見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
クローズアップ現代

クローズアップ現代+「オウム死刑囚 最期の手紙」の再放送・見どころは?

B79F220B-A5A3-4F84-B18F-A5A84F88A594

「クローズアップ現代+」の番組紹介

クローズアップ現代+」は、現代の社会問題から注目のトレンド、人物等の情報ドキュメンタリーと解説者の生のトークを絡めた情報番組です。一般的なニュース番組では掴めなかった問題の本質を解説者の方々が深く分け入って浮き彫りにしてくれる番組です。

263498E6-4C71-4594-AE47-CD5F37D4A082

イギリスのEU離脱や、トランプ大統領の誕生に世界が揺れた2016年、世界最大の英語辞典が選んだ「今年の単語」は「ポスト・トゥルース」でした。客観的事実より、虚偽であっても感情に訴える情報のほうが影響力を持つ。スマホひとつで誰もが発信者になれる一方、フェイクニュースが飛び交い、情報の真偽を見極めることが日に日に難しくなっていく。私たちはそんな時代を生きています。今こそ、「クロ現+」が追求してきたジャーナリズムの真価が問われていると思います。

2017年、「クロ現+」は武田真一キャスターを新たに迎えました。長年ニュースを担ってきた蓄積を土台に、ますます多様で複雑になる現代のテーマに斬り込んでいきます。政治、経済、社会、国際、文化、科学、スポーツ、芸能…取り上げる題材に聖域はありません。その拠り所になるのは地道な取材に基づくファクト。取材チームには鎌倉千秋キャスターと田中泉キャスターが加わり、より納得感のある情報プレゼンテーション役を担います。

番組がめざすのは、不確実な情報の海を進む現代人のための羅針盤。25分というテレビ番組としてはけして長くない時間の中で、可能な限り問題意識を突き詰め、フェアに提示していきたいと思っています。それが様々な議論のきっかけとなり、社会の矛盾や不正義を見つめ直すことにつながれば…そんな思いで「クロ現+」は25年目の航海に漕ぎ出します。

放送 毎週月曜日~木曜日 午後10時~午後10時25分[NHK総合]

キャスター 武田真一、鎌倉千秋、田中泉

Sponsored Links

「クローズアップ現代+」の見逃し配信を見る方法

クローズアップ現代+」の見逃し配信は、NHKオンデマンドで配信されています。

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXTポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円)を使ってNHKオンデマンドの「見放題パック」を購入することができるんです。

見逃したNHK番組を見る方法

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

↓↓↓↓↓

U-NEXT

U-NEXTの特徴・サービス内容・メリット

ポイント1 配信作品数が多く、最新作も充実している!
ポイント2 「見放題作品」と「レンタル配信作品」の2種類がある!
ポイント3 U-NEXTポイントを使ってレンタル配信作品をお得に視聴!
ポイント4 さまざまなデバイスに対応!
ポイント5 ファミリーアカウントも含め1契約で4アカウントゲット!
ポイント6 ビデオ見放題サービス会員は70誌以上の雑誌が読み放題!
ポイント7 NHKオンデマンドの見放題パックにU-NEXTポイントが使える!
ポイント8 U-NEXTポイントを使って電子書籍が購入可能!34万冊以上配信中!
ポイント9 U-NEXTアプリで作品のダウンロードも可能!外出先でも視聴可能!
ポイント10 31日間の無料トライアル!
ポイント11 東証一部上場企業が提供するサービスだから安心・安全!

無料トライアル期間中は、見放題作品は31日間無料となります。さらに、600円分のU-NEXTポイントがもらえるので、最新作などの有料コンテンツが600円分無料で視聴できます。(ただし、一部ポイントが使用できない作品があります。)なお、無料トライアル期間中はいつでも解約可能です。つまり、簡単登録!31日間は見放題!31日間中はいつでも簡単解約可!

とにかく、どんなサービスか?使い勝手はどうか?31日間は無料なので一度試してみて下さい!

U-NEXT 無料トライアルの申し込みはコチラからどうぞ! ⇒ U-NEXT

また、他の動画配信サービスとの比較や、サービス内容等の詳しい内容は、コチラをご覧ください。

>> 見逃したテレビドラマを見るならU-NEXT/ユーネクストがオススメ!

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2018年7月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

クローズアップ現代+「オウム死刑囚 “最期の手紙”」

放送 2018年7月26日(木)午後10時~午後10時25分

放送前の予告

今日、オウム真理教の元幹部たち6人の死刑が執行された。「地下鉄サリン事件」などの凶悪事件を引き起こした教祖・麻原元死刑囚をはじめとする7人の執行が今年7月6日に行われてから間を置かない“同時執行”となりました。

私たちは獄中で元死刑囚が綴った手紙の内容を独自に入手。そこには、今回刑を執行された元死刑囚が、麻原そしてオウムをどう見ていたのか、なぜ凶悪な犯行に及んだのか、そして犯した罪を自らの“死”をもって償うことになったことへの心境が綴られていました。オウムとは何だったのか?獄中からの手紙に綴られた言葉から迫ります。

