見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
コズミックフロント

コズミックフロント「超小型衛星がひらく未来予想図」の再放送は?

image

コズミックフロント☆NEXT

コズミック フロント」が新しく「コズミックフロント☆NEXT」としてリニューアル!
毎回、宇宙にまつわる謎を1つずつ解き明かしていきます。また、専門的知識がなくても楽しめるミニコーナーもあり、「深く」そして「楽しく」宇宙の深淵を知ることができる番組です。

image

この番組で語り(ナレーション)を務めるのは、俳優の萩原聖人さん、永作博美さん、そして、番組の進行はNHKアナウンサーの中條誠子さん、小田切千さん、池田伸子さん、望月啓太さんが務めます。

放送は、BSプレミアム 毎週木曜 午後10時~、また、再放送は毎週水曜 午後11時45分~。

また、見逃した過去の放送番組は、NHKオンデマンドでも視聴できます。でも、私が利用しているのはU-NEXT(ユーネクスト)です。その理由も含めて詳しくご説明しましょう。

見逃したNHK番組を見る方法

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

NHKオンデマンドとは、NHKで放送されたドラマからドキュメンタリーや情報バラエティまで、さまざまな番組が楽しめるサービスです。

NHKオンデマンドが見放題で楽しめるお得なパックが、U-NEXTポイントを利用して購入できます。

image

※NHKオンデマンド作品は、単品でも利用できます。

NHK見逃し見放題パック

NHK総合、Eテレ、BS1、BSプレミアムで放送している番組から、最近放送した大河ドラマや連続テレビ小説など、月々500~600本が見放題。放送当日または翌日から約14日間(一部の番組を除く)、ニュース番組が1週間視聴できます。

NHK特選見放題パック

過去に放送され、保存されているNHKアーカイブスから、厳選した大河ドラマや連続テレビ小説、貴重なドキュメンタリー番組など、約5,000本が見放題。配信期間中、何度でも視聴できます。

>> 見逃したNHKの番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

↓↓↓↓↓

Sponsored Links

なぜ、U-NEXT(ユーネクスト)がオススメなのか?

動画配信サービスと言えば、dTVHuluU-NEXTなどに代表される定額制動画見放題のサービスのことです。多少詳しい方なら、NHK番組は「NHKオンデマンド」という動画配信サービスで見れるということもご存じかもしれませんね。でも、大河ドラマ・朝ドラ等のNHK番組ファンの私は、このNHKオンデマンドを使っていません。何故なら、NHKオンデマンドはNHK番組しか見れないからです。せっかく使用料を払って動画を見るなら、NHK番組だけでなく民放のドラマやアニメ、映画も見たいからです。

そんな私が利用しているのが「U-NEXT(ユーネクスト)」なんです。このU-NEXTは、映画・ドラマ・アニメ等の作品が120,000本以上配信されている日本最大級の動画配信サービスなんです。その上、雑誌も70誌以上が無料で読み放題なんです。また、アカウントが4人分もらえるので家族4人が別々の端末で利用できるという他社にはない嬉しいサービス付きです。そして、もう一つのメリットは、毎月1,200円分U-NEXTポイントがもらえるということです。(ただし、最初の登録時は600円分です。)このU-NEXTポイントは、最新のドラマや映画など有料レンタル作品を視聴する時に使えるほか、NHKオンデマンド配信作品を見る時にも使えるんです。超大ヒット映画「君の名は。」も配信されています。また、このポイントで電子書籍を購入することもできるんですよ。このように、動画・雑誌・電子書籍という多彩なサービスでは、U-NEXTが一番進んでいるんです。

さらにさらに、もう一つ嬉しいことは、このサービスを試してみたい方に、31日間無料トライアルを実施しているということです。ネット上で簡単に登録手続きするだけで、31日間は映画・ドラマ・アニメ等の作品が見放題、雑誌も読み放題なんです。この期間に思う存分使って使い勝手などを体験することができるんです。気に入らなければ、無料トライアル期間中ならいつでも簡単な手続きで解約することができます。もちろん、解約で違約金をとられることもありません。この無料トライアルでも、600円分のポイントがプレゼントされますから、そのポイントで最新作品を見たり、電子書籍を読んだりすることもできます。特典いっぱいの無料トライアルで、アナタもエンタメライフをエンジョイしてみてはいかがですか。

また、他の動画配信サービスとの比較や、サービス内容等の詳しい内容は、コチラをご覧ください。

>> 見逃したテレビドラマを見るならU-NEXT/ユーネクストがオススメ!

