見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
カンブリア宮殿

カンブリア宮殿「井筒まい泉」の再放送・見どころは?老舗とんかつチェーンの人気の秘密とは?

EB263D83-7B25-402E-BDA3-A15D590FD778

テレビ東京「カンブリア宮殿」

村上龍 ✕ 経済人

放送 毎週木曜日 午後10時~10時54分[テレビ東京]

カンブリア紀・・・
地球で起きた生命の大爆発。
次なる進化を求めて生物が一斉に誕生した。
あれから5億5000万年・・・
平成の時代に起きた経済の大変革。
未来の進化を担って、
今、多種多様な人物が次々と誕生している・・・
そんな”平成カンブリア紀の経済人”を迎える、
大人のためのトーク・ライブ・ショーです。

9ED36549-419A-47B7-ADEA-11423056500B

MC 村上龍 小池栄子

カリビアン宮殿の再放送は?

カリビアン宮殿の再放送は、2012年頃まではBSジャパンで放送されていましたが、現在は再放送されていません。なお、放送後1~2週間遅れで、番組公式サイトにて無料動画が配信されています。

また、有料の動画配信サービスは、テレビ東京「ビジネス オンデマンド」にて視聴できます。

Sponsored Links

カリビアン宮殿「老舗とんかつチェーン『まい泉』人気の秘密と知られざる企業改革」

放送 2018年11月8日(木)午後10時~[テレビ東京]

出演 井筒まい泉 代表取締役社長 岡本猛

放送前の予告

ヒレかつサンドで有名な老舗とんかつチェーン「まい泉」
10年で売り上げを70億円から120億円に伸ばした!その経営術に迫る!

EB263D83-7B25-402E-BDA3-A15D590FD778

主婦であった小出千代子が僅か10坪のとんかつ店として創業、「箸で切れるやわらかなとんかつ」を売りに一代で巨大チェーンに育て上げた。2008年にサントリーが事業を継承、新社長に就任したのは岡本猛。岡本は「家業から企業へ」をモットーに改革に乗り出し、10年で売上を70億円から120億円と伸ばした。その経営術に迫る!

岡本猛さんのプロフィール

6471E92C-AC37-4DDD-80BA-3C1C4F39ED3F

1957年1月8日生まれ。大阪出身。
父はプロ野球選手であり、プロ野球解説者としても有名な元、近鉄バッファローズ監督である岡本伊三美。母方の祖父は富士火災の社長を務めた財界人である。血筋に恵まれた岡本は、小学校から高校までを教育大学付属小・中・高で過ごす。高校卒業後は、慶応大学に進学。大学時代は、ディスコにも通いナイトビジネスにも惹かれる。卒業後、サントリーに入社。後に、ジガバー、PRONTOなど、新たな業態開発を次々に行う業態開発チームへ配属され、辣腕を発揮する。スーパーポテトに出向し、有名なデザイナー杉本貴志氏のもとで、さまざまなプロジェクトを実現する。出向が解かれ、ふたたびサントリーに戻り、立ち上がったばかりの外食事業部を育てていく。その後、今度は老舗レストランである「まい泉」に出向。現在は社長として、老舗企業を次世代に残していくという課題に取り組んでいる。

井筒まい泉の会社概要

1D90F743-FE88-46FC-A497-B986FFFF3CD8

  • 所在地 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-8-5
  • 設立  昭和40年(1965年)11月30日
  • 資本金 10,000千円
  • 代表者 代表取締役社長 岡本 猛
  • 事業内容 とんかつ及び揚げ物、和風・洋風・会席料理等のレストラン運営(仕出弁当・ケータリング)ヒレかつサンドをはじめとする各種お弁当・和風惣菜の製造及び販売
  • 店舗数 レストラン12店舗/販売店62店舗/海外20店舗(2018年8月現在)

⇒ レストラン一覧

⇒ 販売店一覧

Sponsored Links

放送後のポイント解説

「井筒まい泉」の創業者・小出千代子が僅か10坪のお店から70億円企業のまで大きくした手腕はたいしたものですが、それ以上に彼女の引き際が見事です!社員たちは、顧客よりも社長の顔色を気にするようになったのです。客商売の事業でありながら顧客よりも社長の言動を一番に考えるようになったのでは、先行きは明るくありません。そんな空気を察知した小出千代子は、自分の存在が会社を駄目にすることを悟り、自ら引退することを決意してサントリーに事業を売却したのです。この引き際の良さは、見事としか言いようがありません。

小出千代子からバトンを引き継いだ岡本猛は、社員とのコミュニケーションを大切にし、風通しの良い会社へと変えていきます。そして、ある社員の「現場で頑張って売上をとっても給料は変わらない」という言葉から、家業から事業への改革へと進めていきます。今までなかった人事制度というものを確立し、一人一人が年間目標を作成・提出し、その達成率などで社員を評価していくのです。そして、社員が将来のキャリアアップのイメージが持てるようになったのです。また、お店ごとのPLが見えるようになったり、職人の技術伝承が資格制度へと変わっていったことも家業から事業への変革と言えるでしょう。

一人一人が顧客目線で考えて行動するようになったのも、人事制度が確立されたことが大きいと思います。こういう会社にしていきたいという話が、社長と社員たちで直接語れる雰囲気ができたということは重要なことですね。

村上龍さんは、井筒まい泉の躍進を「幸せなM&A」と評しました。強烈なリーダーシップを発揮して「まい泉」ブランドを作り上げた創業者・小出千代子から、コミュニケーションを大切にしながら社員一人一人のベクトルを同じ方向に向かわせて働く喜びを実感できる企業へと変革していく岡本猛へのバトンタッチは、みんなハッピーなM&Aとなったのです。

0B62B3A7-3C73-4887-9089-707AE53AD107

それにしても、「究極のとんかつ」と言われる東京・青山の本店で1日10食しか食べられない「甘い誘惑」というとんかつ定食!機会があれば是非食べてみたいと思いました。

Sponsored Links