出演者

江川紹子さん(ジャーナリスト)
武田真一・田中泉(キャスター)

Sponsored Links

放送後のポイント解説

林泰男 死刑囚の手紙から

「被害者の人に対して申し訳なく思っています。おかしな命令や生活に慣れてしまっていた。結果を考えずに行動することに慣れてしまっていた。」「今日のお昼 NHKラジオニュースでみんなの執行のことを知りました。ちょうど食事中のことでした。井上君とか豊田君とか・・・若い人のことを考えると心が痛みますが・・・次は私の番です。」「なぜ事件は起こされたのだろうか?どうすれば起こさずに済んだのだろうか?といった類の問いに対してはどのような答えにも私自身納得することができないのでどうすることもできません。」

岡﨑一明 死刑囚の手紙から

「麻原と直接会ってその大きな包容力にビックリした。修行者然としたエネルギーと謙虚な有様に圧倒された。」「麻原から褒められると一番うれしかった。麻原のビジョンや計画が発動されたらもはやそれ以外のことは眼に入らない。麻原の書いたビジョンに邁進することが最高の功徳であり弟子の使命なのです。」「傍から見ると現実感が無いと思われるでしょう。でも当時の私たちは真剣でした。人間味のない無機質な空間で私たちはまさに判断力をなくした人形でした。もし時が戻るのであればと幾度も慟哭し我が身を呪ったものでした。被害者の方々や御遺族の貴い時間は1秒間たりとも癒されることはありません。刑の執行を待つのが当然であると受け止める次第であります。」

広瀬 死刑囚の手紙から

「当初、私は教義を確認しながら進んでいる感覚でいました。入信直後は違法行為を指示されても受容しなかったと思います。」「神である彼の言葉は絶対的な意味を持っていたのです。地下鉄にサリンを撒く指示も救済としてしか受け取れませんでした。殺人という常識的なイメージが浮かばなかったのです。松本被告人の奇妙な言動が伝わるたびに彼を神と誤解し指示されるままに多くの方々を殺傷した自己の愚かさが身にしみました。法廷で被害関係者の皆様の生の声に触れ手記集や証言の記録も読ませていただきました。私どもが殺傷してしまったのは社会で誠実に生きてこられた方々ばかりでした。残酷な行為をした愚かさは悔やんでも悔やみきれない思いです。」

番組を視聴して・・・

死刑囚たちの手紙の内容を知り、改めて麻原の弱い人間の心に入り込み大罪を犯させた非道の姿を思い知らされました、また、この人たちは麻原に出会わなかったら、こんな罪を犯すことはなかっただろうと思えてきました。

まだまだ、解明できていない謎が多い一連の事件にフタをし、麻原以外の死刑囚全員の刑を執行してしまったことに、疑問を感じざるを得ません。被害者遺族の方々は納得しないかもしれませんが、個人的には、もっと彼らから話を聞いて今後の再発防止に活かす取り組みをすべきだったと思います。

Sponsored Links

滝本太郎弁護士が明かした心境とは?

オウム真理教が犯行に及んだ一連の事件で、法務省は元幹部6人に対する死刑を7月26日に執行しました。教団元代表の麻原彰晃(本名:松本智津夫)元死刑囚を含む7人は、すでに今年7月6日に死刑が執行されています。1995年の強制捜査から23年あまりを経て、13人の死刑囚全員の刑が執行されたことになります。

麻原元死刑囚の四女の代理人でもある滝本太郎弁護士が、26日午前、自身のブログで心境を綴りました。長くオウム事件の被害者支援などに携わってきた滝本弁護士は、自身もオウムから命を狙われた経験があるそうです。そんな滝本弁護士は、ブログで「勿論、それぞれ重い罪を犯したのだが、歴史に残る残虐な死刑執行になってしまった」と記し、6人の死刑囚それぞれについて言及しています。

B79F220B-A5A3-4F84-B18F-A5A84F88A594

なかでも、林泰男死刑囚については「少しは悪い奴であってほしかったが、面談すれば地裁判決文が言う通りだった。」として、林死刑囚に対して2000年6月29日に東京地裁が言い渡した判決文の一文について「死刑判決の中にこの文脈、異例中の異例です。」と言葉を添えつつ紹介しています。

麻原および教団とのかかわりを捨象して、被告人を一個の人間としてみるかぎり、被告人の資質ないし人間性それ自体を取り立てて非難することはできない。およそ師を誤るほど不幸なことはなく、この意味において、被告人もまた、不幸かつ不運であったと言える。

滝本弁護士は「オウム事件では、本来、松本死刑囚一人の死刑だけで必要十分だった。他の12人は、私を殺そうとした人を含めて手足にされていたのだから。手足を死刑にしてどうするんだ、と。松本智津夫の死刑を執行して、時を経過させ、12人がどう話していくか、知りたかった。」「麻原彰晃が、更に道連れにしていったな、という印象を持ちます。」などと記しています。

Sponsored Links