見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
ザ・プロファイラー

ザ・プロファイラー「明智光秀」の再放送は?天下の謀反人の真実とは!?

image

ザ・プロファイラー ~夢と野望の人生~

ザ・プロファイラー」は、2012年からBSプレミアムで放送されているドキュメンタリー番組です。
古代から現代まで、海外および日本の歴史に名を残した人物に焦点をあて、その人物にかかわる文献や映像資料をもとに、ゲストのトークを交えて鋭い切り口で人物像に迫っていく番組です。

生まれの不遇、家族との愛と葛藤、裏切りと孤独、将来の不安・・・。さまざまな人生の始まりから、どのようにして自分の道を切り開き、歴史に名を刻んでいったのか?歴史好きの岡田准一が、時代を動かした人物たちの謎に挑みます。栄光と苦難の生涯を生きた先人たち、感動の人間ドラマ「ザ・プロファイラー」は、毎週木曜日 午後9時~BSプレミアムで放送されます。

image

MC 岡田准一

1995年、V6のメンバーとしてデビュー。俳優としても活躍。2014年には大河ドラマ『軍師官兵衛』にて主演を務める。『ザ・プロファイラー』にてテレビ番組としては初の単独MCを担当。

「歴史の教師になりたい」と思っていたほど「歴史好き」を公言し、10代、20代の頃から興味を持った時代や人物の資料を読むことが好きだった。この番組を通して“歴史の面白さ、身近さ”をもっと多くの人に伝えたい、と語る。

ザ・プロファイラーの再放送は?

ザ・プロファイラー』の再放送は、BSプレミアム 毎週水曜日午後6時から放送されます。

Sponsored Links

ザ・プロファイラー~夢と野望の人生~「“天下の謀反人”の真実~明智光秀~」

再放送  2018年3月15日(木)午後9時~

image

放送前の予告

シーズン6の第1回は天下の謀反人と呼ばれる「明智光秀」を取り上げます。先日、直筆の書状が発見され話題となりました。本能寺の変のあと、光秀が味方を集めようとして各地に送った書状のひとつです。この発見により、なぜ光秀が信長を討ったのかが改めて注目されているのです。

もともと明智光秀は、長い間、浪人生活をしていました。そんな男を信長が取りたて、一国一城の主にまで引き上げました。光秀は、朝廷との交渉、戦場での活躍といかんなく力を発揮し、まさに信長の右腕とも言える存在となり、トントン拍子に出世したのです。そんな光秀が、突如、信長に反旗を翻したのはどうしてなのでしょうか?怨恨説、野望説、黒幕説などさまざまな説はありますが、いまだ謎に包まれています。

歴史好きで知られ、戦国武将を演じた映画が大ヒット中の岡田准一も、歴史上の人物の中で特に、明智光秀には興味を持っていると言います。そこには、単なる謀反人とは違う人物像を見ているのです。

なぜ、本能寺の変をおこしたのか?なぜ「三日天下」となってしまったのか?明智光秀の知られざる人生をプロファイルします。

Sponsored Links

放送後のポイント解説

光秀はなぜ信長に仕えることになったのか?

光秀は美濃の国の斉藤道三に仕え、明智城主の子供として生まれましたが、道三が打たれ明智城も落城し、明智家の再興の夢を抱きながら朝倉義景に仕えました。しかし、朝倉家は足利義明を擁立する武力も気力もないと悟ると、もっと強い力と果敢な意気に燃えた武将である織田信長を頼るべきだと足利義明に進言し、自ら織田信長との仲介役となりました。これが、光秀と信長が出会うきっかけとなったのです。そして、信長は足利義明を利用して京に上り、その結果、義明は15代将軍となりました。光秀は、足利義明と織田信長の両者に仕えることとなったのです。

また、朝倉家に仕えていた頃の光秀は冷遇されていたとも言われており、実力主義の織田信長に魅力を感じていたということも考えられます。

光秀はなぜ信長の信頼を勝ち得ることができたのか?

光秀は、京都奉行に抜擢され、朝廷や公家とのパイプ役として大いに力を発揮します。また、朝倉攻めの際に浅井の裏切りに合い挟み撃ちにされて撤退を余儀なくされた時、光秀と秀吉は共にしんがりをつとめ、織田軍の撤退に命がけで働いたという功績もありました。さらに、比叡山焼き討ちの際には、味方の武将たちが怯むなかで光秀は忠実に信長の命令に従いました。こういった一連の功績が認められ、織田家臣団のトップに登りつめ、家臣の中では最初に坂本城5万石の城主となりました。

また、足利義明が挙兵した時には、信長を選び義明を京都から追放に追い込み、5年がかりで丹波を攻略したことも大きな功績として信長が褒めたたえたそうです。

Sponsored Links

光秀はなぜ主君の信長を討つ行動に出たのか?