31日間無料トライアルの申込みはコチラからどうぞ。⇒ U-NEXT

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

コズミックフロント☆NEXT「超小型衛星がひらく 未来予想図」

放送 2018年2月15日(木)午後10時~ [BSプレミアム]

image

放送前の予告

今や、宇宙開発のトレンドとなっている「超小型衛星」。大型衛星に比べ低価格かつ短期間で開発できることから、世界から注目されています。

米国では独自の衛星を使い、大西洋上の全てのタンカーを監視し、何十億もの投資を受けるベンチャー企業があります。日本でも火星などの深宇宙に向けた本格的な超小型衛星の研究が進み、さらには発想の転換によって新たなビジネスチャンスをつかんだ企業も登場しています。

今回のコズミックフロント☆NEXTでは、「超小型衛星」がもたらす可能性とその最前線に迫ります。

Sponsored Links

放送後のポイント解説

注目の超小型衛星の最先端

気象情報を提供している(株)ウェザーニューズは、北極海航路の需要に伴う問合せに応えるために、気象観測衛星を打ち上げ、北極海の観測をしています。また、最近は台風の進路予測にも人口衛星からのデータが活用されています。

(株)アクセルスペースでは、50基の衛星を打ち上げてそれらを等間隔に並べ、毎日、同じ時刻の映像を撮影してその画像から付加価値のある情報を抽出してそまざまな企業や投資家のニーズに対応しています。

米国サンフランシスコにあるベンチャー企業、spire[スパイア]では、電波の受信機能に絞り込んだ「聞く衛星」を打ち上げ、海上のさまざまな船舶の位置情報などを提供しています。

また、Orbital Insight[オービタルインサイト]は、ホームセンターの駐車場の映像から売上を予測したり、石油タンクの映像から石油の量を推測したりしています。

超小型衛星を使った深宇宙探査の可能性

人工衛星は、大気圏に突入すると、空気との摩擦によって発火して燃えてしまいます。しかし、空気で膨らませた円盤のような形のエアロシェルを付けることによって、衛生を大気圏に低速で突入させるという実験と開発が進められています。これによって、火星に衛星を飛ばすことが可能になるのです。

また、火星と地球との間の新たな通信システムとして「量子通信」の研究も進められています。

超小型衛星ビジネス、その発想とは?

(株)インフォステラは、2016年創業のベンチャー企業です。人工衛星は、実は、1日に10分程度の交信が4回しかできないそうなのですが、使っていない時のアンテナをシェアするというビジネスに取り組んでいます。2022年には、このビジネスで売上60億円を目指しているそうです。

また、(株)アストロスケールは、低価格の超小型衛生を使ってスペースデブリ(宇宙のゴミ)を除去するビジネスに取り組んでいます。

海外では、農作物の成育状況を観測して、収穫高を予測するビジネスが進められています。

Sponsored Links

コズミックフロントのDVD通販

【シリーズ解説】
いま宇宙探求の最前線:コズミックフロントでは、私たちの想像を超えた発見が相次いでいます。そんな大宇宙の驚きの姿を、鮮烈な実写とダイナミックなCGで壮大に描いている人気番組です。

NHK DVD::コズミック フロント 〜発見!驚異の大宇宙〜 DVD-BOX [ 萩原聖人 ]


NHK DVD::コズミック フロント 〜発見!驚異の大宇宙〜 DVD-BOX [ 萩原聖人 ]

【解説】
地上600kmに浮かぶ“ハッブル宇宙望遠鏡”/大気の影響を受けないため、ゆらぎのないクリアな映像で、銀河や星々の姿を映し出すことができる。これまでの地上からの観測によって、銀河は、地球近くでは泡のような形に集っていることがわかってきたが、この構造がどこまで続いているのか謎だった。この謎を解明するため、世界中の100名をこえる科学者によってハッブル史上最大の観測が行われ、100億光年彼方までつづく銀河の不思議な構造が見えてきた。さらに2010年、地球から129億光年離れた場所に、1個の天体で銀河系の半分(5万光年)という巨大天体が発見された。この天体の観測でもハッブル宇宙望遠鏡が威力を発揮している。いま宇宙探求の最前線にたつ研究を追う。(2011年4月5日 NHK BSプレミアムにて放送)

NHK DVD::コズミック フロント 〜発見!驚異の大宇宙〜 ハッブル宇宙望遠鏡 銀河の泡の謎に挑む [ 萩原聖人 ]


NHK DVD::コズミック フロント 〜発見!驚異の大宇宙〜 ハッブル宇宙望遠鏡 銀河の泡の謎に挑む [ 萩原聖人 ]

【解説】
地上600kmに浮かぶ“ハッブル宇宙望遠鏡”/大気の影響を受けないため、ゆらぎのないクリアな映像で、銀河や星々の姿を映し出すことができる。これまでの地上からの観測によって、銀河は、地球近くでは泡のような形に集っていることがわかってきたが、この構造がどこまで続いているのか謎だった。この謎を解明するため、世界中の100名をこえる科学者によってハッブル史上最大の観測が行われ、100億光年彼方までつづく銀河の不思議な構造が見えてきた。さらに2010年、地球から129億光年離れた場所に、1個の天体で銀河系の半分(5万光年)という巨大天体が発見された。この天体の観測でもハッブル宇宙望遠鏡が威力を発揮している。いま宇宙探求の最前線にたつ研究を追う。(2011年4月5日 NHK BSプレミアムにて放送)

