見逃したテレビを見る方法
クローズアップ現代

精子力クライシス!クローズアップ現代+「男性不妊の落とし穴」の再放送・見どころは?

3BFA2A23-A376-495B-B8EA-E6B1577BD9BF

「クローズアップ現代+」の番組紹介

クローズアップ現代+」は、現代の社会問題から注目のトレンド、人物等の情報ドキュメンタリーと解説者の生のトークを絡めた情報番組です。一般的なニュース番組では掴めなかった問題の本質を解説者の方々が深く分け入って浮き彫りにしてくれる番組です。

263498E6-4C71-4594-AE47-CD5F37D4A082

イギリスのEU離脱や、トランプ大統領の誕生に世界が揺れた2016年、世界最大の英語辞典が選んだ「今年の単語」は「ポスト・トゥルース」でした。客観的事実より、虚偽であっても感情に訴える情報のほうが影響力を持つ。スマホひとつで誰もが発信者になれる一方、フェイクニュースが飛び交い、情報の真偽を見極めることが日に日に難しくなっていく。私たちはそんな時代を生きています。今こそ、「クロ現+」が追求してきたジャーナリズムの真価が問われていると思います。

2017年、「クロ現+」は武田真一キャスターを新たに迎えました。長年ニュースを担ってきた蓄積を土台に、ますます多様で複雑になる現代のテーマに斬り込んでいきます。政治、経済、社会、国際、文化、科学、スポーツ、芸能…取り上げる題材に聖域はありません。その拠り所になるのは地道な取材に基づくファクト。取材チームには鎌倉千秋キャスターと田中泉キャスターが加わり、より納得感のある情報プレゼンテーション役を担います。

番組がめざすのは、不確実な情報の海を進む現代人のための羅針盤。25分というテレビ番組としてはけして長くない時間の中で、可能な限り問題意識を突き詰め、フェアに提示していきたいと思っています。それが様々な議論のきっかけとなり、社会の矛盾や不正義を見つめ直すことにつながれば…そんな思いで「クロ現+」は25年目の航海に漕ぎ出します。

放送 毎週月曜日~木曜日 午後10時~午後10時25分[NHK総合]

キャスター 武田真一、鎌倉千秋、田中泉

Sponsored Links

「クローズアップ現代+」の再放送・見逃し配信を見る方法

クローズアップ現代+」の再放送予定はありません。ただし、1週間で一番反響の大きかった番組だけ、毎週土曜日午前1時40分~(金曜日の深夜)に再放送されます。

クローズアップ現代+」の見逃し配信は、NHKオンデマンドで配信されています。

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXTポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円)を使ってNHKオンデマンドの「見放題パック」を購入することができるんです。

見逃したNHK番組を見る方法

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

↓↓↓↓↓

U-NEXT

U-NEXTの特徴・サービス内容・メリット

ポイント1 配信作品数が多く、最新作も充実している!
ポイント2 「見放題作品」と「レンタル配信作品」の2種類がある!
ポイント3 U-NEXTポイントを使ってレンタル配信作品をお得に視聴!
ポイント4 さまざまなデバイスに対応!
ポイント5 ファミリーアカウントも含め1契約で4アカウントゲット!
ポイント6 ビデオ見放題サービス会員は70誌以上の雑誌が読み放題!
ポイント7 NHKオンデマンドの見放題パックにU-NEXTポイントが使える!
ポイント8 U-NEXTポイントを使って電子書籍が購入可能!34万冊以上配信中!
ポイント9 U-NEXTアプリで作品のダウンロードも可能!外出先でも視聴可能!
ポイント10 31日間の無料トライアル!
ポイント11 東証一部上場企業が提供するサービスだから安心・安全!

無料トライアル期間中は、見放題作品は31日間無料となります。さらに、600円分のU-NEXTポイントがもらえるので、最新作などの有料コンテンツが600円分無料で視聴できます。(ただし、一部ポイントが使用できない作品があります。)なお、無料トライアル期間中はいつでも解約可能です。つまり、簡単登録!31日間は見放題!31日間中はいつでも簡単解約可!

とにかく、どんなサービスか?使い勝手はどうか?31日間は無料なので一度試してみて下さい!

