見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
ザ・プロファイラー

ザ・プロファイラー「楠木正成」の再放送は?時代を動かした戦術の天才!

image

ザ・プロファイラー ~夢と野望の人生~

ザ・プロファイラー」は、2012年からBSプレミアムで放送されているドキュメンタリー番組です。
古代から現代まで、海外および日本の歴史に名を残した人物に焦点をあて、その人物にかかわる文献や映像資料をもとに、ゲストのトークを交えて鋭い切り口で人物像に迫っていく番組です。

生まれの不遇、家族との愛と葛藤、裏切りと孤独、将来の不安・・・。さまざまな人生の始まりから、どのようにして自分の道を切り開き、歴史に名を刻んでいったのか?歴史好きの岡田准一が、時代を動かした人物たちの謎に挑みます。栄光と苦難の生涯を生きた先人たち、感動の人間ドラマ「ザ・プロファイラー」は、毎週木曜日 午後9時~BSプレミアムで放送されます。

image

MC 岡田准一

1995年、V6のメンバーとしてデビュー。俳優としても活躍。2014年には大河ドラマ『軍師官兵衛』にて主演を務める。『ザ・プロファイラー』にてテレビ番組としては初の単独MCを担当。

「歴史の教師になりたい」と思っていたほど「歴史好き」を公言し、10代、20代の頃から興味を持った時代や人物の資料を読むことが好きだった。この番組を通して“歴史の面白さ、身近さ”をもっと多くの人に伝えたい、と語る。

Sponsored Links

ザ・プロファイラーの再放送は?

ザ・プロファイラー』の再放送は、BSプレミアム 毎週水曜日午後6時から放送されます。

時代を動かした“戦術の天才”~楠木正成~

放送  2018年2月8日(木)午後9時~
再放送 2018年2月14日(水)午後6時~

image

放送前の予告

今回の「ザ・プロファイラー」は、岡田准一がいま一番演じてみたいという武将・楠木正成を取り上げます。鎌倉幕府の倒幕と天皇親政の実現に大きな役割を果たした人物です。わずかな軍勢で城に立てこもり、幕府の大軍を相手に何か月も戦い抜いたのです。これを機に、鎌倉幕府の倒幕が実現します。しかし、その後、共に戦った足利尊氏と対立します。あくまで後醍醐天皇の味方として戦い、命を落とします。正成はいったい何を考えていたのでしょうか?

個人的には、1991年に放送された大河ドラマ「太平記」(主演:真田広之)で武田鉄矢が演じた楠木正成がとても印象に残っています。

Sponsored Links

放送後のポイント解説

楠木正成は、なぜ、鎌倉幕府を倒そうとしたのか?

直接的には、鎌倉幕府を倒して公家中心の新しい社会を作りたいと考えていた後醍醐天皇から協力を求められたからです。しかし、それだけではなさそうです。鎌倉幕府は東国の武家中心の幕府であり西国・畿内の武家たちは鎌倉幕府に対する不満が募っていたのです。また、楠木正成は武士でありながら物流を商売としていたのですが、幕府が新たに関所を設けて税を取ろうとしていたことにも反発していたと考えられています。

楠木正成は、なぜ、大軍を相手に少数で勝てたのか?

楠木正成は、僅か1,000人の軍で千早城に立て籠もり、幕府軍25,000の大軍を相手に勝利できたのでしょうか?正成は、偽装工作、心理作戦、騙し打ち、真っ向勝負ではなく弓矢・丸太・岩・煮立った油・糞尿などによる攻撃など、あらゆる手を使って大軍を翻弄したり戦意を消失させたようです。千早城は、天然の要塞とも言えるような山城だったということも勝利につながったのでしょう。

楠木正成は、なぜ、足利尊氏と対立したのか?

千早城での楠木正成の勝利は、鎌倉幕府の権威を失墜させ、足利尊氏と新田義貞によって鎌倉幕府は滅びました。そして、後醍醐天皇は建武の新政により公家中心の社会を作ろうとしますが、そのことが農民たちを苦しめ、武士の不満を募らせる結果となってしまいます。これに反発した足利尊氏が後醍醐天皇に反旗を翻したのです。一旦は九州に落ちのびた尊氏は西国の武将たちと立ち上がり、楠木正成は討ち死にしました。

一度仕えた後醍醐天皇に対して、そのの命に背くことができなかったという武士の美学を貫いたのかもしれません。正成自身も、建武の新政のあとの政に対する不満を持っていて、足利尊氏の言動を本気で止めたいとは思っていなかったのではないかと思います。

楠木正成は、なぜ、死を選んだのか?

