見逃したテレビを見る方法
ガッテン

心筋梗塞の意外な落とし穴!ガッテンの見どころ・再放送・動画配信は?

511B7619-3D3B-42B9-B80F-EDCA50486F36

見逃した「ガッテン」は、ユーネクストで視聴できます!

「ガッテン」を見逃した方には、動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をおすすめします。初回登録時にもらえるU-NEXTポイントを使って「まるごと見放題パック」に入れば、NHKの人気番組が見放題となります。新規の登録から31日間は無料体験できますので、まずはお試しください。もちろん、NHK番組以外のドラマやアニメ、映画、バラエティー番組などもたっぷり楽しめます。U-NEXTはスマホ・タブレット・パソコン等のデバイスで楽しめます!

U-NEXTの31日間無料トライアルで「まるごと見放題パック」に入れば、
NHKオンデマンド作品が全て見放題の無料体験ができます!

詳しくはコチラ

「ガッテン」の配信期間は約2週間となります!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

.

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

NHK総合テレビ「ガッテン!」ってどんな番組?

image

NHK総合テレビ毎週水曜日19:30~放送される『ガッテン!』は、食・健康・美容・住まい等のジャンルから身近な生活の話題の一つのテーマを、最新の科学を駆使・実践していくことで今までの常識を覆し、新しい常識を発見していくという生活情報番組です。

ふだんの生活の「なぜ?」「どうして?」について、最先端の科学とユニークな実験、世界の隅々を体当たり取材するなど、あらゆるアプローチで徹底解明してくれます。いつも作っていたあの料理がびっくりするほど美味しく変身したり、信じ切っていたあの健康法が誤解だらけだったり・・・。「そういうことだったのか!」とスカッとしちゃいます。目からウロコの『お役立ち情報』であなたの家族と暮らしがガラリと変わりますよ!

そして、なんと言っても司会の立川志の輔が分かりやすく解説してくれるので、子供からお年寄りまで家族揃って科学の面白さを発見でき、また直ぐに生活の中に取り入れて実践することができるというとってもためになる番組なんです。

2016年3月までは「ためしてガッテン」というタイトルで約11年間放送されていました番組がタイトル変更でリニューアルされて今に至っています。

「ガッテン!」の再放送は?

「ガッテン!」の再放送は、翌週水曜日の午後3時08分~放送されています。でも放送日時が変更されることもありますので、番組表などでご確認くださいね。

でも、放送時間に制約されずに、見たい時に見たい!っていう方には、動画配信サービスがオススメです。

Sponsored Links

見逃した「ガッテン」を視聴する方法

1.放送から1週間以内なら「NHKプラス」で視聴!

NHKプラス」は、NHKの地上波放送の番組をインターネットで視聴できる無料の動画配信サービスです。放送中の番組を視聴できる「常時同時配信」と、放送後の番組を視聴できる「見逃し番組配信」があります。ただし、見逃し番組配信は放送日から1週間となります。

2.放送日の翌日から約2週間は「NHKオンデマンド」や「U-NEXT」でも視聴できます!

見逃した「ガッテン」の動画は、NHKオンデマンドユーネクストで配信されています。これなら、いつでも見たい時に見ることができます。ただし、配信期間は放送日の翌日から2週間程度となりますのでご留意ください。

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXTポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円。ただし、このページのリンクから登録すれば1,000円)を使ってNHKオンデマンドの「まるごと見放題パック」を購入することができるんです。

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

「まるごと見放題パック」ならNHKの人気番組が見放題!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

↓↓↓↓↓

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

なお、NHKの見逃した番組を見る方法は、コチラの記事をご参照ください。

NHKの見逃し番組を見る方法

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2021年1月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

ガッテン!「激痛でも放置!?心筋梗塞の意外な落とし穴」

放送 2021年1月6日(水)午後7時30分~[NHK総合]

511B7619-3D3B-42B9-B80F-EDCA50486F36

放送前の予告

年間3万人以上が亡くなる心筋梗塞。時に命に関わる病気ですが、早く病院に行って治療さえすれば医療の進歩によって救命率はとても高くなっています。しかし、100人を超える発作経験者を徹底取材すると、発作が起きてからすぐに病院に行った人は半数程度であることが明らかに!なぜ、すぐに病院へ行かないのでしょうか?心筋梗塞の発作に隠された意外な落とし穴とは!?もしものときに自らの身を守るための正しいすべをお伝えします!

