見逃したテレビを見る方法
さわやか自然百景

NHK「さわやか自然百景」のこれまでの放送内容・見逃した動画を見る方法は?

「さわやか自然百景」の動画は、ユーネクストで視聴できます!

「さわやか自然百景」を見逃した方には、動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をおすすめします。初回登録時にもらえるU-NEXTポイントを使って「まるごと見放題パック」に入れば、「さわやか自然百景」をはじめNHKの人気番組が見放題となります。新規の登録から31日間は無料体験できますので、まずはお試しください。また、NHK番組以外のドラマやアニメ、映画、バラエティー、ドキュメンタリー番組などもたっぷり楽しめます。U-NEXTはスマホ・タブレット・パソコン等のデバイスで楽しめます!

U-NEXTの31日間無料トライアルで「まるごと見放題パック」に入れば、
NHKオンデマンド作品が全て見放題の無料体験ができます!

詳しくはコチラ

過去に放送された100本以上の「さわやか自然百景」の作品が
U-NEXTで視聴できます!

↓ ↓ ↓

 

また、U-NEXTの31日間無料トライアルでは、220,000本以上の
見放題作品を全て無料で視聴できます!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

.

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

「さわやか自然百景」ってどんな番組?

放送  毎週日曜日 午前7時45分~7時59分[NHK総合]※近畿各県は本放送なし
再放送 毎週土曜日 午前8時15分~8時29分[BSプレミアム]
再放送 翌週月曜日 午後4時05分~4時19分[NHK総合] ※放送日の8日後

さわやか自然百景』は、日曜日の朝7時45分から放送されているNHKの自然番組です。番組名は知らなくとも同番組のオリジナルテーマ曲には聞き覚えがあるという人も多いようです。この番組はたった15分間ですが、全国各地・四季折々の美しい映像が流れ、穏やかな休日を迎える人にとってはとても心地よい番組なのです。

同番組公式ホームページでの番組紹介

雪解け水が流れる春の小川、若葉鮮やかな初夏の森、青く澄み渡った真夏の海、実りを迎えた秋の里山、一面白銀に輝く冬の雪山・・・。四季折々の姿を見せる日本の自然は、世界でも例を見ないほど多様性に富んでいます。美しい景観を生み出し、たくさんの生きものたちを育むだけでなく、人とも深く関わり、日本の文化や日本人の心を育む上でも重要な役割を果たしてきました。

1998年4月に始まったこの番組「さわやか自然百景」では、日本の各地の自然や風景、そこで暮らす生きものたちの姿を、落ち着いたカメラワークと洗練されたナレーションでさわやかに描いてきました。これからも、番組をご覧になって、自然の美しさ、すばらしさ、貴重さ、そして、そこでの環境が育む生きものたちの大切さを感じていただければと考えています。

驚異的な視聴率!?

この番組は平成10年(1998年)4月にスタート、日本全国・四季折々の自然をテーマにした穏やかな番組で、実は隠れファンが多い番組で平均視聴率はなんと12%超という数字を叩き出しているんです!同番組を5年半担当している伊豆氏は、『日曜朝の番組なので、見る方に爽やかな気持ちになってほしいと思っています。日本には土地ごとに特殊な環境があり、そこに生きる動物たちがいます。「ダーウィンが来た!」の主役は生き物ですが、この番組の主人公は場所そのものです。』と語っています。

Sponsored Links

「さわやか自然百景」の再放送は?

さわやか自然百景」の再放送は、本放送日6日後(土曜日)8日後(月曜日)に2回放送されています。

本放送 日曜日 午前7時45分~7時59分[NHK総合]
再放送 6日後 土曜日 午前8時15分~8時29分[BSプレミアム]
再放送 8日後 月曜日 午後4時05分~4時19分[NHK総合]

過去の放送回の動画を見る方法

同番組のファンの方々の中には、「もう一度あの番組を見たい!」とか「放送時間に制約されずに好きな時に見たい!」と言った方がいらっしゃるのではないでしょうか!?そんな方におすすめしたいのが動画配信サービスです。

1.放送から1週間以内なら「NHKプラス」で視聴!

NHKプラス」は、NHKの地上波放送の番組をインターネットで視聴できる無料の動画配信サービスです。放送中の番組を視聴できる「常時同時配信」と、放送後の番組を視聴できる「見逃し番組配信」があります。ただし、見逃し番組配信は放送日から1週間となります。

2.放送日の翌日から「NHKオンデマンド」や「U-NEXT」でも視聴できます!

さわやか自然百景」の見逃し動画は、NHKオンデマンドユーネクストで配信されています。過去に放送された100本以上の作品を視聴することができます。

.

現在、NHKオンデマンドやユーネクストで配信中の作品は、コチラから確認できます。

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXTポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円。ただし、このページのリンクから登録すれば1,000円)を使ってNHKオンデマンドの「まるごと見放題パック」を購入することができるんです。

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

「まるごと見放題パック」ならNHKの人気番組が見放題!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

なお、31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

Sponsored Links

過去に放送された「さわやか自然百景」の番組内容

1998年4月から放送が始まった「さわやか自然百景」の過去に放送された番組の内容は、同番組公式ホームページの「これまでの放送」ページご覧になれます。

過去の番組は「放送日」と「地域」から調べることが出来ます。

「まるごと見放題パック」に入れば、約20年間にわたり放送されてきた同番組の過去の放送回をじっくり視聴することができます。

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

簡単登録!31日間は見放題!31日間中はいつでも簡単解約可!

↓↓↓↓↓

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

なお、NHKの見逃した番組を見る方法は、コチラの記事をご参照ください。

NHKの見逃し番組を見る方法

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2022年9月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

「さわやか自然百景」の最近の放送内容

新しい順に掲載。なお、以下の作品は2022年9月26日現在、ユーネクストで配信されている作品です。

107作品

「広島 深入山」

中国山地の西部に不思議な姿をした山がある。広島県の深入山(しんにゅうざん)だ。斜面の半分は森、もう半分には草原が広がる。この独特の景観は人と山の関わり合いが生み出したもの。250年以上も続く山焼きによって、草原の環境が維持されてきた。色とりどりの花が咲き誇る山の草原は、多様な生きものたちが躍動する。なかでも、ここはチョウの楽園。絶滅が心配される貴重なチョウが命を繋ぐ。春から夏、深入山を訪ねる。

「青森 奥入瀬渓流 春から初夏」

青森県の奥入瀬(おいらせ)渓流は十和田湖から流れ出る川の上流に位置し、周囲には落葉広葉樹の森が広がる。森を覆うのは多様なシダ植物。また、日本有数のコケの宝庫でもあり、300種以上が確認されている。春、渓流にはたくさんの鳥が集まる。水辺を泳ぐのはシノリガモのペア。日本で数少ない繁殖地の一つだ。コケを集めて巣を作るのはミソサザイ。鳥たちは渓流の恵みを受けて子育てに励む。春から初夏の奥入瀬渓流を訪ねる。

「長野 裾花川」

戸隠連峰を源に長野盆地へ流れる裾花川(すそばながわ)。全長50kmほどの信濃川水系の川だ。5月中旬、源流域の一つ、奥裾花は遅い春を迎え、雪どけ水が集まる湿地では80万株を超えるミズバショウが開花する。近くの池にはクロサンショウウオが産卵のため集まる。長野盆地に入ると、川の景色は一変する。川岸の崖ではハヤブサが子育ての真っ最中。巣を必死に守り、懸命にヒナへ食べ物を運ぶ。裾花川で命のドラマを見つめる。

「月山 夏」

山形県の月山(がっさん)は夏も山腹のあちらこちらに雪が残る。夏を迎えるころ、稜線付近には色鮮やかな花が咲き乱れ、鳥たちが繁殖のために集まる。雪の上で食べ物を探すビンズイやカヤクグリ。お目当ては風に乗って山ろくから飛んできた虫たちだが、そうした鳥を狙ってチョウゲンボウが空を舞う。中腹の森では、ブナの新芽にユキグニコルリクワガタが集まり、サメビタキなど夏鳥が子育てをする。活気あふれる夏の月山を訪ねる。

「栃木高原山」

栃木県北部の高原山。 氷河1700メートル級の峰々が連なる山の総称で、今も噴気をあげる火山である。そこに冬眠から目覚めた数千匹ものクロサンショウウオが集まり大産卵! 懸命に命を繋ぐ。 初夏、トンボが次々に羽化し、湿地を飛び交う。モリアオガエルが必死に産卵場所を目指す。春から初夏、高原山で命の躍動を追う。

「京都巨椋池跡の田園地帯」

京都府南部、京都市と宇治市、久御山町にまたがって田園地帯が広がる。春、水が張られる前の田では、ケリが簡単な巣を作って卵を産む。初夏、田植えの季節、こんんどは絶滅が心配されるタマシギが田の近くの茂みに巣を作り、子育てをする。人の営みのすぐ近くでたくましく生きる鳥たちの姿を追う。