NHK DVD::コズミック フロント 〜発見!驚異の大宇宙〜 IMPACT(インパクト) 迫りくる天体衝突 [ 萩原聖人 ]


NHK DVD::コズミック フロント 〜発見!驚異の大宇宙〜 IMPACT(インパクト) 迫りくる天体衝突 [ 萩原聖人 ]

【解説】
これまで多くの映画で描かれてきた地球への小天体の衝突。/2006年のNASAの報告では、地球に衝突する可能性のある小天体は、約2万個もあるという。そんな中、2029年に衝突する可能性がある小惑星「アポフィス」が発見された。徹底した追跡観測の結果、地球から32500kmというギリギリの距離を通過、2029年には衝突する可能性はないことがわかる。しかし脅威はアポフィスだけではない。いま世界各国の天文台は協力して、地球に衝突する可能性のある小惑星を発見し、その軌道を把握するための観測を行っている。さらにNASAでは、衝突を回避する手段の研究も進めている。知られざる天体衝突の実態と、それを防ぐための研究最前線に迫る。(2011年7月19日 NHK BSプレミアムにて放送)

NHK DVD::コズミック フロント 〜発見!驚異の大宇宙〜 人類の夢を紡いだ宇宙船 〜スペースシャトル30年の軌跡〜 [ 萩原聖人 ]


NHK DVD::コズミック フロント 〜発見!驚異の大宇宙〜 人類の夢を紡いだ宇宙船 〜スペースシャトル30年の軌跡〜 [ 萩原聖人 ]

【解説】
30年にわたって世界の宇宙開発をリードしてきた宇宙船スペースシャトル。/2011年夏、その歴史の幕が閉じられた。ポストアポロ計画として打ち出され、地球と宇宙を頻繁に行き来する“宇宙往還型宇宙船”スペースシャトルの実現には、全く新しい設計思想や製造技術が必要だった。設計コンセプトは開発途中で何度も変更され、エンジンや耐熱タイルの開発は難航を極めた。そして迎えた1981年の初フライト。以来、二度の悲劇に見舞われながらも、5機のシャトルは400名近い飛行士を宇宙へ運び、ハッブル宇宙望遠鏡や国際宇宙ステーションといった人類の夢を次々と実現した。人類が宇宙に見た数々の夢を紡ぎ続けたシャトルの軌跡を追う。(2011年7月12日 NHK BSプレミアムにて放送)

NHK DVD::コズミック フロント 〜発見!驚異の大宇宙〜 月への翼を手に入れろ! 〜史上最大のエンジンはこうして作られた〜 [ 萩原聖人 ]


NHK DVD::コズミック フロント 〜発見!驚異の大宇宙〜 月への翼を手に入れろ! 〜史上最大のエンジンはこうして作られた〜 [ 萩原聖人 ]

【解説】
1969年7月20日。人類は、アポロ11号の月面着陸によって“大きな一歩”を踏み出した。/人類史に残る偉業を支えたのが、地球重力を制した史上最大のロケットエンジン「F-1」だ。天才科学者ヴェルナー・フォン・ブラウンが、3000トンを超える巨大ロケット「サターンV」のメインエンジンとして開発を命じたF-1エンジンは、強大なパワーゆえに開発途上で幾度となくトラブルに見舞われたが、発想の転換や奇想天外な秘策で乗り越え、ついに人類を月へと送り届けた。超大国アメリカが230億ドルの資金と40万人の人材を投入した「アポロ計画」を成功に導いたF-1開発の奇跡の道のりを、当時の貴重な記録映像を元に紹介する。(2011年5月3日 NHK BSプレミアムにて放送)

NHK DVD::コズミック フロント 〜発見!驚異の大宇宙〜 大冒険!はやぶさ 太陽系の起源を見た [ 萩原聖人 ]


NHK DVD::コズミック フロント 〜発見!驚異の大宇宙〜 大冒険!はやぶさ 太陽系の起源を見た [ 萩原聖人 ]

【解説】
2010年6月、日本の小惑星探査機“はやぶさ”/7年間60億kmにおよぶ冒険の旅を終え、2010年6月、小惑星イトカワのかけらを地球に持ち帰った。はやぶさの偉業は、次々と襲いかかったトラブルを乗り越え帰還した冒険物語だけではない。人類未到の小惑星に到達し、そのかけらを地球に持ち帰ったことは、これまで世界中のどの探査機も成し得なかったことだ。 はやぶさが持ち帰った小惑星のかけらの年代を測定したところ、太陽系が誕生した46億年前であることが判明した。太陽系誕生の記憶を今に残す、いわばタイムカプセルだ。今後のより詳しい分析で、太陽系の起源に迫れることが期待されている。感動の冒険物語から最新の研究成果まで、はやぶさプロジェクトのすべてを紹介。(2011年9月20日 NHK BSプレミアムにて放送)

Sponsored Links