見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
クローズアップ現代

クローズアップ現代「日大アメフトOBたちの証言」の再放送・見どころは?危険タックルはなぜ?

978B6055-9EF8-4AAC-AD21-D48FEF3EE223

「クローズアップ現代」の番組紹介

「クローズアップ現代」は、現代の社会問題から注目のトレンド、人物等の情報ドキュメンタリーと解説者の生のトークを絡めた情報番組です。一般的なニュース番組では掴めなかった問題の本質を解説者の方々が深く分け入って浮き彫りにしてくれる番組です。

イギリスのEU離脱や、トランプ大統領の誕生に世界が揺れた2016年、世界最大の英語辞典が選んだ「今年の単語」は「ポスト・トゥルース」でした。客観的事実より、虚偽であっても感情に訴える情報のほうが影響力を持つ。スマホひとつで誰もが発信者になれる一方、フェイクニュースが飛び交い、情報の真偽を見極めることが日に日に難しくなっていく。私たちはそんな時代を生きています。今こそ、「クロ現+」が追求してきたジャーナリズムの真価が問われていると思います。

2017年、「クロ現+」は武田真一キャスターを新たに迎えました。長年ニュースを担ってきた蓄積を土台に、ますます多様で複雑になる現代のテーマに斬り込んでいきます。政治、経済、社会、国際、文化、科学、スポーツ、芸能…取り上げる題材に聖域はありません。その拠り所になるのは地道な取材に基づくファクト。取材チームには鎌倉千秋キャスターと田中泉キャスターが加わり、より納得感のある情報プレゼンテーション役を担います。

番組がめざすのは、不確実な情報の海を進む現代人のための羅針盤。25分というテレビ番組としてはけして長くない時間の中で、可能な限り問題意識を突き詰め、フェアに提示していきたいと思っています。それが様々な議論のきっかけとなり、社会の矛盾や不正義を見つめ直すことにつながれば…そんな思いで「クロ現+」は25年目の航海に漕ぎ出します。

放送 毎週月曜日~木曜日 午後10時~[NHK総合]

キャスター 武田真一、鎌倉千秋、田中泉

Sponsored Links

“つぶせ” 危険タックルはなぜ? ~日大アメフトOBたちの証言~

放送 2018年5月24日(木)午後10時~午後10時25分

978B6055-9EF8-4AAC-AD21-D48FEF3EE223

放送前の予告

「1プレー目でクオーターバックをつぶせば出してやる」「相手がけがをしたらこっちの得」関西学院大学とのアメフトの定期戦で「危険なタックル」を行った日大の選手による衝撃の告白。日大は「つぶせ」という指示をしたことは認めたものの、あくまでけがをさせるつもりはなかったと主張は対立しています。

しかし、取材を重ねると、内田前監督の選手管理法によって、選手が危険行為を「やるしかない」という心境に追い込まれていった姿が見えてきました。監督の指示を、コーチ、選手はなぜ拒否できなかったのでしょうか。その背景に何があったのでしょうか。スポーツ界で繰り返される「暴力」「パワハラ」の連鎖を防ぐために何が必要か、OBの証言から検証します。

出演者

森清之さん(東京大学アメリカンフットボール部 ヘッドコーチ)
友添秀則さん(早稲田大学スポーツ科学部 教授)
武田真一・鎌倉千秋(キャスター)

Sponsored Links

放送後のポイント解説

監督が強大な権力を持っていた

内田前監督は、コーチや部員たちが絶対服従するしかない強大な権威を持っていました。日本大学の常務理事であり実質的には大学のNo.2として大学職員の人事権を掌握していたり、年間2600億円の予算を持っていました。さらに、部員たちの卒業後の就職にも影響力が及んでいたそうです。また、部員たちの前でコーチに暴力をふるうこともあったそうです。