「伊豆半島 富戸の海」

伊豆半島東海岸の静岡県伊東市富戸(ふと)。火山噴火の溶岩が海に達し、海底には荒々しい岩場と砂地が入り組むように広がる。そこは海の生きものたちの楽園。イソギンチャクに寄り添うクマノミ。奇妙な姿のイロカエルアンコウ。豊かな海が多様な生きものを育む。夏、魚たちは繁殖の季節を迎える。岩穴に産み付けた卵を世話するセホシサンカクハゼ。オスが卵を口の中で保育するスジオテンジクダイ。命が躍動する富戸の海を訪ねる。

「長野 北八ヶ岳 コケの森」

八ヶ岳連峰の北部、北八ヶ岳の一角にある長野県の白駒の池。周りには針葉樹の森が広がる。森に一歩足を踏み入れると、岩や地面を覆うのはコケ。まるでじゅうたんのようだ。ここは日本有数のコケの森で、八ヶ岳では500種以上のコケが確認されている。そうしたコケは多くの生きものを育んでいる。ミソサザイはコケに集まる虫を捕食するとともに、コケを子育てのための巣の材料として使う。北八ヶ岳の神秘的なコケの森を訪ねる。

「東京 葛西の海辺」

東京湾の一角にかつての海辺の自然を人の手で蘇らせた公園がある。人工の砂浜と干潟が広がる都立葛西海浜公園と緑に囲まれた大きな池がある都立葛西臨海公園だ。春、干潟はホウロクシギやクロツラヘラサギなど多くの鳥でにぎわう。池にも水鳥が集まり、それを狙ってオオタカが現われる。初夏、鳥たちは繁殖の季節。海岸で魚を受け渡すコアジサシのペア。ヒナを連れて池を泳ぐカルガモ。意外なほど命あふれる大都会の海辺を訪ねる。

「高知 鵜来島」

四国の南西部、太平洋に浮かぶ高知県の鵜来島(うぐるしま)。周囲7キロほどの島を取り囲む海はたくさんの魚が集まる楽園だ。黒潮の影響を受け、一面に広がるサンゴの群生。色とりどりの生きものが住みかとする。また、瀬戸内海からも潮が流れ込み、2つの潮がぶつかる境目では大量のプランクトンが発生。小魚が集まり、それを狙って回遊魚の群れもやってくる。多様な生きものが息づく高知県の小さな島を訪ねる。

「北海道 遠別川」

北海道北部を流れる遠別川。上流部には地滑りなどによってできた荒々しい山肌が続く。春、崖を流れ下る支流は生きものたちの楽園。澄んだ流れが水生昆虫や魚たちを育む。急斜面の一角に湧き水が溜まってできた湿地にはエゾアカガエルが大集結。それを狙うのはキタキツネやヒグマだ。下流部の川岸には土砂が運ばれてできた平原が広がる。そこではエゾユキウサギが繁殖の相手を探す。川と急峻な崖が織りなす北国の水辺を見つめる。

「富山 滑川の海」

水深1千メートルを超える日本有数の深い湾に面した富山県滑川市。春を迎える頃、海岸の浅瀬にたくさんの生きものたちが集まってくる。水温が一年で最も下がるこの時期、普段は深い海に暮らす生きものがやってくるのだ。海藻の森を泳ぎ回るホッケ。岩場で魚やカニなどを捕える巨大なミズダコ。岩陰に卵を産み付けるヤリイカ。産卵後に岸に打ち上げられて淡い光を放つホタルイカ。世界でも珍しい光景が見られる滑川の海を訪ねる。

「武蔵野 狭山丘陵」

東京都と埼玉県にまたがって広がる狭山丘陵。広葉樹を中心とした森や雑木林に覆われた緑豊かな丘陵である。そこは首都圏きっての野鳥の宝庫。年間で150種以上の鳥が見られる。春、丘陵を彩るサクラやカタクリの花。暖かな季節を迎え、たくさんの鳥たちが躍動する。さえずりを響かせるウグイス。なわばりを宣言するキジ。巣作りに忙しいエナガ。ササの茂みで子育てを始めるモズ。鳥たちの姿でにぎわう春の狭山丘陵を訪ねる。

「奈良 三之公の森」

奈良県南東部の川上村、紀ノ川源流部に緑の森が広がる。三之公の森である。500年以上も昔から人の手がほとんど入っていない森は生きものの楽園だ。春、キバシリやミソサザイが獲物の虫を探して動き回る。カワガラスは子育てを始め、ヒナへ食べ物を運ぶのに忙しい。そうした森の木々を支えているのは300種以上にも及ぶコケ植物。コケをよりどころに木々は次の世代へ命をつなぐ。源流部の森で躍動する生きものたちを見つめる。

「北海道 風蓮湖 冬から早春」

北海道東部、オホーツク海とつながる風蓮湖。冬、湖は氷に覆われ、強い風が吹き荒れる。エゾシカは森から結氷した湖を渡って海沿いの草原に向かい、草をはむ。湖を覆う氷の一部は潮の満ち干で割れ、水面が現れる。そこにコクガンなど水鳥が水草や海草を求めて集まる。早春、タンチョウなど生きものたちが躍動。しかし、エゾシカは流氷に乗って沖へ流されるなど、自然の厳しさに翻弄される。冬から早春、風蓮湖で命のドラマを追う。

「沖縄 西表島 水の世界」

世界自然遺産、沖縄県の西表島。島を囲む海にはサンゴ礁が広がり、多くの命が躍動する。その中でひときわ繁栄している魚がハゼの仲間だ。生息場所は海だけではなく、干潟や淡水の川まで実にさまざま。現在、西表島で確認されるハゼは何と500種を超える。サンゴに隠れ潜むパンダダルマハゼ。泳ぐことが苦手なミナミトビハゼ。急流の岩場でコケを削り取って食べるボウズハゼ。そして初夏、ハゼたちは懸命に次の世代に命をつなぐ。

「早春 北海道 千歳川」

北海道の南西部を流れる千歳川。至るところから水が湧き出し、一年を通して凍ることがない。温かな水の中にはたくさんのサケの仲間が暮らす。それを狙ってヤマセミが繰り返し川に飛び込み、巨大なオジロワシもやってくる。川の周辺に広がる森の木をつつくのはキツツキだ。傷ついた場所からしみ出した甘い樹液が凍ってつららとなる。そのしずくをなめに集まるシマエナガなどの小鳥たち。この季節ならではのとっておきのごちそうだ。

「新潟 十日町の丘陵」

新潟県十日町市の西側に標高200~800メートルほどの丘陵が連なる。斜面には棚田が築かれ、美しい里山の景観が広がる。冬、半年近く雪に閉ざされるが、そこには懸命に生きるたくさんの命がある。木の幹に潜むヤスデなどを探して食べるオオアカゲラ。棚田のあぜ道でネズミを捕らえるキツネ。民家の庭に現われ、柿をとるテン。生きものたちは人の営みに寄り添いながら冬を乗り越える。雪国の里山に息づく命の営みを見つめる。

「宮城 志津川湾」

宮城県南三陸町の志津川湾。三陸地方では有数の冬鳥の越冬地で、ガンやカモの仲間が10種以上も訪れる。絶滅が心配されているコクガンもその一つ。豊富な海藻を糧に冬を越すが、うまく潜ることができないため、浅瀬で逆立ちをして海藻をとったり、潜水が得意なオオバンから横取りしたりする。湾に飛来する冬鳥は他にもいる。サハリンなど北国から飛来するオオワシは魚を捕らえて過ごす。冬の三陸の海で躍動する鳥たちの姿を追う。

「長崎 野母崎」

東シナ海に突き出た半島の先端、長崎県の野母崎。冬、岬の周辺や近くに浮かぶ樺島は多くの鳥たちでにぎわう。海岸の崖で羽を休めるのはカツオドリ。冬を越すために飛来した海鳥で、多い年には200羽ほどを数える。カモの仲間、ウミアイサも越冬のために飛来。魚を主食とする猛きん類のミサゴも暮らす。そうした命を支えているのは半島の周りに広がる豊かな海。鳥たちは魚を狙って次々に海へ飛び込む。命輝く冬の野母崎を訪ねる。

「山形 庄内平野」

山形県北西部、日本海に面した庄内平野。秋、平野を流れる最上川の河口などにハクチョウが次々に降り立つ。繁殖地のシベリアから飛来したもので、その数およそ1万羽。また、平野の片隅のため池にはマガモやハシビロガモなどが北国から渡ってくる。そうしたカモを狙うのはオオタカ。命をめぐる闘いが続く。やがて冬。ハクチョウやカモたちは寒さと飢えをしのぎ、懸命に冬を乗り越える。秋から冬、庄内平野で息づく命を見つめる。

