見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
ガッテン

【ガッテン】ドライマウスの症状・原因・対処法!唾液パワー全開SPの再放送・見どころは?

400EB4A5-1AEF-46FF-BB3C-640AAFB09F6F

NHK総合テレビ「ガッテン!」

image

NHK総合テレビ毎週水曜日19:30~放送される『ガッテン!』は、食・健康・美容・住まい等のジャンルから身近な生活の話題の一つのテーマを、最新の科学を駆使・実践していくことで今までの常識を覆し、新しい常識を発見していくという生活情報番組です。

ふだんの生活の「なぜ?」「どうして?」について、最先端の科学とユニークな実験、世界の隅々を体当たり取材するなど、あらゆるアプローチで徹底解明してくれます。いつも作っていたあの料理がびっくりするほど美味しく変身したり、信じ切っていたあの健康法が誤解だらけだったり・・・。「そういうことだったのか!」とスカッとしちゃいます。目からウロコの『お役立ち情報』であなたの家族と暮らしがガラリと変わりますよ!

そして、なんと言っても司会の立川志の輔が分かりやすく解説してくれるので、子供からお年寄りまで家族揃って科学の面白さを発見でき、また直ぐに生活の中に取り入れて実践することができるというとってもためになる番組なんです。

2016年3月までは「ためしてガッテン」というタイトルで約11年間放送されていました番組がタイトル変更でリニューアルされて今に至っています。

「ガッテン!」の再放送は?

「ガッテン!」の再放送は、翌週金曜日の深夜に放送されています。でも放送日時が変更されることもありますので、番組表などでご確認くださいね。
また、ずーっと以前に放送された番組が見たいという方には、動画配信サービスがオススメです。

Sponsored Links

見逃したNHK番組を見る方法

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

↓↓↓↓↓

U-NEXT

U-NEXTの特徴・サービス内容・メリット

ポイント1 配信作品数が多く、最新作も充実している!
ポイント2 「見放題作品」と「レンタル配信作品」の2種類がある!
ポイント3 U-NEXTポイントを使ってレンタル配信作品をお得に視聴!
ポイント4 さまざまなデバイスに対応!
ポイント5 ファミリーアカウントも含め1契約で4アカウントゲット!
ポイント6 ビデオ見放題サービス会員は70誌以上の雑誌が読み放題!
ポイント7 NHKオンデマンドの見放題パックにU-NEXTポイントが使える!
ポイント8 U-NEXTポイントを使って電子書籍が購入可能!34万冊以上配信中!
ポイント9 U-NEXTアプリで作品のダウンロードも可能!外出先でも視聴可能!
ポイント10 31日間の無料トライアル!

無料トライアル期間中は、見放題作品は31日間無料となります。さらに、600円分のU-NEXTポイントがもらえるので、最新作などの有料コンテンツが600円分無料で視聴できます。(ただし、一部ポイントが使用できない作品があります。)なお、無料トライアル期間中はいつでも解約可能です。つまり、簡単登録!31日間は見放題!31日間中はいつでも簡単解約可!

とにかく、どんなサービスか?使い勝手はどうか?31日間は無料なので一度試してみて下さい!

U-NEXT 無料トライアルの申し込みはコチラからどうぞ! ⇒ U-NEXT

また、他の動画配信サービスとの比較や、サービス内容等の詳しい内容は、コチラをご覧ください。

>> 見逃したテレビドラマを見るならU-NEXT/ユーネクストがオススメ!

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2018年6月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

ガッテン!「免疫力アップ&口臭予防!唾液パワー全開SP」

総合テレビ 2018年7月4日(水)午後7時30分~8時15分
再放送   2018年7月7日(土)午前0時25分~

400EB4A5-1AEF-46FF-BB3C-640AAFB09F6F

放送前の予告

今回の「ガッテン!」のテーマは唾液。食べ物の消化を助けるのはもちろん、細菌を殺し、初期の虫歯を治し、果ては育毛効果まである?という私たちに欠かせない存在です。「でもなぜ緊張すると口が乾くのか?」この素朴な疑問を突き詰めていくと、動物の進化の話にまでさかのぼる、唾液の奥深い世界が見えてきます。

一方、この唾液が不足し、不快な口の乾きが長期間続くのが「ドライマウス」。国内に800万人の患者がいるとされ、口臭や口内炎、味覚障害、食べ物が飲み込みづらくなる嚥下(えんげ)障害などさまざまな症状に苦しんでいます。これまでドライマウスの症例の多くは「原因不明」とされてきましたが、近年についにその謎の一端が明らかになってきました。意外な原因と、最新の治療法についてたっぷりお伝えします。

ゲスト 高橋英樹、はしのえみ、指原莉乃

Sponsored Links

放送後のポイント解説

知られざる「唾液」の世界

人は、毎日1.5リットルもの唾液を分泌しています。この唾液には、育毛効果のある「シアル酸」、抗菌作用のある「リゾチーム」や「分泌型免疫グロブリンA」、傷を修復する働きがある「ヒスタチン」、歯を修復してくれる「ハイドロキシアパタイト」、消化作用のある「アミラーゼ」、保湿・粘膜保護の効果がある「ムチン」などの成分が含まれています。そう言えば、傷口に唾液を付けたりしますよね。南米・コロンビアでは、理髪店で育毛のために牛に頭皮を舐めさせるサービスがあるそうなんです。

ところで、緊張したり極度のストレスがかかった時に口の中が乾きますが、これはどうしてなんでしょうか?これは、動物の進化に関係していたんです。動物は、怪我をした時に傷口を舐めて傷を治すため、危険を感じると怪我や出血に備えて、脳が唾液腺に指令を出して水分を減らし唾液の成分を増やし、唾液の濃度を濃くしているんです。人間にも、動物と同じような習性が働いているから、口の中が乾くのだそうです。

ドライマウスの症状と原因は?

