見逃したテレビを見る方法
アニメ

NHKアニメ「大家さんと僕」の原作・あらすじ・再放送・動画配信は?

アニメ「大家さんと僕」

放送 第1〜5話 2020年3月2日〜6日
   第6〜10話 2020年6月8日〜12日
   第11〜15話 2021年3月24日

お笑い芸人の矢部太郎さん(カラテカ)による大ヒット漫画の原作をアニメ化した番組です。2020年3月2日から5夜連続で初回放送され、2020年6月8日から第2弾が放送されました。そして、2021年3月24日に第3弾が放送予定。1話5分の短編アニメで、毎回5話ずつ新作アニメが放送されています。

『大家さんと僕』は、矢部さんが東京・新宿区のはずれの一軒家で、1階に住むおばあちゃんの大家さんとのほのぼのとしてほっこりあたたかな日常を描き、続編『大家さんと僕 これから』を含むシリーズ累計120万部を突破、第22回手塚治虫文化賞短編賞を受賞した大ヒット漫画です。39歳の“僕”と87歳の“大家さん”が、少しずつ心の距離を縮めていく様子に心が温かくなります。絵の雰囲気も、癒し系、かつシンプルです。

  • 原作 『大家さんと僕』矢部太郎(カラテカ)
  • 主題歌 矢野顕子「大家さんと僕」
  • キャスト(声) 僕(矢部太郎):上川周作、大家さん:渡辺菜生子、のちゃーん:のちゃーん(ちゃらん婆)
  • 制作 吉本興業
  • 監督 作田ハズム
  • 脚本 細川 徹
  • アニメーション制作 ファンワークス

あらすじ

1階には大家のおばあさん、2階にはトホホな芸人の僕。挨拶は「ごきげんよう」、好きなタイプはマッカーサー元帥(渋い!)、牛丼もハンバーガーも食べたことがなく、僕を俳優と勘違いしている……。39歳の“僕”と87歳の“大家さん”が織りなす、泣いて笑える“不思議な二人暮らし”。大都会・東京の片隅で息づく、2人だけのユーモラスで心温まる日々の交流。ふと立ち止まり、そっと優しい気持ちにさせてくれる温かいショートストーリーです。

Sponsored Links

原作本『大家さんと僕』/矢部太郎


大家さんと僕 [ 矢部 太郎 ]

一風変わった大家さんとの“二人暮らし”の日々は、ほっこり度100%! 1階には大家のおばあさん、2階にはトホホな芸人の僕。挨拶は「ごきげんよう」、好きなタイプはマッカーサー元帥(渋い!)、牛丼もハンバーガーも食べたことがなく、僕を俳優と勘違いしている……。一緒に旅行するほど仲良くなった大家さんとの“二人暮らし”がずっと続けばいい、そう思っていたーー。泣き笑い、奇跡の実話漫画。

矢部太郎さんのプロフィール

お笑い芸人。1997年に「カラテカ」を結成。芸人としてだけでなく、舞台やドラマ、映画で俳優としても活躍している。初めて描いた漫画『大家さんと僕』で第22回 手塚治虫文化賞短編賞を受賞した。

原作者・矢部太郎さんのコメント

アニメ「大家さんと僕」がみなさまの中でいつまでも続く5分間になったらいいなあと夢見ています。矢野顕子さんの曲は、聴いた瞬間に魔法がかかりました。頭を少しぼんやりさせて聴かないと魔法にかかってしまうので気をつけて聴いています。それでも、またいつのまにか魔法にかかってしまいます。

[第11〜15話の放送にあたって]

この春も『大家さんと僕』の新作アニメが放送されること、とてもうれしく思います。今回はなんと、アニメオリジナルのお話も作られました。僕と大家さんが花火を見るお話です。原作にはない物語に、僕が一番興奮しています。

そして! 原作で大家さんの次に人気のキャラ(僕よりも!)である後輩芸人のちゃーんも登場します。しかも、本人自ら声を演じていて……目立ちすぎです(笑)。どちらもすばらしすぎて、夢のようです!

シーズン1が放送された昨年3月。先の見えない不安な夜にアニメ「大家さんと僕」をたくさんの方と観たこと、そしてご感想をいただいたことで、僕自身救われた思いがありました。まだまだ大変なときが続きますが、おやすみ前のひとときに、ご覧になって、大切な誰かのことを思ってもらえたら幸いです。

主題歌は矢野顕子『大家さんと僕』

主題歌は、数々の名曲を生み出してきた矢野顕子さんが担当。本作品のために書き下ろした「大家さんと僕」は、ゆったりとした時間が流れる大家さんと僕の日常をハートウォーミングな歌唱とピアノで表現します。

矢野顕子さんのコメント

大家さんと漫画の中の矢部さんとわたしと、3人でデパ地下にお出かけしている気持ちで作りました。

Sponsored Links

アニメ「大家さんと僕」の各話のあらすじ

第1話「おかえりなさい」

初回の今夜、一軒家の2階を借りて、引っ越した「僕」は、1階に住む大家さんと出会います。不思議な「二人暮らし」が始まります。

第2話「おひとり暮らし」

第3話「大家さんの部屋」

第4話「ライトとおやき」

第5話「おすそわけ」

第6話「うどんとホタル」

トホホな芸人の39歳の僕(矢部)は、87歳のおばあさんの大家さんが1階に住む、一軒家の二階で暮らしている。ある日、大家さんにお昼ごはんを誘われ、よく来ているといううどん屋さんに行くことに…。