「鶴見川 秋から冬」

東京都と神奈川県をまたがって流れる鶴見川。流域のほとんどは市街地であるが、水辺には緑が広がり、多くの生きものたちが集まる。秋、中流域には10種近くのカモたちが冬を越すために渡ってくる。河川敷にも木の実や草の種などを求めてカワラヒワやジョウビタキなどの鳥たちが集まる。だが、恐ろしい敵もいる。カモを狙うオオタカだ。日々命を巡る厳しい闘いが繰り広げられる。秋から冬、鶴見川に集う生きものたちを見つめる。

「厳冬 北海道 斜里川」

北海道、知床半島の付け根を流れる斜里川。冬、最低気温は-20℃近くにまで冷え込むが、豊富な湧き水のおかげで完全には凍らない。この川の最大の特徴は、真冬でも多くのサケが産卵のために上ってくること。そのサケを目当てに集まるのが、巨大なオオワシやオジロワシなどの猛きん類だ。生き残りをかけて激しい戦いを繰り広げる。サケが産んだ卵には小魚が集まり、それをヤマセミが狙う。湧き水が作り上げた冬の楽園を見つめる。

「宮城 金華山 秋から冬」

宮城県北東部、太平洋に浮かぶ金華山。周囲26kmの小さな島だ。広葉樹と針葉樹が混じる森が広がり、たくさんのニホンザルとニホンジカが生息している。秋、サルたちはブナやガマズミの実など森の恵みを糧に体重を増やす。しかし、厳冬期、島の限られた環境では食べ物が不足する。するとサルたちは飢えをしのぐため珍しい行動を見せる。荒波が打ち寄せる海岸で口にしたのは…。秋から冬、金華山でたくましく生きる命を見つめる。

「長野 戸隠高原 秋から冬」

長野県北部の戸隠高原は、落葉広葉樹の森と針葉樹の森が入り組むように広がる。秋、森はたくさんの生きものたちでにぎわう。木の実をついばむヤマガラ。幹や枝に潜む虫などを捕らえるオオアカゲラやキバシリ。澄んだ沢で子孫を残すイワナ。夜の森では、冬に備えてキツネやアナグマが食べ物探しで忙しい。やがて深い雪に覆われる冬、鳥たちは厳しい季節を懸命に乗り越える。秋から冬、戸隠高原で、きらめく命の営みを見つめる。

「紀伊半島 大塔山系」

紀伊半島南部、和歌山県の大塔山系。場所によっては年間降水量が4000ミリ近くにも達する日本有数の雨の多い地域だ。山からは幾筋もの清流が流れ下り、ブナ林や照葉樹林など多様な森が広がる。そこは生きものたちの楽園。秋、滝つぼに潜むアマゴ。山麓の森で植物の実をついばむヤマガラ。子孫を残すため、下流の浅瀬に集まる無数のアユ。それを狙うミサゴやトビなど鳥たち。秋の大塔山系で森と水が育む命の営みを見つめる。

「北海道 積丹半島 冬」

北海道西部、断崖に囲まれた積丹半島。溶岩と日本海の荒波が生み出した荒々しい岩の景観が広がる。日本最大の猛きん類オオワシや、潜水の名手ウミウが岩場を利用して巧みに狩りをする。海中に集まるのは繁殖を行う生きもの。世界最大のタコ、ミズダコのペアは長い腕でからまりあい、子孫を残す。なわばりを守るホッケのオスは、近づく敵を追い払うのに大忙し。卵に新鮮な海水を吹きかけて成長を促し、懸命に次の世代に命をつなぐ。

「徳島 海部川 秋」

徳島県南部を流れ、太平洋に注ぐ海部川(かいふがわ)。深い森を源とするこの川は四国有数の清流として知られている。澄んだ流れは生きものの宝庫。アマゴやニホンウナギなどたくさんの魚たちが泳ぎ回る。秋、下流の浅瀬に数え切れないほどのアユが集まる。産卵の季節を迎えたのだ。懸命に子孫を残そうとするアユを狙ってダイサギなどの鳥たちもやってくる。さらに、卵を狙う思わぬ敵も…。命が躍動する秋の海部川を訪ねる。

「新春特集 響きあう水と大地」

豊富な雨、無数の川や湖沼、複雑な海岸線を持つ日本。世界でもまれに見る、多様な水辺が広がる国だ。生きものたちがよって立つ大地と、全ての命の源である水。異なる二つの環境が出会う時、その間には無数のつながりからなる豊かな世界が生まれる。水辺は、生きとし生けるものすべてに住みかや食べものを提供し、人間も昔からその恩恵にあずかってきた。響き合う、水と大地の物語。旅人:葵わかな(女優)・辻信一(文化人類学者)

「鳥取 大山 秋」

日本海に面してそびえる鳥取県の大山。標高1729メートル、山腹には西日本有数のブナの森が広がる。10月下旬、森の木々は美しく色づき、実りの季節を迎える。その豊かな恵みを求めて、たくさんの鳥が集まってくる。シベリアなどから渡ってきたアトリ。冬に備えて種を蓄えるヤマガラ。そうした鳥を狙うオオタカ。秋の森はにぎやかだ。森を流れる沢ではイワナが繁殖期を迎え、懸命に命をつなぐ。秋、大山で輝く命を見つめる。

「北海道 渡島半島 ブナの森」

北海道の南東部、渡島半島に広がる深い森。樹木の6割をブナが占める、国内のブナの北限だ。ブナの太い幹にはクマゲラが巣を作り、足元ではクワガタたちが次の世代に命をつなぐ。雨が降ると、幹を伝って勢いよく雨水が流れ、そこにカタツムリたちが集まる。水分を補給すると共に、雨で軟らかくなったコケなどを食べているのだ。10月、ブナは鮮やかな黄色に色づき、エゾシマリスやミヤマカケスなどが木の実を食べて、冬に備える。

「北海道 阿寒の清流」

北海道東部に広がる阿寒カルデラ。深い森の中に、阿寒湖をはじめとする湖が点在する。森の中には美しい川が流れ、冷たい清流でしか生きていけないニホンザリガニなどの貴重な生きものを育む。抜群の透明度の理由は、湖底からの豊富な湧き水と、水中の細かな浮遊物をこし取って食べるカワシンジュガイの存在だ。秋、清流を大挙してさかのぼるのは50センチ近いアメマス。オスたちはメスを巡って激しく争い、次の世代に命をつなぐ。

「能登半島沖 舳倉島」

石川県、能登半島沖の日本海にぽつんと浮かぶ舳倉島。秋、島はたくさんの渡り鳥でにきわう。シベリアなど北国から日本各地や大陸南部などの越冬地へ向かう途中、羽を休めるために立ち寄ったのだ。海岸近くの岩場で食べ物を探すマガン。草原でいっときを過ごすアトリやマヒワ。移動途中、獲物を狙うチョウゲンボウ。鳥たちは島の恵みに支えられ、さらなる旅に備える。小さな島を舞台に行き交う渡り鳥たちの営みを見つめる。

「北アルプス 西穂高岳」

長野と岐阜の県境にそびえる北アルプスの西穂高岳。標高2909メートルのこの山は「花の山」として登山者に親しまれている。7月、頂上直下の谷にまだ雪が残るなか、斜面には色とりどりの高山植物が花を咲かせる。この時期、高山にはさまざまな鳥が姿を現す。稜線付近の岩場を動き回るのはライチョウ。ハイマツの茂みでは、ホシガラスが松ぼっくりを集め、カヤクグリが子育てをする。夏の西穂高岳で輝く命の営みを見つめる。

「北海道 松前小島」

北海道の南、日本海に浮かぶ松前小島。岩の断崖では希少な海鳥、ケイマフリが子育てを行う。対馬暖流が流れる海中には海藻の森が広がる。その主は1メートルにもなるコブダイ。水温が低いと生きていけずこの辺りが分布の北限だ。8月。突如として海が沸騰したように波立つ。イワシの群れに数千匹の巨大なクロマグロが襲いかかっているのだ。海面から跳ね上がるイワシを空中でキャッチするマグロたち。貴重な瞬間をカメラが捉えた。

「長野 八島ヶ原湿原」

長野県中央部、霧ヶ峰の麓に広がる八島ヶ原湿原。年間300種以上の花が咲き誇る「花の楽園」だ。遅い春がくる5月下旬、枯れ草に覆われた湿原ではヒメシャクナゲなど小さな花がひっそりと咲く。湿原や周辺の草地にはホオアカやノビタキなどの鳥たちが姿を現し、子育てを始める。7月、湿原は花の季節を迎え、絶滅が心配されるキリガミネアサヒランなども咲く。鳥たちは盛んにヒナへ食べ物を運ぶ。多様な命がめぐる湿原を訪ねる。