楠木正成は、後醍醐天皇に足利尊氏を味方につけるべきだと進言しますが、その意見は受け入れられませんでした。そして、後醍醐天皇の命により、足利尊氏の35000人の大軍に対して、正成はたった700人の兵で戦いました。正成は、戦う前から死を覚悟していたのでしょう。もしかしたら、本心は足利尊氏と手を組んで新しい社会を作りたかったのかもしれませんね。それができない以上、尊氏に討たれることで尊氏のこの世を託したのかもしれませんね。

Sponsored Links

楠木正成に関する参考書籍

楠木正成(上) (中公文庫) [ 北方謙三 ]
楠木正成(下) (中公文庫) [ 北方謙三 ]


楠木正成(上) (中公文庫) [ 北方謙三 ]
楠木正成(下) (中公文庫) [ 北方謙三 ]

ときは鎌倉末期。幕府の命数すでに無く、乱世到来の兆しのなか、大志を胸にじっと身を伏せ力を蓄える男がひとり。その名は楠木正成ー。街道を抑え流通を掌握しつつ雌伏を続けた一介の悪党は、倒幕の機熟するにおよんで草莽のなかから立ち上がり、寡兵を率いて強大な六波羅軍に戦いを挑む。己が自由なる魂を守り抜くために!北方「南北朝」の集大成たる渾身の歴史巨篇。

楠木正成 室町人物伝 (コミック版日本の歴史) [ 加来耕三 ]


楠木正成 室町人物伝 (コミック版日本の歴史) [ 加来耕三 ]

軍神の血脈 楠木正成秘伝 (講談社文庫) [ 高田崇史 ]


軍神の血脈 楠木正成秘伝 (講談社文庫) [ 高田崇史 ]

薬剤師の早乙女瑠璃は、神風特攻隊の生き残りで祖父の修吉から、『太平記』を渡される。だが、楠木正成に関する部分を読むよう告げた修吉は、何者かに毒を射たれ、瀕死の重体に。事件の背後には秘密結社〈南木の会〉が。瑠璃は、祖父の命を救うため、元同級生で作家の京一郎とともに、正成の死に纏わる謎を追う!

経営と未来予知 楠木正成の経営術 (たちばなビジネスコレクション) [ 深見東州 ]


経営と未来予知 楠木正成の経営術 (たちばなビジネスコレクション) [ 深見東州 ]

楠木正成・正行 (シリーズ〈実像に迫る〉) [ 生駒孝臣 ]


楠木正成・正行 (シリーズ〈実像に迫る〉) [ 生駒孝臣 ]

くつがえされる「悪党」のイメージ。数々の戦術で敵を手玉に取った正成。父の遺志をつぎ、四條畷に散った正行。南朝の忠臣として名を馳せる英雄の戦いがここに!武勲・生涯・人となりー楠木正成・正行の実像に迫る。

楠木正成 [ 新井孝重 ]


楠木正成 [ 新井孝重 ]

民間武装民の戦力を基礎に、巨大権力鎌倉幕府と戦った楠木正成。正成とは何者か、その意外なルーツと合戦の実態を探り、蜂起から敗北までを活写。戦前来の忠臣像から解き放ち、“生ける正成”に光を当てる注目の書。

真説楠木正成の生涯 (宝島社新書) [ 家村和幸 ]


真説楠木正成の生涯 (宝島社新書) [ 家村和幸 ]

鎌倉時代から南北朝時代にかけての日本で最強の精鋭軍団を育てた楠木正成。彼の将兵は皆、人生を意気に感じて正成の下で戦い、正成のために死ぬことを至上の喜びとしていた。あらゆる兵法書を血肉化し、『孫子』を超えた日本の兵法を完成させ、卓越した統率力でそれらを実践、時代の流れを変えた楠木正成。本書は自衛隊指揮官・教官を歴任した家村氏が『太平記評判秘伝理尽鈔』の現代語訳を通して、知られざる楠木正成の実像、とりわけ家臣・兵士や領民の心を引きつけたその人間的魅力を明らかにする。現代社会を生きる組織リーダーたちにとって「必読の書」である。

Sponsored Links