見逃したテレビを見る方法
ザ・ヒューマン

[NHK]ザ・ヒューマン「浅川智恵子 AIスーツケースの開発に挑む」の再放送・動画配信は?

見逃した「ザ・ヒューマン」はユーネクストで視聴できます!

「ザ・ヒューマン」を見逃した方には、動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をおすすめします。初回登録時にもらえるU-NEXTポイントを使って「まるごと見放題パック」に入れば、「ザ・ヒューマン」をはじめNHKの人気番組が見放題となります。新規の登録から31日間は無料体験できますので、まずはお試しください。また、NHK番組以外にもドラマやアニメ、映画、バラエティー、ドキュメンタリー番組などがたっぷり楽しめます。U-NEXTはスマホ・タブレット・パソコン等のデバイスで楽しめます!

U-NEXTの31日間無料トライアルで「まるごと見放題パック」に入れば、
NHKオンデマンド作品が全て見放題の無料体験ができます!

詳しくはコチラ

「ザ・ヒューマン」は放送日の翌日からU-NEXTで配信予定です!
また、過去に放送された10作品もU-NEXTで配信中です。

↓ ↓ ↓

 

また、U-NEXTの31日間無料トライアルでは、220,000本以上の
見放題作品を全て無料で視聴できます!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

.

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

「ザ・ヒューマン」ってどんな番組?

先の見えない混沌の時代だからこそ、人間の確かな息づかいを深く見つめなおすー。様々なジャンルで新たな世界を切り開こうとする「ヒューマン」たちの心揺さぶられる生き様を描く、本格派ヒューマン・ドキュメンタリー。主人公たちの願いや挑戦、葛藤に迫り、リアルな生き様を見つめる番組です。

「ザ・ヒューマン」の再放送・見逃し動画配信は?

ザ・ヒューマン」の再放送は、不定期に放送されています。同番組ホームページでご確認ください。

でも、放送時間に制約されずに好きな時に見たい・・・なんていう場合には、動画配信サービスがオススメです。見逃した「ザ・ヒューマン」は、NHKオンデマンドユーネクストで見逃し配信されています。ただし、何らかの事情で配信されない放送回もありますのでご留意ください。

2022年2月20日に放送されたザ・ヒューマン「浅川智恵子〜自由へのスーツケース〜」の動画は現在、ユーネクストで配信中です。

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXTポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円。ただし、このページのリンクから登録すれば1,000円)を使ってNHKオンデマンドの「まるごと見放題パック」を購入することができるんです。

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

「まるごと見放題パック」ならNHKの人気番組が見放題!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

↓↓↓↓↓

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

なお、NHKの見逃した番組を見る方法は、コチラの記事をご参照ください。

NHKの見逃し番組を見る方法

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2022年2月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

ザ・ヒューマン
浅川智恵子〜自由へのスーツケース〜」

放送 2022年2月20日(日)午後9時〜[BS1]

放送前の予告

全盲の研究者・浅川智恵子(63)が開発に挑むのは、目が見えない人の自由な移動を実現する「AIスーツケース」。テクノロジーの限界を乗り越え、自由への道を進めるか。

画期的な製品を数多く実用化し、視覚障害者の生活を変え続けてきた全盲の研究者・浅川智恵子(63)。研究の集大成として取り組むのが、目が見えない人の自由な移動を実現する「AIスーツケース」の開発だ。14歳で失明し、一人で思うように生活できずに苦しんだ浅川。「視覚障害者が一人でできることを増やしたい」という思いで、テクノロジーの限界に挑む。立ちはだかる困難を乗り越え、自由への道を進むことができるか。

この番組を視聴して・・・

全盲の研究者・浅川智恵子さん自ら、視覚障害者が街に溶け込んで歩くことができるロボット「AIスーツケース」の開発に取り組んでいることに感動した。一人で散歩を楽しみたい、周囲に目立たず心配もされずにきままに歩きたい…という切実な願いを叶えるために開発に取り組んでいる。スーツケースを引いて歩いているだけで障害物を避けながら目的地に連れて行ってくれるという優れものだ。しかし、空港のような人混みの中では課題が残った。ビープ音を出して視覚障害があることを周囲に知らしめることも混雑の中では必要かもしれない。

こんな素晴らしい取り組みが一日も早く日の目を見て欲しいと思う一方で、よそ見歩き・スマホ歩き等の周囲に注意を払わない歩行者をどうやってなくしていくか…という取り組みも必要ではないかと思えてならない。

ザ・ヒューマン」を見逃した方は、
ユーネクストの31日間無料体験でお楽しみください!

初回登録時にもらえるU-NEXTポイントを使って
「まるごと見放題パック」に入れば、NHKの人気番組が見放題となります。

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

浅川智恵子さんのプロフィール

IBMフェロー。米国T.J.ワトソン研究所所属。カーネギーメロン大学特別功労教授を兼務。これまで30年以上にわたりアクセシビリティ技術の研究開発に携わってきた。1985年にIBM入社後、点字のデジタル化システムを開発し、現在のインターネット点字図書館の前身を築いた。1997 年に世界初の実用的な視覚障がい者向け音声ブラウザ「ホームページ・リーダー」を開発し、世界の視覚障がい者の情報アクセス手段を格段に向上させるきっかけとなった。

2014 年秋より米国に赴任、AIの技術を応用することで視覚障がい者の自由な移動を可能にする「実世界アクセシビリティ技術」の研究開発に取り組んでいる。開発をした視覚障害者のためのナビゲーションシステムは東京のショッピングモールやピッツバーグ国際空港において実用化されている。

現在は「AIスーツケース」と呼ばれる視覚障がい者のためのナビゲーションロボットの研究開発に従事し、視覚障がい者が楽しみながら街歩きできる技術の実現を目指している。

Sponsored Links

RELATED POST