「愛媛 宇和海 夏」

愛媛県南西部に広がる宇和海。太平洋から暖かな黒潮が流れ込む影響で、100種を超えるサンゴが群生する。一方、瀬戸内海の比較的冷たい水も入り込み、海草や藻が生い茂る場所もある。そうした宇和海は生きものたちの楽園。サンゴの周りを色とりどりの魚が泳ぎ回り、藻場でも小さな命が育まれる。夏の夜、サンゴは産卵の時を迎え、小さな卵を次々に放つ。だが、それを狙う魚たちも集まってくる。命あふれる夏の宇和海を見つめる。

「夏 北海道 幌尻岳」

北海道・日高山脈の最高峰、標高2052mの幌尻岳。山頂付近には斜面をスプーンで削り取ったようなカールと呼ばれる地形が見られる。氷河が数万年前に山肌を削って出来たものだ。2021年7月、短い夏を迎えたカールには100種類もの高山植物の花が咲き誇る。そこに現れるのは日本最大の陸上動物ヒグマ。親子の姿も多く見られ、子グマたちは雪の上で遊びながら成長していく。幌尻岳山頂付近に出現する天空の楽園を見つめる。

「新潟 粟島 夏」

新潟県の沖合、日本海に浮かぶ粟島。夏、島の周りの海には対馬海流に乗ってたくさんの魚がやってくる。そうした魚を狙うのは繁殖の季節を迎えた海鳥たち。海岸の岩礁にはウミネコやウミウが集まる。また、東南アジアやオーストラリアの沖からはオオミズナギドリが渡ってきて、海岸の崖の斜面に巣穴を掘って子育てする。その数はおよそ8万羽、粟島は日本有数の繁殖地である。日本海の恵みと独特の地形がつくる海鳥の楽園を訪ねる。

「北海道 湧別川 春から夏」

北海道・オホーツク地方を流れる湧別川。開発により全国的に減少している、小石だらけの河原が広がる。石にそっくりのコチドリは河原に直接産卵する。ヒナは生まれて1時間程で歩きだし、自力で食べ物を探す。天敵のキタキツネが現れると、親鳥はけがをしたふりをし、キツネの注意を自分に向けてヒナを守る。岸辺の林は北海道最大のカワウの営巣地だ。巣立ったばかりの幼鳥にオジロワシが襲いかかり、激しい命の攻防を繰り広げる。

「和歌山 田辺の海」

紀伊半島南西部、和歌山県の田辺湾。周辺には黒潮の影響を受けて暖かな海が広がる。湾のすぐ外、水中の岩礁を覆うのは色鮮やかなソフトコーラルと呼ばれるサンゴの仲間。深場では蛍光色の奇妙な生きもの、オオカワリギンチャクが見られる。夏、海は繁殖の季節を迎える。ハナイカは岩場で恋の相手に猛アピール。大きなものでは1mを超えるハマフエフキは100匹以上集まって懸命に命をつなぐ。黒潮が育む海で命の営みを見る。

「北海道 根釧台地」

北海道東部・根釧台地。東京都ふたつ分以上の面積を持つ広大な酪農地帯だ。牧草地の中で農地に適さない谷筋には、多くの川が流れる林が残されている。キタキツネやノスリは農地で狩りをし、林のねぐらで休む。林の中では、シマエナガが見事な球状の巣を作り、国内最小のキツツキ・コゲラが腐った木を選んで巣穴を掘る。初夏にはかわいらしいキタキツネの子どもやエゾフクロウのヒナが誕生。広大な農地と湿潤な林が多様な命を育む。

「大阪 能勢の里山」

大阪市内から北へ30kmほどの大阪府能勢町。棚田と集落、それを取り囲む雑木林など、人々の暮らしが織りなす里山の風景が今も残る。集落の一角には樹齢千年を超える巨大なケヤキが生い茂り、フクロウやアオバズクが子育てをする。初夏、里を囲む山の雑木林では「森の宝石」と呼ばれるミドリシジミの仲間など多くのチョウが舞う。このチョウの楽園を支えているのは地域の人々などだ。大阪近郊の里山で多様な命の営みを見つめる。

「九州山地 霧立越」

宮崎県北西部、九州山地の尾根伝いを通る古い峠道がある。霧立越(きりたちごえ)だ。峠道の周辺には、九州では珍しいブナやミズナラなど落葉広葉樹の森が広がる。また、キリタチヤマザクラなど分布の限られた植物が花を咲かせる。そうした森は生きものの宝庫。尾根近くではホシガラスが木の実をついばみ、沢沿いではミソサザイが子育てをする。そして、アサギマダラが森で羽を休める。春から夏、霧立越の森で命の営みを見つめる。

「北海道 神居古潭」

北海道北部、山あいの峡谷・神居古潭(カムイコタン)。至るところに岩盤がむき出しの荒々しい景観が広がる。春、岩場に花が咲き始めると、鳥たちが一斉に繁殖の季節を迎える。キツツキの仲間・ヤマゲラは木の幹に巣穴を掘り、キツツキが掘った穴を、小さなゴジュウカラが自分の巣穴として利用する。岩の断崖に巣を作るのはハヤブサ。ヒナの世話で巣を離れられないメスのため、オスは捕らえた小鳥の羽をきれいにむしって届ける。

「春 北海道 有珠山」

北海道の南西部にそびえる火山、有珠山。約2万年前に誕生して以来、幾度となく噴火を繰り返し、今も活動を続ける。春、火山活動が作った急しゅんな崖にハヤブサが営巣し、溶岩の上に根を下ろした木々が並ぶふもとの森では、日本最大のキツツキ・クマゲラが子育ての準備に励む。溶岩は遠く海の中にまで流れ込み、海底の岩場には最大3メートルにもなるミズダコが暮らす。噴火によって姿を変え続けてきた有珠山が育む命を見つめる。

石川 手取川扇状地

石川県南部、豪雪の白山に源を発し日本海へと注ぐ手取川は全長72km。2000m級の峰々から流れ込む水は土砂やれきを運び、下流に広大な扇状地を作った。大量の雪解け水は地下水となり、平野全域に行き渡って貴重な生きものを育む。湧き水で命をつなぐのがトミヨ。水温の低い清流を好む魚で、オスはバイカモなどを利用して巣を作り卵を守る。ふ化した後も稚魚の世話を続ける。水の恵みを享受し命をつなぐ生きものたちを追う。

北海道 十勝海岸の湖沼群

北海道・十勝地方の海岸線に、細長い砂州で海と隔てられた大小5つの沼や湖がある。春には、水面を覆っていた氷が一気に海へ流れ出し、そのあとに現れるのは鳥たちの楽園。水深が浅く獲物を狙いやすい水辺は、絶好のえさ場になるのだ。国の特別天然記念物タンチョウのつがいも、食べ物が豊富なこの場所を選び子育てを行う。春から夏、劇的に変化する沼や湖に支えらえた、多くの命の営みを見つめる。

新潟 松之山

新潟県十日町市、山あいに棚田とブナの森が広がる松之山。雪国の里山では夏、多様な命のつながりが見られる。田んぼやため池ではトンボやカエルが産卵し、こうした獲物を狙ってクマタカやサシバなどの鳥が舞う。森ではノジコやオオルリの声が響き渡り、ブッポウソウは巣穴をめぐって攻防を繰り広げる。雪の残る森で命をつなぐのは瑠璃色に輝く虫、ユキグニコルリクワガタ。田んぼと森が密接につながる里山で、めぐる命を見つめる。

長野 戸隠山

険しい断崖と堂々たる姿から、古来より人々に信仰されてきた戸隠山。夏、山の麓に広がる森は多くの生きものでにぎわう。コサメビタキやノジコなどの鳥たちは森の恵みを受けてヒナを養い、ムササビ親子は夜の森で仲むつまじく過ごす。豊かな森を育むのは幾筋もの川。山に降る雨は切り立った山肌を一気に流れて川となり、森を潤す。豊かな森と清らかな水を頼りに生きる動物たち。しゅん険な戸隠山が支える多様な命の世界を見つめる。

北海道 雨竜沼湿原 初夏

北海道屈指の豪雪地帯、増毛山地の山腹に広がる雨竜沼湿原。6月、湿原は1年で最も躍動感にあふれる。長い冬の間に積もった雪が一斉に解け始めるのだ。雪は1日数10cmものスピードで急速に解け、現れた湿原の大地には次々とミズバショウが花を咲かせる。エゾサンショウウオは湿原の沼で産卵。ヒバリは短い季節に追われるように急いで巣作りを始める。春から夏へと季節が一気に駆け抜ける雨竜沼湿原。その一瞬の夏を見つめる。

