見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
NHKスペシャル

Missing Workers(ミッシングワーカー)とは?NHKスペシャル「消える労働者」の再放送は?

C15F671A-EE1D-45A3-AF84-F14E3D09ADF2

見逃した「NHKスペシャル」の再放送は?

NHKスペシャルは、NHK総合テレビでの再放送が放映されますので、まずは、それで視聴されることをオススメします。多いパターンとしては、翌週または翌々週など2週間以内の平日の深夜に再放送されることが多いので、番組表を調べるかNHKスペシャルのWebサイトでご確認下さい。反響が高い番組は、何度も再放送されています。でも、深夜の放送ということもあり、休日にゆっくりと見たいという方には、最近流行の「動画配信サービス」がオススメです。

見逃したNHK番組を見る方法

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

NHKオンデマンドとは、NHKで放送されたドラマからドキュメンタリーや情報バラエティまで、さまざまな番組が楽しめるサービスです。

NHKオンデマンドが見放題で楽しめるお得なパックが、U-NEXTポイントを利用して購入できます。

image

※NHKオンデマンド作品は、単品でも利用できます。

NHK見逃し見放題パック

NHK総合、Eテレ、BS1、BSプレミアムで放送している番組から、最近放送した大河ドラマや連続テレビ小説など、月々500~600本が見放題。放送当日または翌日から約14日間(一部の番組を除く)、ニュース番組が1週間視聴できます。

NHK特選見放題パック

過去に放送され、保存されているNHKアーカイブスから、厳選した大河ドラマや連続テレビ小説、貴重なドキュメンタリー番組など、約5,000本が見放題。配信期間中、何度でも視聴できます。

>> 見逃したNHKの番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

↓↓↓↓↓

U-NEXT

Sponsored Links

U-NEXTの特徴・サービス内容・メリット

ポイント1 配信作品数が多く、最新作も充実している!

最新作から名作まで120,000本以上を配信、毎月2,000本以上更新!また、DVD発売前の最新作などレンタル作品が40,000本以上楽しめます。この作品数は国内最大です。ちなみに、Huluは約12,000本の作品数です。

ポイント2 「見放題作品」と「レンタル配信作品」の2種類がある!

ユーネクストの作品数が多い理由は、「見放題作品」と「レンタル配信作品」の2種類があるからです。レンタル配信作品は、有料コンテンツとなりますが、毎月もらえる1,200円分(登録時は600円)のU-NEXTポイントでお得に見ることができます。

ポイント3 U-NEXTポイントを使ってお得に視聴!

登録時に600円分、その後は毎月1,200円分のU-NEXTポイントがもらえるので、レンタル配信作品(有料コンテンツ)もお得に視聴することができます。なお、ポイントの有効期限は発行日から45日間となっています。余ったポイントは、コミックや書籍の購入にも使えます。さらに、NHKオンデマンドのパック料金にも使えるんです!

ポイント4 さまざまなデバイスに対応!

さまざまなデバイスで見たい時に見たい場所で視聴できます。

ポイント5 ファミリーアカウントも含め4アカウント!

1人の登録で子アカウントを無料で3つまで追加でききます。家族4人で使えば、1人当たりの料金は割安になります。また、アカウントが4人分あるということは、1人の登録で最大4台の機器で同時視聴可能ということです!ただし、同一作品を同時視聴することはできませんのでご了承下さい。

ポイント6 ビデオ見放題サービス会員は70誌以上の雑誌が読み放題!

ポイント7 NHKオンデマンドの見放題パックにU-NEXTポイントが使える!

NHKオンデマンドとは、NHKで放送されたドラマ・ドキュメンタリー・情報バラエティなどの様々な番組が楽しめるサービスです。「NHK見逃し見放題パック」と「NHK特選見放題パック」の2種類があります。でも、ユーネクストに登録すると、U-NEXTポイントを使ってNHKオンデマンドの見放題パックを見ることができます。

ポイント8 31日間の無料トライアル!

