見逃したテレビを見る方法
アナザーストーリーズ

アナザーストーリーズ「昭和の国民的ヒーロー 力道山」の再放送・見逃し動画配信は?

「アナザーストーリーズ」は、ユーネクストで視聴できます!

「アナザーストーリーズ」を見逃した方には、動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をおすすめします。初回登録時にもらえるU-NEXTポイントを使って「まるごと見放題パック」に入れば、「アナザーストーリーズ」をはじめNHKの人気番組が見放題となります。新規の登録から31日間は無料体験できますので、まずはお試しください。さらに、NHK番組以外にもドラマやアニメ、映画、バラエティー、ドキュメンタリー番組などの作品をたっぷり楽しめます。U-NEXTはスマホ・タブレット・パソコン等のデバイスで楽しめます!

U-NEXTの31日間無料トライアルで「まるごと見放題パック」に入れば、
NHKオンデマンド作品が全て見放題の無料体験ができます!

詳しくはコチラ

「アナザーストーリーズ」は放送日の翌日からU-NEXTで配信予定です。
また、過去に放送された「アナザーストーリーズ」の作品の一部が視聴できます!

さらに、U-NEXTの31日間無料トライアルでは、220,000本以上の
見放題作品を全て無料で視聴できます!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません。

.

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

「アナザーストーリーズ 運命の分岐点」ってどんな番組?

放送 毎週金曜日 午後10時~[NHK総合]

ダイアナ妃の事故死、ベルリンの壁崩壊、ビートルズ来日・・・人々が固唾を飲んで見守った、あの「出来事」。あの日、あの時、そこに関わった人々は何を考えたのか?

それぞれの人生はその瞬間、大きく転回し、様々なドラマを紡ぎ出していきます。残された映像や決定的瞬間を捉えた写真を、最新ヴァーチャルで立体的に再構成、事件の「アナザーストーリー」に迫る、マルチアングルドキュメンタリー番組です。

  • ナビゲーター 松嶋菜々子
  • ナレーター  濱田岳

Sponsored Links

「アナザーストーリーズ 運命の分岐点」の再放送は?

「アナザーストーリーズ 運命の分岐点」の再放送は、毎週火曜日 午後11時50分~[NHK総合]放送される予定です。また、過去の放送回で反響の大きかった番組は、火曜日の放送枠の中でもアンコール放送されています。

でも、ずーっと前に放送された番組が見たいという方や、過去の番組をイッキ見したいという方、さらには、いつでも見たい時に見たいという方には、動画配信サービスがオススメです。

見逃した番組「アナザーストーリーズ」を視聴する方法は?

見逃した番組「アナザーストーリーズ」は、NHK番組専用の動画配信サービス「NHKオンデマンド」や「ユーネクスト」ご覧になれます。ただし、全ての放送回の動画が配信されているわけではありませんのでご留意ください。

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXTポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円。ただし、このページのリンクから登録すれば1,000円)を使ってNHKオンデマンドの「まるごと見放題パック」を購入することができるんです。

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

「まるごと見放題パック」ならNHKの人気番組が見放題!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

↓↓↓↓↓

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

なお、NHKの見逃した番組を見る方法は、コチラの記事をご参照ください。

NHKの見逃し番組を見る方法

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2022年6月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

アナザーストーリーズ
戦後最大のヒーロー 力道山 知られざる真実」

放送 2022年6月17日(金)午後10時~[NHK総合]

放送前の予告

戦後最大のヒーロー 力道山の真実とは?

1954年2月19日、日本初の本格的なプロレスの国際試合が行われた。アメリカから来た2m近い大男に挑む力道山の姿が街頭テレビに映し出され人々は熱狂。テレビというニューメディアとタッグを組み一躍時代の寵(ちょう)児となった。力士からプロレスへの転向、柔道日本一の木村政彦との決戦と意外な結末、胸に秘めたもう一つの祖国…。時代と格闘した男・力道山を巡る新たな証言を日本の内外に求めその知られざる実像に迫る

力道山とは・・・

(1924年-1963年)日本の力士、プロレスラー。力士時代は関脇にまで昇進するが、自ら廃業。その後、プロレスに転身し、外国人レスラーを倒す姿がテレビで放送され国民的ヒーローに。日本プロレスリング協会を設立し、日本プロレスの基礎を築いた。

見どころ

スターはこうして生まれた!