島根 隠岐諸島

島根半島から北へ50km、日本海に浮かぶ隠岐諸島。春から初夏、海から発生する霧は島を包み込み幻想的な光景を見せる。霧がもたらす冷涼な気候は、北国や高山帯で咲く花々を育む。森では島固有の動物たちが躍動する。新緑の葉を目当てに動き回るのはオキノウサギ。オキマイマイは木の幹を伝い、沢ではオキサンショウウオが活発に獲物を追い求める。霧の恵みを受ける隠岐諸島の森で、個性あふれる生きものたちの営みを見つめる。

初夏 十勝川

北海道の南東部、日本有数の畑作地帯を流れる十勝川。そこにあるのは牧草地や農業用の水路など、人が手を加えた多様な環境。かつてこの一帯に広がっていた湿原を人が農地に変えた場所だ。その十勝川周辺では、タンチョウが水路の中でヒナを育て、牧草地ではかわいらしいヒバリの幼鳥が草陰で親鳥の帰りを待つ。上空ではオオジシギが風のような奇妙な音をとどろかせながら飛び回る。人工環境もたくましく利用する鳥たちの姿を描く。

沖縄 池間島

沖縄本島から南西へ300km。宮古諸島の北端にある池間島では、春から夏にかけて二つの神秘的な光景が見られる。春の大潮の日、池間島から5kmの沖合に現れる“幻の島”。干潮の間だけ姿を見せる国内最大級のサンゴ礁群、八重干潮(やびじ)だ。200種類ものサンゴが大海原を色鮮やかに染めていく。夏の大潮の夜には、数百匹のオカガニが海岸に集まり、満月の光のもとで一斉に卵を放つ。月と潮が導く自然の営みを見つめる。

長野 八千穂高原 初夏

八ヶ岳の北東に広がる長野県の八千穂高原。なだらかに広がる斜面には広葉樹や針葉樹などの木々が織りなす多様な森が広がる。初夏、シラカバの森では赤紫やオレンジのツツジが鮮やかに咲き誇り、白い木立との見事なコントラストを描く。川べり近くの森ではカモシカやアナグマが姿を見せ、繁殖の時期を迎えた鳥たちは森じゅうにさえずりを響かせる。初夏ならではの彩りとにぎわいを見せる八千穂高原の森で多様な命の営みを見つめる。

北海道 檜山(ひやま)の森

北海道の南部、渡島半島の西側、檜山地方。この地域に広がるおよそ1万haの広大な森は、江戸時代から人々に大切に守られてきた。開拓以前、北海道南部の日本海側を覆っていた原始の森の姿を今に伝える数少ない場所だ。6月、檜山の森は鮮やかな緑色に包まれ、子育てに励む多くの鳥たちでにぎわう。エゾライチョウの母鳥は、ヒナを連れて草花の新芽を探しながら森の中を練り歩く。 2012年7月に放送した番組のアンコール。

伊吹山 春

岐阜と滋賀の県境にある伊吹山(1377m)。冬、日本海からの湿った季節風は大量の雪を山にもたらす。3月下旬、雪どけを迎えた中腹の森ではセツブンソウの花が春を告げ、カモシカは地面の草を食べて活動的になる。5月、ピンクのオドリコソウや淡い紫のエゾノタチツボスミレなど色とりどりの花が咲き誇る頃、森ではヤマドリやオオルリなどの鳥が躍動し、カモシカはやがて出産を迎える。伊吹山でたくましく生きる命を見つめる。

大阪城公園

大阪市の中心部にある大阪城公園。およそ106haの敷地には豊かな林が広がり、春、南から渡り鳥が飛来する。サンコウチョウやオオルリ、キビタキやセンダイムシクイなど、林や草地にいる虫などを食べて栄養補給する。キツツキの仲間、コゲラのオスは、木を小刻みにたたいて求愛。大都会にある大阪城公園で、生きものたちの知られざる姿に迫る。 2012年6月に放送した番組のアンコール。

伊勢神宮の森

2千年にわたって守り継がれ、人の立ち入りが禁じられてきた伊勢神宮の森。シイやカシなどの常緑広葉樹に覆われた森は春、若葉や花が色とりどりの淡い彩りを見せ、1年でこの時期だけの美しさを見せる。春の恵みを受けるニホンザル、優雅に舞うミカドアゲハ、オオルリやサンコウチョウは南から渡ってきて子育ての準備をする。森の奥深くには神秘に満ちた驚きの景観もある。原始の姿をとどめる伊勢神宮の森の知られざる自然を描く。

白馬山麓 湿原の春

標高3000m級の山々がそびえる長野県の白馬連峰。4月下旬、標高1000m付近にある高原は豊富な雪解け水で潤う。湿原ではハクバサンショウウオが本格的に動き出し産卵期を迎える。群生する薄い青紫色の花のキクザキイチゲや、ミズバショウなどの植物がハクバサンショウウオの隠れ家になる。湿原を舞台に、春の訪れとともに輝きを増す数々の命の営みを見つめる。 2012年6月に放送した番組のアンコール。

伊豆半島 城ヶ崎海岸

伊豆半島東部の城ヶ崎海岸。全長9kmの荒々しい断崖は多様な命を支えている。春、岩の割れ目で繁殖を始めるのはイソヒヨドリ。アマツバメは南から集団で飛来し、岩場の近くを高速で飛び回りながら虫を捕らえる。一生の大半を飛び続けて生活するアマツバメだが、繁殖の時期だけは岩の隙間に巣を作って暮らす。一方、断崖の上に広がる森ではヒヨドリなどの鳥たちが春の恵みを受ける。春の城ヶ崎海岸でにぎわう命の営みを描く。

北海道 朱鞠内湖 春

北海道北部、天塩山地の懐に抱かれた朱鞠内湖。5月、遅い春を迎えた湖では、野山を白一面におおっていた雪と、半年間にわたって湖面をふさいでいた氷が姿を消し、一気に命のにぎわいが増す。この時期、鮮やかな彩りを見せるのはフクジュソウやミズバショウ。野山ではユキウサギたちが恋の相手を求めて追いかけっこ。雪どけ水が流れる沢には幻の巨大魚イトウが群れ、湖に開いた氷の割れ目ではワカサギの大群が列をなして産卵する。

吉野川上流 春

高知県を源に紀伊水道に注ぐ大河、吉野川。その上流は険しい四国山地を削り、深いV字谷を作って「大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)」などの渓谷が続く。春、水ぬるむころ、アマゴが姿を見せ始める。ニホンカモシカやニホンザルが山の斜面に姿を見せる。野鳥は活発に動き回り、カワガラスは子育てに追われる。吉野川上流の雄大な渓谷を舞台に、生きものたちの営みを見つめる。 2012年5月に放送した番組のアンコール。

Sponsored Links

多摩川源流域

大都市・東京を流れる多摩川。源流の一つが山梨県の小菅川だ。雪に覆われる厳冬期、ヤマメやイワナは川底でじっと過ごす。一方、水中で冬眠する変わったカエル、ナガレタゴガエルはいち早く、この時期に活動し、恋の駆け引きを始める。水辺に春を告げる花が咲き、ミソサザイが高らかにさえずるころ、産卵を終えたナガレタゴガエルは春眠に入り、卵からオタマジャクシがかえる。多摩川源流域で春を迎える小さな命の営みを見つめる。

早春 北海道 風蓮(ふうれん)湖

北海道東部にある風蓮湖は、海流が運んだ砂が湾をふさいでできた湖。春と秋、海草が生い茂る浅い湖には、数多くの渡り鳥たちが訪れ羽を休める。冬は、オオワシやオジロワシが魚を糧に冬を越す。3月半ばになると、湖の氷も解け、ハクチョウやタンチョウなどの水鳥が訪れて、湖は一気ににぎやかさを増す。冬から春へと変わる風蓮湖を舞台に、湖の恵みを受ける野生動物たちを見つめる。 2010年4月に放送した番組のアンコール。

霞ヶ浦 早春

日本で2番目に広い湖、霞ヶ浦。冬、ここには多くの渡り鳥が集う。カモたちは湖岸で水草を食べ、沖ではカンムリカイツブリが魚を捕らえる。関東有数の広さを誇る湿原では珍しいオオジュリンが越冬し、ハイイロチュウヒは獲物を求めて舞う。この時期、最もにぎやかなのがガンの仲間オオヒシクイ。早朝、田んぼに飛来し落ち穂を食べて過ごす。水鳥たちが北へ去る頃、大地は花々に彩られる。早春を迎える霞ヶ浦で鳥たちの営みを描く。

北海道 宗谷海岸

北海道の北の果て、宗谷地方。オホーツク海と日本海が出合う場所だ。海に囲まれているため、一年じゅう風が強い。特に真冬には北西の季節風が強烈に吹きつける。厳しい環境の中、海岸では数百頭のアザラシなど、寒さに強い海獣類が体を休める姿が見られる。エゾシカは風で飛ばされた雪の下から、わずかな枯れ草を食べる。エゾシカやイルカが死ねば、オオワシやオジロワシの糧となる。冬を生き抜く動物たちの命の営みを見つめる。