U-NEXT 無料トライアルの申し込みはコチラからどうぞ! ⇒ U-NEXT

また、他の動画配信サービスとの比較や、サービス内容等の詳しい内容は、コチラをご覧ください。

>> 見逃したテレビドラマを見るならU-NEXT/ユーネクストがオススメ!

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2018年9月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

クローズアップ現代+「“精子力”クライシス 男性不妊の落とし穴」

放送 2018年9月19日(水)午後10時~午後10時25分

3BFA2A23-A376-495B-B8EA-E6B1577BD9BF

放送前の予告

今年2月放送の「クローズアップ現代+」や7月放送の「NHKスペシャル」などで、日本に“精子の危機”が広がっていることが明らかになってきました。「精子の数が少ない」「ほとんど動かない」「肝心のDNAが傷ついている」など、「妊娠を成功させる精子の力」(=精子力)が衰えている男性が珍しくないというのです。

さらに取材を進めると、こうした“精子力”の危機が、頼みの綱の不妊治療にも影を落としていることが明らかになってきました。一部の不妊治療の現場には、男性不妊への理解不足や対処の甘さがあり、精子の改善治療を行わないまま、体外受精などを進め、失敗が繰り返されるケースもあるといいます。

また、不妊に悩むカップルにとって大事な選択肢であった「精子バンク」も、岐路を迎えていることがわかってきました。日本では、長年、慶應義塾大学が運営してきましたが、ドナー不足から休止状態に。

一方、アメリカでは、精子バンクが民営化し、ビジネスとして成長しています。インターネットなどで購入できるうえ、規制が甘いこともあり、一人のドナーから100人の子どもが生まれている可能性もあるといいます。男性不妊を取り巻く現状と、今後の向き合い方を考えていきます。

出演者
鈴木おさむさん(放送作家)
武田真一・田中泉(キャスター)

2018年7月28日放送 NHKスペシャル

>> 精子が老化する!?NHKスペシャル「ニッポン精子力クライシス」の再放送・見どころは?

Sponsored Links

放送後のポイント解説

「男性不妊」で悩む夫婦の現状

ある女性の証言で、「男性不妊」に対する産婦人科医の対応の問題点が浮かび上がってきました。その女性によると、産婦人科医は「男性不妊」であるにもかかわらず、その根本的な改善の治療を施さずに「顕微授精」を繰り返し行うだけだったそうです。1回の顕微授精で30万円ほどの医療費がかかり、それを繰り返しているうちに医療費が1000万円を超えてしまったというのです。

その後、5軒目にようやく男性不妊に詳しい泌尿器科にかかることができ、禁煙や食生活の改善などの指導を受け、妊娠に至ることができたそうです。

男性不妊の専門医が全国で50人ほどしかいないということが問題のひとつだと指摘されています。

ある病院では、こういう問題を回避するために、一人の男性不妊の患者に産婦人科医と泌尿器科医の二人が担当について、診断や治療方針の検討を行うというものです。

精子力アップの7か条

男性不妊の問題を抱えている夫婦は、この7か条を知っておいたほうがいいですね。

  • 軽めの運動
  • 禁欲しない
  • 亜鉛の摂取
  • 体重管理
  • 質の高い睡眠(7時間程度)
  • 長風呂・サウナを避ける
  • びっちりした下着をはかない

精子バンクが危機に直面

アメリカでは精子バンクの規制がゆるく、一人のドナーが何人の患者に精子を提供してもよいそうです。精子バンクから提供を受けた精子によって生まれた女性が、ドナー情報を取得し、遺伝上の父親に会いに行くというケースもあるのには驚きました。遺伝上の異母兄弟同士とも交流があるようなんです。

一方、日本ではドナーとなる精子提供者が少なく、精子バンクが機能していません。慶應義塾大学名誉教授の吉村泰典さんによると、日本で精子バンクを機能させるためには以下のような点を克服する必要があると指摘しています。

  • 親子関係の法律を整備
  • 一人のドナーが提供できる数に上限を設ける
  • 例えば学歴などで・・・、精子の選択はしない
  • 他に手段のない人が利用できるようにする

Sponsored Links

RELATED POST