見逃したテレビを見る方法
クローズアップ現代

クローズアップ現代+「親を捨ててもいいですか?虐待・束縛をこえて」の再放送・見逃し動画配信は?

見逃した「クローズアップ現代+」は、ユーネクストで視聴できます!

「クローズアップ現代+」を見逃した方には、動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をおすすめします。初回登録時にもらえるU-NEXTポイントを使って「まるごと見放題パック」に入れば、NHKの人気番組が見放題となります。新規の登録から31日間は無料体験できますので、まずはお試しください。もちろん、NHK番組以外のドラマやアニメ、映画、バラエティー番組などもたっぷり楽しめます。U-NEXTはスマホ・タブレット・パソコン等のデバイスで楽しめます!

U-NEXTの31日間無料トライアルで「まるごと見放題パック」に入れば、
NHKオンデマンド作品が全て見放題の無料体験ができます!

詳しくはコチラ

「クローズアップ現代+」の配信期間は約2週間となります!

また、U-NEXTの31日間無料トライアルで、210,000本以上の
見放題作品が全て無料で視聴できます!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

.

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

「クローズアップ現代+」ってどんな番組?

クローズアップ現代+」は、現代の社会問題から注目のトレンド、人物等の情報ドキュメンタリーと解説者の生のトークを絡めた情報番組です。一般的なニュース番組では掴めなかった問題の本質を解説者の方々が深く分け入って浮き彫りにしてくれる番組です。

イギリスのEU離脱や、トランプ大統領の誕生に世界が揺れた2016年、世界最大の英語辞典が選んだ「今年の単語」は「ポスト・トゥルース」でした。客観的事実より、虚偽であっても感情に訴える情報のほうが影響力を持つ。スマホひとつで誰もが発信者になれる一方、フェイクニュースが飛び交い、情報の真偽を見極めることが日に日に難しくなっていく。私たちはそんな時代を生きています。今こそ、「クロ現+」が追求してきたジャーナリズムの真価が問われていると思います。

2017年、「クロ現+」は武田真一キャスターを新たに迎えました。長年ニュースを担ってきた蓄積を土台に、ますます多様で複雑になる現代のテーマに斬り込んでいきます。政治、経済、社会、国際、文化、科学、スポーツ、芸能…取り上げる題材に聖域はありません。その拠り所になるのは地道な取材に基づくファクト。

番組がめざすのは、不確実な情報の海を進む現代人のための羅針盤。30分というテレビ番組としてはけして長くない時間の中で、可能な限り問題意識を突き詰め、フェアに提示していきたいと思っています。それが様々な議論のきっかけとなり、社会の矛盾や不正義を見つめ直すことにつながれば…そんな思いで「クロ現+」は25年目の航海に漕ぎ出します。

2021年4月よりキャスターは井上裕貴アナウンサーと保里小百合アナウンサーに変わりました。

放送 毎週火曜日~木曜日 午後10時~午後10時30分[NHK総合]

キャスター 井上裕貴、保里小百合

ナレーター 古谷徹、浅野真澄

Sponsored Links

「クローズアップ現代+」の再放送・見逃し動画を見る方法

クローズアップ現代+」の再放送予定はありません。ただし、1週間で一番反響の大きかった番組だけ、毎週土曜日午前1時40分~(金曜日の深夜)に再放送されます。

でも、放送時間に制約されずに好きな時に見たいという方には、動画配信サービスがオススメです。

1.放送から1週間以内なら「NHKプラス」で視聴!

NHKプラス」は、NHKの地上波放送の番組をインターネットで視聴できる無料の動画配信サービスです。放送中の番組を視聴できる「常時同時配信」と、放送後の番組を視聴できる「見逃し番組配信」があります。ただし、見逃し番組配信は放送日から1週間となります。

2.放送日の翌日から約2週間は「NHKオンデマンド」や「U-NEXT」でも視聴できます!

見逃した「クローズアップ現代+」の動画は、NHKオンデマンドユーネクストで配信されています。これなら、いつでも見たい時に見ることができます。ただし、全ての放送回の動画が配信されるわけではありません。なお、配信期間は放送日の翌日から約2週間となります。

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXTポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円。ただし、このページのリンクから登録すれば1,000円)を使ってNHKオンデマンドの「まるごと見放題パック」を購入することができるんです。

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

「まるごと見放題パック」ならNHKの人気番組が見放題!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

↓↓↓↓↓

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

なお、NHKの見逃した番組を見る方法は、コチラの記事をご参照ください。

NHKの見逃し番組を見る方法

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2021年4月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

クローズアップ現代+「親を捨ててもいいですか?虐待・束縛をこえて」

放送 2021年5月6日(木)午後10時~午後10時30分[NHK総合]

放送前の予告

親を捨てたい…。近年、親との絶縁をテーマにした書籍の出版が相次ぎ、話題を呼んでいます。介護や葬儀の代行サービスにも関心が集まり、ある事業者には40~50代の子供世代からの問い合わせが相次いでいます。取材で浮かび上がったのは、過去に親から虐待や束縛を受けた人々が年齢を重ね親の介護に直面する現実。過去の辛い記憶が蘇るなか「親を大切に」との社会通念に苦悩する当事者たちの声とともに親子関係のあり方を考えます。