ゲスト 笑福亭笑瓶、大久保佳代子、大島麻衣

「ガッテン」を見逃した方は、ユーネクストの31日間無料体験で!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

Sponsored Links

放送後のポイント解説

心筋梗塞は迅速な治療が大切!発作から2時間以内がベスト!

心筋梗塞は動脈硬化などが原因で血液の塊(血栓)が心臓の血管に詰まってしまう病気です。一刻も早く血液の塊を取り除いて血流を再開させることが必要になりますが、その治療にはカテーテルという細い管を使います。手首などの血管から詰まっている部分までカテーテルを入れて、その先に装着されているステントという小さな金属の網で血管を広げて血流を再開させます。病院に行くまでに亡くなる人も多いのですが、この治療を受ければ95%とも言われる高確率で命が助かります。発作が起きたらとにかく早く病院で治療を受けることが大切です。

半数がすぐに病院へ行かない!その不思議な理由とは!?

今回、番組では心筋梗塞の経験者110名に聞き取りやアンケートなどで調査を行いました。そこから浮かび上がったのは「およそ半分の人がすぐに病院へ行っていなかった」という事実!強烈な症状があるにもかかわらず、なぜ病院へ行かないのか?それには3つの理由があると考えられます。

理由①「自分は大丈夫だろうと思った」

「胸に象が乗っている感じ」「やりで胸を刺されたよう」など胸に強烈な症状があるのに、経験者たちの中には「年のせい」「花粉症が悪化した」などと考える人も。実はこれ、人の心の不思議なクセが影響しています。明らかに異常なことが起きているのに「自分は大丈夫だろう、自分だけは助かるだろう」と考えてしまう、「正常性バイアス」と呼ばれる心理です。人は誰でも同様の反応をする可能性を持っていると考えられるのです。

理由②「症状が治まったから」

心筋梗塞は強烈な胸の痛みなどの症状が出ますが、数分から30分ほどで、その症状が消えてしまう場合も多くあります。実は、血液の中には血栓を溶かす成分も入っており、その成分が血栓を溶かして血流が再開し、痛みなどの症状が消えることがあるのです。しかし、安心してはいけません。動脈硬化でできた血管の壁の“コブ”は残っているので、いつ再発するかわからない危険な状態。すぐに手当をしなくてはならないのです。

理由③「まさか心臓の病気とは思わなかった」

心筋梗塞は胸の他に歯、あご、肩、腕などに痛みを感じることがあります。痛みを感じる信号は、脊髄を通って脳へ伝わります。実は心臓からの信号も、腕やあごからの信号も、同じ経路を通って伝わるため、脳が痛みを感じる場所を間違えることが原因だと言われています。痛みを感じる部分が腕やあごだった場合、自ら心筋梗塞を疑うことは難しいのです。

「命に危険を感じたら」すぐ病院へ!迷ったら電話相談!

確実に命を救い、後遺症が残らないようにするには、発症してから2時間以内に血流を再開させるまでの治療をすることが理想とされています。したがって、次のような症状を感じたらすぐに病院へ。

今までに経験したことの無いほど強い胸の痛み。経験したことが無い種類の痛み、苦しさ。
命の危険を感じる痛み。心筋梗塞の経験者の多くが発作時に「死ぬと思った」と語ります。それほど強く、異常で、命の危険を感じるような痛みです。

これらの症状が出たら救急車を呼び速やかに医療機関を受診するよう、専門家も勧めています。しかし、救急車を呼ぶべきか迷うことも多いはずです。そんな時に役立つ、総務省が実施している電話相談サービスがあります。看護師さんなどと直接話すことができ「救急車を呼ぶべき?すぐ病院に行くべき?」などと相談できます。

電話番号は#7119。
まだ一部の地域でしか利用できませんが、お住まいの地域が含まれているか確認しておくと、いざという時に役立つはずです。

A9E7AE33-D800-4E44-8530-DD3A80CBE980

※ご契約の電話回線、通信会社によってはつながらない場合もあります。
詳細はお住まいの自治体にご確認ください。

また、#7119以外の番号で、独自に同様の電話相談サービスを実施している地域もあります。こちらも是非ご確認を!

352B381B-D1A3-479E-8D4C-4555C469EEC3

※ご契約の電話回線、通信会社によってはつながらない場合もあります。
詳細はお住まいの自治体にご確認ください。

Sponsored Links

RELATED POST