見逃したテレビドラマを見る方法

人気テレビ番組の見どころや見逃した番組を見る方法などをご紹介します。

歴史秘話ヒストリア「蘇我入鹿の棺!よみがえる大化改新」の再放送は?

time 2018/03/30

歴史秘話ヒストリア「蘇我入鹿の棺!よみがえる大化改新」の再放送は?

「歴史秘話ヒストリア」とは?

毎週金曜日、NHK総合テレビで放送されている番組「歴史秘話ヒストリア」は、歴史上の人物や事件などで今まであまり知られていなかった部分にスポットを当てて紹介し、歴史上の人物の心境や決断などが歴史の秘話として詳しく解説される歴史情報番組です。『その時歴史が動いた』の後継番組として、2009年4月よりスタートして今に至っています。進行役がアナウンサー一人というのもこの番組の特徴で、現在の進行役は、井上あさひアナウンサーが務めています。

※2018年4月より、放送時間が水曜日の夜10時25分~に変更いたしました。

image

「歴史秘話ヒストリア」の再放送は?

歴史秘話ヒストリア」の再放送は、基本的には、9日後の日曜日の午前0時5分(土曜日の深夜)から放送されていることが多いようです。ただし、イレギュラーな日時があるかもしれませんので、同番組のWebサイトでご確認いただくのが確かだと思います。

※2018年4月より、再放送は毎週土曜 午前10時05分~に変更いたしました。

でも、もっと古い放送番組を見たいとか、それらをまとめて一気見したいなんていう場合には、動画配信サービスがオススメです。私は、動画配信サービス「U-NEXT」を使っています。

Sponsored Links

見逃したNHK番組を見る方法

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

NHKオンデマンドとは、NHKで放送されたドラマからドキュメンタリーや情報バラエティまで、さまざまな番組が楽しめるサービスです。

NHKオンデマンドが見放題で楽しめるお得なパックが、U-NEXTポイントを利用して購入できます。

image

※NHKオンデマンド作品は、単品でも利用できます。

NHK見逃し見放題パック

NHK総合、Eテレ、BS1、BSプレミアムで放送している番組から、最近放送した大河ドラマや連続テレビ小説など、月々500~600本が見放題。放送当日または翌日から約14日間(一部の番組を除く)、ニュース番組が1週間視聴できます。

NHK特選見放題パック

過去に放送され、保存されているNHKアーカイブスから、厳選した大河ドラマや連続テレビ小説、貴重なドキュメンタリー番組など、約5,000本が見放題。配信期間中、何度でも視聴できます。

>> 見逃したNHKの番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

↓↓↓↓↓

Sponsored Links

歴史秘話ヒストリア「発見 蘇我入鹿の棺 よみがえる“大化改新”」

2018年4月4日(水)午後10時25分~

image

放送前の予告

2015年、奈良県明日香村で、一辺70メートルを越える、巨大古墳が出土し、日本書紀の記述などをもとに、驚くべき仮説が立てられました。その古墳の被葬者は、古代日本の権力者・蘇我蝦夷ではないか?さらに隣接する古墳は、大化改新で暗殺された息子・蘇我入鹿の墓だった!?

古墳内には蘇我親子のものかもしれない2つの棺が現存しています。最新の発掘成果に基づいて、大化改新の政変劇を再現しつつ、古代の名族・蘇我氏の謎に迫ります。

image

歴史のおさらい 「大化改新」とは?

大化元年(645年)から翌年にかけて中大兄皇子・中臣鎌足が中心となって行った、蘇我氏打倒に始まる一連の政治改革のことです。唐の律令制を手本として、公地公民制による中央集権国家建設を目的としたものです。皇族・豪族の私有地・私有民の廃止、地方行政制度の確立、班田収授の法の実施、租庸調などの統一的な税制の実施などをうたった改新の詔を公布、その後、大宝元年(701年)の大宝律令の制定によってその政治制度は確立しました。

Sponsored Links

放送後のポイント解説

発掘が進む大化改新の舞台の地

奈良・飛鳥では、現在も大化改新の舞台となった場所の発掘が続いています。そのひとつが、飛鳥寺西方遺跡です。ここにあったされている「槻の木の広場」は、中臣鎌足と中大兄皇子が出会った場所なのです。その後、中臣鎌足と中大兄皇子は、当時、絶大なる権力を誇っていた蘇我入鹿を暗殺することを計画します。そして、暗殺の舞台となったのは、飛鳥板蓋宮(あすかいたぶきのみや)です。

