見逃したテレビを見る方法
にっぽん百名山

NHK にっぽん百名山「乾徳山~美しき静寂の山〜」の見どころ・再放送・動画配信は?

見逃した「にっぽん百名山」はユーネクストで視聴できます!

「にっぽん百名山」を見逃した方には、動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をおすすめします。U-NEXTポイントを使って「まるごと見放題パック」に入れば、NHKの人気番組が見放題となります。新規の登録から31日間は無料体験できますので、まずはお試しください。また、NHK番組以外にもドラマやアニメ、映画、バラエティー、ドキュメンタリー番組などがたっぷり楽しめます。U-NEXTはスマホ・タブレット・パソコン等のデバイスで楽しめます!

U-NEXTの31日間無料トライアルで「まるごと見放題パック」に入れば、
NHKオンデマンド作品が全て見放題の無料体験ができます!

詳しくはコチラ

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

「にっぽん百名山」ってどんな番組?

放送 毎週月曜日 午後7時30分~[BSプレミアム]

中高年はもちろんのこと、山ガールに代表される若者の間でも登山ブームが高まっています。そうした若い世代が新風を吹き込み、登山のイメージを変えようとしています。ただ頂を目指すだけではなく、山で過ごす時間を大切にするなど、楽しみ方が多様に自由になっているのです。

BSプレミアム「にっぽん百名山」は、こうした時代感覚に合った“ヤマタビ”を体感する紀行番組です。山を知り尽くしたガイドに導かれ、主観映像で山登りを“疑似体験”していきます。高山植物や、鳥やチョウなど山のいきもの、名水などの自然に加えて、スケール感あふれる空撮など名峰の魅力を完全網羅する番組です。

「にっぽん百名山」の再放送・見逃し動画配信は?

にっぽん百名山」の再放送予定は、同番組ホームページでご確認下さい。

再放送 毎週月曜日 午後0時30分~[BSプレミアム]

また、放送時間に制約されずに好きな時に見たい!という方には、動画配信サービスをオススメします。「にっぽん百名山」の見逃し動画は、「NHKオンデマンド」や「ユーネクスト」で配信される予定です。

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXTポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円。ただし、このページのリンクから登録すれば1,000円)を使ってNHKオンデマンドの「まるごと見放題パック」を購入することができるんです。

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

「まるごと見放題パック」ならNHKの人気番組が見放題!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

↓↓↓↓↓

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

なお、NHKの見逃した番組を見る方法は、コチラの記事をご参照ください。

NHKの見逃し番組を見る方法

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2021年3月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

にっぽん百名山「乾徳山~冬へ 美しき静寂の山~」

放送 2021年3月15日(月)午後7時30分~8時[BSプレミアム]

放送前の予告

山梨県の乾徳山(2031m)晩秋の青空の下、落ち葉に覆われた森を歩き、険しい岩の頂をめざす!ナイトハイクでは満月に照らされた富士山と街明かりの幻想的な夜景も!

奥秩父の南西部にそびえる乾徳山、甲府盆地を見下ろすようにそびえる!1日目、徳和渓谷近くの登山口を出発、武田信玄が再興した寺院に参拝!道満尾根を登り落葉した広葉樹の森を行く。大平高原に立ち寄り、山腹の避難小屋へ、夜はナイトハイクを楽しむ!翌朝、極彩色の彩雲を眺め、草紅葉の扇平を巡り、奇岩が連続する岩場を越え山頂をめざす。案内は登山ガイドの中島和也さん。山梨の特産の果物を活かした陶器づくりも紹介!

山頂から望む富士山

【出演】中島和也
【語り】鈴木麻里子

登山コース

<1日目>

乾徳山登山口 ⇒ 吉祥寺 ⇒ 道満尾根 ⇒ 大平高原 ⇒ 高原ヒュッテ(避難小屋)

※ナイトハイクで月見岩へ

<2日目>

高原ヒュッテ(避難小屋) ⇒ 扇平 ⇒ 岩稜帯 ⇒ 乾徳山

「にっぽん百名山」を見逃した方は、ユーネクストの31日間無料体験で!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

乾徳山(けんとくさん)

鎌倉時代から室町時代にかけての高僧で、恵林寺の開祖として有名な夢窓国師が、この山で修業し悟りを開いたと伝えられており、「乾徳」は「君主の示す徳」、また峡東地区の北西「乾」の方角であることから名付けられたと言われています。

山には髭剃(ひげそり)岩、月見岩、鳳(おおとり)岩など数々の奇岩や山岳信仰の痕跡が見られます。

バス停や公衆トイレ、駐車場のある乾徳公園を基点とするコースは、乾徳山前宮神社・錦晶水を経て登る旧来からのコースのほか、道満尾根をたどるコースがあり、周回も可能です。また、山の中腹、初夏にはレンゲツツジが咲く国師ケ原には緊急時に利用できる避難小屋、高原ヒュッテが建っています。(トイレ併設)

360度の眺望が楽しめる頂上を持ち、森林、草原、岩場と変化に富んだ山歩きが楽しめることから、非常に人気の高い山で、山梨百名山、日本二百名山にも選ばれた名峰です。

Sponsored Links

RELATED POST