朝廷黒幕説、幕府(足利義明)黒幕説、秀吉黒幕説、四国説、怨恨説、前途悲観説、野望説などさまざまな説があります。

四国説は、光秀が苦労して四国の長曾我部元親と信長の同盟関係を取り付けたにもかかわらず、信長が突然、同盟を破ったために光秀の面目が丸つぶれとなり、四国征伐を阻止するためにまさにその出陣の日に本能寺の変を起こしたのではないかと考えられています。

前途悲観説は、ドラマでも多く見られますが、信長が実力者義から一転、身内を重用し家老二人を追放したり、光秀の所領を召し上げて出雲・石見という毛利の二国を与えたという行為から、将来を悲観してことを起こしたのではないかという説です。

さらに、野望説は、「時はいま あめが下しる 五月かな」という歌にも込められている「今こそ自分が天下を治める」という意味ではないかという解釈からくる説です。

光秀は本能寺の変で何を読み違えたのか?

本能寺の変のあと、光秀は安土城へ向かおうとしますが、途中の橋を落とされてしまい、安土城へ入るのが3日後となってしまいます。さらに、安土城で朝廷からのお墨付きをもらう使者を待ちますが、使者が来るまでにさらに3日かかります。

その間、秀吉は即座に毛利と和睦し、中国大返しをするのです。さらに、各地の武将に「信長さまは無事に切り抜けられた」と信長が無事であると思わせる手紙を送っています。これが原因で、光秀の呼びかけに武将は誰一人駆けつけず、孤立してしまったのです。こうして、光秀は本能寺の変からたった11日後に秀吉軍によって討たれてしまうのです。

Sponsored Links

明智光秀に関する参考書籍

本能寺の変431年目の真実 (文芸社文庫) [ 明智憲三郎 ]


本能寺の変431年目の真実 (文芸社文庫) [ 明智憲三郎 ]

名門・土岐明智氏の行く末に危機感を抱いていた光秀。信長の四国征伐がさらに彼を追いこんでゆく。ところが、絶望する光秀の前に、天才・信長自身が張りめぐらした策謀が、千載一遇のチャンスを与えた!なぜ光秀は信長を討ったのか。背後に隠された驚くべき状況と、すべてを操る男の存在とは!?新事実をもとに日本史最大のクーデターの真実に迫る、壮大な歴史捜査ドキュメント!

「本能寺の変」本当の謎 叛逆者は二人いた [ 円堂晃 ]


「本能寺の変」本当の謎 叛逆者は二人いた [ 円堂晃 ]

天下統一を目前に油断した織田信長は、明智光秀に夜襲をかけられて自害。これが四百年以上も変わらぬ「本能寺の変」の定説だ。しかし事件の経過を詳しく見いいくと、いくつもの謎が浮かびあがる。なぜ光秀は、信長一人を暗殺するのに、奇襲には不向きな一万三千という大軍を動員したのか?その大軍の移動になぜ織田方は気がつかなかったのか?定評ある史料をもとに、従来の定説をくつがえす衝撃の書。

明智光秀と本能寺の変 (PHP文庫) [ 小和田哲男 ]


明智光秀と本能寺の変 (PHP文庫) [ 小和田哲男 ]

主君・織田信長を討ち、史上最悪の「謀反人」として語られてきた明智光秀。しかし果たして、その烙印は正しいのだろうか。本書は、丹念な史料検証を通して、謎に満ちたその人物像に迫ったものである。語られざる「金ヶ崎退き口」での武功、「近畿管領」とも称すべき要職への抜擢…。そこから見えてきた光秀の実像と、事件の真相とは?光秀と本能寺の変を語る上で必読の書。

ここまでわかった!本能寺の変 (新人物文庫) [ 「歴史読本」編集部 ]


ここまでわかった!本能寺の変 (新人物文庫) [ 「歴史読本」編集部 ]

日本史上最大のクーデターとしてトップレベルの知名度を誇る「本能寺の変」。実行者・明智光秀の背後に黒幕がいたとする説は根強く、多くの人物の名が挙げられてきた。“戦国の覇王”織田信長を葬り去った黒幕は本当にいたのか?本書は、足利義昭、朝廷・天皇、本願寺など「本能寺の変」の黒幕と目されてきた勢力と光秀の動向を改めて検証し、事件の真相に迫るよすがとなるよう編集した。

明智光秀野望!本能寺の変 (新人物文庫) [ 新人物往来社 ]


明智光秀野望!本能寺の変 (新人物文庫) [ 新人物往来社 ]

織田軍団の有力武将として頭角をあらわし、信長からも信頼された光秀は、なぜ謀反に踏みきったかーわずか十一日間で夢まぼろしと消えた“三日天下”の謎を追う。

検証本能寺の変 (歴史文化ライブラリー) [ 谷口克広 ]


検証本能寺の変 (歴史文化ライブラリー) [ 谷口克広 ]

天正十年(一五八二)、天下統一を目前に織田信長が襲われた。明智光秀は単独犯なのか、果たして黒幕が存在したのか。本能寺の変にいたる過程を、史科を吟味して再現。様々な仮説を検証し独自の考察を加え、真相に迫る。

「本能寺の変」は変だ! 明智光秀の子孫による歴史捜査授業 [ 明智憲三郎 ]


「本能寺の変」は変だ! 明智光秀の子孫による歴史捜査授業 [ 明智憲三郎 ]

Sponsored Links