山形 鮭川

山形県北部、鳥海山麓(さんろく)から最上川へ注ぐ鮭川。多くのサケがそ上することから名付けられた川には、一年を通じて多様な命が集う。春から夏は鳥たちでにぎわう。カワセミは水中めがけて豪快な狩りをし、イカルチドリは河原の石に紛れて巧みな子育てをする。秋、水辺ではサケの大群が躍動、タヌキは岸辺でたやすく魚を捕える。深い雪に閉ざされる冬、サケの稚魚は旅立ちを迎える。美しく移ろう季節の中で、輝く命を描く。

厳冬 阿寒の峰々

北海道東部、阿寒湖を見下ろす雌阿寒岳は、現在も白煙を上げて激しい噴火を続ける活火山。1月下旬の山頂付近の寒さは、北極圏に匹敵する。すさまじい風で雪は飛ばされ、風と氷が作り上げる風景は、生命を寄せ付けない厳しさを見せる。しかし、中腹より下では、厳しい寒さの中に命の営みがある。ボッケと呼ばれる噴気口があるため、雪が溶け、その周囲には草やササが茂る。エゾシカは、それら火山のめぐみを受けて冬を乗り切る。

岩手山

「南部富士」の名で知られる東北地方の名峰、岩手山。1年を通じて多様な命が躍動する。初夏の森ではリスが盛んに駆け回り、タカの仲間ノスリは捕えた獲物をヒナに与える。夏、色とりどりに咲き誇るハクサンチドリやコマクサなどの高山植物。秋、山肌を壮麗に染め上げる紅葉。そして白銀の冬、ハイタカは森で獲物を追い、リスは雪の下の食べ物を探して命をつなぐ。四季折々に豊かな表情を見せる岩手山で、輝く命の営みを見つめる。

北アルプス 乗鞍岳 厳冬

長野と岐阜にまたがる乗鞍岳(標高3026m)。冬、中腹の森ではニホンザルやカモシカがわずかな食べ物で生き抜く。標高2500mまで上がると一面の銀世界。激しい吹雪はシュカブラと呼ばれる波模様を雪面に刻む。ここで冬を過ごすのがライチョウ。10羽ほどの集団で力強く躍動する。晴れ渡ると広がる壮大なパノラマ、朝日を浴びて赤く染まる白銀の山々など、高山の自然が見せる一瞬のきらめきと山の命を厳冬の乗鞍岳で描く。

秋 北海道 屈斜路湖

北海道東部にある屈斜路湖。およそ3万年前、火山活動によってできたくぼみに水がたまった国内最大のカルデラ湖だ。秋、湖の岸辺は赤い色をした大きな魚でにぎわう。産卵のために湖から川へと遡上(そじょう)するサケの仲間・ヒメマス。大きさは40cm以上と国内でもトップクラスだ。火山の湖・屈斜路湖の独特な環境が、海に劣らぬ豊富な栄養を育み、ヒメマスを大きく成長させるのだ。

静岡 掛川丘陵

良質な茶の産地で名高い静岡県掛川の丘陵地帯。ここでは茶木の根元に草を敷く伝統的な農法が行われている。それを支えるのが茶草場と呼ばれる草地だ。この草地では独特の自然が育まれている。春、日光の降り注ぐ地面にはハルリンドウが咲き、季節とともにササユリやキキョウなどの花々が彩りを添える。草地には希少なバッタをはじめ多様な小動物が集い、サシバは獲物を狙って狩りをする。里山で命を紡ぐ生きものの四季を見つめる。

箱根 仙石原

神奈川県の箱根・仙石原。春、草原や湿原の自然環境を守るために山焼きが行われると、辺りは一面、真っ黒に。やがて草が芽吹くと大地は淡い緑に染まり、かれんな花々が咲く。夏、草原を象徴するのは色とりどりのチョウ。青緑色に輝く羽を持つミドリシジミは、オス同士が激しい縄張り争いをする。秋、朝露にぬれたススキは朝日を浴びて草原を黄金色に染め上げる。早春から晩秋、劇的に変化する仙石原の美しい自然と命の輝きを描く。

大阪 淀川のヨシ原

琵琶湖を源に、大阪の市街地を流れる淀川。豊かな水は広大な河川敷をつくった。ここには古くから貴重なヨシ原が残されている。大阪府高槻市にある「鵜殿のヨシ原」では、夏、近くの市街地で巣立ったツバメが大群となって上空を飛び交い、秋には虫の音が響き渡る。冬には大陸からの渡り鳥も数多く姿を見せにぎわう。多くの生命を支える淀川のヨシ原を舞台に、生きものたちの営みを描く。2012年1月に放送した番組のアンコール。

愛媛 佐田岬半島

四国、愛媛県の佐田岬半島。長さ50km、幅は狭い所で800mしかない東西に細長い半島だ。岬の対岸は大分県。秋、佐田岬半島では上空を飛んでいくノスリやハチクマなど、ワシやタカの仲間の姿が、よく見られる。九州にほど近いこの半島を渡りの通り道として利用している。佐田岬半島で秋のひととき繰り広げられる、生きものたちの営みを見つめる。2011年12月に放送した番組のアンコール。

群馬 妙義山

関東平野の西、びょうぶのようにそびえ立つ岩峰・妙義山(みょうぎさん)。鋭く切れ落ちた崖に点在する針葉樹と、崖の下に広がるイヌブナやカエデなど広葉樹が、断崖絶壁に独特の景観を作り上げる。山が紅葉に染まる秋、森ではヤマガラやジョウビタキなどの鳥たちが木の実をついばみ、ニホンザルは春に生まれた子どもを連れ、群れで木から木へと渡り歩く。奇岩と木々が絶景を織りなす秋の妙義山で、生きものたちの躍動を見つめる。

北海道 利尻島 秋

北海道北部、利尻島。まん中にそびえる利尻山は、火山でできた切り立った地形のため、水はすぐに地中にしみ込み、そのほとんどが海に注ぐ前に姿を消す「かれ沢」となる。険しい環境の中に、生きものたちを支える「不思議な水辺」がある。山麓(さんろく)で突如、地中から湧き出す水。わずか100mほどで海へと注いでしまう。しかしそこには、驚くほどたくさんの生きものたちが暮らしている。小さな水辺の命のドラマを見つめる。

静岡 三保松原の海

世界遺産に登録された富士山。その絶景と共に、古くから絵画に描かれた白砂青松の地が、静岡・三保松原だ。目の前に広がる海では、不思議な景観が見られる。海底を覆うオレンジやピンクの色鮮やかなサンゴ。水深20mの砂地にはハクセンエビや、全身真っ赤な魚イッテンアカタチなど、普通は深い海にいる生きものがすむ。夜になるとサクラエビやタチウオが深海から浮上して獲物を追う。秋、多様な命でにぎわう三保松原の海を描く。

丹沢山地

神奈川県西部、1500m前後の山々が連なる丹沢山地。夏、雨や霧がもたらす豊富な水は森を潤し水辺の命を育む。水生昆虫を狙って泳ぐのはヤマメ、カジカガエルは恋のバトルを繰り広げる。霧にかすむ断崖ではサガミジョウロウホトトギスやイワギボウシなど貴重な花が咲く。紅葉に色づく秋、森では鳥たちが実りを受け、水中ではヤマメが新たな命をつなぐ。みずみずしい夏から輝きに満ちた秋、多彩な表情を見せる丹沢の自然を描く。

北海道 阿寒の森

北海道東部、阿寒湖。周囲の森には樹齢数百年の木々が生い茂り、多くの種類のきのこや粘菌、コケ類が地面を覆い尽くしている。きのこは森の生きものたちの栄養源にもなっている。美しい毒きのこ、ベニテングタケは、ヒグマやエゾシカ、エゾリスたちにとっては大切な食べ物だ。湖の底には、世界に類を見ないマリモが無数に転がる。阿寒湖の独特の地形や周りに広がる森に深く関わりを持って、奇跡的に生まれたマリモの生態に迫る。

鳴門海峡

淡路島と徳島の間にある鳴門海峡。潮の流れが日本で最も速く、その潮流が大きな渦潮を生みだす。この渦潮をハイスピード映像・コマ撮り映像などで多角的に捉え、知られざる姿に迫る。さらに鳴門海峡は、マダイなど、さまざまな生き物が集まる“いのちの海”でもある。1年で最も大きな渦潮ができる秋の鳴門海峡を取材。ダイナミックな渦潮と、潮流が育む生き物たちの姿を伝える。2011年10月に放送した番組のアンコール。