出演者 信田さよ子さん(臨床心理士)、井上裕貴 (アナウンサー)、保里小百合(アナウンサー)

マンガを描いて心の中を吐露している女性

  • 幼い頃から親が怖くて親に逆らえなかった
  • 親の前では、無理に「いい娘」演じ続けてきた

親から虐待を受けてきた男性

  • 小学生の頃から両親による虐待を受けてきた。父の暴力、母の恫喝。
  • 10年前に父が他界、以来、会社を辞めて認知症の母の在宅介護をしてきた。5年前、母を施設に入れた。
  • 親を捨てたい。でも、ゴミだって捨てる時には分別する必要があるのに…。

認知症の母親と同居している女性

  • かつては、母との関係で悩んでいた。
  • 夫が借金を作り、借金取りに追われる生活に母はストレスを感じ、暴力をふるうようになったという。
  • 女性は、早く自立して家を出たいと思っていた。
  • 突然、母が認知症になり、同居することに。
  • 改めて母と一緒に暮らすようになり、母の人生の背景が理解できるようになった。

「クローズアップ現代+」を見逃した方は、ユーネクストの31日間無料体験で!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

.

なお、31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

参考書籍

臨床心理士・信田さよ子さんの著書の中から、今回のテーマに参考になる書籍をご紹介します。

母が重くてたまらない 墓守娘の嘆き [ 信田さよ子 ]


母が重くてたまらない 墓守娘の嘆き [ 信田さよ子 ]

母との名状しがたい関係に苦しみながら、それでも罪悪感にとらわれている女性たちが数多く存在している。本書では、カウンセリングの経験に基づいて、墓守娘たちの苦しみを具体的に取り上げた。進学、就職、結婚、介護…。どこまでもついてくる母から、どう逃げおおせるか。NOと言えないあなたに贈る、究極の“傾向と対策”。

子どもの生きづらさと親子関係 アダルト・チルドレンの視点から (子育てと健康シリーズ) [ 信田さよ子 ]


子どもの生きづらさと親子関係 アダルト・チルドレンの視点から (子育てと健康シリーズ) [ 信田さよ子 ]

普通の家庭にひそむ愛情という名の支配ー「子どもの問題ではなく、親の問題である」という立場から論考を展開する。

加害者は変われるか? DVと虐待をみつめながら (ちくま文庫) [ 信田 さよ子 ]


加害者は変われるか? DVと虐待をみつめながら (ちくま文庫) [ 信田 さよ子 ]

家庭という密室で、DVや虐待は起きる。加害者は決して特殊な人たちではなく、多くは職場や社会では適応しており「いい人」「やさしい人」と評価されている。なぜ、「普通の人」があのような暴力を起こしてしまうのか?その疑問を解くためには、加害者を知ることしかない。彼らを正面から見つめ、加害者像を浮かび上がらせ、再発を防ぐ考察につなげた。初めての本。

DVと虐待 「家族の暴力」に援助者ができること [ 信田さよ子 ]


DVと虐待 「家族の暴力」に援助者ができること [ 信田さよ子 ]

[目次]
1 家族の暴力/2 エピソードにみる被害者ー当事者性とはなんだろうか/3 こう介入する/4 暴力を解くキーワード/5 援助者側の問題ーわたしたちは何に縛られているのか

あなたの悩みにおこたえしましょう (朝日文庫) [ 信田さよ子 ]


あなたの悩みにおこたえしましょう (朝日文庫) [ 信田さよ子 ]

結婚への不安、DV被害、共依存、子育ての悩み、老後の不安、アルコール依存症…。これらさまざまな人生の悩みを、具体的にどうすれば解決できるのか?50年近く臨床に携わってきたベテランカウンセラーが、Q&A方式で的確に対応策を提示する。

[目次]
64歳の夫との将来の生活に不安をおぼえます モトコ、60歳/妻が不安定で困っています マサオ、55歳/親になるのが怖いのです ミチコ、38歳/妻より姉の面倒をみたいのです タケシ、58歳/二人の子どもが結婚しません ユミコ、68歳/どうして私は腹が立たないのでしょう? ユカ、40歳/娘から毎日のように責められます チエコ、51歳/浮気する妻に対して怒れません ユウジ、39歳/長女がかわいく感じられません アユミ、41歳/別居して戻ってきた娘が私を責めます クミコ、65歳〔ほか〕

信田さよ子さんのプロフィール

1946年岐阜県生まれ。公認心理師・臨床心理士。原宿カウンセリングセンター所長。お茶の水女子大学文教育学部哲学科卒業、同大学大学院修士課程家政学研究科児童学専攻修了。駒木野病院勤務を経て、1995年に原宿カウンセリングセンター設立。日本公認心理師協会理事、日本臨床心理士会理事などをつとめる。アルコール依存症、摂食障害、DV、子どもの虐待をはじめ、親子・夫婦関係、アディクション(嗜癖)に悩む人たちやその家族、暴力やハラスメントの加害者、被害者へのカウンセリングを行っている。

Sponsored Links

RELATED POST