最近は、唾液にまつわるトラブルが増加しています。緊張やストレスが解消しても唾液の量が戻らない人が増えているのです。このような症状のことを「ドライマウス(口腔乾燥症)」と言います。このドライマウスの症状には、以下のようなものがあります。

  • 強烈な口の乾き
  • 口内炎ができやすい
  • 強い口臭
  • 虫歯ができやすい
  • 食事の味がしない(味覚の異常)
  • 様々な感染症
  • 誤えん
  • 肺炎

中には、口臭が原因で人と話をするのが億劫になり引きこもりがちになるという人もいるそうです。

このドライマウスの原因は、実は「脳」にあるんです。ストレスがかかった時に、左脳の血流量が増える人と、右脳の血流量が増える人がいます。この二つのタイプのうち、右脳の血流が増えるタイプの人は心拍数が異常に増加するストレスに敏感なタイプの人なんです。こういう人は、ストレスが長期化することで脳が「ストレス脳」になりやすく、ひいては唾液の量が減少するというのです。

Sponsored Links

ドライマウスのセルフチェック

自分がドライマウスかどうかをチェックする方法として、番組内では以下のチェック項目が紹介されました。当てはまるものが多い方は、要注意です!

  • 口の乾きが3ヶ月以上続く
  • 口内炎がよくできる
  • 口臭が常に気になる
  • 虫歯になりやすい
  • 目や鼻の中が乾燥する

ドライマウスの対処方法は?

あるドライマウスの患者さんが、横断歩道を渡る時に白いラインだけを歩いたり、オカリナの演奏に熱中することで、症状が改善したそうなんです。これは、何かに没頭したり意識を集中させることで、口の乾きを忘れることができたからなんだそうです。

通常のドライマウスでは、薬を使うということはあまりないそうですね。ただし、シェーグレン症候群と診断された方は、医師と相談のうえで唾液分泌促進薬を使うこともあるそうです。

一般的に、ドライマウスの改善法として医師が進めている対処法は、「リップトレーニング」という方法です。これは、「イー」「ウー」と発声しながら口の筋肉の運動をする方法です。毎日10回以上続けることで効果が期待できるそうです。

また、味覚障害で悩んでいる方には、「特製昆布ドリンク」で1日10回程度口をゆすぐだけで、昆布に含まれるうまみ成分が口の中で働いて、唾液の分泌を促進してくれるそうなんです。

[特製昆布ドリンクの作り方]

細かく刻んだ昆布30gを500mlの水に1日つけておくだけです。ただし、作った「特製昆布ドリンク」は、冷蔵庫で保存して2日以内に使い切ってください。

Sponsored Links

「ドライマウス」とは?

ドライマウス(口腔乾燥症)とは、なんらかの原因で唾液腺の機能異常を伴い唾液の分泌が低下することにより持続的に発症する口の乾きを示す病態です。

唾液は主に、耳下腺、顎下腺、舌下腺の3大唾液腺から分泌され、成人では1日に約1.5ℓ分泌されます。唾液の主成分は水とムチンで、口の中の洗浄作用や潤滑作用、さらに抗菌作用や口の中を中性に保つための緩衝作用があります。唾液の分泌が50%程度まで低下すると、ドライマウス(口腔乾燥症)を自覚するようになると報告されています。

唾液分泌量が減少すると、口腔の中の粘膜が乾燥したり粘性が増加したりするほか、泡の多い唾液や糸を引く唾液が増えるといった症状が現れます。ドライマウス(口腔乾燥症)は発語や嚥下運動といった口腔の動きを妨げるだけでなく、唾液分泌量の減少により口腔中の細菌や汚れが洗い流されず口腔衛生状況の悪化を招き、さまざまな口腔疾患や口臭の原因にもなります。

ドライマウスの自覚症状は、口渇感、咀嚼障害、味覚異常などです。ドライマウスの方の口腔内を観察すると、う蝕(虫歯)、歯周病の進行、義歯の汚染、口腔粘膜の発赤、舌乳頭の萎縮、口内炎などを確認することもあります。

ドライマウス(口腔乾燥症)の原因は、全身性の病気、神経性の要因、服薬による薬剤性の要因、また加齢などの生理学的要因があります。口腔乾燥症の多くは、加齢変化により唾液腺細胞には問題ないものの唾液分泌量が低下したため生じると考えられています。

全身性の病気では糖尿病、腎障害、貧血、脱水、シェーグレン症候群、サルコイドーシス、後天性免疫不全症候群(AIDS)などが挙げられます。神経性の原因としては、ストレス、抑うつなどの精神状態との関連が考えられます。薬物性では抗コリン作用薬(抗不安薬、抗ヒスタミン薬、抗うつ薬など)、降圧薬、抗パーキンソン病薬などの薬剤による副作用があります。これら以外にも、放射線治療、唾液腺炎、唾液腺腫瘍などが唾液腺の機能障害を起こして症状を起こすこともあります。

Sponsored Links