石鎚山麓 面河渓

愛媛県、石鎚山のふもとに広がる面河渓(おもごけい)。豊かな雨と花こう岩の一枚岩が作り出した美しい渓谷だ。夏、水辺では恋の季節を迎えたイモリなど小さな命が躍動。源流部に広がる森では、1年で数日だけの神秘的な湿原が現れる。珍しい昆虫たちの営みもある。寒い地域にすむコエゾゼミの羽化、朽ち木の中でオスとメスが大切に幼虫を育てるツノクロツヤムシ。夏から秋、彩り豊かに移ろう石鎚山麓の面河渓で輝く命を見つめる。

兵庫 宝塚 西谷の里

兵庫県宝塚市の北部、棚田とため池が広がる田園地帯、西谷。夏、田んぼの近くにはキキョウやオミナエシ、スズサイコなどが咲き誇る。一昔前ならどこででも見られたが、今や絶滅が心配される貴重な花々だ。水辺ではトノサマガエルやメダカが泳ぎ、クロイトトンボは水の中に身を沈めて植物の茎に産卵、ダイサギやアオサギは小動物を狙って狩りをする。日本の田園の原風景が残る西谷で、希少な花々の花園と多様な命の営みを見つめる。

茨城 宍塚大池

茨城県の南部、土浦市の郊外にあるため池、宍塚(ししつか)大池。池を中心に、およそ100haの緑豊かな自然が残っている。ハスの花が池を覆う夏、水辺ではドジョウやザリガニが動き回り、多くの種類のトンボが飛び交う。また、雑木林で子育てをするオオタカのヒナは巣から飛び立ち始める。多彩な環境が広がる宍塚大池の水辺や雑木林で、生き物たちの営みを見つめる。2011年10月に放送した番組のアンコール。

北海道 占冠の森

北海道の中央部、占冠(しむかっぷ)村。村の9割が森に覆われた、緑豊かな森の王国だ。初夏、森から湧く大量の霧が、盆地にたまって雲海となる。霧で潤った森では、その恵みを利用してオオルリが子育てをする。そして月に数度、奇跡的に生み出された雲海が見られる。100km離れた太平洋沖で発生した海霧が、山脈をも乗り越えて占冠に流れ込むのだ。2種類の雲海に包まれる占冠の森で、霧が織りなす命の営みを見つめる。

八丈島の海

伊豆諸島の八丈島は火山の噴火で出来た島。溶岩が造り上げたダイナミックな地形は、海中まで続く。複雑な岩場は、生きものにとって格好のすみかだ。ユウゼンやテングダイなど色鮮やかな魚が群れをなし、アオウミガメはゆったりと舞う。夏は繁殖の季節。ミヤケテグリは優雅な求愛のダンスを繰り広げ、黄色や青の派手な色をしたナメモンガラは、砂の中に産み付けた卵を守る。夏、青く澄み渡った八丈島の海で、躍動する命を見つめる。

長野 阿寺渓谷

長野県の木曽谷に自然豊かな渓谷がある。全長15kmの阿寺渓谷だ。目をひくのは水の青さ。透明感を持った神秘的なブルーは、渓谷の自然環境が作り上げた独特の色だ。初夏、阿寺渓谷はさまざまな生きものであふれる。渓流ではヤマトイワナやアジメドジョウが躍動し、川岸ではササユリやヒメシャガなど貴重な花々が咲く。木々の枝ではオオルリやカケスがさえずり、ムササビは夜の森を舞う。美しい阿寺渓谷に輝く命を見つめる。

中国山地 船通山

中国山地の船通山は標高1142m。なだらかな斜面には、天然のブナ林が広がる。梅雨の時期、森が受け止めた大量の雨は地面にしみこみ、やがて大地から湧き出して沢となる。水辺ではカスミサンショウウオの幼生や、中国地方固有のイワナの仲間ゴギが見られる。夜、ふもとの清流ではゲンジボタルの群れが飛び交い、繁殖のため淡い緑の光を一斉に放つ。初夏の船通山で、恵み豊かな森と水に支えられる生きものたちの営みを見つめる。

北海道 恵山

北海道の南にある活火山、恵山。山肌は噴出した溶岩と火山灰で覆われ、噴気孔からは煙が立ち上る。6月、この荒々しい風景が一変、燃えるような赤に染まる。60万本ものツツジが、花を咲かせるのだ。恵山は、日本有数のツツジの群生地。花に誘われ、昆虫や小鳥たちが集まってくる。中でも多いのは、エゾハルゼミ。ツツジの森で、羽化・産卵と地上での生活を3週間ほどで終える。はかないセミの営みと、幻想的なツツジを描く。

熊本 荒尾干潟

有明海に面した荒尾干潟。ラムサール条約に登録された干潟に、春、3000羽を超える渡り鳥が集まる。潮が引くと、干潟の生きものと鳥たちの激しい攻防が始まる。長いくちばしで泥の中の獲物を探すオオソリハシシギ、太いくちばしで石をひっくり返すキョウジョシギ、シロチドリは猛ダッシュでカニを追う。夏、干潟では恋の季節を迎えたカニやムツゴロウがメスを巡って争いを繰り広げる。多様な命でにぎわう荒尾干潟を見つめる。

西表島の海

沖縄で2番目に大きな島、西表島(いりおもてじま)。青い海には日本最大級のサンゴ礁が広がり、1000種を超える色鮮やかな魚が乱舞する。一方、波の穏やかな湾内では、泥の海底にサンゴが群落を作り、個性的な魚が集う。西表島の海と深い関わりを持つのが、川に広がるマングローブ林。森の恵みはカニや貝などを育み、やがて海に栄養をもたらす。森に美しい花が咲き、海の生きものが命をつなぐ夏、西表島に輝く自然を見つめる。

北海道 ニセコ花の山

北海道ニセコ連峰。初夏には180種を超える高山植物が咲き競う「花の楽園」だ。冬は北海道でも有数の豪雪地帯となるため、山頂や斜面の雪は6月まで残る。だが、そこから一気に雪解けし、さまざまな花で埋め尽くされるのだ。連峰の中でもいち早く花を咲かせる「沼や湿原」。噴気孔近辺に広がる「火山性の土壌」。山の斜面に残雪がたまった「雪田」。火山が作り出した3つの環境が、多彩な花の楽園を育む。

青森 仏沼

青森県の北東部にある仏沼。2.5平方kmほどの湿原は野鳥の宝庫。初夏は、まさに“恋の季節”。歌にダンスに見事な鳥たちの繁殖行動が繰り広げられる。高らかな歌声で求愛する、コヨシキリやコジュリン。水面で冠を振って求愛する、カンムリカイツブリ。珍鳥オオセッカは、にぎやかにさえずりながら半円を描くように飛び、メスにアピール。仏沼を舞台に、夏鳥たちの競演を楽しむ。2010年7月に放送した番組のアンコール。

三陸海岸 北山崎

高さ200mの断崖が大海原にそそり立つ岩手県・三陸海岸の北山崎。初夏、切り立った岩場ではアマツバメが群れで飛び交い、ミサゴのつがいがヒナを大切に育てる。この時期、北東から冷たい風「やませ」が吹くと沖で霧が発生。白い霧と奇岩が織りなす幻想的な風景が断崖に現れる。冷涼な気候はシロバナシャクナゲやニッコウキスゲなど、山や高原に育つ花々を海辺に咲かせる。荒々しい自然の中で輝く命を、初夏の北山崎で見つめる。

北海道 知床の清流

北海道の東、知床半島に広がる森。その中を流れる川は広大な原生林の中を通り、オホーツク海へ注ぐ。厳しい冬から解放された清流とその河畔林では、絶滅危惧種のシマフクロウを食物連鎖の頂点とした、独特の生態系が見られる。雪解け水で水かさを増した清流には、オショロコマなどの川魚があふれ、春に生まれたシマフクロウのヒナの食べ物となる。春から夏、シマフクロウの命の営みを追う。

大阪湾 成ヶ島

阪神工業地帯を抱える大阪湾の入り口、紀伊水道に浮かぶ周囲6kmほどの無人島。大都会に近い場所ながら、驚くほど多種多様な動植物にあふれている。島の西側に広がる干潟では、絶滅の危機にひんしているハクセンシオマネキが求愛のダンスを見せる。干潟に続く海の中でも、アマモを隠れ家に小さな生き物たちが身を潜めて暮らしていた。小さな無人島に息づく貴重な自然を見つめる。2011年7月に放送した番組のアンコール。

四国山地 瓶ヶ森

高知と愛媛の県境に位置する四国山地・瓶ヶ森(かめがもり)。山頂を境に対照的な環境が広がる。北西斜面にはなだらかなササの平原と針葉樹林。対して、南東側は切り立った断崖の下に広葉樹林が続く。アケボノツツジが咲き始める春、鳥たちが集まってくる。ササ原でさえずるウグイス、渓谷にたたずむオオルリ。ミソサザイやキビタキは森の中で繁殖期を迎える。多様な自然が凝縮された野鳥の楽園・瓶ヶ森で、命の息吹を見つめる。