第7話「初めてのケンカ」

トホホな芸人にしては珍しく忙しく、大家さんからの食事の誘いを断ることが続いていた。いただいたお手紙を読むと、次に行く店を決めて生きがいにしているかのよう。やっと予定が合い、ご一緒することになったが、疲れていた僕は冷たい態度をとってしまって…。

第8話「誕生日のサプライズ」

1階に住むおばあさんの大家さんから、お手伝いをお願いされることがよくある。大家さんが買い換えた電話機の使い方を教えてあげたり、よく使う連絡先を登録してあげたり。そして今度は、大家さんの買い物用カートの組み立てをすることに。ところが、この日、突然いつもと違うことが起きて…。

第9話「新宿ランデブー」

大家さんと新宿にお出かけにいくことになった僕。大家さんと一緒だと、タクシーでまっすぐな道路を走っているだけでも、昔の風景が目の前に広がっているような気分になる。行き先は大家さんが大好きなデパート。僕の知らないことをたくさん教えてくれて…。

第10話「僕の悩み」

芸人なのにしゃべることが思いつかず、本番でも全然前に出られない僕。気が付けば、大家さんとしか話していない日もあったりする。芸人の仕事に向いていないのかと悩む僕に、大家さんが時折アドバイスをくれたりするのだが、なかなか前向きになれない。そんなとき、僕がたまたま通りかかったのは、「昭和館」という建物だった…。

第11話「遺品の整理」

大家さんに頼まれて、ポラロイドカメラで大家さんの私物の写真を撮っていた僕。玉虫のブローチ、指輪、ネックレスなど数々の品の写真を撮る僕の隣で、大家さんは撮った写真に何か書き添えていて…。

[補足]

大家さんは「わたしが死んだら誰にもらってもらうか解るようにしておかないと…」って言いながら、もらってもらう人の名前を書いていた。そして、極めつけの問いかけが…。「やべさん、この写真どっちがいいかしら?」って。遺影の写真なんて、僕には決められないです!

第12話「赤いスーツケース」

大家さんと海外旅行のお話をしていた僕。大家さんの豪華な海外旅行の思い出に比べて、お笑い芸人の僕の海外旅行はあまり上品ではない思い出ばかり。そんな僕に、大家さんは「よかったら」と赤いスーツケースを出してきてくれて…。

[補足]

するとスーツケースの中から昔結婚していた頃の旦那が描いたというサザエの絵が出てきた。大家さんは「(元旦那が)裏に何かメッセージを書いたって言ってたけど」と言うので確かめてみると何も書いてなかった。大家さんは「結婚って難しいわね」とポツリ。

第13話「ライバル」

大家さんにお庭の草むしりをお願いされ、初対面の後輩芸人・のちゃーんが手伝いに来てくれることに。最初はのちゃーんのチャラい態度に「大家さんをびっくりさせてしまうのでは…」とヒヤヒヤしていたものの、意外とまじめに丁寧に作業をしてくれたのちゃーんは、大家さんとも打ち解けていて…。

[補足]

大家さんは一見チャラそうなのちゃーんを気に入ったみたいで、「また、いつでもいらしてください」とのちゃーんに優しく声をかけた。ついには、のちゃーんのギャグまで一緒にやるようになって…。大家さんは、僕の大家さんなのに…。僕は、いつしかのちゃーんに嫉妬していた。

第14話「花火」※アニメオリジナル

花火大会の日に、以前は僕の部屋から、そこに住むお兄さんと一緒に花火を見ていた、という大家さんのお誘いを断れず、僕の部屋で大家さんと一緒に花火を見ることに。僕なりに大家さんをおもてなししようとするが…。

[補足]

大家さんは、お兄さんのことを思い出したのか、ちょっぴりしんみりしちゃって…。また、ある年の夏のこと、大家さんが僕の部屋にやってきて、花火が始まったけれど、いつの間にか大きなビルが建っていて花火が見えなくなっていた。

第15話「大家さんの誕生日」

大家さんの誕生日に、いつものお礼にとパジャマをプレゼントすることにした僕。大家さんは鏡の前で服をあてがって、パジャマなのにおでかけに着ていきたい、ととても喜んでくれた様子。でも、おでかけの行き先を聞くと…。

[補足]

お出かけの行き先は、「三途の川よ…。あら、冗談よ。」って。大屋さんは長く座っていると、すぐに立ち上がれないことがあって、それをごまかすように話しかけてくるところが可愛らしい。

アニメ「大家さんと僕」の再放送・動画配信は?

アニメ「大家さんと僕」の再放送については、不定期に放送されています。また、アニメ「大家さんと僕」の見逃し動画配信については、「NHK+」で視聴することができます。

NHKプラス」は、NHKの地上波放送の番組をインターネットで視聴できる無料の動画配信サービスです。放送中の番組を視聴できる「常時同時配信」と、放送後の番組を視聴できる「見逃し番組配信」があります。ただし、見逃し番組配信は放送日から1週間となります。

Sponsored Links

RELATED POST