1953年(※2月 NHK、8月 日本テレビ)、日本ではテレビ放送が始まった年です。受像機は全国で866台しかありません。そこで日本テレビの創業者・正力松太郎さんは、視聴者の増大をねらい、アメリカ帰りの元力士・力道山のプロレス興行に目を付け、街でプロレス中継を放送。民衆を熱狂させました。

テレビの力で爆発的な人気となっていった力道山。その裏側には、力道山本人の意志も大きく絡んでいたんだとか。当時のテレビマンたち、力道山の次男・百田光雄さん、そしてフリーアナウンサーの徳光和夫さんらの証言から、時代のヒーローとなっていった理由に迫っていきます。

〜平田Dの見どころメモ〜
今回新たに、テレビ草創期の力道山の爆発的な人気は偶然のものではないということが分かってきました。
当時プロレスは、アメリカ本土では流行していましたが、日本人にとっては未知のスポーツでした。それまでに力道山は、アメリカのプロレス中継の様子を自らのカメラで記録して、どのように撮影されているのかを研究していました。ハワイでのトレーニング映像も当時珍しいカラーフィルムで残っています。その映像は、飛行機のタラップを降りるところから再現映像だったり、トレーニングの様子もリテイクを重ねたり演出をされています。元日本テレビのディレクター・京谷康弘さんの証言からは、力道山は試合の中継を重視するあまり試合中もカメラを意識していた、というエピソードも飛び出します。
偶然にもテレビの力で力道山は大人気になったかのように見えていましたが、映像や証言から、力道山もプロレスを、そして自分をどう見せるかを、考え抜いて演出していたということが分かっていきました。さまざまな資料映像もふんだんに入れ込んでいます。力道山がテレビ普及に果たした役割がいかに大きかったか、改めて感じてほしいなと思います。

最強の柔道家・木村政彦との試合に何があったのか

1954年2月19日、日本初のプロレス国際試合で力道山とコンビを組んだのが、プロ柔道家からプロレスに参戦した木村政彦です。木村は、力道山との試合の中で負け役を担わされる流れに嫌気がさし、次第に2人の間に亀裂が入るようになっていきました。

ある日、木村は「力道山のプロレスはジャスチャーの多いショーだ。真剣勝負なら負けない」と新聞で発言。それをきっかけに1対1の試合が決まります。「昭和の巌流島決戦」と言われた伝説の勝負は大きく報じられました。力道山はどんな思いで対決を受けたのでしょうか。影を背負わされた男・木村から見たもう一つの真実とは?

〜平田Dの見どころメモ〜
木村の挑戦によって、新聞などのメディアでは、プロレスの八百長疑惑がささやかれるようになります。プロレス人気を背負っている力道山にとっては、絶対に負けられない戦いだったのです。当時力道山は「プロレスのショーと真剣試合は紙一重だ」という持論をスポーツ紙に語っていますが、彼にとってプロレスとは、真剣勝負かショーか、という単純なものではなかったのだと思います。
一方で、木村はかつて「木村の前に木村なし、木村の後に木村なし」とまで言われた柔道家。自身のプライドをかけて挑んだ一戦だったはずです。拓殖大学柔道部の教え子、正木照夫さんから伺った、後年の木村の発言もふまえて、2人がどんな思いでこの試合にのぞんだのか、想像して観ていただければと思います。また、この試合の一番の問題とされているのが、力道山が、木村から急所攻撃を受けたように見えるシーンです。この試合を生観戦していた力道山ファンで作家の村松友視さんは、「その瞬間、体中が真っ赤になって、力道山が怒ったと感じた」とも言っていました。いったい何が力道山の怒りに火をつけたのか? いろいろな思いを巡らせながらご覧ください。

栄光の裏にあった祖国への思いとは?

朝鮮半島に生まれた力道山。実は日本だけではなく、韓国と北朝鮮でも英雄だったことはご存じでしょうか。

力道山と親しくつきあってきた元プロ野球選手の張本 勲さんは、当時、朝鮮半島との関係を公にしなかった力道山からその胸の内を聞いていました。晩年の力道山の秘めた心に迫ります。

〜平田Dの見どころメモ〜
力道山の祖国についてまとまった形でお伝えするのは、NHKでは今回が初めてのことです。時代も変わっていますので、“事実を伝えられる”ということはまずはよかったなと思います。朝鮮半島出身だったことを公言してこなかった力道山が、それを明かしていた限られた人物の一人が、張本さんです。インタビューでは、緊張したという初対面のエピソード、相撲を引退した当時の力道山のある表情、「初めてひっぱたかれた」という夜のお話など、同胞としてつきあってきた思い出をたっぷりと話してくださいました。
ほかにもこのパートでは、父親が北朝鮮とパイプを持つ実業家で、実際に力道山に会ったことのあるキム・ビョンスさん、韓国で力道山と会った元シルム選手のキム・ハクウンさんにもお話を伺っています。歴史の表側にはあらわされなかった、力道山と韓国や北朝鮮とのつながりを取材しました。

「アナザーストーリーズ」を見逃した方は、
ユーネクストの31日間無料体験でお楽しみください!

初回登録時にもらえるU-NEXTポイントを使って
「まるごと見放題パック」に入れば、NHKの人気番組が見放題となります。

.

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

Sponsored Links

RELATED POST