蘇我氏が飛鳥を拠点とした理由

飛鳥は、当時、渡来人が住む場所でした。渡来人は、文字を書く能力や武器を作る能力に秀でていたことから、蘇我氏は渡来人の能力を利用しようとしたのではないかと考えられています。蘇我氏は、倉の管理や出納の業務に渡来人を活用していたのです。また、葛城山のふもとには渡来人の集落があり、そこは武器の産地でもあったと言われています。

蘇我氏は、渡来人の力を利用して急速に力をつけ、稲目・馬子・蝦夷・入鹿と四代にわたって権勢を誇ったのです。そして、蘇我氏の拠点であった飛鳥に都を建立し、古代国家の礎を作り上げたのです。

蘇我蝦夷・入鹿の棺

都塚古墳は蘇我稲目の墓、石舞台古墳は蘇我馬子の墓と言われています。いずれも四角形の古墳です。そして、蘇我蝦夷・入鹿の墓はどこにあるのか?その手がかりは、日本書紀に記されている「大小ふたつ並んでいる」という記述がヒントとなります。

小山田古墳が蘇我蝦夷の墓、菖蒲池古墳が蘇我入鹿の墓と考えれば、日本書紀の記述と合致するのです。菖蒲池古墳には、現在も家形石棺が二つ残されており、蘇我蝦夷・入鹿の棺ではないかと考えられています。

Sponsored Links

蘇我入鹿に関する参考書籍

蘇我氏の正体 (新潮文庫) [ 関裕二 ]


蘇我氏の正体 (新潮文庫) [ 関裕二 ]

大化改新での「入鹿誅殺」により、悪の象徴として記憶されてきた蘇我氏。以降、歴史の表舞台から姿を消した彼らは一体何者だったのか?最新の研究成果と、著者独自の調査で明らかになる衝撃の出自。その隠蔽工作に奔走する藤原氏の裏の顔。祟り、朝鮮半島、天皇、そして浦島太郎など古代史に散らばるキーワードから、悲劇の一族の全貌を大胆な解釈で捉え直す、渾信の本格論考。

聖徳太子は蘇我入鹿である (ワニ文庫) [ 関裕二 ]


聖徳太子は蘇我入鹿である (ワニ文庫) [ 関裕二 ]

古代史上に燦然と輝く聖者ー聖徳太子。その素顔は数多の謎に包まれている。実際、我々は彼の正式の名さえ知らされていない。その実像に迫るべく、正史『日本書紀』をひもといた。膨大な検証を重ねる中、ついに驚愕の真相へと行きあたる。なんと、古代史の主役と敵役は同一人物だった…。

「大化改新」隠された真相 蘇我氏は本当に逆臣だったのか? [ 谷口雅一 ]


「大化改新」隠された真相 蘇我氏は本当に逆臣だったのか? [ 谷口雅一 ]

日本古代史における最大の事件「大化改新」-一三〇〇余年の時空を超えて、今、ひとつの真相が明かされる。中大兄皇子、中臣鎌足らの真の狙いは何だったのか。蘇我氏はなぜ「逆臣」にされてしまったのか。飛鳥・甘樫丘の最新発掘調査、斬新な『日本書紀』研究、当時の東アジア情勢等を踏まえ、従来とはまったく異なる解釈を浮かび上がらせた驚きの歴史ノンフィクション。

蘇我氏の正義真説・大化の改新 異端の古代史7 (ワニ文庫) [ 関裕二 ]


蘇我氏の正義真説・大化の改新 異端の古代史7 (ワニ文庫) [ 関裕二 ]

蘇我入鹿が暗殺された乙巳の変に始まる大化の改新。天皇家をないがしろにし、外戚として権勢を欲しいままにした蘇我入鹿を排除することが改革の始まりだったとされるが、果たして入鹿は大悪人だったのだろうか?近年盛んに取り沙汰されているのは、七世紀の改革事業は蘇我氏によって推し進められていたのではないか、ということである。すなわち、聖徳太子や蘇我氏が律令制度の先鞭をつけ、その後、中臣鎌足の末裔がこの事業を引き継ぎ、完成させていた疑いも出てきたのだ。古代史最大の転換点となった大化の改新の真実の歴史を詳らかにする!

Sponsored Links

コメント

  • 歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索すればヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。その1からラストまで無料です。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。重複、既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。気が向いたらお読み下さいませ。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。上野三碑の多胡碑に書かれている右太臣が北円堂に祀られています。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。) omachi

    by omachi €2018年4月4日 6:47 PM

    • お知らせいただき、ありがとうございます。

      by izumitetsuya €2018年4月5日 9:08 AM

down

コメントする