無料トライアル期間中は、見放題作品は31日間無料となります。さらに、600円分のU-NEXTポイントがもらえるので、最新作などの有料コンテンツが600円分無料で視聴できます。(ただし、一部ポイントが使用できない作品があります。)なお、無料トライアル期間中はいつでも解約可能です。つまり、簡単登録!31日間は見放題!31日間中はいつでも簡単解約可!

とにかく、どんなサービスか?使い勝手はどうか?31日間は無料なので一度試してみて下さい!

また、他の動画配信サービスとの比較や、サービス内容等の詳しい内容は、コチラをご覧ください。

>> 見逃したテレビドラマを見るならU-NEXT/ユーネクストがオススメ!

U-NEXT/ユーネクスト 無料トライアルの申し込みはコチラからどうぞ! ⇒ U-NEXT

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2018年5月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

NHKスペシャル「“消える労働者” Missing Workers(ミッシングワーカー)」

放送 2018年6月2日(土)午後9時00分~

C15F671A-EE1D-45A3-AF84-F14E3D09ADF2

放送前の予告

今、働き盛りのはずの40代・50代に異変が起きています。長期間、働けずにいる労働者が急増しているのです。彼らは求職活動をしていないため、雇用統計の「失業者」に反映されず、労働市場から“消えた”状態になっているのです。こうした人は先進各国でも増加し、欧米の社会学者は「ミッシング・ワーカー」として問題視しています。

日本では、40代・50代の「失業者」の数は72万人。一方、専門家の推計で「ミッシング・ワーカー」は103万人に上ると考えられています。その背景には、非正規労働の急増があります。非正規労働者は転職を繰り返すうちに、低賃金かつ劣悪な仕事しかなくなり、転職に失敗すると、八方ふさがりの状況に陥ります。中高年になると病気や親の介護など、様々なことから転職につまずき、その結果、労働市場から排除された状態が長く続き、「ミッシング・ワーカー」となってしまうのです。

さらに深刻なのは、独身中高年が増えていることです。40代・50代の独身中高年は、650万人。親の年金などに依存していると「消えた労働者」の問題が見えにくく、支援が行き届かないまま事態が深刻化するケースが続出しています。番組では、「ミッシング・ワーカー」の実態に密着ルポで迫るとともに、解決の糸口を探ります。

「ミッシングワーカー」とは?

雇用統計にも繁栄されていない、いわゆる「隠れ失業者」のことをこの番組では「ミッシングワーカー」と呼んでいます。求職活動をしていない背景には、さまざまな事情があるのだと思いますが、統計に現れないことで社会から見落とされてしまっていることが一番の問題です。こういう番組で取り上げられ、社会全体で取り組むべき課題だと感じます。

Sponsored Links

放送後のポイント解説

詳しい内容は、放送後にご紹介します。

私の体験談

何を隠そう、私も50代で転職に失敗した人間の一人です。転職する前までは、そこそこの水準のサラリーを得ていたので、どうしてもその水準を落としたくないと考えて転職活動をしていました。今から思うと、それが間違いだったのです。50代で特殊な資格や技能もなく転職して高所得を維持するのは不可能に近いのです。数えきれないほどの履歴書を郵送したり面接を受けたりしましたが、不合格ばかりでした。こうして、自分の考えが甘かったことを思い知らされたのです。こんなみじめな気持ちになったことは、それまでにはありませんでした。

私の場合には、約5ヶ月ほどで雇用保険(いわゆる失業保険)が終了してしまうと、ハローワーク通いも辞めてしまいました。そして、悩んだ末に選んだ道は、「自営業」でした。インターネット上のサイトを運営して広告収入を得るという仕事です。パソコン一台あれば、誰でも始められる仕事です。そのかたわら、隙間の時間を利用してアルバイトもして生計をたてることにしたのです。

正社員の仕事には就けなかった50代の私が、時給で働くアルバイトという分野では引く手数多の状態だったのです。もちろん、時給は低いですが楽しくてやりがいのある仕事も多くあります。今では、自営業も少しずつ軌道に乗り出し、アルバイトとの二足のわらじで平穏に暮らしています。今思えば、あの時、ミッシングワーカーに足を突っ込みそうな崖っぷちに自分がいたんだと気づかされました。

Sponsored Links