そんな内田前監督の部員を奮い立たせるための常套手段は「干す」ことだったのです。一時的に試合や練習から外すことで、本気を出させていたようです。

このような権力の構図、指導者のパワハラ問題は、実は、アメフト界だけではなく、スポーツ界全体の問題と受け止められています。

改善策として考えられること

そのヒントは、アメリカにありました。アメリカのアメフトも過去に死亡事故が多発したことがあり、現在は、様々な大学を横断する強固な組織としてNCAA(全米大学体育協会)を設立したそうです。NCAAの役割は、クラブ運営を監視したり、選手の育成、指導者の育成を担っているんです。

日本のスポーツ界は、勝利至上主義からハンドルを切ってスポーツ観を変えていく必要があるのです。

Sponsored Links

関連ニュース

【週刊文春】日大アメフト部内田監督「14分の自供テープ」を独占公開

5月6日に起きた関西学院大学との定期戦における悪質タックルが大きな批判を受けている日本大学アメフト部。22日の会見で宮川泰介選手は、内田正人監督から反則行為の指示を受けたと明かしましたが、内田監督自身が試合直後、「何年か前の関学が一番汚い」「僕、相当プレッシャー掛けてるから」「あのぐらいラフプレーにならないでしょ」「こんなこと言っちゃ悪いんだけど、宮川はよくやったと思いますよ。だから、そろそろ良くなるんじゃないですかね、宮川。法律的には良くないかもしれないけど、そうでしょ。だけど、まぁそういう方向に。それが反則であるっていうのならボクの責任だし」などと反則プレーの指示について“全面自供”していたことが、「週刊文春」取材班が入手した「自供テープ」から分かりました。

5月24日(木)発売の「週刊文春」では「14分の自供テープ」の内容に加え、日大の最高権力者、田中英寿理事長を直撃した際の一問一答など、6ページにわたって日大問題を特集しています。

負傷選手の父が被害届を提出

日大・内田正人監督は5月19日、被害に遭った関西学院大学の選手に謝罪したものの、その後の取材への対応に全国から批判が殺到しました。そして、5月21日には関学の被害者生徒の保護者が警察に被害届を提出するに至りました。被害届を受けた警視庁は、傷害の疑いで捜査を始めたことが分かりました。

今後、タックルをした日大の宮川泰介選手以外に内田正人前監督やコーチからも事情を聴いて、傷害の疑いを視野に捜査する方針です。ある捜査幹部は「映像を見る限り、ルールを逸脱していて悪質性が高い」とする一方で、「試合中のプレーを刑事事件として立件することが妥当なのか慎重に検討する必要がある」と話しているそうです。

Sponsored Links

見逃した「クローズアップ現代」を見る方法

見逃した「クローズアップ現代」は、NHKオンデマンドで視聴することができます。ただし、全放送番組が視聴できるかどうかはわかりませんので、予め視聴可能な番組を確かめていただくことをオススメします。

見逃したNHK番組を見る方法

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

↓↓↓↓↓

U-NEXT

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

U-NEXTの特徴・サービス内容・メリット

ポイント1 配信作品数が多く、最新作も充実している!
ポイント2 「見放題作品」と「レンタル配信作品」の2種類がある!
ポイント3 U-NEXTポイントを使ってお得に視聴!
ポイント4 さまざまなデバイスに対応!
ポイント5 ファミリーアカウントも含め1契約で4アカウントゲット!
ポイント6 ビデオ見放題サービス会員は70誌以上の雑誌が読み放題!
ポイント7 NHKオンデマンドの見放題パックにU-NEXTポイントが使える!
ポイント8 31日間の無料トライアル!

無料トライアル期間中は、見放題作品は31日間無料となります。さらに、600円分のU-NEXTポイントがもらえるので、最新作などの有料コンテンツが600円分無料で視聴できます。(ただし、一部ポイントが使用できない作品があります。)なお、無料トライアル期間中はいつでも解約可能です。つまり、簡単登録!31日間は見放題!31日間中はいつでも簡単解約可!

U-NEXT 無料トライアルの申し込みはコチラからどうぞ! ⇒ U-NEXT

また、他の動画配信サービスとの比較や、サービス内容等の詳しい内容は、コチラをご覧ください。

>> 見逃したテレビドラマを見るならU-NEXT/ユーネクストがオススメ!

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2018年5月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links