北海道 有珠山

火山地形が広がる北海道南西部、今も白煙をあげるのが標高737mの有珠山。過去100年間は20~30年間隔で噴火している。そこには、荒廃した地で植生を回復しようと根を張る植物、緑を求めて集まる動物たちなど、必死な生きものたちの姿がある。2002年、噴火して2年後の有珠山の自然を撮影。その過去の映像を交えながら、火山地形に育つ植物たちと、そこに集まる生きものたちの営みを見つめる。

鳥取 日野川

鳥取県西部、中国山地から日本海へ注ぐ日野川。清らかな水をたたえた上流部には手つかずの自然が今も残され、絶滅が心配されるオオサンショウウオが数多く息づく。4月、源流付近にある水たまりでは、姿を見ることさえ難しいカスミサンショウウオが現れて産卵。川沿いの棚田では、トノサマガエルなどさまざまなカエルが、にぎやかな恋の駆け引きを繰り広げる。春から初夏、貴重な生きものの宝庫・日野川で、躍動する命を見つめる。

春 北海道 然別湖

北海道、大雪山系の然別湖(しかりべつこ)。およそ2万年前の火山活動でできたカルデラ湖だ。冬に厚い氷に覆われていた湖面が半年ぶりに姿を現す5月、珍しい現象が起こる。湖の氷が解ける時、細長い棒状の氷が崩れだし、風に流されて「シャララ」と美しい音を奏でるのだ。北海道でも、寒さの厳しい限られた湖でしか見られない「キャンドルアイス」という現象だ。神秘的な解氷とともに、活動を始める生きものたちの春を見つめる。

早春 穂高連峰

北アルプスの穂高連峰。早春、西穂高岳(2909m)へ続くりょう線は一面、深い雪に覆われている。この時期、生きものたちの営みは日増しに活発になる。雪の斜面には冬をしのいだオコジョの足跡が続き、ライチョウは雪の下から現れた木々の芽を食べて繁殖に備える。針葉樹の森ではヒガラやコガラ、カケスなどがさえずりはじめる。季節の移ろいを告げる多様な命。その躍動を、雄大な風景が広がる穂高の山々で見つめる。

周防大島

瀬戸内海の周防大島は面積およそ130平方km。島北部の海底にはアマモ場が広がり、カレイやハゼなどが暮らす。一方、南部の岩礁地帯ではさまざまな稚魚が群れで泳ぎ、アジやハマチなどの大きな魚が狙う。イルカの仲間スナメリも生息する。ほかにも自然の豊かさを示す光景がある。緑の蛍光色に輝くアワサンゴだ。周防大島では4万にも及ぶ世界最大の群落が見られる。春、多様な命にあふれる周防大島の海で命の営みを見つめる。

神奈川 真鶴半島

神奈川県の南西部、相模湾に突き出た真鶴半島。わずか3平方kmの半島を、うっそうとした照葉樹林が覆う。昔から地元では、この森を「お林」として大切に守ってきた。一年中、葉が茂る森はヤマガラやアオジなど小鳥の隠れがとなり、また半島周辺の豊かな海ではクロサギやミサゴなどが魚を狙う。早春の半島を訪ね、照葉樹林の恵みを受けて暮らす生き物の春の営みを見つめる。2011年5月に放送した番組のアンコール。

白山山系 山毛欅尾山(ぶなおやま)

日本有数の豪雪地帯、石川県の白山山系。その一角、いち早く春が訪れるのが山毛欅尾山(ぶなおやま)だ。山の南斜面は切り立っているため、春先になると雪崩が起こり、山肌に厚く積もった雪が一気に消え去る。3月、ニホンザルやニホンカモシカは、地面があらわになった急斜面にやって来て、雪の下から現れた若々しい草を食べる。雪深い白山山系で、一足早く春の恵みに満ちていく山毛欅尾山。早春に活気づく命の営みを見つめる。

埼玉 狭山丘陵

狭山丘陵は都心からおよそ40km、埼玉県と東京都にまたがる広大な雑木林に覆われた丘だ。早春、クヌギやコナラなどの広葉樹が一斉に芽吹き、ヤマザクラやうす紅色のウグイスカグラが花を咲かせる。水ぬるむころ、林の水辺ではおたまじゃくしが泳ぎ始める。野鳥たちも林に集まり巣作りを始める。大都会郊外の雑木林で見つけた生きものたちの営みを通して、狭山丘陵の春の訪れを探す。2009年4月に放送した番組のアンコール。

早春 多摩川

東京と神奈川の境を流れ、東京湾へと注ぐ多摩川の下流域。ここは潮の満ち干の影響が大きく、干潮時には広大な干潟が現れる。面積は合わせて1平方キロメートルにもなる。春の日中、干潟では生きものたちが活発に動きだす。泥の中からカニが現れ、浅瀬ではコサギやカモなどの鳥が集う。干潟の隣に広がるヨシ原ではオオジュリンやセッカ、チュウヒなどが飛び交う。早春の多摩川下流域を舞台に、都会の水辺で力強く輝く命を見つめる。

北海道 朱鞠内湖

北海道北部、朱鞠内湖(しゅまりないこ)。年間20mを超える降雪量と、氷点下40度を下回る寒さを記録する、世界でも稀有(けう)な極寒豪雪の地だ。凍結した湖には独特の雪の結晶が大量に積もり、見渡す限りの大雪原となる。一面の結晶は太陽や月の光を反射し、色とりどりに輝く。対照的に、大量の雪にフタをされた水中には闇が広がる。未知の暗黒世界となる水中の撮影に挑戦。イトウやワカサギの、初の潜水撮影に成功した。

諏訪湖

長野県の中央部に位置する諏訪湖は、周囲15.9kmの大きな湖である。標高が高く、盆地にある諏訪湖の冬は厳しい。近年は湖の全面凍結が減り、コハクチョウやカモ類など多くの冬鳥が飛来するようになった。さらに、かつて保護されたオオワシが、今では元気になって14年連続で飛来している。冬鳥たちの冬越しを中心に、厳冬期から北帰行が始まる早春まで、諏訪湖やその周辺で冬を越す生き物たちの営みを見つめる。

宇和海

四国南西部・豊後水道の愛媛側に広がる宇和海。日本で最初の海中公園の1つに指定され、南からの黒潮の影響でテーブル状のミドリイシの仲間などの造礁サンゴや花畑のような景観を作るソフトコーラルなど、100種類を超えるサンゴが見られる。このサンゴの群落には、南の海にすむ魚をはじめ1000種類以上の生き物が生息している。サンゴの海の豊かな自然を紹介する。2010年11月に放送した番組のアンコール。

宮城 金華山の秋

宮城県牡鹿半島沖に浮かぶ周囲26kmの島・金華山。ブナなどの落葉広葉樹とモミなどの常緑針葉樹に覆われた島では、ニホンザルとニホンジカが数多く暮らす。実りの時期、生きものたちは躍動する。ニホンジカのオスは恋の時期を迎え、角を突き合ってライバルと争う。森では、この春産まれたニホンザルの子どもが、大人に混ざって秋の恵みを口いっぱい頬張る。島という閉ざされた環境で、たくましく暮らす生きものたちを見つめる。

北海道 宮島沼 秋

北海道・石狩平野の宮島沼。秋には数多くの野鳥が見られる。マガンは5万羽を超え、東アジアに住むうちの3割ほどといわれている。沼で休み、田んぼで落ちモミを食べ、渡りの鋭気を養う。圧巻は、朝の飛び立ちと夕暮れのねぐら入り。5万羽ものマガンが一斉に乱舞するのだ。ハイスピードカメラで世界的にも極めて珍しい一斉飛び立ちを撮影。細かな羽の動きや、水しぶき、群れをなして躍動するマガンの姿をスペクタクル映像で紹介。

沖縄 竹富島

沖縄本島から南西に約300km、周囲約9kmの小さな島・竹富島。透明なサンゴの海にはスズメダイやクマノミが泳ぐ。1年を通して花が咲き、花のみつを求め色とりどりのチョウが舞う。南西諸島特有のリュウキュウアサギマダラやツマベニチョウ、最も目を引くのは日本最大級のチョウ・オオゴマダラだ。南国の島の海と陸に舞う、カラフルな生き物たちの姿を竹富島に訪ねる。2010年11月に放送した番組のアンコール。

見逃した「さわやか自然百景」はユーネクストで!

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

簡単登録!31日間は見放題!31日間中はいつでも簡単解約可!

↓↓↓↓↓

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

Sponsored Links