらない」こと。例えば狩りの方法は倒木に擬態してただ待つだけ。じっと動かず近づいた魚を電光石火の一撃で捕獲。体力の消耗を防ぐ。もちろん天敵対策もがんばらない。ある日、ガーに天敵のワニが接近。するとガーが不思議な行動を開始。勢いよく水面に飛び出したかと思うと、すぐに潜水し停止。ワニは深い水の底では動きが鈍く獲物を捕らえられないため、ガーは、ただただ水の底でワニが狩りを諦めるのを待っていたのだ。ところで、なぜガーは潜る前に水面に飛び出したのか? 実は息継ぎをしていた。えら呼吸が未発達で、水中だけでは必要な酸素を得られないのだ。これこそガーが1億年の時を生き抜くことが出来た最大の理由と深い関わりがある。さらに番組では、これまで撮影されたことがほとんど無いというガーの恋に密着。そこにもがんばらずに命をつなぐ、ある巧みな戦略が隠されていた!

「ダーウィンが来た!」を見逃した方は、ユーネクストの31日間無料体験で!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

Sponsored Links

RELATED POST